Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

インタビュー特集

【アリ・チェリ監督インタビュー】映画『ダム』スーダンの革命下で幼少期を過ごした記憶と“傷つきながらも再生する者”への問いかけ|東京フィルメックス2022-5

  • Writer :
  • タキザワレオ

『ダム』は有楽町朝日ホールにて開催の東京フィルメックス2022で上映

ナイル川の大規模ダムのほとりの村で、川で生まれた泥と水でレンガを作る職人の男。やがて彼が作り続ける不思議な泥の建造物が独自の生命を獲得していく映画『ダム』。

魅惑的な寓話を抽象的に描くレバノン出身のビジュアル・アーティスト、アリ・チェリの長編デビュー作です。

このたびの東京フィルメックス2022でのジャパンプレミアを記念してアリ・チェリ監督にインタビューを敢行。

革命下のスーダンで映画撮影に苦労した背景。また、作家として創作活動に向き合う姿勢。そして映画をはじめとする“芸術”が持つ社会的な役割りについて、貴重なお話を伺いました。

スポンサーリンク

2019年スーダン革命前後での映画撮影

──この度の東京フィルメックス2022での上映を経て、『ダム』を観た観客から直接感想を聞く機会はありましたか。

アリ・チェリ(以下、アリ):不思議なことにどこの国の観客も、皆同じリアクションです。スーダンの地元に根ざしたことを描いているので、海外の観客は事情に詳しくないと思いますが、革命といった大きな出来事は届きやすいので、世界各地の色んなことに関連付けて考えてくださっています。

また、私の作品はどちらかというと感覚的な体験をするものなのでそういった意味でも皆さん個人の感覚に寄せて普遍的に話してくださってます。

──2019年のスーダンの独裁政権打倒という背景は作中でも描かれていましたが、映画撮影時の状況について教えていただけますか。

アリ:とても大変な状況でした。撮影もいつ軍に止められるか分からず、常に目が光っていました。ダムを題材にした映画を撮影しているとは絶対に言えなかったんです。
ダム自体がミリタリーゾーンということで、軍の許可なしには入れなかったですし、いまだにダムに反対してデモをしてる人もいるほど、スーダン国内では繊細な問題です。

制作は秘密裏に行い、隠れながら行った撮影も何度も中止の危機に見舞われました。交渉を重ね、複雑な状況でも何とか完成させられました。

この時期だったからこそ、まさに変革の時期を捉えた本作は作り手である我々にとってもとても興味深い体験でした。

──政治的な内容に対する規制があったのでしょうか。それともスーダンでは映画撮影自体に対する検閲が厳しいのでしょうか。

アリ:独裁政権下では、映画自体が禁止されていたので、映画館は全て閉館していました。本作の前に唯一あったのが35年ぶりとなるスーダンのフィクション映画の撮影だということで、いわゆる映画業界がスーダンにはないんです。海外の撮影隊が来ることも滅多にない。

だから私達も地元の伝統のパン作りのドキュメンタリー撮影を装い、政治的なことは一切匂わせず行いました。ただ、この革命の前後で撮影して、後はもう軍事政権が倒れたので民主化に半分なりかけていたので、徐々に撮影は楽になっていきました。

現実を感覚的に表現すること

──スーダン社会を切り取る場所としてナイル川を選んだのは何故でしょう。

アリ:『ダム』で描かれたナイル川には二重の意味があります。水というのは生きるために不可欠で、そこからいろいろな生きるための糧を得ている、例えばレンガは水がないとできないですよね。だけれども、このダムができたがゆえに非常に流れが急になってもう今となっては川は入るのが危険な場所となっています。汚染もされています。この巨大ダムは、自然と人の生活を壊し、生態系を変えてしまっています。

だから、またこの川にまつわる精神性というのを人々は取り戻そうとしているのです。本作のダムは人々を抑圧してきた政権のメタファーでもあります。

──主人公のマヘルは厳しい社会の中で働きながら傷つき、肉体が消耗していくのに対し、彼の作る泥の壁は生き物のように生命力を身につけていきます。マヘルが生きる気力をなくすのと引き換えに泥の壁に何を託している、もしくは何を授けているのでしょうか。

アリ:マヘルは最初からもう傷を負っていて段々それが彼自身が作っていたこの偶像になっていくような部分もあります。自分で作り上げながら、自分自身がその形になっていく。解釈は様々ですが、彼の中にも内なる怪物がいるわけですよね。この怪物を何とか自分の中から出すそのために自分で作っていると、だから自分自身が投影されている。

それは同時に彼が生きるスーダンという国で起きている革命とも繋がります。彼の体の中の革命、変革というのは同時に進行しているのです。ただし、暴力から平和が生まれ、最後彼はある意味救われたように川を泳いでいきますよね。このあと彼が溺れるのか生きるのかわかりませんが、空があり、太陽がある別の世界に進んでいくということは間違いないですね。

スポンサーリンク

作家として“現実の問題”と向き合う


──監督にとって、映画に限らず全ての創作活動がその原点というのは内戦下のベイルートで育った経験にあるのでしょうか。

アリ:私自身、暴力の地理地域性というかそうですね個人的に自分が育ててきた中で経験してきた暴力、それをそういったトラウマを伴うものをストーリーにして伝えるということも一つあると思うんですね。初期の作品では、ずっとその疑問を投げかけてきてベイルートレバノンのことを描いたというものがありました。

ただ今はテーマ的には一見そこから離れているようでもやはり一番核となる問いは個人的なものですね。ただ、それはかなり普遍性があるので私達みんな何らかのトラウマを抱えるようなことを経験してきて、それはどう語っているかでどう影響を与えるか。その土地であったり、人間だったり、大きな変化がそこに何かをもたらすわけですよね。

17年間内戦があった中で育ってきたので、ある意味それが平常であると、戦争はいつもあるものだと思っていました。気付かなかったのです。常に横にあった暴力たちがいかに異常な存在であるかを。

それから過去をふり返り、「自分は生き延びたし、まあ別によかったんじゃないか」と片付けることもできるけれども、やっぱりそれはどこかで甘んじて受け入れてる部分があったのでしょう。トラウマとなるようなことを常に爆撃であったりとかそれを普通と思ってしまったことが普通ではないということに大きくなってから気づきました。

──政治的なメッセージを作品に込めることの意義についてお聞きします。メタファーとして内包して伝えることと、作品外で具体的な言葉で表明することの違いについてはどうお考えでしょうか。

アリ:その二つは私の中でははっきり分かれていますね。言葉で伝えることはアートではしないです。アートはイメージに基づきます。映画は、言葉にできない非常に強いパワーを言葉を使わずに伝えることができます。対してアクティビズム(積極的行動主義)は何が正しくて何が間違ってるかっていう答えありきの行動になるんです。

私個人がアクティビストだったとしても、創作活動とアクティブイズムはイコールで結べないものと思っています。アートは答えよりも問いかけが多く、多元的で複雑なものを見せることができるのです。それがアートとして創作する者としての戦いであり、抗議では正しさや間違いを答えに基づき表明する。表現におけるこの二つは全くの別物になります。

──初期の作品と近年の作品ではアプローチが変わってきたと伺いしましたが、クリエイターとして成長したと感じる部分であったり、昔に比べて作品に対する取り組み方で変わったことなどありますか。

アリ:映画言語と現代アートは違いますし、映画製作に関して、私はまだ学んでいる最中、発展途中だと思うんです。

けれどもビデオインスタレーションも続けていますし、映画も次の作品も実はもう控えています。ですから自分のやってきたことのルーツというものに、さらに映画を作ることによって、段々と層が厚く積み重なっていっていくと思っています。

インタビュー/タキザワレオ

アリ・チェリプロフィール

ベイルート生まれでパリ在住のビデオアーティスト、映画作家。フィルム、ビデオ、彫刻やインスタレーションを組み合わせた作品は、歴史的なナラティブの構築を検証している。

ロンドンのナショナル・ギャラリーでアーティスト・イン・レジデンス(2021/22)、第59回ベネチアの美術ビエンナーレ(2022)で銀獅子賞を受賞。

三部作をなす前二作の短編作品『Disquiet』や『The Digger』はさまざまな映画祭で上映される。『ダム』は革命下のスーダンで撮影された彼の劇映画第一作である。

映画『ダム』の作品情報

【日本公開】
2022年(フランス、スーダン、レバノン、ドイツ、セルビア、カタール合作映画)

【監督・脚本】
アリ・チェリ

【キャスト】
マヘル・エル・ハイル

スポンサーリンク

映画『ダム』のあらすじ

ナイル川の大規模ダムのほとりの村で、川で生まれた泥と水でレンガを作る職人の男。やがて彼が作り続ける不思議な泥の建造物が独自の生命を獲得していく。

関連記事

インタビュー特集

【石橋静河インタビュー】映画『人数の町』ロケ地から作品の雰囲気を感じとり“巻き込まれる人間”を演じる

映画『人数の町』は2020年9月4日(金)より全国ロードショー公開! 映画『人数の町』は、ある一人の男が、さまざまな自由が約束されながらも「その土地から離れることはできない」という不思議な町をおとずれ …

インタビュー特集

【グー・シャオガン監督インタビュー】映画『春江水暖』中国の文人的な視点で“変わりゆく故郷”と“家族”を問う

第20回東京フィルメックス「コンペティション」作品『春江水暖』 2019年にて記念すべき20回目を迎えた東京フィルメックス。令和初の開催となる今回も、アジアを中心にさまざまな映画が上映されました。 そ …

インタビュー特集

【三上博史インタビュー】最新映画『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』役者魂と自身の人生観を語る。

映画『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』は、2019年1月18日(金)より東京・テアトル新宿ほか全国順次公開。 【俳優:三上博史】 ©︎ Cinemarche 俳優、劇作家としても活躍す …

インタビュー特集

【金子雅和インタビュー②】『アルビノの木』映画ロケ地とキャスト名の演出とは

金子雅和監督の映画『アルビノの木』の海外での勢いが止まらない! これまで各国の映画祭で、トータル10冠の映画賞を達成したことが話題となり、4月21日(土)から、東京は池袋シネマ・ロサ、岡山ではシネマ・ …

インタビュー特集

【大久保健也監督インタビュー】『Cosmetic DNA』インディーズ映画の低予算という概念を覆す視覚効果とハイテンションな結末を語る

『Cosmetic DNA』は3月26日(土)より大阪、シネ・ヌーヴォにて上映 現代を生きる女性たちを取り巻く社会の不条理と理不尽を、独特な映像美でブラックかつパワフルに描き出した痛快作『Cosmet …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学