Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2019/12/10
Update

『だれもが愛しいチャンピオン』映画感想と内容解説。障がいと困難に立ち向かう必要性を軽快なテンポでユーモラスに描く

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

映画『だれもが愛しいチャンピオン』は2019年12月27日(金)より全国公開

プライドの高いバスケットコーチと、知的障がい者のバスケットボールチームのメンバーとの絆を描いたヒューマンドラマ、映画『だれもが愛しいチャンピオン』

「スペインのアカデミー賞」と呼ばれる「ゴヤ賞」で3部門を受賞した他、オーディションに合格し本作で俳優デビューを果たした、ヘスス・ビダルが、障がいのある俳優として史上初となる「ゴヤ賞新人男優賞」に輝くなど、話題となっています。

スペイン映画で「年間興行成績1位」にも輝いた、映画『だれもが愛しいチャンピオン』の魅力をご紹介します。

映画『だれもが愛しいチャンピオン』の作品情報


(C)Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefonica Audiovisual Digital SLU, RTVE

【公開】
2019年公開(スペイン映画)

【原題】
Campeones

【監督】
ハビエル・フェセル

【脚本】
ダビド・マルケス、ハビエル・フェセル

【製作】
ガブリエル・アリアス・サルガド

【キャスト】
ハビエル・グティエレス、ホアン・マルガリョ、アテネア・マタ、セルヒオ・オルモス、フラン・フエンテス、フラン・フエンテス、ロベルト・チンチージャ、ホセ・デ・ルナ、ステファン・ロペス、フリオ・フェルナンデス、ヘスス・ビダル、ヘスス・ラゴ・ソリス、アルベルト・ニエト、グロリア・ラモス、ルイス・ベルメホ、ビセンテ・ヒル、イツィアール・カストロ、ルイサ・ガバサ

【作品概要】
問題を起こした事で、知的障がい者のバスケットボールチーム「アミーゴス」を指導する事になった、プロバスケットコーチのマルコが、バスケットボールを通して、人間的に成長していく姿を描いたコミカルなヒューマンドラマ。

「アミーゴス」のメンバーは、実際に障がいを持つ600人の中から選ばれた、10人の俳優を起用しています。主演に、スペインのアカデミー賞である「ゴヤ賞」の常連でもある名優、ハビエル・グティエレス。監督は2003年のスパイ・コメディー『モルタデロとフィレモン』で、ゴヤ賞の編集賞など5部門を受賞したハビエル・フェセル。

映画『だれもが愛しいチャンピオン』あらすじ


(C)Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefonica Audiovisual Digital SLU, RTVE
バスケットボールのプロリーグで、サブコーチを務めているマルコ。

マルコは、コーチの才能を評価されながらも、短気な性格からトラブルを起こし、チームの厄介者となってしまいます。

トップコーチと試合中に戦略面で揉め、殴り飛ばしてしまったマルコは、チームを解雇されてしまいます。

自暴自棄になり、お酒を飲んだ状態で車を飛ばしていたマルコは、警官のパトカーに衝突し拘留されてしまいます。

マルコに言い渡されたのは、知的障がい者のバスケットボールチーム「アミーゴス」で、コーチとして3ヵ月間の指導をする事でした。

気が乗らない上に、全くヤル気が起きないマルコは、当初は1週間に1回、1時間の指導で終わらせようとしますが、判事の命令により、本格的な指導をする事になります。

「アミーゴス」のメンバーは、パスの練習やシュートなどの基本的な練習どころか、ランニング練習さえも成立しない状況で、マルコは頭を抱えます。

しかし、そんなチーム状況にも関わらず、「アミーゴス」は全国大会のリーグへ参戦する事になります。

「アミーゴス」を率いるつもりもないですが、試合に負けて恥もかきたくないマルコは、チーム内で唯一、正確なシュートを打てるロマンを試合に出そうとします。

ですが、ロマンはマルコの話も聞かず、練習場を立ち去り、そのまま「アミーゴス」を辞めてしまいます。

さらに、ロマンの代わりに加入した女性選手、コジャンテスは、口も態度も悪い自信家で「アミーゴス」のチームワークはさらに混沌としていきます。

それでも「アミーゴス」をまとめようとするマルコは、自身が目をそらしてきた、ある問題に向き合うようになっていきます。

映画『だれもが愛しいチャンピオン』感想と評価


(C)Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefonica Audiovisual Digital SLU, RTVE
『だれもが愛しいチャンピオン』は、ヒューマンドラマですが、決して重い作風の映画ではありません。

ヒューマンコメディと社会風刺、ブラックなジョークが融合した、絶妙なバランスの作品となっていますので、見どころを紹介していきます。

最後まで軽快なテンポのユーモラスな作品


(C)Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefonica Audiovisual Digital SLU, RTVE
知的障がい者のバスケットチーム「アミーゴス」を指導する事になった、短期でプライドの高いバスケットコーチ、マルコの姿を描いた映画『だれもが愛しいチャンピオン』。

繊細なテーマを扱っている作品なので、重い作風になりがちではありますが、本作は軽快なテンポで展開されるユーモラスな映画となっています。

プライドの塊のような性格のマルコと、純粋な言動が多い「アミーゴス」のメンバーとの掛け合いは、まるで漫才のボケとツッコミのような関係になっていきます。

また、物語的に重くなりそうなクライマックスに、あえて一番コメディっぽい、滅茶苦茶な展開を持ってくる事で、最後まで軽快なテンポを崩しません。

本作は、個性豊かな10人による「バスケットボール」を通した冒険と、その冒険を率いる事になった、主人公マルコの人間的な成長を描いた、ユーモアに溢れた作品です。

「アミーゴス」はチームになれるのか?


(C)Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefonica Audiovisual Digital SLU, RTVE
本作に登場する「アミーゴス」のメンバーは、実際に障害を持つ600人の中から、オーディションで選ばれた10名が演じており、それぞれのキャラクターに合わせて当て書きがされています。

本作のストーリーの主軸は、個性が強すぎる「アミーゴス」のメンバーと、その「アミーゴス」に全く歩み寄るつもりがないマルコが、どのようにお互いを理解し「選手とコーチが1つのチームになるか?」という部分です。

鍵を握っているのは、「アミーゴス」をサポートする「ロス・アミーゴス協会」のフリオです。

フリオにより、「アミーゴス」のメンバーが置かれている環境を聞かされたマルコは、「アミーゴス」の、あるメンバーが抱えているトラウマを克服させる事により、チームを1つにまとめていこうとします。

この、トラウマ克服の場面も、笑えて楽しいおススメの場面となっています。

障がい者を取り巻く厳しい環境


(C)Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefonica Audiovisual Digital SLU, RTVE
軽快なテンポで、鑑賞していて楽しい作品になっている『だれもが愛しいチャンピオン』。

ですが、障がい者を取り巻く労働環境や、周囲の厳しい態度など、社会的な問題も描いています。

印象的なのが、バスの中での場面で「もし自分がここにいたら、どう思うか?」と考えると、かなり心苦しくなります。

また、作中で語られる「アミーゴス」のメンバー、ロマンの過去は、2000年に開催されたパラリンピックシドニー大会で起きた、実際の事件がモデルになっています。

マルコは作品の前半で、知的障がい者に対して、嫌悪感を抱くほどの、差別的な言葉を並べています。

では、社会はどれだけ知的障がい者に対して理解をし、変化をしているのでしょうか?

そんな問題定義を、本作では、マルコの目線を通して問いかけています。

まとめ


(C)Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefonica Audiovisual Digital SLU, RTVE
「知的障がい者のバスケットチーム」という繊細なテーマを、終始軽快なテンポの、ユーモラスな映画に仕上げた本作。

人が生きていくうえで「乗り越えなければならない試練」というものが、必ず何かしら発生します。

その試練から目をそらさず、戦う事の大切さを描いており、本作の原題『Campeones』にも、監督であるハビエル・フェセルの想いが込められています。

本作は「アミーゴス」のメンバーだけでなく、主人公であるマルコの成長も描かれた、鑑賞後に清々しい気持ちになる作品です。

作中に、少し過激すぎると感じる表現もありますが、その点こそが、ハビエル・フェセルが観客に問いかけるメッセージでもありますので、しっかりと受け止めて下さい。

映画『だれもが愛しいチャンピオン』は2019年12月27日(金)より公開となります。

関連記事

コメディ映画

『大怪獣のあとしまつ』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の感想評価。ウンコかゲロか⁈デウス・エクス・マキナという“古代ギリシャ演劇の演出手法”で三木聡の真骨頂を魅せる

「誰が始末すんのかな?」。 巨大怪獣が死んだ。あとしまつはどうするの? 突然死んだ巨大怪獣のあとしまつを題材に、三木聡監督のオリジナル脚本で映画化された空想特撮エンターテイメント『大怪獣のあとしまつ』 …

コメディ映画

映画『だれもが愛しいチャンピオン』感想とレビュー評価。ラストの展開に描かれた障がい者から教わる健常者の可能性

映画『だれもが愛しいチャンピオン』は2019年12月27日(金)よりロードショー! プロバスケットボールチームのコーチを務めた男が、ひょんなことから知的障がい者のバスケットボールチームを預かることに! …

コメディ映画

映画『ステキな金縛り』ネタバレあらすじ感想と結末解説。面白い“シナモンと幽霊の関係”が光る三谷幸喜代表作の法廷コメディ

落武者が法廷に登場する作品『ステキな金縛り』 映画『ザ・マジックアワー』以来、3年ぶりとなる三谷幸喜監督が脚本も兼務した、2011年公開の映画『ステキな金縛り』。 三流弁護士のエミが、担当する殺人事件 …

コメディ映画

徳永えり映画『疑惑とダンス』あらすじネタバレと感想。二宮健監督のタランティーノ張りな密室劇の台詞の応酬やクレジットを見逃すな!

「お前こいつとヤッたの?」この言葉がきっかけで巻き起こる大論争! 50分間の短い会話劇のなかで、様々な人間ドラマと爆笑の瞬間が生まれるアドリブを活かした映画『疑惑とダンス』。 ワンシチュエーションと限 …

コメディ映画

映画『グッドボーイズ』ネタバレあらすじと解説。下ネタ交じりのトラブルを得て成長する小6男子を描くジュブナイルコメディ

冴えない小6男子トリオが繰り広げる下ネタ満載コメディ アメリカでナンバー1を記録した映画『グッド・ボーイズ』が、2020年6月12日(金)より全国ロードショーされます。 女子たちとのパーティに参加しよ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学