Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/07/05
Update

『Cosmetic DNA』ポスタービジュアルはnajucoさん【自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦2】

  • Writer :
  • 大久保健也

連載コラム『自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦』
第2回「『Cosmetic DNA』ポスタービジュアルはnajucoさん」

皆さん、お疲れ様です。2021年7月4日の大阪は本当に蒸し暑くて結構人生きつかったですよね。形骸化した「お疲れ様です」ではなく本当の本当のお疲れ様です。2021年秋劇場公開予定の映画『Cosmetic DNA』の監督の大久保健也です。


(C)田中舘裕介:『Cosmetic DNA』を演出した大久保健也監督

7月3日、新進気鋭のウルトラスーパーアルティメット最高なイラストレーター・najucoさんの個展「ROOM」に、コスメ劇場公開チームと共にお邪魔させて頂きました。

個展について詳しくはhttps://www.ebisu-horizon.com/najuco-roomを読んでみてください。

人生ってのはいつどのタイミングでガラリと激変するかわからないもんですから、リンクぐらいは開いてみてもいいんじゃないでしょうか。人生をより良くするためのポジティブな行動力ってそういうことだと思います。是非!!

【連載コラム】『自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦』一覧はこちら

スポンサーリンク

najucoさんの個展「ROOM」に行く

なぜ『Cosmetic DNA』劇場公開チームと共にこちらの個展にお邪魔させて頂いたのか?

今この文章を読んでいる貴方、疑問に思ったのではないでしょうか。疑問は解消するために生まれます。読むのをやめないでください。ページを閉じないで。焦らなくても今から僕が解消します。

『Cosmetic DNA』公式Twitterでも既に告知はしているのですが、なんと『Cosmetic DNA』のメインビジュアルをnajucoさんが描いてくださることになったのです!!何という幸せ!!こんな幸せなことありますか??土曜日の朝の二度寝と競るぐらいの幸せを噛み締めています。本当にありがとうございます。

najucoさんのイラストは、お恥ずかしながらコスメの劇場公開作業を始めるまで存じ上げませんでした。

「メインビジュアルポスターどうする????」という話し合いの中で、僕は「絶対にイラストがいい!!実写もいいけどイラストのポスターがいい!!」と駄々こね倒し散らかした結果、とても優しい配給担当の神様が「このイラストレーターの方はどう??」とnajucoさんを教えてくれました。

個展「ROOM」でのイラストでもひしひしと感じましたが、najucoさんのイラストの中の女の子は、絶対に自分を曲げない芯の強さがあると思います。めちゃくちゃかわいくて、めちゃくちゃかっこ良くて、めちゃくちゃセクシーだけど、それは誰のためでもない、絶対的に自分がそうありたいからそうしているのだ、という力強さ。絶対的に自分は最高の女なんだ、世界で一番ナイスな女なんだと信じて疑わない、あるいはそう信じたいけど信じ切れないなりに、ちゃんと部屋の隅っこで自分をしっかり見つめるタフ人間。そんなパワーがnajucoさんのイラストの中の女の子から感じます。特に瞳に。

自分がもし女性に生まれ変れるなら、そういうファッキンオーサムガールになりたい。誰のためでもなく、自分だけのために、自分の強さで世界を変えるためだけに、ひたすらおしゃれして、宇宙で一番イカす女になる。そんな気持ちを脚本にしたためて映画化したのが『Cosmetic DNA』でした。だからnajucoさんがコスメの世界観を再創造してくれるというのは本当に幸せなことでした。

女優・藤井愛稀さん演じる東条アヤカ(『Cosmetic DNA』の主人公・19歳の大学生)もnajucoさんの描く世界の中で、違う次元で、違う人生を歩むことができて幸せだと思います。東条アヤカの躍進はどこまでも続きます。誰ひとり友達のいない、100%自分が大好きなおしゃれとメイクにしか興味がない、超かっこいい19歳・東条アヤカの大冒険が始まります。その冒険の名を『Cosmetic DNA』と言います。

2021年秋、映画館で。みなさん、アヤカをどうぞよろしくお願いします。みなさんひとりひとりの心の中にアヤカの住める場所ができたとしたら、彼女はもっと喜ぶと思います。

コスメのあらすじを全く知らない人からしたら、何だこの文章はアヤカアヤカうるせえなと思いますよね、すみません、僕、結構こういうところあります。ごめんなさい。『Cosmetic DNA』公式Twitter『Cosmetic DNA』公式facebookやってます。どうかどうかご贔屓に……

次回の「自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦」は…


(C)穏やカーニバル

今後、定期的に大久保健也が自らを連載コラム通して、インディーズ映画『Cosmetic DNA』の魅力を更新していきます。

『Cosmetic DNA』の劇場公開を終えるまで、粛々と続けていこうと思います。全ての劇場公開が終わった時、それまでの連載コラムの記事を全部読んだという人は自己申告してください。自己申告は大事です。

【『Cosmetic DNA』公式Twitter】
@CosmeticDna

【『Cosmetic DNA』公式facebook】
https://www.facebook.com/CosmeticDna/

【連載コラム】『自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦』一覧はこちら

大久保健也監督プロフィール


(C)田中舘裕介

1995年生まれ、大阪育ち。中学時代より自主映画の制作を始め、60本以上の映像作品を制作。近年は様々なアーティストのMVなどを手がける傍ら、自主映画の制作を行っている。

2021年秋公開予定の『Cosmetic DNA』は初の長編監督作となる。

スポンサーリンク

映画『Cosmetic DNA』のあらすじ


(C)穏やカーニバル

化粧を愛する美大生・東条アヤカ(藤井愛稀)は、ある日クラブハウスで出会った自称映画監督・柴島恵介(西面辰孝)に性的暴行を受ける。

泣き寝入りせざるを得ない状態に精神的に病んでいくアヤカだったが、大学院生のサトミ(仲野瑠花)、アパレル店員のユミ(川崎瑠奈)と出逢うことで少しずつ自我を取り戻していく。

しかし、柴島の次なる標的がユミであることを知ったアヤカは突発的に柴島を殺害。やがて死体処理を行う最中に人間の血液こそが理想の化粧品であることに気付くが……。

大久保健也監督へ応援のメッセージをお寄せください。

映画『Cosmetic DNA』を監督した大久保健也さんの連載コラムを読んでいただき、

*本記事は大久保健也監督がnoteに執筆したものを、監督本人に意向を伺いながら再構成した内容になっております。本文の一部の文言について編集部で追記調整した箇所があります。

関連記事

連載コラム

映画『ダウンレンジ』感想と考察。スラッシャーとシチュエーションスリラーの融合|SF恐怖映画という名の観覧車13

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile013 『カメラを止めるな!』(2018)の記録的な大ヒットにより、日本でも「低予算映画」への注目度は日に日に高くなっています。 しかし、日本に …

連載コラム

映画『恋愛依存症の女』あらすじ感想と評価解説。木村聡志監督が恋愛ラブストーリーをユーモラスな群像劇で描く|インディーズ映画発見伝10

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第10回 インディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画を動画配信するサービス「CINEMA DISCOVERIES」。 2021年3月にサイトがリニュー …

連載コラム

映画『ゲヘナ』ネタバレ感想。結末まで片桐裕司ホラー作品を徹底解説|未体験ゾーンの映画たち2019見破録1

様々な理由から日本公開が見送られてしまう、傑作・怪作映画をスクリーンで体験できる劇場発の映画祭、「未体験ゾーンの映画たち」も2019年で第8回目となりました。 ヒューマントラストシネマ渋谷で1月4日よ …

連載コラム

『キングコング対ゴジラ』内容と解説。怪獣映画の日本とハリウッドの共通性と相違点|邦画特撮大全24

連載コラム「邦画特撮大全」第24章 2020年に公開予定のハリウッド映画『ゴジラVSコング』。ゴジラとキングコングの2大怪獣がスクリーンをリングに激突するのです。 しかし半世紀前にゴジラとキングコング …

連載コラム

映画『ガーディアン』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。ガンアクションと“家族愛”をドイツ人俳優ティル・シュワイガーが魅せる|B級映画ザ・虎の穴ロードショー20

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第20回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学