Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/05/21
Update

映画『許された子どもたち』あらすじと感想レビュー。内藤瑛亮監督が手掛ける子どものいじめを取り上げた問題作

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『許された子どもたち』は2020年6月1日(月)よりユーロスペースほか全国ロードショー

映画『許された子どもたち』は、衝撃的なタイトルと内容により物議を醸した『先生を流産させる会』で長編デビューを果たした内藤瑛亮監督が手掛けました。

上村脩、黒岩よしなど、出演者の多くはこの映画のために開始されたワークショップから選ばれた若手キャストです。

複数の実際に起きた少年事件に着想を得て、いじめによる死亡事件を起こした加害少年とその家族、そして被害者家族の姿を描いたオリジナル作品。

果たして子どもを殺した子どもは罪とどう向き合うのか。周りの大人たちはそんな子どもをどう受け止めていくのか……。

スポンサーリンク

映画『許された子どもたち』の作品情報

(C)2020「許された子どもたち」製作委員会

【公開】
2020年(日本映画)

【脚本】
内藤瑛亮 山形哲生

【監督】
内藤瑛亮

【キャスト】
上村脩、黒岩よし、名倉雪乃、阿部匠晟、池田朱那、大嶋康太、清水凌、住川龍珠、津田茜、西川ゆず、野呈安見、春名柊夜、美輪ひまり、茂木拓也、矢口凜華、山崎汐南、門田麻衣子、三原哲郎、相馬絵美、地曵豪

【作品概要】
映画『許された子どもたち』は、『ライチ☆光クラブ』(2015)や『ミスミソウ』(2017)の内藤瑛亮監督が、初長編『先生を流産させる会』(2011)以来、再び自主映画のフィールドで世に放つ待望の作品です。

実際に起きた複数のいじめ事件をモチーフに取り入れつつも、オリジナル作品として製作。出演者の多くはこの映画のために開始されたワークショップから選ばれた若手キャストたちです。

映画『許された子どもたち』のあらすじ

(C)2020「許された子どもたち」製作委員会

ある地方都市。中学一年生で不良少年グループのリーダー市川絆星(キラ)は、同級生の倉持樹を日常的にいじめていました。いじめはエスカレートしていき、絆星は樹を殺してしまいます。

警察に犯行を自供する絆星でしたが、息子の無罪を信じる母親・真理の説得と弁護士の戦術によって否認に転じ、少年審判は無罪に相当する「不処分」を決定します。

絆星は自由を得ますが、決定に対し世間から激しいバッシングが巻き起こり、ネット上などで吊るし上げに遭います。

そんな中、樹の家族は民事訴訟で絆星ら不良少年グループの罪を問うことになります。絆星の母親は抗議活動を行いますが、かえって火に油を注ぐようになり、一家は引っ越しを余儀なくされます。

絆星は素性を隠して住居を転々とします。そしてある転校先で、絆星のクラス内でいじめが問題になりました。

いじめの対象となっていた少女と交流を持ってしまったことで、素性が明らかになった絆星に、厳しい声が集まり、クラスでつるし上げにあってしまいます。

スポンサーリンク

映画『許された子どもたち』の感想と評価

(C)2020「許された子どもたち」製作委員会

初めての長編作品の『先生を流産させる会』や、商業ベース作品の『ライチ☆光クラブ』『ミスミソウ』にしても、未成年の無慈悲な暴力を描くということでは、内藤瑛亮監督の作風は変わっていません。

映画『許された子どもたち』の元々の着想は2011年頃からあったそうです。『先生を流産させる会』の頃からあったアイデアだったようですが、事情と時代の流れから、最初に着想したストーリーもかなり変わりました。

一番最初は、山形で起きた体育倉庫マット圧死事件が企画の発端になったそうですが、その後、学校のセキュリティ事情の変化があり、少年が少年を殺めるほどの場としては学校は成り立たなくなり、映画冒頭のように河原での事件という設定になったそうです。

ちょうど、構想を変更をしていた頃に川崎で似たような少年犯罪が起きていて、監督も大きく内容を改めたそうです。防犯カメラの映像が証拠になったり、SNSのやり取りが頻繁に行われたりする部分はここからきています。

子どもたちの間で起きる無慈悲な暴力についての映画ということでは過去作と変わりませんが、今作『許された子どもたち』では、大人の介在を大きく取り上げています。

まずは被害者少年の家族、次に刑事・司法側の人間、さらにマスコミやインターネットの中の住人、そして物語で大きなウェイトを占める主犯の少年の母親です。

半ば盲信気味に、息子の無罪(無実というより無罪)に固執する母親を演じる黒岩よしの怪演は、強烈なインパクトを残しています。

まとめ

(C)2020「許された子どもたち」製作委員会

映画『許された子どもたち』において、内藤監督の容赦ない暴力描写、肉体的なものだけでなく精神的なものも含めた描写はあいかわらず健在です。

ストーリーとしてよりリアルになった『ミスミソウ』といった趣です。ですが、それ以上に多くの大人の視線が介在したこともあって、作品の印象が大きく変わり、内藤瑛亮監督の新境地といえる作品になりました。

内藤監督は、これまで少年少女の世界を主に描いてきましたので、事件が起こってもどこか閉鎖的な世界の出来事のようでした。

しかし、今回の『許された子どもたち』で、加害者家族、被害者家族、マスコミ、審理に加わった人間、そしてインターネットなどのアイテムが物語に加わることで、事件が外の世界に大きく解放され、圧倒的なリアリティを与えてくれました。

これは、内藤監督が問題提起している圧倒的な不寛容の象徴的な存在でもあります。

謝らずに許された者がすべきことは何なのか? 監督が問いかけるモノはとても重いものになっています。

『許された子供たち』は自主製作に近いステージで製作され、キャスティングもワークショップからという、無名の布陣で作られています。このこともまた、映画に強いリアリティを与えています。

映画『許された子どもたち』は6月1日(月)よりユーロスペースほか全国ロードショー




関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

常に弱い立場の人に寄り添い、数々の名作を生み出してきたイギリスの名匠ケン・ローチ監督が、引退宣言を覆し、撮ったのがこの作品です。 彼が見過ごすわけにいかなかった問題とはどのようなものなのでしょうか。 …

ヒューマンドラマ映画

『僕たちのラストステージ』感想と評価レビュー。名お笑いコンビの確執と友情が心を揺さぶる

伝説のお笑いコンビ“ローレル&ハーディ”の、切なくも輝かしいラストステージ。 20世紀初頭のハリウッド映画創成期を支えたお笑いコンビ「ローレル&ハーディ」。 彼らの晩年を描いた、『僕たちのラストステー …

ヒューマンドラマ映画

映画『みとりし』感想と評価レビュー。命のバトンをテーマに大切な人を送り出す瞬間を問いかける

映画『みとりし』は2019年9月13日より、全国順次ロードショー 自宅で最期を迎える事を望む人に寄り添い、サポートする「看取り士」を題材に、2人の看取り士を通して、大切な人の旅立ちの瞬間に立ち会った、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『カイジ/ファイナルゲーム』ネタバレあらすじと感想。2020年もキャストは藤原竜也主演で9年ぶりのカイジ登場!

「限定ジャンケン」「人間鉄骨渡り」など、数々の命がけのゲームを制してきたカイジが、政府の陰謀を阻止する為、新たなゲームに挑む『カイジ/ファイナルゲーム』。 『カイジ/人生逆転ゲーム』『カイジ2/人生奪 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ブギーナイツ』ネタバレ感想とあらすじ。ポルノ産業の裏側解説と共に人々の心の葛藤を描く

バート・レイノルズが復活を遂げた映画 80年代以降低迷の時期を迎え、かつての大スターの凋落を揶揄するように、ラズベリー賞のノミネートと受賞を繰り返していたバート・レイノルズ。 その彼が再評価されるきっ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP