Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

アナベル2死霊人形の誕生あらすじとキャスト【死霊館シリーズ2017】

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

2017年10月13日(金)より、新宿ピカデリーほか全国劇場公開される『アナベル 死霊人形の誕生』。

史上最も呪われた実在する人形。 遊ンデ  遊ンデ  遊ンデ… 死ヌマデ、離レナイ。

ジェームズ・ワン制作の『死霊館』シリーズ第4弾!アナベル誕生の起源とは?

文句なしに恐ろしいホラー映画『アナベル 死霊人形の誕生』をご紹介します。


      

スポンサーリンク

映画『アナベル 死霊人形の誕生』の作品情報

【公開】
2017年(アメリカ映画)

【監督】
デビッド・F・サンドバーグ

【キャスト】
ステファニー・シグマン、タリタ・ベイトマン、アンソニー・ラパリア、ミランダ・オットー、ルル・ウィルソン、フィリッパ・クルサード、グレイフ・フルトン、ルー・ルー・サフラン、サマラ・リー、テイラー・バック

【作品概要】
2013年公開の『死霊館』をシリーズ化した作品で、実在した人形に

映画『アナベル 死霊人形の誕生』のあらすじ

心機一転して新生活を過ごそうと田舎の屋敷へとやって来た、シスターと孤児の少女たち。

しかし、彼女たちを徐々に屋敷に漂う奇妙な雰囲気が影を落としていきます。

やがて、1人の女の子が何かに導かれたかのように、アンティーク人形を見つけてしまいます。

すると、呪いの封印を解かれたアナベル。人形は異常現象を巻き起こしながら、ひとり、ひとり少女たちを追い詰めていく…。

スポンサーリンク

映画『アナベル 死霊人形の誕生』とは?

この作品は2013年にジェームズ・ワン監督が制作した『死霊館』に登場した実在する呪われた人形アナベルのめぐる映画。

参考:ジェームズ・ワン監督『死霊館』(2013)

参考:ジョン・R・レオネッティ監督『アナベル 死霊館の人形』(2014)

ジェームズ・ワン監督『死霊館 エンフィールド事件』(2016)

映画『アナベル 死霊人形の誕生』は、『死霊館』(2013)『アナベル 死霊館の人形』(2014)『死霊館 エンフィールド事件』(2016)に続く『死霊館』シリーズしては第4弾。

また、アナベルとしては第2弾とも言えますね。

アナベル 死霊人形の誕生』(2017)

冒頭では海外予告版『アナベル 死霊人形の誕生』を見ていただきました。

こちらは日本版の予告編です。

あらすじにもあったように、新天地の屋敷に6人の子どもたちが引っ越してくるシーンがあり、その後、次々に怪奇現象に巻き込まれていく様子が恐ろし過ぎ…。

そして何と言っても、暗闇で振り返る少女や井戸から出て引きづり込む腕など、予告編だけでヤバイ恐ろし〜いです!

日本版と海外版どちらの予告園を観ても戦慄なショットばかり。

なんだか宙に浮くシスターとか、ブルブル満載だ!

プロデューサーは『死霊館』シリーズや『ソウ』シリーズなどで知られるジェームズ・ワン。

監督は2016年に『ライト/オフ』で長編映画の監督デビューを果たしたホラー映画界の新鋭デヴィッド・F・サンドバーグ監督。

夏でなくとも、秋のホラー映画は恐怖の収穫祭!オツですよ。

また、『アナベル 死霊人形の誕生』は10月公開ですから、その前に前作シリーズをDVDで見て予習すれば、夏も涼しいかも⁈

まとめ

『アナベル 死霊人形の誕生」は、10月13日より東京・新宿ピカデリーほか全国順次公開です!

アナベルの誕生と呪いの起源が明かされますよー。

ブルブルでお見逃しなく!。

関連記事

ホラー映画

映画『ヨコクソン』あらすじ感想と評価解説。韓国ホラーのリメイク版を女優ソヨンヒとソンナウンの共演で描く

韓国ホラー映画『ヨコクソン』は、8月6日(金)よりシネマート新宿とシネマート心斎橋にて公開! 1986年に製作され『女哭声(ヨコクソン)』を、2018年に新たに完全リメイクした、同名の映画『ヨコクソン …

ホラー映画

【ザ・ヴィジル夜伽】高橋ヨシキ×てらさわホークによる映画解説トークショー開催!《シッチェス映画祭 ファンタスティック・セレクション2020》

映画『ザ・ヴィジル 夜伽』は、シッチェス映画祭 ファンタスティック・セレクション2020にて上映中! 世界で最も権威ある、SF・ホラー・スリラーサスペンス映画など、ファンタジー系作品の祭典として名高い …

ホラー映画

映画『ミッドサマー』ネタバレ感想と考察。結末でアリアスター監督が描く“残忍で破滅的なおとぎ話”とは

映画『ミッドサマー(原題:Midsommar)』は2019年7月3日より全米公開。 原題Midsommarはスウェーデン語で夏至祭(ミッドソンマル)の意。 2018年、『ヘレディタリー/継承』で長編デ …

ホラー映画

映画『ブライトバーン』あらすじと感想レビュー。 “恐怖の拡散者”は悪のスーパーマン?それとも新たなオーメンなのか

映画『ブライトバーン/恐怖の拡散者』は2019年11月15日(金)よりロードショー! 子どもを待ち望むとある農場の夫婦が、ある日一人の子どもを授かりました。しかしその子どもの正体は、世界に恐怖をもたら …

ホラー映画

【ネタバレ】X エックス|あらすじ感想と結末解説の評価。ミアゴス主演で70年代ホラーにオマージュを捧げた殺人鬼ホラー

A24が手がけるエクストリームライドホラー 1979年、テキサス。3組のカップルが映画の撮影で向かったのは、殺人鬼の老夫婦が営む牧場でした……。 『サスペリア』(2018)で印象的な演技をみせたミア・ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学