Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2019/09/16
Update

『ITイットTHE ENDそれが見えたら終わり』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。続編2019年の見どころ解説

  • Writer :
  • 奈香じゅん

2019年公開『IT CHAPTER TWO』続編ホラー映画の魅力を解説!

『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』は、2017年に公開されメガヒットを記録した『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の続編です。

スティーヴン・キングの原作『IT/イット』を基に映画化。前作に続きアンディ・ムスキエティが監督を務めます。

最恐ピエロの代名詞となったビル・スカルスガルドもペニーワイズ役を続投。骨董店の店主役でスティーヴン・キングがカメオ出演しています。

スポンサーリンク

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』の作品情報


(C)2018 Warner Bros. Entertainment Inc. Â All Rights Reserved

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
IT Chapter 2

【監督】
アンディ・ムスキエティ

【キャスト】
ビル・スカルスガルド、ジェームズ・マカヴォイ、ジェシカ・チャステイン、ビル・ヘイダー、ジェイ・ライアン、ジェームズ・ランソン、イザイア・ムスタファ、アンディ・ビーン、ジェイデン・リーバハー、ソフィア・リリス、ジェレミー・レイ・テイラー、フィン・ウルフハード、チョーズン・ジェイコブス、ジャック・ディラン・グレイザー、ワイアット・オレフ

【作品概要】
アンディ・ムスキエティは、ギレルモ・デル・トロに見出され『MAMA』(2014)で長編映画監督デビューしたアルゼンチン出身のフィルムメーカー。

本作は、ゲイリー・ドーベルマンが単独で200ページの脚本を執筆。当初4時間に上った映像をカットし上映時間は2時間50分弱。

キャストを担当した監督の姉バーバラ・ムスキエティは、本作の配役に際し3つの条件を設けました。

1:高い演技力を持つ役者。2:前作のルーザーズ・クラブを演じた子役に似ていること。3:厳しい要求を課される撮影に応じる俳優。舞台となるベリーの町はカナダのオンタリオ州がロケ地。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』のあらすじとネタバレ


(C)2018 Warner Bros. Entertainment Inc. Â All Rights Reserved

メイン州、デリー。前作から27年後。同性愛者のカップルを見掛けた地元の不良が2人を襲撃。1人が散々殴られたあげくに川へ放り込まれます。

安否を心配したパートナーが川岸へ来ると、向こう側で金色の目をしたペニーワイズが恋人を食い殺します。大量の赤い風船が辺りを埋め尽くし、気づくとペニーワイズは恋人と一緒に消滅。

ルーザーズ・クラブの内1人だけベリーに居住を続けていたマイクは警察無線で事件を知り、メンバー全員にデリーに戻るよう連絡を入れます。

それぞれ成功を納めていた面々ですが、スタンリーはマイクと電話で話した後に自殺してしまいます。

ビバリーは、出発を反対する夫から暴力を振るわれますが反撃し、荷物を掴み結婚指輪を置いて、デリーへ向かいます。

デリーの中華レストランでルーザーズ・クラブは久し振りに再会。卒業アルバムに唯一名前を書いてくれたビバリーにずっと心を寄せていたベンは、満面の笑顔を浮かべます。

近況を報告し合い、スタンリーだけが姿を現さないことを気に掛けながらも、皆楽しい時間を過ごします。

マイクは、ペニーワイズが再び覚醒し事件を起こしていると前置きして、27年前に誓いを交わした通り始末をつけようと話します。

食後に運ばれた6つのフォーチュン・クッキーに入っていたおみくじは、スタンリーの身に何か起きたことを示唆。直後にクッキーから飛び出す人間の頭を持つ多足動物や目玉等不気味なクリーチャーが襲い掛かります。

しかし、レストランのウェイトレスの目には何も見えず、6人が大暴れしているように映っていました。

スタンリーの家に連絡し、妻から自殺したこと聞いて怯えたエディとリッチーは、町を出ると言い宿泊所へ荷物を取りに戻ります。

マイクは、見せたい物があると必死にビルを説得。同じ頃、ペニーワイズは蛍を使って幼い少女を誘い出し、頬のあざを消してあげると言葉巧みにおびき寄せて食い殺します。

一方、地元の問題児で過去にマイクやベンを虐めていたヘンリーは、父親を殺害後精神病院へ収監されていました。ペニーワイズの手助けで病院を脱走します。

司書であるマイクは、長年ペニーワイズの抹殺方法を模索していました。18世紀初頭に先住民が使っていた遺物をビルに見せたマイクは、これでペニーワイズのことが分かると説明。

隕石の落下と共に地球へ来たペニーワイズ。ビルの脳裏に、何重にも歯が生えた化け物を遺物に閉じ込める儀式の光景が見えます。

その頃、町の宿泊所へ戻った残りのメンバーは、過去にペニーワイズの口から放たれたデッドライトを浴びたビバリーに予知夢を見る能力が備わっていたことを知ります。

ビバリーは、スタンリーの死を始め、ルーザーズ・クラブ全員が死ぬ悪夢を見たと告白。

宿泊所へやって来たマイクとビルは、団結してチュードの儀式を行えばペニーワイズを倒せると皆を説得します。

27年前の過去でそれぞれ自分にとって思いが残る記念の品を見つけ図書館で合流するようマイクは全員に指示します。

以下、『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ネタバレ・結末の記載がございます。『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018 Warner Bros. Entertainment Inc. Â All Rights Reserved

ビバリーは少女時代に住んでいた家を訪れ、支配力の強い父に隠しておいたラブレターを見つけます。ベンが書いた手紙でしたが、ビバリーはビルから送られたと思い込んでいました。突然ゾンビに襲われ、ビバリーは何とか脱出。

リッチーは昔遊んだゲームセンターの跡地でゲーム機用のコインを見つけます。ヘンリーに「ゲイ野郎」と罵られ、公演で「お前の秘密を知っているぞ」とペニーワイズに襲われた記憶が蘇ります。

同じ公園でペニーワイズに遭遇したリッチーは必死に逃走。

ビルは少年時代の実家近くに在る下水溝で立ち止まり、弟・ジョージ―のことを思い出します。ペニーワイズの幻覚に誘われたビルは、下水溝の中からジョージ―に作ってあげた折り紙の船を手に入れます。

そこへ、スケートボードに乗った少年が近づきます。この下水溝に近づかないよう注意するビルに対し、少年はバスタブの下水から子供やピエロの話し声が聞こえると話します。ビルは、デリーから直ぐ出るよう少年を言い聞かせます。

薬局へ吸入器を取りに来たエディもゾンビに襲われて宿泊所へ逃げ帰りますが、忍び込んだヘンリーが待ち伏せていました。

ナイフで頬を刺されるものの、エディは反撃。駆けつけたベンは、にやけながら逃げて行くヘンリーを見て、酷い虐めを受けた過去に屈辱を感じます。

「この子も助からない」そう血で書かれたスケートボードを見たビルは、先ほど出会った少年が遊園地へ行くと言っていたことを思い出します。危険が迫っていると察知したビルは急いで助けに向かいます。

びっくりハウスへ入る少年を見つけて後から中へ入ったビルは、ペニーワイズが少年を食い殺す所を目撃することに…。

その頃、図書館でメンバーの到着を待つマイクはヘンリーに襲われます。間一髪の所で、リッチーがヘンリーを殺害します。

ベン、ビバリー、エディがヘンリーを追って図書館へ到着。目の前で少年を殺されたビルは怒りが頂点に達し、1人でペニーワイズを倒すとマイクに言い残します。

ビルの行き先を過去の決戦場だと確信したメンバーはネイボルト通り29番地へ。廃墟に自分だけで入ろうとするビルに、あの時の様に一緒に力を合わせようと説得します。

ペニーワイズの放ったクリーチャーの襲撃を受け凍り付くエディをリッチーが勇気づけ、ルーザーズ・クラブは井戸から下水道を抜けて地下にある洞窟へ辿り着きます。

ビルの紙飛行機、ビバリーのラブレター、リッチーのゲーム用コイン、ベンは、財布にずっと入れていたビバリー署名の卒業アルバムのページ、マイクはヘンリーにぶつけた石、そしてベンが自分の吸入器と一緒にスタンリーのシャワーキャップを加え、過去の記念品として遺物に入れて燃やします。

儀式を完遂させた筈が、デッドライトから姿を見せたペニーワイズは、マイクが嘘をついていたと嘲笑います。

遠い昔、モンスターを退治しようと試みた先住民の儀式は失敗し、全員殺害されていたのです。

巨大なクモと化したペニーワイズが怒涛の如く襲い掛かります。逃げ回りながら1人1人自分のトラウマと向き合って克服したメンバー達は、遂にペニーワイズと対峙。

「お前は唯のピエロだ」「しょせん真似て化けるしかできない」そう罵倒されたペニーワイズは、見る見るうちに縮小していきます。

皺だらけの顔で動けなくなった小さなペニーワイズの心臓をマイクがえぐり出し、その手を全員で掴んで一緒に握り潰します。ペニーワイズの目から生気が失せ黒く濁っていきます。

リッチーは、自分を助ける為に命を落としたエディを置いて行かれません。しかし、洞窟は音を立てて崩壊が始まり、ビルとベンがリッチーを引きずって脱出。廃墟は壊滅します。

血の誓いを交わす時に切った手の平の傷がいつの間にか消滅。ふと目を向けた窓ガラスには、13才だった自分達が映っており、そこにはスタンリーとエディも一緒にルーザーズ・クラブ7人が立っていました。

その後、スタンリーが自殺する前に郵送した手紙がメンバーに届きます。ペニーワイズに殺されそうになって以来ずっと怯えて人生を送ったスタンリーは、もう一度闘うことは出来ないと知っていました。

みんなの足を引っ張り全員の命を危険に晒してしまうと悟ったスタンリーは、障害となるであろう自分の存在を消そうと決めたことが記されています。

「これは遺書ではない。手紙を読んでいるなら、うまく行ったんだね。考えてみると、ルーザーって言うのは、他に失うものが無いってことだ。勇気を持ち自分の在りのままで生きてくれ」

リッチーは好きだったベンと自分の名前のイニシャルを公園のベンチに刻み、ベンとビバリーは未来を一緒に歩こうと手を取り合い、マイクは幼い時にメンバー全員で撮った写真を手にベリーを出て行きました。

スポンサーリンク

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』の感想と評価


(C)2018 Warner Bros. Entertainment Inc. Â All Rights Reserved

1987年公開の『スタンド・バイ・ミー』のホラー版とも言える『IT/イット“それ”が見えたら、終わり。』の続編『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』は、27年後それぞれ成長したルーザーズ・クラブが登場

心に隠した偽りや挫折を克服できていないメンバーを、残忍なピエロが執拗に付きまとう姿を描きます。ペニーワイズは、人が抱える恐怖を合わせ鏡の様に化けて見せる超自然的存在。

本作では、ルーザーズが自分のトラウマを乗り越え、ペニーワイズに挑むまでの過程を軸に展開します。

X-MEN:ダーク・フェニックスの撮影中、ビバリー役のオファーを得ていたジェシカ・チャステインは、本作の監督アンディ・ムスキエティがジェームズ・マカヴォイの出演を望んでいるとマカヴォイに伝えました。

『スプリット』(2017)で度肝を抜く演技を披露したマカヴォイは、彼の世代を代表する俳優と特にフィルムメーカーから高い評価を受けています。

また、北米の大人気ドラマ『バリー』に主演し、2019年度のエミー賞でコメディ部門主演男優賞にノミネートされているビル・ヘイダーもムスキエティ姉弟が最初にキャストしたかった俳優。

そして、何と言っても本作に必要不可欠なのはビル・スカルスガルドです。ピエロのメイクでオーディションへ来たスカルスガルドは、自身の家族4人の内3人ができるペニーワイズの笑顔を披露。

ペニーワイズ役を獲得したスカルスガルドは、CG加工するはずだったピエロの斜視を「出来ますよ~」とやって見せたとムスキエティが話します。片目だけ横に流れて白くなる技を、笑顔でインタビューに応えながら実演

191センチという長身の体を全身使う表現力と彼の演技力が作品を牽引しています。能の舞台で俳優が面の外へ演ずるキャラクターの魂を浮かび上がらせる様に、スカルスガルドは特殊メイクを超えて邪悪さを可視化させています。

本作で再登場するルーザーズ・クラブの子役達は、撮影開始直前にスカルスガルドが役へ入って行く過程が「もの凄く怖い」と口々にコメント。

本シリーズのペニーワイズは、スカルスガルドが動物のドキュメンタリーでハイエナやグリズリーを見ながら声の出し方や表情を試行錯誤して作り上げた最恐のピエロなのです。

まとめ

『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』は、「頭が悪い」「ブス」「太っている」そんな言葉を浴びせられる思春期に根付く劣等感や機能不全の家族環境が、子供に大きな影響を与え成長した後も尾を引くことを描写

心に付きまとう暗い影こそがペニーワイズの餌であり、自分自身でしかトラウマは克服出来ないと言うメッセージが込められた成長物語です。

本作は、観客を怖がらせようとする監督アンディ・ムスキエティのアイデア、プラクティカル・エフェクト担当者の職人技、そして俳優陣の演技力を楽しめるホラー映画です。

関連記事

ホラー映画

映画『ウイッチ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

第31回サンダンス映画祭で監督賞に輝いたホラー映画『ウイッチ』をご紹介します。 新鋭ロバート・エガース監督による、17世紀アメリカ、ニューイングランドを舞台にしたある一家の悪夢のようなお話です! スポ …

ホラー映画

ワニ映画2019『クロール 』ネタバレ感想レビュー。パニックとサバイバルの「凶暴領域」に襲われた父娘の絆

映画『クロール -凶暴領域-』は2019年10月11日(金)よりロードショー! ホラー映画の巨匠であるサム・ライミが製作、『ピラニア3D』などを手掛けたアレクサンドル・アジャが監督を務めたモンスター× …

ホラー映画

新感染ファイナルエクスプレスのネタバレと感想!考察も【韓国映画】

生か死か!? 時速300km超のノンストップ・サバイバル! 韓国映画『新感染ファイナル・エクスプレス』が上映中。 カンヌ国際映画祭をはじめ各国の映画祭で絶賛され、ハリウッドリメイクも決定! 超弩級のア …

ホラー映画

映画『フラットライナーズ(2017リメイク)』あらすじとキャスト!

5人の医大生が好奇心から始めた禁断の臨死実験。 フラットラインである心電図の波形が平らになる心停止が7分を超えたとき、取り返しのつかない凄惨な現象が彼らを襲う! エレン・ペイジ主演の『フラットライナー …

ホラー映画

映画『ITイット』2017リメイクあらすじネタバレと感想!ラスト結末も

本国アメリカでホラー映画歴代興行収入ナンバーワンを記録! スティーヴン・キングの原作小説を映画化した話題作がいよいよ日本上陸。 ただのホラーにあらず! その溢れる80年代愛に驚くなかれ。 『IT/イッ …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP