Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/02/22
Update

『キャプテンマーベル』映画解説。MCU初の女性ヒーロー主演はアベンジャーズへ繋がる物語|最強アメコミ番付評26

  • Writer :
  • 野洲川亮

連載コラム「最強アメコミ番付評」第26回戦

こんにちは、野洲川亮です。

今回は3月15日公開となるMCUシリーズ第21作、『キャプテン・マーベル』の作品情報を公開前に解説していきます。

MCU初の女性ヒーロー主演作、そこで描かれるアベンジャーズ誕生前の物語とはいかなるものか、キャスト、スタッフ情報と共に紹介していきます。

【連載コラム】『最強アメコミ番付評』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『キャプテン・マーベル』のあらすじ

(C)Marvel Studios 2019

物語の舞台はアベンジャーズ誕生前、1990年代。

突如、レンタルビデオショップに墜落してきた女性、彼女の名前はキャロル・ダンバース(ブリー・ラーソン)。

彼女はエイリアンのクリー人、そして元地球人のアメリカ空軍パイロットでもあり、墜落した時点で過去の記憶を失っていました。

そんなキャロルの記憶を狙う敵が現れ、いつしか彼女はクリー人とスクラル人の間で起こる戦争に巻き込まれていきます。

戦争を止めるため、後のS.H.I.E.L.D.長官、若き日のニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)と出会ったキャロルは、時おり起こるフラッシュバックに戸惑いながらも、自らの記憶に秘密に迫っていきます。

MCU初の女性ヒーロー単独主演作

(C)Marvel Studios 2019

本作はMCUシリーズで『アントマン&ワスプ』(2018)に次ぐ第21作にして、シリーズ初の“女性ヒーロー単独主演作品”です。

これまでもMCUシリーズには多数の女性ヒーローが登場してきており、ブラック・ウィドウ、スカーレット・ウィッチ、ガモーラ、シュリ、オコエと、それぞれが主役級の存在感を放ってきましたが、“シリーズ11年目”にして、ようやく初の女性ヒーロー単独主演作が製作されました。

今後も、既に製作が決定しているブラック・ウィドウの過去を描く単独映画、ヴィジョンとスカーレット・ウィッチのダブル主演ドラマ、『ヴィジョン&スカーレット・ウィッチ』など、女性ヒーローがメインとなる作品が、その数を増やしていくことは間違いありません。

そして、この一連の流れを後押しした背景には、ライバルシリーズのDCEUが放った初の女性ヒーロー単独主演作品、全世界で大ヒットを記録した『ワンダーウーマン』(2017)の存在も大きかったことでしょう。

本作の主人公、キャプテン・マーベルを演じるのは、『ルーム』(2015)で主演女優賞を獲得したブリー・ラーソン。

アメコミヒーローを一線級の俳優が演じるようになって久しいですが、まだ29歳にして独自の存在感を身に付けている最中のラーソンが、どのように最強女性ヒーローを表現してくるか、楽しみなところです。

また本作は1990年代が舞台で、MCUシリーズの流れでは過去を描いています。

シリーズ通してのファンとしては『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』のヴィランであるロナンが、クリー人の一員として登場する展開は、その後のロナンを知っているだけに、その過去とバックボーンがどのように描かれるかも注目でしょう。

そして本作は、MCUシリーズの次回作、2019年4月26日公開の『アベンジャーズ/エンドゲーム』へと繋がっていきます。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)で“半滅”してしまった全宇宙の生命とアベンジャーズ、そのラストで消滅する寸前にニック・フューリーはポケベルを起動させます。

そのポケベルの画面に映しだされたのは、キャプテン・マーベルのロゴでした。

フューリーに招集されたキャプテン・マーベルが、どのような形でストーリーに絡んでいくのか?MCUシリーズの一つの集大成となる作品の出来栄えと共に注目ポイントなります。

スポンサーリンク

DCヒーロー・シャザムとの、マーベルの名を巡るややこしい関係

(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

『キャプテン・マーベル』のコミックは1940年に出版されましたが、実はこの作品を発表したのはマーベルコミックではなく、フォーセットコミックスでした。

主人公の少年ビリーが、ある時出会った魔術師によって、大人のスーパーヒーローへと変身する能力を得る、というあらすじは本作『キャプテン・マーベル』とは全く違います。

それもそのはず、このフォーセットコミックスが刊行した作品は、2019年4月19日に公開される『シャザム!』の原作にあたるものなのです。

このフォーセットコミックス版『キャプテン・マーベル』は、スーパーマンの盗作としてDCコミックスから訴訟を起こされてしまい、廃刊に追い込まれてしまいます。

その後、1970年代になりDCコミックスが作品の版権を持ちますが、その時にはマーベルコミックが“マーベル”を商標登録しており元のタイトルが使用できず、さらにマーベルから『キャプテン・マーベル』も出版されていたことから、主人公の能力にちなんだ(6人の神々に由来する能力で、その頭文字が「S.H.A.Z.A.M」)『シャザム』に改題することとなりました。

こうして、世にもややこしいキャプテン・マーベルとシャザムの関係が出来上がりましたが、キャラクターやストーリー上の類似性はほとんどありませんので、「昔、同じ名前だったヒーロー」とだけ覚えておけば充分です。

もう少しややこしい話をすると、キャプテン・マーベルは初期原作では「マー・ベル」という名前で、クリー人の男性ヒーローでした。

マー・ベルと共に爆発に巻き込まれた地球人の女性キャロル・ダンバースが、その爆発を機に超能力を得て、「ミズ・マーベル」を名乗りスーパーヒーローとして活躍し始めます。

2012年に出版されたコミックから、キャロル・ダンバースは「キャプテン・マーベル」を名乗ることになりましたが、このわずか7年後に映画化されたことを考えると、MCUシリーズの目玉になる女性ヒーローをマーベルが求めていたのでは?とも感じさせます。

次回の「最強アメコミ番付評」は…

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

いかがでしたか。

次回の第27回戦は、『スパイダーマン: スパイダーバース』の製作を手掛けたフィル・ロード&クリス・ミラーの監督作、「バットマン映画史上最高傑作」とも呼ばれた『レゴバットマン ザ・ムービー』を考察していきます。

お楽しみに!

【連載コラム】『最強アメコミ番付評』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

【ネタバレ感想】シュガーラッシュ:オンラインの解説と考察。ヒーローなき後の世界と愛のゆくえについて|映画道シカミミ見聞録29

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第29回 あけましておめでとうございます。森田です。 本サイトでは年明けに「2018年映画ランキング」が発表されました。 私も選出していますが、ベスト10に入れるべき …

連載コラム

【考察解説】あいみょんがしんちゃん2019を再解釈する『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』|映画道シカミミ見聞録40

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第40回 こんにちは、森田です。 今回は4月19日に全国公開された『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』を紹介いたします。 「野原一家を再 …

連載コラム

映画『娘は戦場で生まれた』感想とレビュー評価。シリア内戦の惨状にカメラを向ける母親の戦いとは|だからドキュメンタリー映画は面白い41

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第41回 空爆されたシリアの病院で、母は娘を撮り続ける。 今回取り上げるのは、2020年2月29日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開 …

連載コラム

映画『悪魔のいけにえ』ネタバレ感想と考察解説。レザーフェイス殺人鬼時代を作り出した名作を深掘り!|SF恐怖映画という名の観覧車130

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile130 ホラー映画とSF映画を題材とした当コラムで今までほとんど触れることの無かった「伝説的名作」と呼べる映画たち。 日々押し寄せる新作映画情報 …

連載コラム

映画『一度も撃ってません』感想考察と評価レビュー。阪本順治監督×石橋蓮司で描くハードボイルドコメディ|映画という星空を知るひとよ2

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第2回 『一度も撃ってません』は、『半世界』『エルネスト』の阪本順治監督、『野獣死すべし』『探偵物語』の丸山昇一脚本によるハードボイルドコメディ。18年ぶりの映 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学