Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/10/03
Update

映画『リル・バック ゲットーから世界へ』感想と解説考察。若きダンサーの仕事と生き様に迫るドキュメンタリー|2020SKIPシティ映画祭1

  • Writer :
  • 咲田真菜

2020SKIPシティ国際Dシネマ映画祭にて『リル・バック ゲットーから世界へ』が上映

2004年に埼玉県川口市で始まった「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」は、国際コンペティション、国内コンペティション(長編部門、短編部門)で構成されるコンペティション上映を中心にした“若手映像クリエイターの登竜門”として毎年開催を重ねてきました。

17回目を迎える2020年は、9月26日(土)~10日4日(日)の9日間、初めてとなるオンライン配信で開催。

今回は、国際コンペティションで上映された『リル・バック ゲットーから世界へ(映画祭時のタイトル:『リル・バック/メンフィスの白鳥)をご紹介します。

本作は、ダンサーとして世界的に活躍するリル・バックの半生を描いたドキュメンタリーです。

アメリカ・メンフィス、スラム出身の少年が、いかにして栄光を掴んだのか? 貴重な映像とともに、リル・バックのダンスにかける熱い思いを描いていきます。

【連載コラム】『2020SKIPシティ映画祭』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『リル・バック ゲットーから世界へ』の作品情報

(C)LECHINSKI

【公開】
2020年(フランス・アメリカ映画)

【監督】
ルイ・ウォレカン

【作品概要】
ジャネール・モネイの「Tightrope」のMVや、2017年のユニクロのCMなどで、日本でも知られるリル・バック。実は、メンフィス発祥「ジューキング」とバレエの素地を組み合わせたダンスでもその名を馳せています。

本作は、彼の半生を綴ったドキュメンタリーです。振付師・バンジャマン・ミルピエのドキュメンタリー『Dancing is Living : Benjamin Millepied』(2014)を手掛けたルイ・ウォレカンが綴ります。

リル・バックが成功するきっかけを作った一人である『マルコヴィッチの穴』(1999)のスパイク・ジョーンズ監督がインタビューで登場している点も大きな見どころの一つです。

映画『リル・バック ゲットーから世界へ』のあらすじ

(C)LECHINSKI
ダンサー、アーティストとして活躍するリル・バックは、アメリカ南部テネシー州・メンフィスの貧困地域で育ちました。

幼い頃から抜群の身体感覚を持っていた彼は、奨学金を得てバレエ・スクールに入学。

これがきっかけで、メンフィス発祥の地面を滑るような動き「ジューキング」とバレエの素地を組み合わせたダンスで、世界を驚かせることになります。

スポンサーリンク

映画『リル・バック ゲットーから世界へ』の感想と評価

(C)LECHINSKI

スラム出身の少年リル・バックを救ったジューキング

ダンサーのリル・バックが育ったのは、アメリカ・テネシー州のメンフィスです。本作は、1981年にオープンして一世を風靡したメンフィスのローラースケート場「クリスタル・パレス」で踊る若者たちの姿から始まります。

残念ながら現在では閉鎖されてしまった「クリスタル・パレス」で、リルは思い出を語っていきます。

「クリスタル・パレス」は、メンフィスに住む子どもたちがこぞって集まる場所でした。

軽快な音楽に乗ってローラースケートを楽しむのはもちろんですが、土曜日の夜、ある時間を境にダンスフロアに変わるスケート場で踊ることを楽しみにしていた少年、少女たちも多かったといいます。

彼らはここでメンフィス発祥の「ジューキング」を夢中になって練習していたのですが、その中にリル・バックもいました。

「クリスタル・パレス」は、メンフィスで青春時代を過ごした者にとって、特別な場所だったのです。

作品の中では、メンフィスを「闘争の街」と表現しています。大人たちは生きるのに必死で、子どもに目を向けることができず、その隙を見抜くかのように、ギャングが子どもたちを悪の道に誘い込むことが日常化していました。

一見豊かにみえる大都市・メンフィスですが、貧困問題は深刻で、スラムで生活する少年・少女たちは常に危険にさらされてきました。

そんな中、子どもたちを犯罪や危険から遠ざけていたのがダンスであり、ジューキングであったといいます。

「踊ると怒りやストレス、嫌なことを忘れられる」と語られる本作では、ジューキングがあったからこそ救われた子どもがいた事実や、アメリカに根深く潜む社会問題を知ることができます。

もちろんリル・バックも、救われた子どもの一人だということはいうまでもありません。

リル・バックの目を見張る身体能力

本作では、リル・バックの見事なダンス、そしてジューキングが思い切り堪能できます。

ジューキングは80年代後半に生まれましたが、最初は人気がありませんでした。リルは、この魅力的なダンスを世界中に知ってほしいと思ったといいます。

少年の頃から、ずば抜けた才能とセンスを見せていたというリルですが、何より驚くのは柔軟性で、特に足首の柔らかさは、けた違いです。

彼のダンスをジッと見つめていると「これが同じ人間なのだろうか」という思いにかられます。

才能に恵まれたリルですが、決しておごることなく寝る間も惜しんで練習に励んでいたといいます。そして何よりもパフォーマンスをする機会が与えられていることを常に神様に感謝してダンスをしていました。

彼がなぜそこまでダンスに夢中になれたのか、それはとにかくジューキングが好きで、一番になりたかったからだと語ります。

結果的にそれは彼を貧しさから救ったのですが、「貧しさから抜け出したいから、ダンスを頑張った」という悲壮感はみじんも感じられません。

踊ることが好きだから頑張るんだ! そういう熱い思いを抱いたリルの弾ける姿が印象的です。

リル・バックをサポートするさまざまな人たち

(C)LECHINSKI

駐車場や道路をダンスの練習場にしていたリル・バックの大きな転機となったのは、バレエとの出会いです。

メンフィスには、ケイティ・スマイスが創設したニュー・バレエ・アンサンブルという学校がありました。才能ある子どもなら、どのような経済状態であってもバレエのレッスンを受けさせるというケイティの信念が、リルの人生を大きく変えます。

リルは、ケイティから1つのダンス・スタイルに縛られる必要はないということを教わったといいます。

このことが彼を世界へ羽ばたかせるきっかけとなり、バレエを習うことで、それまでよりもずっと難しい方法で身体を動かせるようになります。実際につま先立ちを長く続けたり、スピンを2~3回転したりできるようになるのです。

彼は、こうした自身の進歩を「ストリートとクラシックが化学反応を起こした」と表現していましたが、それを顕著に表しているのが「リル・バック最初の白鳥」です。

リルはジェーキングとバレエを融合させ、驚きのダンスに仕上げており、その新鮮さ、衝撃をこの作品で堪能できます。

彼の才能を見抜き、NBEで学ばせたケイティも素晴らしいのですが、何よりもリルの心の柔軟さが、彼をどんどん成長させたといっても過言ではありません。

クラシックだから、ジェーキングだからという考えに縛られることのない彼は、すべてを素直に吸収していくことで、独自のダンスを生み出していくのです。

そして、世界的チェリスト・ヨーヨー・マが「リル・バック最初の白鳥」を見て、リルに注目します。

ヨーヨー・マがどれほど有名なアーティストであるかということを知らなかったリルが、「会いたいと言われて、ネットで検索したらびっくりした」と語っているところは、クスッと笑ってしまいます。

ヨーヨー・マに招かれ、彼のチェロとコラボレーションしたのは、モダン・ バレエの定番演目「瀕死の白鳥」のジューキング版。

「リル・バック最初の白鳥」と同様に、こういう世界があるのかと思わずうなってしまいます。そしてそれを撮影したのがスパイク・ジョーンズ監督というのが、なんとも贅沢です。

このコラボレーションは、のちにヨーヨー・マの北京公演でも披露され、絶賛されています。

まとめ

リル・バックは、いろいろな大人たちからの恵まれたサポートのもと、世界的に羽ばたくダンサーとなりました。ここで忘れてはいけないのは、彼の母親の存在です。

「メンフィスでは、親が子どもに目を向けることができない」と言われていましたが、彼の母親は例外でした。

悪い仲間と付き合ってほしくない、犯罪とは無縁の人生を送ってほしい。その一心で、経済的に苦しい生活の中でもダンスを頑張る息子を応援したといいます。

リルは幼い頃、義理の父親から暴力を受けて育ちました。そこから逃れるためにメンフィスに移り住んだのですが、そうした境遇に耐えるため、心がタフである必要があったといいます。

恵まれない境遇が心をタフにしたというのなら、それは喜ぶべきことなのかとても複雑ではありますが、タフな心があったからこそ絶えず努力をし、柔軟な心を持ち、あらゆるダンスと音楽を受け入れられようになったのではないかと感じます。

これからますます飛躍していくであろう、ダンサー、リル・バックの軌跡と彼の才能を、ぜひこの作品で楽しんでほしいと思います。


【連載コラム】『2020SKIPシティ映画祭』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『ひとくず』感想評価とレビュー解説。監督・主演の上西雄大が描く虐待する側が抱える問題と守るということ|銀幕の月光遊戯 56

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第56回 ミラノ国際映画祭で作品賞と主演男優賞(外国語映画)を受賞するなど、国内外の映画祭で高い評価を得た映画『ひとくず』。 劇団10ANTS(テンアンツ)代表の上西雄大が …

連載コラム

映画『ロバマン』あらすじネタバレと感想。河崎実監督の新作は特撮ヒーロー(68歳)が地球を救う⁉︎|未体験ゾーンの映画たち2020見破録7

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第7回 貴重な佳作から珍作・怪作まで大集合の「未体験ゾーンの映画たち2020」が、今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催。2月7日(金)からはシネ・ …

連載コラム

映画『パニック・イン・ミュージアム』ネタバレ感想とラスト結末あらすじ。モスクワ劇場占拠テロ事件からロシア社会を読み解く|未体験ゾーンの映画たち2021見破録39

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第39回 世界各地の埋もれかけた様々な映画を発掘・紹介する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第39回で紹介するのは『パニック・イン・ミュージア …

連載コラム

『ミッチェル家とマシンの反乱』あらすじ感想と評価解説。感動アニメとしてロボットの反乱に立ち向かう‟家族の絆”を描く|Netflix映画おすすめ86

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第86回 映画『ミッチェル家とマシンの反乱』は『スパイダーマン スパイダーバース』の製作陣が手がけた長編アニメーション作品です。 スマホのシ …

連載コラム

映画『2067』ネタバレ感想解説と結末考察のあらすじ。おすすめSFアドベンチャーは妻を救うために未来へ旅する男を描く|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー40

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第40回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学