Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ3|あらすじとキャスト。上映館情報も紹介

  • Writer :
  • バフィー

23年に一度やって来る「アイツ」が帰ってきます。

1作目で「アイツ」と対決したジーナ・フィリップスが6年振りに女優復帰し17年振りにシリーズに帰ってきます!

23年ごとに現れ大量の犠牲者を出す、血みどろの連鎖を終わらせることができるのでしょうか…。

映画『リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ JEEPERS CREEPERS 3』の作品情報


(C)2017 Brandon Farm LLC, All Rights Reserved.

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Jeepers Creepers 3

【監督】
ビクター・サルバ

【キャスト】
ジーナ・フィリップス、ブランドン・スミス、スタン・ショウ、ガブリエル・ショウ

【作品概要】
『ゴッドファーザー』(1972)て知られる巨匠・フランシス・フォード・コッポラ製作総指揮で2001年に公開され、スタイリッシュなホラーとして話題となった『ジーパーズ・クリーパーズ』が14年振りの新作公開となります。

1作目でも主演を務めた『マンハッタンで抱きしめて』(1998)のジーナ・フィリップスが17年振りにシリーズに戻ってきます。

劇場後悔は「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2018」で、10月12日より東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて上映。

ヴィクター・サルバ監督のプロフィール


(C)2017 Brandon Farm LLC, All Rights Reserved.

ヴィクター・サルバは、1976年3月29日生まれ、アメリカ・カリフォルニア出身の映画監督。

13歳の頃から映画作りに熱中し、高校を卒業するまでの間に脚本を書き、監督した短編が20本、8ミリの長編2本を製作しました。

短編『SOMETHING IN THE BASEMENT』がフランシス・フォード・コッポラの目にとまり、コッポラが審査員を務めるソニー/AFIホームビデオ・コンベンションで1位を獲得。

その後、コッポラのプロデュース作品『マニアック1990』(1988)で脚本・監督を務め、長編映画監督デビューを果たします。

1995年にメジャー作品として製作した『パウダー』が多くの批評家に絶賛され、高い評価を得ました。

2001年にコッポラの製作総指揮によるホラー『ジーパーズ・クリーパーズ』を監督したことで更に注目を集め、続編となる『ヒューマン・キャッチャー/ジーパーズ・クリーパーズ2』(2004)も引き続き監督・脚本を務め、14年振りの続編となる『リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ』では監督・脚本・製作を務めました。

映画『リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ JEEPERS CREEPERS 3』の主なキャスト


(C)2017 Brandon Farm LLC, All Rights Reserved.

ジーナ・フィリップス(トリッシュ・ジェンナー役)のプロフィール

ジーナ・フィリップス は、1970年5月10日生まれ、アメリカ・マイアミ出身の女優。

芸術高校を卒業後、ペンシルヴェニア大学のフィルム・マーケティング科に入学。

大学の研修旅行でたまたま訪れたロサンジェルスでオーディションを受けたことがきっかけで、女優のキャリアをスタートさせます。

『スタートレック:ディープスペースナイン』などテレビドラマのゲスト出演を経て、ホリー・ハンター主演映画『マンハッタンで抱きしめて』(1998)などの映画にも出演していますが、テレビドラマを活動の中心と考えており、映画に主演後も『アリー・myラブ』や『ER』などの人気ドラマに出演します。

スタン・ショウ(Sheriff Dan Tashtego役)のプロフィール

スタン・ショウは、1952年7月14日生まれ、アメリカ・シカゴ出身の俳優。

ミュージカル『ヘアー』で舞台デビューを果たします。

1973年『ブラック・ハンター』で映画デビューを果たし、1976年に『マネー・チェンジャーズ』でテレビドラマデビューを果たします。

主な出演作品は『ロッキー』(1976)や『ドラキュリアン』(1986)、『デイライト』(1996)、『スネーク・アイズ』(1998)などがあります。

格闘技の愛好家出あり、柔道や空手、また柔術も行なっており、柔道黒帯、空手二段の腕前です。

映画『リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ JEEPERS CREEPERS 3』のあらすじ


(C)2017 Brandon Farm LLC, All Rights Reserved.

23年に1度、23日間にわたって人間を捕食する伝説の怪物クリーパー。

とある田舎町で、トラックからおびただしい数の死体が発見される事件が発生します。

23年ぶりに復活したクリーパーを永遠に葬り去るべく、特殊部隊が壮絶な死闘を繰り広げますが、無残にも大量の犠牲者を出すことになってしまいます。


(C)2017 Brandon Farm LLC, All Rights Reserved.

かつてクリーパーに家族や友人を殺された遺族やクリーパーに恨みを持つものが集まり、クリーパーを倒す秘密をめぐって奮闘しながらクリーパーと対決します。

不死身のクリーパーを倒すことはできるのでしょうか…。


(C)2017 Brandon Farm LLC, All Rights Reserved.

映画『リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ JEEPERS CREEPERS 3』の感想と評価


(C)2017 Brandon Farm LLC, All Rights Reserved.

2000年代に2作製作され、隠れたホラー映画の秀作として知られる『ジーパーズ・クリーパーズ』が、14年振りに帰ってきました。

前2作の中で、結局、何なのかが判明しないままだったクリーパー。

元々、人間だったという設定を以前コッポラが語っていました。

そして3作目では、そんなクリーパーの正体を掘り下げた内容になると発言していたのですが、前作から14年経過しているので、その点が言った通り描かれているのかは映画を観て確かめてみるのが、最大の見どころです。


(C)2017 Brandon Farm LLC, All Rights Reserved.

今回も製作総指揮として参加しているフランシス・フォード・コッポラですが、さて、正体が明らかになるのでしょうか。

それとも新たなシリーズの幕開けとなる作品となるか、劇場でご確認ください。

今回は「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション」として限定公開劇場数は少ないですがファン必見の作品であることは間違いありません!!

まとめ


(C)2017 Brandon Farm LLC, All Rights Reserved.

注目すべき点は1作目の主人公を演じたジーナ・フィリップスが同じ役を17年振りに演じるという点です。

ちなみに世界観としては前作から23年経過していることになっています。

1作目でジャスティン・ロングが演じていた弟ダリー・ジェンナーをクリーパーに殺された復讐で現れるのか。

タイトルの元となっていて、劇中でも流れた曲「ジーパーズ・クリーパーズ」は今回も流れるのか。

謎が多いストーリーで17年間もファンを焦らしてきた作品です。

正直、内容を忘れてしまっている人も多いと思いますので、前2作を観てから劇場に行くことをおすすめします。

映画『リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ JEEPERS CREEPERS 3』は「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション」にて劇場公開。

10月12日より東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて上映!お見逃しなく!!

関連記事

ホラー映画

映画『クワイエットプレイス』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『クワイエット・プレイス』は、9月28日(金)より全国ロードショー! 『ボーダーライン』『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のエミリー・ブラントが主演の新感覚ホラー。 プライベートでも彼女の夫であ …

ホラー映画

ホラー映画『スクールズ・アウト』あらすじと考察。優等生の“怖い悪意”から破壊されていく日常と対立

「シッチェス映画祭」で上映された、選りすぐりの作品を日本で上映する「シッチェス映画祭」公認の映画祭「シッチェス映画祭ファンタステック・セレクション」が、東京と名古屋、大阪で開催されます。 今回は「シッ …

ホラー映画

映画『ラ・ヨローナ 泣く女』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ホラーの系譜に描かれた母性に目覚めた女性とは

ラテンアメリカに何百年と伝承され地域の人誰もが知っている怨霊の物語を初めて映画化した『ラ・ヨローナ~泣く女~』。 ジェームズ・ワン プロデュースの「死霊館」シリーズの新たな作品です。 美貌と評判のマリ …

ホラー映画

サウンド・オブ・サイレンス|あらすじ感想と評価解説。音響設計してガチ怖にした“コレぞ音ホラー誕生”

2024年1月26日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか全国公開! 映画と言うジャンルの中でも世界共通で人気の高い「ホラー」と言うジャンル。 手を変え品を変え、世界各国でより怖 …

ホラー映画

映画『エンプティマン』ネタバレあらすじ考察と感想解説。都市伝説ホラーで日常が壊れていく恐怖を描き出す|SF恐怖映画という名の観覧車153

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile153 平和な町を都市伝説が襲うオカルトホラー映画の数々。 多くの作品は町にかけられた呪いに対抗すべく主人公が奮闘し、時に成功し時に失敗するハラ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学