Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2020/08/24
Update

Netflix映画『呪われし家に咲く一輪の花』ネタバレ感想と考察。美しいホラーは“私の恐怖”を詩的な展開と真相で描く

  • Writer :
  • からさわゆみこ

見ているのに見えない恐怖が静かに追い込む、真相の正体を目にした時に彼女を襲った衝撃は死に値する恐怖

本作は怖がりな看護師がホラー小説家の介護をするために、人里離れた森の一軒家で住み込みで働き、小説にまつわる主人公に脅かされ恐怖に襲われていく物語です。

霊感などないただの怖がりな女性でも、様々な条件が重なると見えるはずのないものも見え、ありえない恐怖を味わうと想像を超えた結果を生みだします。

今回は巷で語られる亡霊の噂の根源や、心霊体験の本質を解き明かす『呪われし家に咲く一輪の花』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『呪われし家に咲く一輪の花』の作品情報

Netflix 呪われし家に咲く一輪の花

【公開】
2016年(アメリカ・カナダ合作映画)

【監督】
オズグッド・パーキンス

【原題】
I Am the Pretty Thing That Lives in the House

【キャスト】
ルース・ウィルソン、ポーラ・プレンティス、ボブ・バラバン、ルーシー・ボイントン

【作品概要】
本作はアルフレッド・ヒッチコック監督のサスペンススリラー『サイコ』の主演で、一躍有名となったアンソニー・パーキンスの長男オズグッド・パーキンス(俳優)が監督と脚本を務め、音楽を次男のエルビス・パーキングが担当をしています。

主演はルース・ウィルソンとポーラ・プレンティスで、特にアイリス役のポーラ・プレンティスに関しては、オズグット監督の強い希望で30年ぶりの主演となりました。

2016年のトロント国際映画祭にて初上映され、2016年10月28日に Netflixでの配信が開始されています。

映画『呪われし家に咲く一輪の花』のあらすじとネタバレ

8月初旬に28歳になったばかりのリリー・セイラーは、ホスピス看護師としてマサチューセッツのブレインツリーという街にある、ホラー作家のアイリス・ブラムの家に住み込みで働くためにやってきました。

アイリス・ブラムは高齢で認知症を患い、余生をこの家ですごし最期を迎えることを希望しています。リリーはアイリスに自己紹介をしますが、寂しそうな顔をしたまま彼女を見つめるだけでした。

リリーはキッチンの入り口の壁の塗料が、一部分浮かびあがってきているのを何気なく見つけますが、とりあえず家に備え付けてある電話で友人に電話をかけ、他愛のない話をはじめます。

会話で友人から怖がらせるようなことを言われ、リリーは話をそらし長電話を続けます。すると何者かが受話器のコードを引っぱり伸ばし、受話器を引き落としました。

電話を終えて2階に上り書斎に入るとテレビを見つけますが、観ることはできません。そこにテレビの砂嵐の音を聞いて起きてきたアイリスが立っています。

リリーはアイリスをイスに腰掛けさせますが、アイリスはリリーを見てポリーと呼びます。リリーだと言っても「ポリー私が恋しくなったのでしょう?また、話をしてくれる?」と、理解していないようでした。

彼女はリリーのことを何故か「ポリー」と呼び、以後何度訂正しても直すことはありませんでした。

リリーは次の日から人の気配を感じたり、人が歩き周るような音を聞くようになります。

リリーはその現象に怯えながらも、恐怖心を振り払うように不可解な音は家がかなり古いこと、アイリスが名前を憶えないのも認知症であることと言い聞かせ、仕事に従事します。

そして、あっというまに11カ月が過ぎました。

以下、『呪われし家に咲く一輪の花』ネタバレ・結末の記載がございます。『呪われし家に咲く一輪の花』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

11カ月が経ったある日、アイリスの家を管理しているワックス・キャップ氏が様子を確認しに訪問します。

リリーは最初に見つけた壁の傷みが急に大きく広がり出したので、修繕してほしいと訴えますが、ワックス氏は「カビだろう」というだけで、予算が限られていて修繕費はでないと言います。

「カビだとしたら健康面に不安がある」と言うと、「一軒の修繕会社を教えるから。そこに相談すれば、何かアドバイスをくれるだろう」と名刺をくれるだけでした。

そして、リリーは尋ねました。「ポリーという女性をご存知ですか?この11ヶ月ブラムさんを訪ねる人は一人もいませんが、私がいくら訂正してもポリーと呼ぶので、きっと特別な人なのでは?」

ワックス氏はポリーという名はブラム女史の代表作『壁の中の淑女』に出てくる主人公の名前だと教えますが、リリーは「ホラーは嫌いなので読まない」と言うと、「終わり方が曖昧なままの変わった小説だ」と言うだけで、内容については一切語りませんでした。

リリーは書斎にあるアイリスの作品から『壁の中の淑女』を見つけ、本を開くと白い花が押し花にされ、裏表紙を見ると若い頃のアイリスの写真がありました。

ある日、リリーがキッチンでブラックベリーを洗っていると突然、両腕にカビのようなシミが出始め、たちまち腐ったように浮腫み上がりました。恐怖でうろたえていると、アイリスに呼ばれ我に返ると腕は何事もなく元に戻っていました。

そして、その晩リリーは小説の序文を読みました。序文には『壁の中の淑女』は、ポリー・パーソンズが語った実話という内容が書かれていました。

“その家は1812年にポリーの結婚相手が彼女のために建てたものでした。2人は結婚の誓いをした後に忽然と姿を消し住むことはなかったのですが、ポリーは目隠しをされて完成したばかりの家を手探りで探索をしていました。”

リリーは翌日、壁が気になって修繕業者に電話をします。業者は月曜日に見に行くので、ランドリールームを確認するように伝えました。

ランドリールームを確認し隣りの納戸も調べたリリーは、上の段に古びた段ボール箱をみつけます。箱は少しカビが生えていて「POLLY」と書かれていました。

箱を開けると中にもカビた小さめの箱があり、中から薄紙にペンで書かれた草稿のようなものが出てきます。そこにはポリーが語っていない、アイリスの予想していたポリーの最期の様子が書かれていたのです。

“ポリーは壁板のされていない穴の前で指先を木片で傷つけたので、目隠しを外すと驚いた面持ちで夫の方を見ます。そして、次の瞬間夫はポリーを撲殺し遺体を壁の中に隠し、壁板でふさいでしまうのでした。”

アイリスは「ポリーが目の前に現れるようになって、2、3年はいろいろな話をしてくれたわ。執筆のアイデアになるほどに・・・だけど、ある日からポリーは突然現れなくなった」と言います。

リリーをポリーだと思っているアイリスは「哀れな子だ。あんたの美しさはほんの一瞬で儚いもの。自分の目で自分を見つめるだけじゃ美人だって朽ちてしまう」と、語りかけます。リリーはその言葉の意味がわかりませんでした。

その晩、リリーが階下に降りると、カビの生えた壁の下の板壁が外されていました。得体の知れない恐怖に追い詰められたリリーはとうとう、ポリーの亡霊を見てしまい、恐ろしさのあまり心臓発作を起こし死んでしまいます。

数日後、リリーとアイリスは遺体となって発見され、数カ月後には別の家族が暮らし始めていました。

スポンサーリンク

映画『呪われし家に咲く一輪の花』の感想と考察

Netflix 呪われし家に咲く一輪の花

本作は全編にわたって幽霊となる主人公リリーの視点で展開していきます。ジャンプスケア系のホラー映画ではないので、そういった展開を期待するユーザーは肩透かしをくらってしまう内容です。

怖がりの視点

極度の怖がりだったリリーが手と手の小さいすき間から、恐る恐る覗き込むようにポリーが現れるのを待ち、アイリスの書いた小説を朗読しながら家にまつわる幽霊の存在を示しています。

映像の効果はまるで、小説を読むときに頭の中でその風景が浮かんでくるようです。そしてポリーの美しさが幽霊になったあとの哀愁を帯び、見どころの一つとなっています。

本来幽霊や心霊を怖くて観ることも考えることも避けている人が、いわゆる「事故物件」だと知らずに住み、説明のつかない音や壁のシミが気になりだし、次第に恐怖心へと変わっていく様を描いています。

そして、見えていなかったモノの正体を見た時に、リリーが感じた恐怖とはとてつもなく大きかったのです。

ポリーの正体は謎のまま

アイリスがポリーを主人公とした『壁の中の淑女』を出版したのは1960年です。アイリスがその家に住むようになった経緯はわかりません。そして、ポリーがなぜアイリスの前に現れたのかも不明です。

ポリーの母は彼女を生むとまもなく亡くなったことはわかります。そして、どう見てもかなり歳の離れている男性と結婚をし殺害されてしまいます。

ポリーは死んだ時からアイリスが住むまでの数百年の間、見守ってきた家でのことをアイリスに語り、アイリスはそれを小説にしていたのでしょう。しかし、おぞましい自分の死を語れないポリーはアイリスの前から姿を消したのではないでしょうか?

邦題は「呪われし・・・」となっていますが、ポリーが殺害された理由はわからないので、呪う理由もわかりません。どちらかと言えば、なぜ殺害されなければならなかったのか?という疑問を抱き、さまよっていたと思えるのです。

父から受継ぐ息子の作品

作中でホラー作家のアイリスは遺言で家は「物語をつぐむ家」として、女流作家に無償で提供すると残しています。

監督は映画の脚本のアイデアについて語っています。父アンソニーがホラーライターをしていた古い家には、看護士の世話を受けていた女性がいたことと書き残されていたというのです。

映画のプロローグに「ある家をくれたA・Pに捧ぐ」と出てきますが、それは父アンソニー・パーキンスのことなのでしょう。

そのオズグッド監督は12歳の時に父親のアンソニー・パーキンスが主演監督を務めた『サイコ2』に出演しており、本作品の冒頭とラストに登場する幼い兄妹はもしかしたら、オズグッド監督の2人の子供なのかもしれません。

まとめ

『呪われし家に咲く一輪の花』は19世紀初頭に建てられた家に棲みつく亡霊と、その亡霊に導かれホラー小説を書いてきた女流小説家が、晩年になり病で幾ばくも無い時間をホスピス看護士と過ごす短い期間の物語です。

ホラー映画は怖い怖いと言いながらも怖いもの見たさを楽しむものですが、本作は怖いことが大嫌いでできれば見たくない人が、亡霊を見てしまった時の極限の恐怖を伝えています。

まさか28歳の若さで、恐怖のあまり心臓発作をおこし死亡するとは思いもしないでしょう。「あなたが見ている美しいものは私。でも、この先どうなるかはわからない」という意味がここにあるのです。

そして、人知れず死亡してしまい発見が遅れれば、美しいその姿も朽ち果ててしまう・・・日本的に言うのなら成仏できない魂が漂ってしまう、そんな悲劇も伝わります。

この作品は若い美しさと命の儚さを、淡々とした映像美で描いた情緒的なホラー映画でした。

関連記事

ホラー映画

映画『透明人間(2020)』あらすじネタバレと感想。リーワネル監督のリメイク版はサイコスリラーの妙味

リー・ワネル監督×エリザベス・モス主演の最新作映画『透明人間(2020)』 映画『透明人間』(2020)は、1897年に出版されたH・G・ウェルズ原作の『透明人間』に登場するキャラクターを基に「ソウ」 …

ホラー映画

『チャイルドプレイ(2019)』ネタバレ感想と解説。実際の事件を基に新たなモノを欲しがる子供への警鐘

1988年に一世を風靡した『チャイルド・プレイ』のリブート版が2019年7月に日本公開。 殺人犯の怨霊が宿る人形という設定から30年を経て、家庭で普及する人工知能へと進化したチャッキー。 日本では同日 …

ホラー映画

【ネタバレ考察】サスペリア(リメイク2018)の結末までの詳細に解説。戦争から心理学までに及ぶ内容とは

あのホラー映画の金字塔が鬼才の手で再構築された! 昨年のカンヌ映画祭の初お披露目から賛否両論の嵐で大激論を呼んでいるリメイク版「サスペリア」。 150分越えも納得の、様々な要素が絡み合いホラーの枠組み …

ホラー映画

【ネタバレ】レリック遺物|結末感想と解説考察。映画タイトルの意味とラストで新人監督が描いた“人生の真の恐怖”

認知症の恐怖と喪失感の痛みを描写したホラー映画『レリック-遺物-』 映画『レリック-遺物-』は、日系オーストラリア人のナタリー・エリカ・ジェームズ監督の長編デビュー作。 田舎に住んでいる母親が行方不明 …

ホラー映画

映画『フェノミナ』ネタバレ感想考察とラスト結末までのあらすじ。ジェニファー・コネリーが昆虫と交信できる少女を演じる

母親の愛情が左右した、思春期の子供に与えた2つの悲劇 映画『フェノミナ』は、『ゾンビ』(1978)、『サスペリア』(1977)を手掛けた、イタリアンホラーの巨匠ダリオ・アルジェント監督による、サスペン …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学