Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/05/09
Update

オリエント急行殺人事件リメイク版キャスト一覧!日本公開はいつ?

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

推理作家の女王であるアガサ・クリスティの人気小説『オリエント急行殺人事件』の映画リメイク版は2017年12月公開。

あの名探偵エルキュール・ポワロを演じるのはケネス・ブラナー。一体どんなリメイクとなるのでしょう。

今回はリメイク版のファーストフォト紹介と、1974年版『オリエント急行殺人事件』の作品情報やあらすじを振り返っておきましょう。

スポンサーリンク

1.リメイク2017年版のキャストは誰が決まっているか?


(Murder on the Orient Express)

ご存知ベルギー出身の名探偵エルキュール・ポアロを演じたのは、ケネス・ブラナー

オリエント急行に乗車をしていた旅行中に、殺人事件に巻き込まれてしまう役柄。

また、1974年版では鼻持ちならない人物という特徴的を俳優アルバート・フィニーが見事に演じていました。

ケネス・ブラナーはどのような世界屈指の名探偵のひとりを演じるのか、今から楽しみですね。しかも、彼は監督も兼務して行うというから、ケネス代表作の1本になるのは間違いないでしょう。

ケネス・ブラナーが演出を務めた作品には、実写版『シンデレラ』やマーベル作品『マイティ・ソー』がありますね。


(Murder on the Orient Express)

また、1974年版の『オリエント急行殺人事件』にて、俳優リチャード・ウィドマークが演じた、裕福なアメリカ人で殺人事件の被害者であるラチェット・ロバーツ役を演じるのはジョニー・デップ

これだけ豪華なキャスティングでもどのような異彩を放つのか見どころです。

さらに、1958年の『旅路』でアカデミー助演女優賞を獲得したウェンディ・ヒラーが演じた、老齢なロシアのナタリア・ドラゴミノフ公爵夫人役は、今回誰が演じたのでしょう?


(Murder on the Orient Express)

彼女も1998年の『恋におちたシェイクスピア』にて、アカデミー助演女優賞となった、ジュディ・デンチが演じます、これも楽しみです。

他にも、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ウィレム・デフォーら豪華キャストが勢揃いします。

ストーリーは既によくご損じと思いますが、どのように新しく生まれ変わるのか、期待の持てる作品ですね。

2.リメイク2017年版の名探偵ポワロ兼、映画監督のケネス・ブラナーとは?


(Murder on the Orient Express)

ケネス・ブラナーは、(Sir Kenneth Branagh)は, 1960年12月10日生まれのイギリスの俳優です。その他、映画監督、脚本家、プロデューサーとしても活躍する多彩な人物。

彼のことを「ローレンス・オリヴィエの再来」と呼ばれ、シェイクスピア俳優として有名有名なのです。

RADA(王立演劇学校)を首席で卒業した後、23歳の時にロイヤル・シェイクスピア・カンパニー(RSC)に参加。

しかし、既存の劇団の限界を感じたケネスは、「ルネサンス・シアター・カンパニー」(RTC)を仲間とともに設立。『十二夜』、『お気に召すまま』、『リア王』、『夏の夜の夢』などを上演します。

1989年公開に、『ヘンリー五世』でアカデミー監督賞及び主演男優賞にノミネート。2001年放送のテレビ映画『謀議』でエミー賞主演男優賞を受賞。2011年公開『マリリン 7日間の恋』ではアカデミー助演男優賞にノミネートされます。

2012年7月27日のロンドンオリンピック開会式では、イザムバード・キングダム・ブルネルを演じました。

ケネス・ブラナーは2017年9月公開の『ダンケルク』にも出演!

また、2017年9月9日公開のイギリスの鬼才クリストファー・ノーラン監督が初めて実話を映画化した作品『ダンケルク』にも出演しています。

正にケネスは現在乗りに乗った円熟期の俳優、『オリエント急行殺人事件』が待ち遠しいですね。

その前に1974年版『オリエント急行殺人事件』のあらすじなどを知っておきましょう!

スポンサーリンク

3.名作1974年版『オリエント急行殺人事件』の作品情報

シドニー・ルメット監督の『オリエント急行殺人事件』

【公開】
1974年(イギリス映画)

【監督】
シドニー・ルメット

【キャスト】
アルバート・フィニー、ローレン・バコール、マーティン・バルサム、イングリッド・バーグマン、ジャクリーン・ビセット、ジャン=ピエール・カッセル、ショーン・コネリー、ジョン・ギールグッド、ウェンディ・ヒラー、アンソニー・パーキンス、バネッサ・レッドグレーブ、レイチェル・ロバーツ、リチャード・ウィドマーク、マイケル・ヨークア、コリン・ブレイクリー、ジョージ・クール、デニス・クイリー

【作品概要】
アガサ・クリスティの名作推理小説「オリエント急行の殺人」をオールスターキャストで映画化したミステリー。

第47回アカデミー賞ではイングリッド・バーグマンが助演女優賞を受賞したほか、主演男優賞、脚色賞など計6部門にノミネートされた。

米国アカデミー賞受賞
アカデミー助演女優賞:イングリッド・バーグマン


米国アカデミー賞ノミネート
アカデミー主演男優賞:アルバート・フィニー
アカデミー脚色賞:ポール・デーン
アカデミー撮影賞:ジェフリー・アンスワース
アカデミー衣裳デザイン賞:トニー・ウォルトン
アカデミー作曲賞:リチャード・ロドニー・ベネット

4.映画1974年版『オリエント急行殺人事件』のあらすじとネタバレ


『オリエント急行殺人事件』(1974)

1935年、イスタンブールでの事件を解決した私立探偵エルキュール・ポアロは、大陸横断列車のオリエント急行に乗ってロンドンに向かっていました。

しかし、折しも大雪のために列車が立ち往生。その夜、列車内でアメリカ人の富豪ラチェットの命が奪われるという事件が発生します。

実はポアロは彼から命を狙われていると相談を受けたものの、嫌悪感からそれを断っていたのです。

その後、ポアロは乗客のそれぞれから事情を聴き、ギリシャ人医師コンスタンティン、フランス人車掌ピエール・ミシェルとともに捜査を始めます。

コンスタンティン医師の検死によって、ラチェットは合計で12回刺されており、少なくともそのうちの3回が致命傷になるほど深かい傷となった事実が解りました。

被害者のポケットに遺品の時計は止まったまま。そして、容疑者たちの行動にからポアロの推理は、被害者ラチェットは深夜1時半頃に殺されたと推理。

しかも、死亡推定時刻は大雪により列車が停車した時刻前であり、積雪に犯人が逃亡した形跡がなかったこと、1等車から他の車両への通路に鍵が掛けられていた事実から、犯人は1等車内の乗客にいる可能性が極めて高いと判断したのです。思われた。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『オリエント急行殺人事件』ネタバレ・結末の記載がございます。『オリエント急行殺人事件』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ポアロは1等車の乗客たちに尋問を開始。そして、ポアロはラチェットの隠された過去を暴き出します。

ラチェットは、実のところはカッセッティと呼ばれるマフィアのボスだったのです。

数年前、カッセッティと部下は、アメリカに移住した裕福なイギリス人のアームストロング大佐の赤ん坊デイジーを誘拐。赤ん坊は身代金が支払われた後に無残にも遺体で発見されました。

次に子どもを妊娠していたアームストロング夫人は死産の末に命を落としまい、犯人一味と誤解されたメイドのポーレットも自死。そして一連の悲劇に疲弊しきったアームストロング大佐も自ら命を絶ってしまったのです。

その後、カッセッティの共犯者は逮捕されたが、カッセッティ本人は国外逃亡に成功して罪を免れていました。ラチェットという被害者は、正義の名の下に殺されてもやむをえないような人物だったのです。

それでもポワロは殺人犯を見逃す訳にもならなかった…。当初は乗客たちには相互に何の繋がりもないと思われたが、彼らには他の乗客を証人とする完璧なアリバイがあったです。

ポアロの灰色の脳細胞が導き出した事件の真相は、予想もつかないものでした。それは、すべての容疑者がラチェットに刃物を突き立て、個々に計12回殺傷して行くというものでした…。

1等車の列車内の密室にいたすべての容疑者が真犯人であったからこそ、アリバイも完璧だったのです。

スポンサーリンク

5.まとめ

1974年に公開された『オリエント急行殺人事件』は、公開当時大ヒット記録。アメリカ国内のみで3500万ドル(当時レートで105億円)の興行収入をあげました。

また、第47回アカデミー賞では、主演男優賞、助演女優賞、脚色賞、撮影賞、作曲賞、衣装デザイン賞の6部門でノミネート。なかでも、イングリッド・バーグマンが助演女優賞を獲得して、3度のオスカー女優に輝きました。

このイギリスが製作した名作を、ふたたび、2017年版『Murder on the Orient Express』として、イギリスの名優ケネス・ブラナーが、監督と自身で名探偵ポワロを演じます。

全米公開は2017年11月10日公開に決定。日本語タイトルや日本公開日はまだ未定ですが、豪華キャストもどのような演技合戦を見せるのか、楽しみですね。

映画ファン、演劇ファン、ミステリーファンを満足させること間違いなしの作品です。

『オリエント急行殺人事件』の日本公開は2017年12月公開です。ぜひ、お楽しみに!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

國村隼が映画『十年』で子役の大川星哉らと共演「いたずら同盟」感想レビュー【十年Ten Years Japan】

映画『十年Ten Years Japan』は2018年11月3日(土)テアトル新宿、シネ・リーブル梅田ほか全国順次公開! 是枝裕和監督が才能を認めた5人の新鋭監督達が描く、十年後の日本の姿がここにあり …

ヒューマンドラマ映画

映画『ホテルローヤル』あらすじと感想解説。キャスト波瑠の可愛らしさが原作者の桜木紫乃の世界観を活かす

映画『ホテルローヤル』は11月13日全国順次ロードショー 映画『ホテルローヤル』は、発行部数90万冊の桜木紫乃の直木賞受賞小説『ホテルローヤル』を映画化したヒューマンドラマです。 監督を務めたのは、安 …

ヒューマンドラマ映画

映画『人魚の眠る家』あらすじとキャスト。東野圭吾原作に篠原涼子が挑戦

11月16日の全国公開に先駆け、東京国際映画祭GALAスクリーニング作品として先行上映される超大作人魚の眠る家』。 篠原涼子の、かつて見せた事がない狂気の演技でも話題になっています。 発売から1か月で …

ヒューマンドラマ映画

映画『ソフィーの選択』ネタバレ感想。メリル・ストリープ代表作にして初のアカデミー主演女優賞作品

作家志望のスティンゴは、終戦から2年後の1947年、ニューヨーク市ブルックリンで、美しい女性ソフィーとその彼氏ネイサンと出会います。 次第に仲良くなる3人。 しかし、ソフィーとネイサンには、ナチス・ド …

ヒューマンドラマ映画

黒澤明映画『生きる』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。リメイク版公開前にオリジナル版の魅力を解説

黒澤明監督が描いた、ヒューマンドラマの頂点にして最高傑作『生きる』。 世界な映画監督として今もなお影響を与え続けている巨匠・黒澤明が、1952年に公開した人間賛歌の映画『生きる』。 映画以外のリメイク …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学