Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

『Cosmetic DNA』キャストの川崎瑠奈さんについて【自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦8】

  • Writer :
  • 大久保健也

連載コラム『自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦』
第7回「『Cosmetic DNA』キャストの川崎瑠奈さんについて」

お世話になっております。『Cosmetic DNA』監督の大久保健也です。今日も1日疲れましたね。

さて、今回は第6回の東条アヤカ役の藤井愛稀さん、第7回の西岡サトミ役の仲野瑠花さんに続いて『Cosmetic DNA』の監督である僕が、出演者さんの印象を綴りシリーズ第3弾です。

夢も目標もないままアパレル店員として日々を生きるフリーター・松井ユミ役・川崎瑠奈さんについてです。

【連載コラム】『自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦』一覧はこちら

スポンサーリンク

『Cosmetic DNA』キャストの仲野瑠花さんについて


(C)穏やカーニバル

川崎瑠奈さんとの出会いはまさに偶然でした。

まず、僕は前回でも言った通り、『Cosmetic DNA』のメインキャストを探すためにシネマプランナーズでキャストを募集しました。松井ユミ役の候補の方もたくさんいました。

その中で僕と西面が選んだ人、その人は川崎瑠奈さんではありませんでした。(この時点でまだ川崎さんからのキャスト応募はありませんでした)

アヤカ役、サトミ役、ユミ役、それぞれ揃って個性的で、三人がHEP FIVEでワッキャ楽しそうにしている様子をやや後ろから眺めながら「最強の布陣だ……!!コスメは絶対にいい映画になる!!」と思いました。

そのまま本読みをして、軽いリハーサルなどもし、撮影は始まっていきました。しかし、松井ユミ役の方が、ままならぬ事情で降板してしまったのです。なんということでしょうか。

これは誰が悪いという話ではありません。ただ撮影はストップしました。僕も西面(柴島恵介役兼製作)も焦りました。ただ、僕は焦りよりも悲しみが勝っていました。


(C)穏やカーニバル

『Cosmetic DNA』のアヤカ、サトミ、ユミのうち、アヤカとサトミは自分自身、あるいはかつての自分を投影して描いたキャラクターでした(アヤカとサトミの会話は基本的に僕の心の中の会話です)。

しかし、ユミは完全に他者でした。こういう女の人がいるかもしれない。こんな思いをしているファッキンクールガールが、悲しみや苦しみを乗り越えて暴れてほしい。心救われてほしい。僕は自分自身が生み出したキャラクターにめちゃくちゃ情を抱いていたのです。

だからユミの演じ手が突如いなくなった瞬間、ユミに振られたような気持ちになりました。

俺はユミを何とか理解しようと頑張ったのに、ユミは俺のことをスパッと振ってしまう。ユミがわからない。なんて最悪な気分。撮影の帰り道、電車に揺られながらひとりで泣きました。

あれ、これ大丈夫でしょうか。気持ち悪かったら読むのやめてもらっても大丈夫です。映画『Cosmetic DNA』は10月9日(土)新宿K’s cinemaにて2週間レイトショー!

川崎瑠奈さん演じる松井ユミ


(C)穏やカーニバル

そんな自己陶酔に肩まで浸かってても映画は完成しないので、すぐさまシネマプランナーズで急遽ユミ役を演じてくださる役者さんを探し始めました。それと並行し、ユミがいなくても撮れるシーンを先に撮影しながら……

前振りが長かったですね、ここで川崎瑠奈さんに出逢いました。川崎さんは東京にいました。

『Cosmetic DNA』の撮影は全編大阪ロケです。何とかお願いして、川崎さんは夜行バスで来阪、即打ち合わせ!!即衣装合わせ!!即移動!!即撮影開始!!撮影は深夜まで!!みたいな限界スケジュールを嫌な顔せずこなしてくださいました。

川崎さんは何となくいつも現場で笑っている記憶があります。

何もかもが全くもってスケジュール通りに進まずに、人手も予算も機材も常識もない僕がドン底まで精神的に追い詰められて、それでも「コスメを完成させる」モチベーションのみをガソリンに現場で脚本をめくっている時でも、川崎さんは笑顔だった気がします。

いつの日か川崎さんと西面と僕の三人で食べた蒲生四丁目のラーメンの味は格別でした。川崎瑠奈さんが松井ユミじゃなかったら『Cosmetic DNA』は無事完成していなかったかもしれません。

以上、3回に渡って主要3人キャストへの想いを綴ってきました。

今こうして振り返ると、もし東条アヤカが藤井愛稀さんじゃなかったら。西岡サトミが仲野瑠花さんじゃなかったら。松井ユミが川崎瑠奈さんじゃなったら。想像もつきません。

この3人の掛け合いが良くて皆ハマり役という評はいろんな方に頂いているのですが、本当に僕もそう思います。僕はただ脚本を書き、撮り、繋げるだけで、人と人とのこういったミラクルマジックは意図的に作ることはできません。

みなさん、僕に興味がなくとも、コスメのあらすじ読んで「おもんなさそ~」と思っても、是非この三人のハッっとするような連帯感、この役にこの人以外あり得ない感、無双感、これだけでも観る価値があると思います。

僕や映画のことを嫌いになっても、東条アヤカ、西岡サトミ、松井ユミの三人だけのことは嫌いにならないでください!!

次回の「自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦」は…


(C)田中舘裕介:『Cosmetic DNA』を演出した大久保健也監督

今後、定期的に大久保健也が自らを連載コラム通して、インディーズ映画『Cosmetic DNA』の魅力を更新していきます。

『Cosmetic DNA』の劇場公開を終えるまで、粛々と続けていこうと思います。全ての劇場公開が終わった時、それまでの連載コラムの記事を全部読んだという人は自己申告してください。自己申告は大事です。

【『Cosmetic DNA』公式Twitter】
@CosmeticDna

【『Cosmetic DNA』公式facebook】
https://www.facebook.com/CosmeticDna/

【連載コラム】『自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦』一覧はこちら

大久保健也監督プロフィール

1995年生まれ、大阪育ち。中学時代より自主映画の制作を始め、60本以上の映像作品を制作。近年は様々なアーティストのMVなどを手がける傍ら、自主映画の制作を行っている。

2021年秋公開予定の『Cosmetic DNA』は初の長編監督作となる。

スポンサーリンク

映画『Cosmetic DNA』のあらすじ


(C)穏やカーニバル

化粧を愛する美大生・東条アヤカ(藤井愛稀)は、ある日クラブハウスで出会った自称映画監督・柴島恵介(西面辰孝)に性的暴行を受ける。

泣き寝入りせざるを得ない状態に精神的に病んでいくアヤカだったが、大学院生のサトミ(仲野瑠花)、アパレル店員のユミ(川崎瑠奈)と出逢うことで少しずつ自我を取り戻していく。

しかし、柴島の次なる標的がユミであることを知ったアヤカは突発的に柴島を殺害。やがて死体処理を行う最中に人間の血液こそが理想の化粧品であることに気付くが……。

大久保健也監督へ応援のメッセージをお寄せください。

映画『Cosmetic DNA』を監督した大久保健也さんの連載コラムを読んでいただき、

*本記事は大久保健也監督がnoteに執筆したものを、監督本人に意向を伺いながら再構成した内容になっております。本文の一部の文言について編集部で追記調整した箇所があります。

関連記事

連載コラム

映画『ジャスティス・リーグ』ネタバレ感想。観客の評価を得たアベンジャーズ化|最強アメコミ番付評23

連載コラム「最強アメコミ番付評」第23回戦 こんにちは、野洲川亮です。 今回はDCEUシリーズの第5作目となる『ジャスティス・リーグ』を考察していきます。 2019年2月8日公開の『アクアマン』を控え …

連載コラム

Netflix映画『赤い光点』ネタバレあらすじ感想と結末の考察解説。スウェーデン発のスリラーで“獲物になる恐怖”と有色人種への“差別”|Netflix映画おすすめ19

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第19回 雪山を逃げ惑う夫婦を描いたスウェーデンのスリラー映画『赤い光点』。 妻の妊娠発覚をきっかけに夫婦関係を再構築のため、ハイキングへと …

連載コラム

映画『ザ・トリップ』ネタバレ結末あらすじと感想考察。トンデモ展開なノオミ・ラパス夫婦バトルはキマってる時に見る|Netflix映画おすすめ61

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第61回 『ミレニアム ドラゴンタトゥーの女』(2009)への出演で、北欧ミステリー映画を代表する女優となったノオミ・ラパス。 そんな彼女が …

連載コラム

映画『ウスケボーイズ』あらすじと感想レビュー。ワイナリーにかけた僕らの夢|銀幕の月光遊戯3

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第3回 こんにちは、西川ちょりです。これから公開される新作をいち早くお届けし、その魅力をお伝えする本連載も今回で三回目。 今回取り上げるのは、『第二警備隊』(2018)など …

連載コラム

【ホラー映画2021】注目ランキング5選!劇場公開ベスト作の洋画邦画の見どころ解説【糸魚川悟セレクション】|SF恐怖映画という名の観覧車136

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile136 新年あけましておめでとうございます。 人々の暮らしを大きく変えた新型コロナウイルスは猛威は年を明けても収まらず、2021年も厳しく長い1 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学