Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

映画『ぼくのエリ 200歳の少女』ネタバレ感想と考察評価。吸血鬼ヴァンパイアとのラブストーリーは美しくも残酷な純愛

  • Writer :
  • からさわゆみこ

映画『ぼくのエり 200歳の少女』は永遠の12歳エリと孤独なオスカーとの怪しく美しい関係を描く

1920年代から現代まで、ヴァンパイアを題材にした映画は数多く制作されてきました。きっとどの世代の人にもいくつかは思い浮かぶ作品があるのではないでしょうか?

ヴァンパイア映画は圧倒的にアメリカ制作の作品が多いのですが、今回ご紹介するのはその中でも珍しい、北欧スウェーデンの作品『ぼくのエリ 200歳の少女』です。

永遠の少女エリと孤独なオスカーとの怪しく美しい関係を描く、スウェーデンのベストセラー小説『モールス』の映画化です。

原作者も監督もスウェーデン人によるもので、原作の舞台となったストックホルムで撮られた本作は、小説の世界観を壊すことなく、主人公のエリとオスカーの中性的でミステリアスな美しさを醸し出します。

「世界価値観調査」での幸福度が常に上位にあるスウェーデンが隠したいネガティブな面を表現しているのでは?とも思わせるストーリーです。

スポンサーリンク

映画『ぼくのエリ 200歳の少女』の作品情報

(C) EFTI_Hoyte van Hoytema

【公開】
2008年公開(スウェーデン映画)

【原作】
MORSE -モールス-

【脚本】
ヨン・アイビデ・リンドクビスト

【監督】
トーマス・アルフレッドソン

【キャスト】
カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション、 ペール・ラグナル、 ペーテル・カールベリ、イーカ・ノード、カーリン・ベリィクイスト

【作品概要】
『ぼくのエリ 200歳の少女』は「スウェーデンのスティーヴン・キング」の異名をもつ、ヨン・アイビデ・リンドクビストのデビュー作品『MORSE -モールス-』が原作です。日本での公開は2010年7月10日で、2012年には同名にてアメリカハリウッドでリメイク公開されています。

日本での公開に際しては、作中でエリの正体がわかる身体的な描写がモザイク処理されており、それがストーリーの“核心”となる部分だったため、物議もありました。そのエリの謎に関しては小説内に書かれています。

本作品はオースティン映画批評家協会賞で外国語映画賞、サターン賞でインターナショナル映画賞を受賞。また、トーマス・アルフレッドソン監督は2004年の『Fyra nyanser av brunt』と本作で、二度のグールドバッゲン監督賞を受賞しています。

映画『ぼくのエリ 200歳の少女』のあらすじとネタバレ

(C) EFTI_Hoyte van Hoytema

オスカーは両親が離婚をしたため、母親とストックホルムで2人暮らしをしています。

オスカーは貧弱で内向的な性格のため学校でも虐めっ子の標的となり、毎日鬱々とした生活をおくっていました。

そんなオスカーはイジメにあった夜には、住居の前の中庭に出て護身用に持ち歩いているナイフで、植栽の木を何度も刺し憂さ晴らしをしていました。

家にいれば母親の小言や干渉にうんざりしていて、中庭が唯一ひとりになれる場所だったのです。

雪が降り積もった晩、いつものようにの中庭でオスカーが憂さ晴らしをしていると、背後にひとりの少女が佇んでいました。

少女は真冬の夜に薄着のままという不思議な格好をしています。少女はオスカーの家の隣りに越してきたと言います。

オスカーがなぜ自分の家がわかったのかと訊ねますが、そのことには答えず「悪いけど友達にはなれない」と言います。

そして「君が友達になりたそうな顔をしていたから」と、言い残し家に戻っていきました。

そんな夜、彼らの住む街の周辺では、遺体が逆さまに宙吊りにされ、血液を抜かれるという猟奇的な殺人事件が発生します。

犯人は少女と一緒に暮らすホーガンという男。少女は人の血液を飲んで生きるヴァンパイアで、ホーガンは小児性愛者でした。少女と一緒に暮らすために血液を集めていたのです。

しかし、その晩は散歩中の犬に感づかれ通行人に目撃されそうになり、採取した血液を持ち帰りそびれてしまします。

事件のあった翌日の晩、オスカーが中庭に出て独りで遊んでいると少女が現れます。オスカーは遊んでいたルービックキューブを渡し帰宅しました。

ホーガンが血液を持ち帰らなかったため、少女は血液にありつくことができずに空腹でした。オスカーがいなくなると、通行人を待ち伏せして街の住人を襲ってしまいました。

以下、『ぼくのエリ 200歳の少女』ネタバレ・結末の記載がございます。『ぼくのエリ 200歳の少女』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C) EFTI_Hoyte van Hoytema

少女の名前は“エリ”と言いました。ホーガンはエリの殺した遺体を運河に遺棄て、また何事もなかったように暮らし始めるのです。

翌朝、オスカーが渡したバラバラのルービックキューブは色が全部そろって、ジャングルジムに置いてありました。

それ以降、オスカーとエリは日に日に心を通わせていきます。ある晩オスカーは初めて「君、名前なんていうの? 歳は?」と、エリに訊ねました。

エリは「だいたい12歳くらい」と答えます。オスカーは“だいたい”ってと少し怪訝そうな顔をしながら、次は誕生日を聞きます。

しかし、エリは「知らない」と答えます。オスカーは不思議に思い、“親”に聞いてみたら?と言いました。エリは少し悲しそうにうつむきました。

ある日、エリはオスカーが友達にイジメられ怪我を負わせられたこと知り、「やりかえして。逃げないで思い知らせてやるの。勇気を出して・・・大丈夫だよ手伝うから」と言いました。

オスカーは虐めっ子に対抗できるように体を鍛え始めました。そして、さらにエリに好意を抱いていきます。

そんなオスカーにエリは「私がもし女の子じゃなくても好きだと思う?」と聞くのでした。

一方、ホーガンは血液採取の殺人に失敗をします。ホーガンは年齢的に殺人を繰り返すことに限界を感じていました。そのため、失敗したときに身元を隠すための硫酸を持っており、それを顔にあび病院に担ぎ込まれます。

エリは入院しているホーガンのもとに行き、その生き血を吸うと、ホーガンはそのまま窓の下に落下し絶命しました。

エリはオスカーの部屋に立ち寄り、眠るオスカーの横に入り込みます。そして、つきあってほしいというオスカーの申し出を受け、“ここを去って生き延びるのか。留まって死を迎えるのか。君のエリ”というメモを残して部屋をでました。

オスカーは虐めっ子たちのイジメに反撃をすることができ、自分に自信をもちます。そのことをエリに報告し、“血の契り”を交わそうと手のひらをナイフで切り、血を差しだします。

エリはたまらず滴り落ちたオスカーの血を貪ってしまいました。とうとう、エリがヴァンパイアだったことがオスカーに知られてしまったのです。

ある時、母親の留守中にエリが訪ねて行くと、オスカーは部屋に入ってこないエリを見下すかのように、「壁なんかないよ、入ってきなよ」と意地悪を言います。

エリは全身から血を流しオスカーを驚かしました。オスカーは慌ててエリを部屋に招きいれます。

エリはオスカーに「相手を殺してでも生き残りたい。それが生きるということ。私を受け入れて」と言いました。

ホーガンを失ったエリは再び街の住人を襲います。それがエリの仕業と知った男が自宅に来たので殺害してしまいました。とうとう街にいられなくなったと悟り出て行きました。

オスカーは再び孤独となり、虐めっ子の兄から、プールで報復されそうになります。

そこに街から出て行ったと思われたエリが舞い戻り、虐めっ子のリーダーとその兄を殺害しました。エリの言った“手伝う”は、このことだったのです。

オスカーは殺人の共謀者となり、エリを箱に入れて一緒に街を出て行きました。

スポンサーリンク

映画『ぼくのエリ 200歳の少女』の感想と考察

(C) EFTI_Hoyte van Hoytema

映画の邦題『ぼくのエリ 200歳の少女』の200歳であることと、女の子じゃないと言った意味は、作品中では触れられていませんが、小説の中で真相が述べられています

エリが“だいたい12歳くらい”と答えたのは、200年前に12歳で成長をカストラートされていたからです。

カストラートとは1650年から1870年ころにかけて、ヨーロッパで教会で唄う声楽隊の男児が変声期を迎える前に、成長ホルモンの分泌を抑制させるために施した去勢の事です。

もともとは教会がボーイソプラノを残す目的で行われていましたが、次第に貧困層の家庭で口減らしのために、男児を去勢し小児性愛者に売り渡すことが行われていたのです。

エリは200年前に親の裏切りで去勢され、売られた少年でした。つまり、エリの下腹部にモザイクが入っていたのは、去勢手術の跡なのです。

今でも幼児や少年少女への性的嗜好や恋愛感情による犯罪は社会問題になってますが、中世ではさらにおぞましいことが行われていたのです。

エリがなぜヴァンパイアになったのかも、小説の中では描かれています。エリはこうして200年もの間を小児性愛者と暮らし性の対象となる代わりに、食事となる血液を集めさせ生き続けてきたのです。

映画のストーリーだけを観ていると、美しい少年2人の純愛にみえるのですが、実際は12歳の少年と200歳の老人という2人であり、エリは次のパトロンを得たようなものなのです。

また、原題の『Let the Right One In』“正しき者を招き入れよ”と、いう意味で、ヴァンパイアが初めての家を訪ねた時は、家人の招き入れがないと入れないという掟があったのです。エリが全身から血を流したのはオスカーへのジレンマからでした。

最後に街を出る列車の中でオスカーがエリの入った箱に送っていたモールス信号は、「PUSS」というスウェーデン語で“小さなキスの音”という意味です。

この無邪気なやりとりが、以後の残忍な生活が待っていることを忘れさせます

まとめ

(C) EFTI_Hoyte van Hoytema

『ぼくのエリ 200歳の少女』は、生きるために子供を去勢までして売る親、生きるためにヴァンパイアになり、生きるために人間と共存し殺人をするという「生きる」ことに執着した物語でした。

現代におきかえれば、ネグレクト、青少年犯罪、「パパ活」といった経済的に余裕のある男性につけ入る10代の少女達のようです。

『ぼくのエリ200歳の少女』は、こうした社会の闇は時代が変わっても起きてしまう問題点を伝えているのではないでしょうか。

そして、自分の心の中に「正しき者を招き入れる」ことがいかに難しいのかを訴えているともいえます。

それをあえて表現したのが幸福度上位国のスウェーデンからで、与える意味の大きさを物語っていると思わせる映画でした。


関連記事

ホラー映画

映画『透明人間(2020)』ネタバレ考察評価と内容解説。人間に狂気を感じてゾッとする怖さの正体

女性の復讐劇だけない、追い詰められた人間の狂気が怖いリメイク版『透明人間』 2020年7月に公開されたホラーのリメイク作品『透明人間(2020)』。1897年に刊行された原作小説を基に、1933年版の …

ホラー映画

【事故物件の映画考察】なぜ4軒目入居で“黒い悪霊”に襲われたのか⁈不動産屋で変死する横水の理由も解説

殺人や自殺など何かしらの死亡事故が起きた、いわくつきの部屋を指す「事故物件」。 この事故物件に住み、自身の体験を書籍にしている「事故物件住みます芸人」である、松原タニシの原作を、中田秀夫が映像化した『 …

ホラー映画

死霊館3 悪魔のせいなら、無罪。ネタバレ結末あらすじと感想考察。実話⁈心霊研究家ウォーレン夫妻がオカルト事件を調査したミステリーとは?|SF恐怖映画という名の観覧車154

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile154 3億ドル以上もの興行収入を達成した、2010年代を代表するホラー映画『死霊館』(2013)。 実在の心霊現象研究家であるウォーレン夫妻を …

ホラー映画

映画『ブライトバーン』あらすじと感想レビュー。 “恐怖の拡散者”は悪のスーパーマン?それとも新たなオーメンなのか

映画『ブライトバーン/恐怖の拡散者』は2019年11月15日(金)よりロードショー! 子どもを待ち望むとある農場の夫婦が、ある日一人の子どもを授かりました。しかしその子どもの正体は、世界に恐怖をもたら …

ホラー映画

映画『ブライトバーン』ネタバレあらすじと感想評価。ホラー的なスーパーマンを通して描かれる家族の姿

子供に恵まれなかった夫婦が「天からの授かりもの」と信じて育てた子供は、地球に破壊をもたらす者だったという恐怖を描いた『ブライトバーン/恐怖の拡散者』。 スーパーヒーロー作品をホラー映画で描くという「異 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学