Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

Entry 2021/05/03
Update

映画『ベルヴィル・ランデブー』あらすじ感想と解説評価。リバイバル公開に大友克洋らが絶賛する伝説のアニメの内容とは

  • Writer :
  • 松平光冬

『ベルヴィル・ランデブー』は2021年7月9日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国順次公開予定。

フランス映画として初のアカデミー賞長編アニメーション映画部門にノミネートされた『ベルヴィル・ランデブー』が、2021年7月9日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国順次公開予定です。

フランス語圏のマンガ『バンド・デシネ』作家でアニメーターのシルヴァン・ショメによる、21世紀フランス・アニメーション映画の傑作とも言われている、2002年製作の長編アニメ初監督作品です。

2004年の初公開時に大きな話題となった伝説のアニメが、製作20周年を前にしたプレアニバーサリー企画としてリバイバル公開が決定しました。

スポンサーリンク

映画『ベルヴィル・ランデブー』の作品情報

(C)Les Armateurs / Production Champion Vivi Film / France 3 Cinema / RGP France / Sylvian Chomet

【日本公開】
2021年(フランス、ベルギー、カナダ合作映画)※日本初公開は2004年

【原題】
Les triplettes de Belleville(英題:The Triplets of Belleville)

【監督・脚本・絵コンテ・グラフィックデザイン】
シルヴァン・ショメ

【製作総指揮】
ディディエ・ブリュネール

【音楽】
ブノワ・シャレスト

【声の出演】
ジャン=クロード・ドンダ、ミシェル・ロバン、モニカ・ヴィエガス

【作品概要】
フランス語圏のマンガ『バンド・デシネ』作家でアニメーターのシルヴァン・ショメによる、2002年製作の長編アニメ初監督作。誘拐された孫の救出のため奔走する祖母の物語を、ユーモアたっぷりに描きます。

第76回アカデミー賞ではフランス映画として初の長編アニメーション賞と主題歌賞にノミネートされ、カンヌ国際映画祭では、登場する犬のキャラクターのブルーノに対してパルム・ドッグ(特別賞)が与えられました。

日本では2004年に劇場初公開された本作は、製作20周年を前にしたプレアニバーサリー企画として、今年リバイバル公開されます。

映画『ベルヴィル・ランデブー』のあらすじ

(C)Les Armateurs / Production Champion Vivi Film / France 3 Cinema / RGP France / Sylvian Chomet

第二次世界大戦が終戦した直後のフランス。

両親を亡くした上、友達もおらず孤独な孫シャンピオンを見かねて、おばあちゃんのマダム・スーザは犬のブルーノと三輪車をプレゼントします。

自転車に夢中になったシャンピオンは、おばあちゃんと二人三脚で厳しいトレーニングを重ねながら成長し、ついに世界最高峰の自転車競技の祭典、ツール・ド・フランスに参加するまでに。

ところがレースの最中に、シャンピオンが謎のマフィアに誘拐されてしまいます。

孫を救うため、海を越えて摩天楼そびえ立つ巨大都市“ベルヴィル”に辿り着いたおばあちゃんと愛犬・ブルーノ。

そこで偶然出会った、伝説の三つ子歌手の老婆たちを巻き込み、不思議な大冒険が始まるのでした。

スポンサーリンク

映画『ベルヴィル・ランデブー』の感想と評価


(C)Les Armateurs / Production Champion Vivi Film / France 3 Cinema / RGP France / Sylvian Chomet

フランスのマンガ・アニメ界の巨匠による初長編

参考動画:シルヴァン・ショメ監督からのコメント

本作『ベルヴィル・ランデブー』は、フランス語圏のマンガ『バンド・デシネ(Bande Dessinée、以下BD)』作家でアニメーターのシルヴァン・ショメによる監督作品です。

BDといえば、リドリー・スコットやリュック・ベッソンらのSF映画に影響を及ぼした作家のメビウス、スティーヴン・スピルバーグによってアニメ映画化された『タンタンの冒険』あたりが有名どころです。

日本でも大友克洋、松本大洋、荒木飛呂彦といった名だたるクリエイターたちがリスペクトを捧げるBD界において、ショメは美術学校時代に知り合ったニコラ・ド・クレシーと組んだ、『The Secret of the Dragonflies』や『レオン・ラ・カム』で高い評価を受けます。

その後アニメ界に進出し、自ら監督・脚本した短編『老婦人とハト』(1998)がアヌシー国際アニメーション映画祭グランプリを受賞。

この成功を受け、2002年にショメが初めて長編アニメとして発表した本作は、フランス映画として初のアカデミー賞長編アニメーション部門にノミネートされる快挙となりました。

2010年の長編第二作『イリュージョニスト』でも再度アカデミー賞にノミネートされたほか、ヨーロッパ映画賞とセザール賞の最優秀アニメーション映画賞を受賞し、その名を一層高めることとなります。

“デフォルメ”が織りなす毒っ気交じりのアドベンチャー

(C)Les Armateurs / Production Champion Vivi Film / France 3 Cinema / RGP France / Sylvian Chomet

ショメ作品には、いくつかの特徴が挙げられます。

まずひとつは、セリフの少なさ。テレビの音声や周囲の雑音はあるものの、メインの登場人物はほとんどセリフを発しません。これは、彼が敬愛するジャック・タチ作品やチャップリン、キートンなどのサイレント作品の影響からで、後の『イリュージョニスト』でも通底しています。

次に、皮肉かつ風刺が効いた毒っ気たっぷり描写

BDの『レオン・ラ・カム』では、エキセントリックな祖父と臆病な孫をグロテスクかつ悪意に描き、『老婦人とハト』は、まるでホラーかと言わんばかりのブラックユーモアに満ちていました。

メイン登場人物が世代の離れた者同士な点も、ショメ作品には欠かせません。祖父と孫が登場する「レオン・ラ・カム」は言わずもがな、謎の老婆と中年男性警官が主軸となる『老婦人とハト』、『イリュージョニスト』では老奇術師と口の利けない少女の交流が描かれます。

愛する孫シャンピオンを探しにベルヴィルを奔走するおばあちゃん(と犬)異常なほどツール・ド・フランスにのめり込みカエルを食するフランスの国民性セリフに頼らず状況や動作で把握できる演出……本作には、ショメ作品の特徴が全部詰まっています。

三角だったり四角だったり手足が木のように細長かったりと、極端にデフォルメされたデザインのキャラクターたちが織りなす先行きが読めないアドベンチャーは、一度観たら忘れられないでしょう。


(C)Les Armateurs / Production Champion Vivi Film / France 3 Cinema / RGP France / Sylvian Chomet

音楽面でも聞き逃せません。

ジャズのジャンゴ・ラインハルト、ファドのアマリア・ロドリゲスといった実在のミュージシャンにオマージュを捧げ、伝説の三つ子歌手が歌うアカデミー賞歌曲賞&グラミー賞ノミネート曲『Belleville rendez-vous(ベルヴィル・ランデブー)』の軽妙なサウンドは、思わず口ずさみたくなります。

まとめ

(C)Les Armateurs / Production Champion Vivi Film / France 3 Cinema / RGP France / Sylvian Chomet

アニメ映画というと、どうしても日本やアメリカ製を連想しがちですが、『キリクと魔女』(1998)や『アヴリルと奇妙な世界』(2019)、『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』(2019)などのフランス製も忘れてはいけません。

その中で本作『ベルヴィル・ランデブー』は、2021年2月10日のNewsweek(電子版)発表の批評家が選ぶ100本のアニメーション映画15位21世紀のアニメーション映画の傑作(IndieWire)100本のアニメーション映画(タイムアウト)など、世界各国の名作アニメーション・ランキングに必ず選出されています。

三つ子の老婆たちの協力を得たおばあちゃんは、はたして孫を取り戻すことができるのか?

おばあちゃん賛歌あふれる、観るたびに驚きと興奮を与えるフランス・アニメーションを、是非ご堪能ください。

映画『ベルヴィル・ランデブー』は、2021年7月9日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国順次公開予定


関連記事

アニメーション

【アナ雪続編】主題歌と挿入歌の歌手&歌詞紹介!日本語訳や解説も

3月16日(金)より全国でロードショーされるピクサー作品『リメンバー・ミー』と同時公開の「アナ雪」シリーズの待望のスピンオフムービー『アナと雪の女王 家族の思い出』。 22分間の短編アニメ『アナと雪の …

アニメーション

FGOソロモン映画ネタバレ感想結末『Fate/Grand Order 終局特異点 冠位時間神殿ソロモン』ロマニの正体と驚くべき真実に予想外の展開とは⁈

アニメ「Fate/Grand Order 絶対魔獣戦線バビロニア」の続編 赤井俊文が監督を務め、人気スマートフォン向けゲームアプリ『Fate/Grand Order』の第1部の最終エピソードを映像化さ …

アニメーション

短編アニメーションの多種多様な社会性にふれる。TAAF2019東京アニメアワードフェスティバル

2019年3月8日(金)から3月11日(月)まで開催された、TAAF2019東京アニメアワードフェスティバルが閉幕。 世界各国から多種多様なアニメーション作品が毎年池袋に集結。 これだけの作品数をみら …

アニメーション

新海誠映画『言の葉の庭』ネタバレ解説と感想評価。短歌と靴に込められた意味とは⁈

2016年の『君の名は。』で驚異的な大ヒットを記録した新海誠監督。 2019年7月19日公開の『天気の子』にも大きな期待が集まる新海監督の、ターニングポイントとも呼べる作品が本作『言の葉の庭』です。 …

アニメーション

映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』、『心が叫びたがってるんだ。』で知られる脚本家の岡田麿里。 彼女が初監督デビューをしたオリジナル長編アニメーション映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』を …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学