Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/04/25
Update

【ネタバレ感想】孤独なふりした世界で|ピーター・ディンクレイジはかっこいい映画俳優だ!|未体験ゾーンの映画たち2019見破録48

  • Writer :
  • 増田健
  • 河合のび

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第48回

ヒューマントラストシネマ渋谷で開催の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。人類が死に絶えた世界を描いた映画は数あれど、その世界を寂しくも、実に美しく描いた映画が登場します。

第48回は異色のSFファンタジー映画『孤独なふりした世界で』を紹介いたします。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2019見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『孤独なふりした世界で』の作品情報


(C)2018 MARKED LAWNS LLC.

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
I Think We’re Alone Now

【脚本・監督】
リード・モラーノ

【キャスト】
ピーター・ディンクレイジ、エル・ファニング、ポール・ジアマッティ、シャルロット・ゲンズブール

【作品概要】
謎の疫病で、人類が全て死に絶えたと思われる世界。誰もいなくなった小さな町で、死者を弔い彼らの過去を記録しながら、自分だけの細やかな楽園に生きている孤独を愛する男、デル。

ある日他に誰もいないはずのデルの世界に、突如として風変りな女、グレースが現れます。デルとは異なり、人との交流を渇望していたグレース。戸惑いながらもデルは彼女を受け入れ、グレースも徐々に彼の生き方を理解していきます。

しかし彼女には秘密がありました。グレースを通じて、自分の知らなかった世界を見る事になるデル。彼は終末を迎えた世界で、どのように生きる道を選ぶのでしょうか。

監督はリード・モラーノ。2017年エミー賞で作品賞他5部門を受賞したドラマ、『ハンドメイズ・テイル 侍女の物語』。その第1シーズンの第1話『オブフレッド』の演出で、エミー賞ドラマシリーズ部門監督賞を受賞した人物です。

主演はピーター・ディンクレイジ。もっとも著名な小人症の俳優として、幅広く活躍中の人物です。人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』ティリオン・ラニスター役では、2011年ゴールデングローブ賞助演男優賞を受賞、エミー賞助演男優賞は計3度受賞しています。

ヒューマントラストシネマ渋谷とシネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2019」上映作品。

映画『孤独なふりした世界で』のあらすじとネタバレ


(C)2018 MARKED LAWNS LLC.

人類の大半が死滅し、すでに滅びつつある世界。アメリカのとある町で、小人症の男デルは孤独なサバイバル生活を送っていました。

町に建つ家々を順番に探索して物資を調達しながら、室内を消毒し、そこに放置されている住民らの遺体も運び出して埋葬する。

また探索の際には、かつて働いていた図書館所蔵の本、そして死んでしまった住民らが映されている写真も回収し、図書館でそれぞれ整理してゆく。

それらの作業は、無人となった町でひとり暮らすデルにとって、仕事のようなものとなっていました。

ある朝デルは、自動車の運転で事故を起こしてそのまま意識を失っていた少女グレースと出会います。

彼は彼女の手当てをしたものの、グレースが目を覚ますとすぐこの町から立ち去るように告げます。けれども、彼女は町を立ち去ることなく、デルと行動を共にするようになります。

やがて、デル曰く「お試し期間」として、二人の共同生活は始まりました。自由奔放なグレースによって、デルの生活から以前の静けさは失われ、賑やかなものへと変わってゆきます。

しかしながら、グレースが保護し図書館内で飼い始めた犬を黙って逃してしまったことをきっかけに、二人の関係には亀裂が生じます。

グレースは「あの時」の記憶について触れながら、「あなたには誰もいない」「私にはみんながいた」とデルの生き方を非難します。

その翌日、デルはとある家に向かいます。そこでグレースとその家族らしき人物らが映っている写真を見つけたところで、グレースがやって来ます。

何をしていたのかというグレースの問いに答えることなく、デルは自身が植物を栽培しているビニールハウスへと彼女を連れてゆきます。

彼は植物の生育・管理を任せたいこと、住民らの遺体の埋葬を今後も手伝ってほしいことをグレースに頼みました。その頼みを彼女は了承したことで、二人の共同生活は再開されました。

再び始まった共同生活の中で、デルとグレースの関係はより親密なものとなり、デルの生き方にも変化が現れつつありました。

以下、『孤独なふりした世界で』ネタバレ・結末の記載がございます。『孤独なふりした世界で』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018 MARKED LAWNS LLC.

ある朝、聞き覚えのない男女の声によってデルは目覚めます。拳銃を隠し持ちながら声のする部屋へと向かうと、そこにはグレースと、彼女の話では「あの時」に死んでしまったはずの、グレースの両親を名乗る男女が朝食の支度をしていました。

そしてデルは、グレースの父親だというパトリックから、グレースは家族の元から家出してしまい、彷徨い続けた果てにデルがひとり暮らしていた町へと辿り着いたこと、そして町の外には何百単位もの生き残りが今も生存しており、この世界は決して「二人きりの世界」ではなかったことを聞かされます。

デルは激しく動揺し、その場を立ち去ろうとします。グレースは両親を名乗るあの二人は偽物の家族であり、無理矢理家族にされたのだと彼に訴えますが、彼女の言葉を聞き入れることなく、デルはひとり車に乗って図書館へと去ってしまいました。

その後、図書館で整理作業を行っているデルの元に、パトリックがやって来ます。彼はデルに、アメリカ西海岸に世界中の優秀な科学者が集結し、「人間の感情を抑制する技術」を開発して素晴らしい町を作り出していることを告げ、自分たちと共にそこに来ないかと誘いますが、冷たく断られました。

パトリックは自分たちが暮らしている町の住所だけデルに伝えると、図書館を後にしました。

グレースはパトリックや彼女の母親を名乗るヴァイオレットと共に町を去ろうとします。しかし、車中から図書館に停めてあるデルのトラックを目にすると、嗚咽を漏らしてしまいました。


(C)2018 MARKED LAWNS LLC.

ひとりきりの生活に戻ったデルの心は荒み、自暴自棄に陥っていました。

ある日、彼はそれまで回収し続けてきた写真を見つめながら、そこに映っている住民らについてゆっくりと回顧します。

そして、デルから伝えられた住所を元に、グレースが連れてゆかれた町へと向かうことを決意します。

長い旅路を経て、デルはついにグレースとパトリックらが暮らす町へと辿り着きました。

彼はパトリックとヴァイオレットが暮らす家を見つけると、彼らが寝静まるまで待ち、拳銃を手に室内へと潜入します。

そして、様々な管と装置に繋げられ、明らかに衰弱した状態でベッドに眠っているグレースの姿を目にします。

やがて目を覚ましたグレースに、デルは彼女の言葉を信じることができなかったこと、そして彼女を見捨ててしまったことを謝りました。

早朝、家、そして町から逃げようとするデルとグレースの前に、パトリックが現れます。

彼は二人に、この町に残るよう説得します。この町の住民は「人間の感情を抑制する技術」によってネガティブな感情を喪っており、そうすることで、多くの死がもたらされた「あの時」の記憶を思い出さずに済んでいること、そしてそれこそが「皆を幸せにできる」方法であることを訴えます。

さらに説得が続こうとした瞬間、グレースはデルから拳銃を受け取り、パトリックを撃ち殺しました。

デルとグレースは車に乗り、パトリックが素晴らしい場所と謳い続けていた町を去ろうとします。

道路に沿って立ち並ぶ家々には、「あの時」の記憶を忘れてしまい、まるで何事もなかったかのように幸福な生活を過ごす住民らの姿がありました。

町を出た後、二人の乗った車はどこかへと走ってゆきます。

スポンサーリンク

映画『孤独なふりした世界で』の感想と評価


(C)2018 MARKED LAWNS LLC.

監督と撮影をこなすリード・モラーノ

孤独を愛する男を取り巻く、寂しくも美しい世界。シンメトリーでとらえた、誰もいない街並みや図書館。それとは対照的な美しさを持つ自然の風景。シルエットとして浮かび上がる人物。そして主人公が目にする“別世界”の、人工的かつ空虚な明るさ。

これらは本作の監督であるリード・モラーノが、撮影監督も兼ねて描いた映像の世界です。これらの映像が終末世界の物語を、詩的に美しく描写しています。

1977年生まれの彼女は、2013年にアメリカ映画撮影協会最年少の会員となりました。彼女は2014年の取材に対し339人の現役教会員中、11人しかいない女性会員の1人であると答えています。

彼女が監督、そして撮影監督を務めた映画『ミッシング・サン』は、独立系資本で映画制作に携わる映画人を支援する非営利組織“フィルム・インディペンデント”が主催する、インディペンデント・スピリット賞の撮影賞にノミネートされました。

参考映像:『ミッシング・サン』(2015)

『ミッシング・サン』の映像を見ると、『孤独なふりした世界で』の映像は、それを更に発展させたものであると実感できます。

リード・モラーノはその後『ハンドメイズ・テイル 侍女の物語』でエミー賞の監督賞を受賞しますが、撮影監督としても数多くの作品で実績を残している人物です。

撮影監督出身らしい、優れた映像で描かれた映画をぜひ体感してみて下さい。

幅広い活躍を見せるピーター・ディンクレイジ


(C)2018 MARKED LAWNS LLC.

小人症の俳優は映画の草創期から活躍しています。その特異な姿が、観客の目を引きつけるものである事は言うまでもありません。

その後「スター・ウォーズ」シリーズのR2-D2を演じたケニー・ベイカーなど、多くの方がスーツ・アクターで活躍するなど、映画やエンタメ業界に欠かせない人材として活躍しています。

しかし小人症の俳優には、ステレオタイプに基づいた役柄だけが与えられている。そのような現状は差別や偏見に由来したものである、と考える方もいるのではないでしょうか。

参考映像:『リビング・イン・オブリビオン 悪夢の撮影日誌』(1995)

ピーター・ディンクレイジが初めてクレジットされた出演映画は、ジム・ジャームッシュ監督の撮影を手がけたトム・ディチロ監督作、スティーヴ・ブシェミ主演の、低予算映画製作舞台裏を描いた映画、『リビング・イン・オブリビオン 悪夢の撮影日誌』です。

この映画でピーター・ディンクレイジは、監督のイメージした、映像化した悪夢に登場する役という、まさにステレオタイプそのものの役を与えられ、ついに監督に対してキレてしまう皮肉な役を演じています。それがこの映画のラストに大きく関わってくるのです。

その後も彼は映画・ドラマへの出演を重ねていきますが、『ゲーム・オブ・スローンズ』出演以降は、今まで以上の存在感を示す俳優となりました。

俳優は出演を重ねる事で、自分のイメージを壊す、それを逆手にとる役を演じる機会を得ると、それによって演技と役柄の幅を更に広げる事が可能となります。

ピーター・ディンクレイジも、そうやって役柄の幅を大きく広げた俳優の1人になりました。コメディ映画『ピクセル』では、やりたい放題に振る舞う、人並み外れて性格の悪い元ゲームチャンピオンというコミカルな役を演じました。

マーベル映画の『X-MEN フューチャー&パスト』では、ミュータントを攻撃する側の人物ボリバー・トラスクを、『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』では、ヒーローより巨大なドワーフの職人エイトリという、彼が演じる事でより深い意味が与えられる役で登場しています。

またアカデミー賞受賞作『スリー・ビルボード』では、主演のフランシス・マクドーマンドに絡む重要な役を演じ、従来与えられてきた役柄を大きく越えた活躍を続けています。

参考映像:『ジョン・ディーの魔導書 エバーモアの戦い』(2016)

「未体験ゾーンの映画たち2017」で上映された『ジョン・ディーの魔導書 エバーモアの戦い』(劇場公開時のタイトルは『GAME WARRIORS エバーモアの戦い』)では、出演のみならず製作も務めているピーター・ディンクレイジ。

『ジョン・ディーの魔導書 エバーモアの戦い』では、ライブアクション・ロールプレイング・ゲームのコスプレプレイヤーという、まさに『ゲーム・オブ・スローンズ』のセルフパロディの役柄で登場。彼の活動の幅は大きく広がっています。

そして『孤独なふりした世界で』では、人類が滅びる以前から孤独であった男の姿を、しんみりと説得力ある姿で演じています。

ピーター・ディンクレイジが映画・ドラマの世界で継続して活躍し続けた結果、世界的にも知られる実力派俳優として地位を築き上げた現在があります。

日本の映画界・芸能界は同じような個性を持つ人物を、充分育て活用できる環境にあるでしょうか。才能ある人物にステレオタイプの役割しか与えていないのかもしれません。

まとめ


(C)2018 MARKED LAWNS LLC.

多様性とは、様々な人々を参加させることでは無く、様々な信念と才能を持つ人物に活躍と成長の機会を与える事です。ハリウッドにはそれを可能にする、他にはないスケールが確かに存在しています。

この映画でピーター・ディンクレイジが演じた主人公、デルもある信念と才能を持った人物です。未来ではなく、彼の過去と死者への深い思慕を込めた振る舞いが、美しい映像と共に観る者の心を打つ物語を描いています。

少しセンチメンタルな終末世界はお好みでしょうか。そんな方にお薦めの映画です。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」は…


(C)SOLIS FILM LIMITED

次回の第49回は太陽に衝突の危機を迎えた宇宙船の中に、たった1人残された男の姿を描くSFサバイバル『ソリス』を紹介いたします。

お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2019見破録』記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

SF映画おすすめ『アノンANON』ネタバレ感想。近未来のテクノロジー社会をスタイリッシュに風刺|未体験ゾーンの映画たち2019見破録5

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第5回 様々な理由から日本公開が見送られてしまう、傑作・怪作映画をスクリーンで体験できる劇場発の映画祭、「未体験ゾーンの映画たち」が2019年も実施さ …

連載コラム

『500ページの夢の束』感想レビュー。自己表現としてのSF物語|SF恐怖映画という名の観覧車12

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile012 人の作る「物語」には不思議な力があります。 それは時に誰かに「夢」や「希望」を与えたり、道を進んでいく動力源にもなれる、ドラマや映画など …

連載コラム

映画『ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ』あらすじネタバレと感想。主演の赤楚衛二に期待|邦画特撮大全31

連載コラム「邦画特撮大全」第31章 2019年1月25日より期間限定上映が開始されたVシネクスト『ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ』。 2017年から2018年にかけて放映され人気を博 …

連載コラム

白石晃士映画『地獄少女』あらすじと解説。実写キャストの玉城ティナが閻魔あいを体現するホラー|SF恐怖映画という名の観覧車75

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile075 2005年に1期が放映され、人の持つ「恨み」の身勝手さを軸としたダークな内容が人気を博したテレビアニメシリーズ「地獄少女」。 2018年 …

連載コラム

映画『阿吽(あうん)』感想と考察。楫野裕(カジノユウ)が描く“怖さ”というモノクローム映像|SF恐怖映画という名の観覧車42

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile042 映画で感じる「恐怖」のタイプには複数の種類があります。 「呪怨」シリーズのような得体のしれない「何か」に襲われる「恐怖」が、ホラーと言う …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP