Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

インタビュー特集

Entry 2019/12/02
Update

江野沢愛美インタビュー|映画『羊とオオカミの恋と殺人』憧れの倖田來未さんに感謝を持って続けられた仕事

  • Writer :
  • 大窪晶

映画『羊とオオカミの恋と殺人』は2019年11月29日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開中。

自殺願望を抱いた男の子と、殺人鬼の美少女のラブストーリー『羊とオオカミの恋と殺人』

原作は、自殺志願の男の子と殺人鬼の美少女とのスリリングかつキュートな恋模様を描いた『穴殺人』。漫画アプリ「マンガボックス」で閲覧数1位を独走し、待望の映画化となった本作。


(C)Cinemarche

今回は映画『羊とオオカミの恋と殺人』に出演する江野沢愛美さんのインタビューをお届けします。

モデルとして大活躍し“ティーンのカリスマ”とも呼ばれる江野沢さんがモデルを始めたきっかけから、これからについて、お話を伺いました。

スポンサーリンク

「普通の子」を演じる難しさ


(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 ©裸村/講談社

──本作での江野沢さん演じる川崎春子はどのような役ですか?

江野沢愛美(以下、江野沢):この映画の登場人物の中で、唯一「普通」のキャラクターだと思います。

脚本を読んだ時点では、少し大人な大学生かなと想像しましたが、朝倉加葉子監督から、結構ガチガチな妹キャラで流行に敏感でお洒落好きな一般的な女の子というイメージを頂きました。

私自身、大学生活は知りませんし、高校も芸能学校に通っていて一般的な学生生活とは無縁だったので、最初はどうやって演じれば良いのか悩みました。

撮影では、ただただ杉野遥亮さん演じる黒須くんのことが好きな普通の女子大生ということだけを意識してお芝居するよう心がけました。

──朝倉監督とのお仕事はいかがでしたか。

江野沢:私はそれほど多くの映画に出演していませんが、今回はじめて女性監督とお仕事させて頂きました。

朝倉監督とは女性同士ということもあり、撮影中にお話もたくさんしてくださいましたし、私が演じたものを「可愛いかった」と褒めてもくださって、とてもありがたかったです。

──共演の杉野遥亮さんとは、撮影外でもお話をされたのでしょうか。

江野沢:はじめは俳優さんなのでとても緊張して、私が人見知りというのもあり全くお話できなかったんですが、杉野さんは場を盛り上げてくださる方で、たくさんお喋りしてくださいました。優しくてフレンドリーで、出身もお互い千葉県で、とても親近感が湧き、朝倉監督同様にとてもありがたかったです。

憧れの倖田來未さんに逢いたくて


(C)Cinemarche

──江野沢さんはモデルを中心にご活躍されていますが、モデルをはじめた経緯をお聞かせください。

江野沢:モデルの仕事を選んだのは、幼稚園児の頃から洋服が大好きで、人と同じ格好をしたくない性格が根本にあるからだと思います。

小学校低学年の頃、みんなは親からマンガを買ってもらっている中で、私は毎月ファッション雑誌を買ってもらっていました。転機は小学校中学年で倖田來未さんが大好きになったことです。

そして小学校5年生、11歳の時に、母親からエイベックスのオーディションへ行ったら倖田來未さんに会えるかもしれないよと言われオーディションを受けに行きました。審査では、もちろん倖田來未さんには会えなかったので当時は「騙された」と思っていました(笑)。

──その後、念願の倖田來未さんにはお会いできましたか?

江野沢:事務所に入って8年目にやっとお会いできました。お会いしたのはTGC(トーキョーガールズコレクション)で私がモデルとして出演している時で、倖田さんはTGCのゲストでいらっしゃっていて、私も出番があるので、その合間の5分くらいのほんの少しの時間だったのですがお話する事ができて大号泣してしまいました。

倖田さんから「私のせいで人生変わっちゃってごめんね」といわれて、私が「そんなことないです」と返すと「私が何か変えたのが嬉しい」って泣いてくださって、この事は一生忘れられない出来事でした。

──倖田來未さんに導かれた人生はいかがですか?

江野沢:幼少期は美容師になりたかったので、モデルの仕事なんて考えてもいなかったことです。子どもの頃は友だちとも遊びたかったですし、辞めたくて仕方がなかったです。

小さい頃から何をやっても続かない性格で、まさか自分が12年間も芸能の仕事をしているなんて思ってもみなかったので、ここまで続けてきた自分を褒めてあげたいです。そして、倖田來未さんに会いたかっただけの私を今まで見放さず、俳優のお仕事まで頂いている今の事務所には本当に感謝しています。

スポンサーリンク

子どもの頃から好きだったお芝居


(C)Cinemarche

──俳優の仕事は江野沢さんにとってどのような存在ですか。

江野沢:小さい頃から歌やダンスのレッスンは苦手でなかなか上手くならないと感じていましたが、お芝居のレッスンは初めてやった時から楽しくて頑張ってこれました。

ダンスや歌のレッスンは、同年代の子たちと一緒にずっとやっていましたが、お芝居は大人の人たちと一緒にやるように組まれていて、テレビで見ているような光景が目の前で繰り広げられていて、子供の私にとって刺激的だったのを覚えています。こうして映画に携わると、あの時の楽しかった気持ちがもの凄く蘇ってきて、改めて私はお芝居が好きなんだなと思わされます。

──最後にこれから挑戦したいことはありますか?

江野沢:モデルはずっと続けて行きたいです。いちばん自分に合っている仕事だと思います。そしてお芝居も上手く両立して、バランスよくやっていくことが目標です。

俳優に関しては、まだまだ経験が足りないので、1つでも多くの作品に携わって、もっとやってみたいという気持ちが強くあります。この先も映画出演の機会があればたくさんチャレンジしていきたいです。

インタビュー・写真/大窪晶

江野沢愛美(えのさわ まなみ)プロフィール

1996年生まれ、千葉県出身。小学生の頃より話題の企業TVCM・映画に出演。

モデルとしてファッション誌の表紙を多く飾り“ティーンのカリスマ”とよばれます。

2013年~Seventeen専属モデルを経て、現在non-no専属モデルとして大型コレクションやアパレル企業広告などのメインモデルに多数起用されます。

同性代女性からの指示が高く、自身のプロデュース商品も大ヒット。タレントとしてラジオパーソナリティや番組MCも務めるなど活動は多岐に渡ります。

映画『羊とオオカミの恋と殺人』の作品情報

【日本公開】
2019年(日本映画)

【原作】
裸村『穴殺人』

【監督】
朝倉加葉子

【脚本】
髙橋泉

【キャスト】
杉野遥亮、福原遥、江野沢愛美、笠松将、清水尚弥、一ノ瀬ワタル、江口のりこ

【作品概要】
1,000万ダウンロードを突破している人気漫画アプリ『マンガボックス』で閲覧数1位を独走した裸村作の異色カップルが贈るスプラッター・ラブコメディコミック『穴殺人』が原作。

自殺志願の男の子の黒須役で『キセキ -あの日のソビト-』(2017)『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』(2019)の杉野遥亮が映画初主演を果しました。

W主演として、『4月の君、スピカ。』(2019)やドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(2019)の福原遥が殺人鬼の美少女・宮市役を演じます。

監督は『クソすばらしいこの世界』(2013)や『女の子よ死体と踊れ』(2015)の朝倉加葉子です。

スポンサーリンク

映画『羊とオオカミの恋と殺人』のあらすじ


(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 ©裸村/講談社

大学受験に失敗し、予備校もやめてアパートでひきこもり生活を送る黒須(杉野遥亮)。

水道や電気、携帯までも料金未払いのため止められてしまい絶望した彼は、自ら命を絶とう決心し、壁に打ち付けてある棚にベルトをかけ、首に巻き付けます。

しかし壁は脆くも崩れ、計画は失敗。壁には小さな穴が開いてしまいました。

その穴から漏れる一筋の光に導かれ、黒須は穴に近づきます。

穴から見えたのは美しい隣人・宮市さん(福原遥)の部屋でした。

彼女の美しさに夢中になった黒須は、穴を覗くことを日課にし、生きる希望を見出していきます。

偶然アパートの前で宮市さんと会った黒須。彼の空腹な様子を見た宮市さんは、自室に招いて手料理をごちそうしてくれます。

その後も、毎日のように宮市さんの部屋でご飯をごちそうになる黒須でしたが、穴からの覗き行為は変わらず続けていました。

ある雨の日。今日も黒須は穴から宮市さんの部屋を覗いています。

レインコートを着た宮市さんが帰宅しました。後に続くのは見知らぬ男性。

宮市さんに恋人がいたのかと黒須がショックを受けているのも束の間、宮市さんは手にしたカッターナイフで男性の首を切り裂きます。

つい悲鳴を上げてしまった黒須。穴から覗かれていた事に気付いた宮市さんは、逃げる黒須を追いかけます。

ビルの屋上に追い詰められ、カッターナイフを突き付けられた黒須が放ったひと言で、ふたりの運命は激変していき…。



関連記事

インタビュー特集

映画『森のムラブリ』金子遊監督×伊藤雄馬インタビュー|タイ/ラオス幻の少数民族を通じて“誤解だらけの言葉”の先の時代を見つめる

映画『森のムラブリ インドシナ最後の狩猟民』は2022年3月19日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次公開! タイやラオスの密林でバナナ葉の住居を作り、ノマド(遊動民)として生きる「 …

インタビュー特集

【小池和洋インタビュー】映画『戦車闘争』神奈川県相模原で起きた“時代”への闘いを日本の若き世代に伝承したい

映画『戦車闘争』が、2021年1月15日(金)よりシネ・リーブル梅田、京都みなみ会館にて、また元町映画館にて順次公開予定! 『戦車闘争』はこれまでほとんど語られてこなかった、神奈川県相模原市で1972 …

インタビュー特集

【大窪晶インタビュー】『ANOTHER』如月小春の戯曲×配信上演を通じて東京の片隅で吠える僕たちを面白がってほしい

演劇ユニットLABO!公演「LABO! volume16『ANOTHER』」は2021年近日にて配信公演予定! 1980年~90年代に活躍し、2000年に44歳という若さでこの世を去った劇作家・如月小 …

インタビュー特集

【シルヴィオ・ソルディーニ監督】映画『エマの瞳』独占インタビュー。イタリア人気質の名匠が作品に託した魅力

2019年3月23日(土)より公開されたイタリア映画『エマの瞳』 ヴェネツィア国際映画祭で世界初公開され、日本でも「イタリア映画祭2018」で『Emma 彼女の見た風景』の日本語タイトルで公開され、好 …

インタビュー特集

【本仮屋ユイカ×飯島寛騎インタビュー】ドラマ『マイラブ・マイベイカー』演技の化学反応が描き出す“パン作りへの情熱”と“人のつながり”

ドラマ『マイラブ・マイベイカー』はカンテレ・メ~テレ・テレビ神奈川にて絶賛放送中。さらにひかりTV・dTVチャンネルでも絶賛配信中! パン作りの現場の様子とパンに賭ける熱い情熱を通して、温かくも情熱的 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学