Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

映画『アヴリルと奇妙な世界』あらすじネタバレと感想。フランス製アニメのヒロインの成長が魅力的!

  • Writer :
  • こたきもえか

『アヴリルと奇妙な世界』はカリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019にて上映。

70年代に誕生したカルト映画『ファンタスティック・プラネット』。

恋愛映画の巨匠パトリス・ルコントが手がけたブラックユーモアたっぷりの『スーサイド・ショップ』。

フランスには独自の作風が魅力的なアニメ作品が多々ありますが、今回ご紹介するのは先日2019年7月にカリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019にて上映された作品『アヴリルと奇妙な世界』です。

スポンサーリンク

映画『アヴリルと奇妙な世界』の作品情報


(C)2015/JE SUIS BIEN CONTENT STUDIOCANAL KAIBOU Production UMT Inc. NEED Productions ARTE France Cine’ ma JOUROR Distribution RTBF TCHACK

【日本公開】
2019年(フランス・ベルギー・カナダ合作映画)

【原題】
Avril et le monde truque

【監督】
クリスチャン・デスマール、フランク・エキンジ

【キャスト】
マリオン・コティヤール、フィリップ・カトリーヌ、ジャン・ロシュフォール、マルク=アンドレ・グロンダン、オリビエ・グルメ、ブーリ・ランネール、アンヌ・コエサン

【作品概要】
原作者でビジュアル総監督を務めたのは『アデル ファラオと復活の秘薬』(2010)のフランスの漫画家、ジャック・タルディ。

主人公アヴリルの声を担当するのは『インセプション』(2010)『ミッドナイト・イン・パリ』(2011)そして『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』(2007)にてアカデミー賞主演女優賞を受賞したフランスを代表する女優マリオン・コティヤール。

アヴリルの祖父、ポップス役には『自由の幻想』(1974)『髪結いの亭主』(1990)に出演、セザール賞を二度受賞している名優ジャン・ロシュフォール。2017年に亡くなった彼の温かみのある声が心に響きます。

また『息子のまなざし』(2002)でカンヌ国際映画祭男優賞を受賞、ダルデンヌ兄弟作品『ある子供』(2005)『午後8時の訪問者』(2016)などに出演するオリヴィエ・グルメと実力派俳優が集結。

本作はアヌシー国際アニメーション映画祭にてグランプリを受賞しました。

映画『アヴリルと奇妙な世界』のあらすじとネタバレ


(C)2015/JE SUIS BIEN CONTENT STUDIOCANAL KAIBOU Production UMT Inc. NEED Productions ARTE France Cine’ ma JOUROR Distribution RTBF TCHACK

物語の始まりは1870年。

ナポレオン3世は不死身の秘薬の開発の催促をしに科学者ギュスターヴの元を訪れます。

しかし爆発事故が起き皇帝もギュスターヴも死亡。息子のナポレオン4世はプロイセンとの友好の条約に調印し戦争は回避されましたが、それから70年に渡って世界中の科学者が失踪する事件が相次ぎました。

それにより技術の進歩が妨げられ、蒸気と石炭の時代に世界はとどまることになります。炭鉱が枯渇するにつれて森林は木炭を生産するために次々と伐採され、残る木はただ一本となっていました。

世界が戦争の気配に恐々とする中、フランス帝国は残る科学者を探して隔離しようとしていました。

ギュスターヴの息子科学者“ポップス”と彼の息子ポール、妻のアネットは隠れながらギュスターヴが取り組んでいた実験を完成させようと努めていました。

なかなか成果は現れず、幼い娘アヴリルの飼い猫ダーウィンが人間の言葉を喋れるようになっただけ。

しかし不死身の効力を持つ完璧な血清が完成したと思われた日、警察官ピッツォーニ率いる舞台に見つかってしまい、アネットは急いでスノードームに血清を隠し、家族は逃げ出しました。

ポップスと離れ離れになったポール、アネット、アヴリルはベルリン行きのロープーウェイで脱出しようと試みますが見つかってしまい、そこに雷が直撃したことによりポールとアネットは亡くなってしまいます。

間一髪のところで血清とダーウィンと共にロープーウェイから逃げ出したアヴリルもピッツォーニに捕まり孤児院へ。

しかし目を逃れて彼女は街へ逃げ出し、責任を問われたピッツォーニは降格されてしまいました。

10年後。

アヴリルはナポレオン3世を記念して建てられた巨大な像の頭の中に実験室を作り、病気にかかったダーウィンを救うために血清の開発に取り組んでいます。

ピッツォーニは未だ捕獲に夢中になっており、孤児で前科持ちの青年ジュリアスに彼女の尾行を命じていました。

アヴリルは街に薬品を盗みに出かけますが捕まってしまい、ジュリアスに助けられます。

その後実験に取りかかったアヴリルは息も絶え絶えのダーウィンにようやく完成した血清を与えますが失敗したようで、自暴自棄になり実験装置を破壊してしまいます。

その衝撃で母親の血清が入ったスノーボールにヒビが入り、中の液体を舐めたダーウィンは回復しました。

そこに偵察機であるネズミや怪しげな雷を携えた雲が接近、アヴリルはダーウィンと何故か自分を追ってきたジュリアスと共に脱出。

居場所が無くなってしまったアヴリルはジュリアスの住処に泊まりました。

以下、『アヴリルと奇妙な世界』ネタバレ・結末の記載がございます。『アヴリルと奇妙な世界』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2015/JE SUIS BIEN CONTENT STUDIOCANAL KAIBOU Production UMT Inc. NEED Productions ARTE France Cine’ ma JOUROR Distribution RTBF TCHACK

その頃、実は生きていたアヴリルの両親は知性を持つ大トカゲ、ロドリゲとチミーヌが管轄する秘密基地に幽閉されており、父ポールは娘アヴリルにメッセージを交信していました。

母アネットは最先端の技術で研究に打ち込める環境にいたいが為に彼らに従い、娘を大トカゲたちに引き渡しても構わないと考えていますが、ポールは拒否して牢屋に入れられていました。

一方アヴリルは祖父ポップスの痕跡を見つけ、彼が造り上げた秘密の屋敷にて無事再会。

しかし外出したポップスを捕まえたのは警官のピッツォーニ。

科学者を捕らえることは命じられていない為、ピッツォーニもポップスもまとめて川下の牢に送られてしまいました。

それを知ったアヴリルはジュリアスとダーウィンと共に、水陸両用車と変化する家を使って救出に向かいます。

ロドリゲとチミーヌの子ども達によって捕えられたポップスは息子のポールと牢の柵越しに再会。

アヴリルとジュリアスは研究員を装って施設に潜入しますがトカゲの子ども達によって見つかり、誤って主発電所を彼らが破壊したことによりポップスとポールも脱獄に成功します。

アヴリルはアネットと再会を果たしますが、彼女がトカゲ達のために研究に従事し、自分を彼らに引き渡すことを知って絶望します。

アヴリルは既に自分が完璧な不死身の血清を作ることに成功していたと聞かされます。

実はダーウィンが生き返ったのはスノーボールの血清ではなくアヴリルのものが効果を発揮したからで、偵察ネズミも瀕死の状態からその血清を舐めたことにより回復していたのでした。

トカゲたちに脅されて再び血清を作るアヴリル。

幽閉された科学者たちの研究は不死身の血清を植物に打ちロケットに乗せ、遠くの惑星に緑を育てる事を目的としていましたが、ロドリゲの真の狙いは自分に血清を打ち、ロケットを低空で爆発させ人間の世界を破壊することでした。

できあがった血清をジュリアスから奪い取り自分に打ったロドリゲを妻であるチミーヌは止めようとしますがロドリゲは彼女を殺し、父親と母親の間で別れた子ども達は争いを始めます。

ロケットは始動し、大慌てで逃げ出す科学者達。

しかしジュリアスが渡したのは血清では無くただの水でした。

アヴリルとジュリアスによりロドリゲは倒れ、アヴリルは本当の血清をロケットの植物に打ち込みます。

ダーウィンは機内に乗り込み、低空で爆発しないように設定を変え、地球は壊滅から救われました。

50年後。老いたジュリアスはテレビのニュースで、植物に覆われた星に人類が降り立ったことを知ります。

そこには元気なダーウィンの姿が。ジュリアスは急いで妻のアヴリルに聞かせるのでした。

スポンサーリンク

映画『アヴリルと奇妙な世界』の感想と評価


(C)2015/JE SUIS BIEN CONTENT STUDIOCANAL KAIBOU Production UMT Inc. NEED Productions ARTE France Cine’ ma JOUROR Distribution RTBF TCHACK

まず本作の魅力は荒廃したパリの街の世界観です。

舞い上がる黒煙やガスマスクの人々、唸り軋んで動く蒸気機会や煤にまみれてくすんだ空の色、同じくフランスの映画監督ジャン=ピエール・ジュネの作品『ロスト・チルドレン』(1995)を想起するようなスチームパンク調の画。

有機物と無機物の同居や日本が誇るアニメ『ハウルの動く城』(2004)へのオマージュでしょうか、手足を持って蠢く大きな建物などフェティッシュな魅力が光ります。

冒頭から博物館や研究所のような画が映し出されて、そのこってりしたタッチと精密な動植物/機械の絵に終始好奇心をそそられる作品です。


(C)2015/JE SUIS BIEN CONTENT STUDIOCANAL KAIBOU Production UMT Inc. NEED Productions ARTE France Cine’ ma JOUROR Distribution RTBF TCHACK

もうひとつの魅力はヒロイン、アヴリルのキャラクター。

両親が囚われて孤児になり、たった一人で研究に明け暮れるアヴリル。彼女は全くと言っていいほど“可愛らしい女の子”とは掛け離れている存在として描かれています。

10年もの間猫のダーウィンと暮らしていた彼女は身を隠すため、当然おしゃれとは無縁。

帽子を目深にかぶりジュリアスとは変わらない男の子のような格好をし、髪はショートカット、知り合う前のジュリアスにも「尾行するならもう少し美人がいい」と言われるようなキャラクターです。

ところが“科学者の娘”というアイデンティティしか自認していなかった彼女も初めて同年代の男の子と知り合い、“少し着飾ってみること”や“恋心”を意識し、祖父ポップスの館で女性らしいピンクのワンピースに着替えます。

それでもクライマックスは父や母と同じ、自分の確固たるアイデンティティである科学者のユニフォーム。

ディズニー映画『ムーラン』では女性らしさを強要される主人公が男性として冒険をし、“本来の自分”へとたどり着く旅路が描かれますが、本作は“放浪者”から自分が思う“女性性”を意識し、そして女性、科学者、どちらも同じくらいの強さで存在するアイデンティティとして受け入れ自分という人間が確立する成長が描かれているのです。

本作で描かれるジェンダー的側面はもうひとつ、それはアヴリルの両親とトカゲの夫婦の異なる点。

自らの研究の為なら家族を想う心にも目をつぶるアネットと自分の命よりも他者を優先し、“犠牲的”な道をたどるチミーヌ。

アヴリルの父ポールは娘を心から心配しておりいくら研究に従事しようとも心は売ろうとせず、トカゲのロドリゲは独裁的な人物。

対照的な立ち位置を同じジェンダーのキャラクターに演じさせる描写も興味深い点です。

本作が描くのは行き過ぎた科学がもたらす悲劇ではなく、共存の道を辿らなかった行く末、文明が搾取や独裁によて失われた道筋。

頽廃の世界を描きながらもフランス映画らしいエスプリの効いたセリフやどこか憎めないキャラクターたち、次々と起こるハプニングに展開される物語と笑って楽しめるエンターテイメントに仕上がっています。

まとめ


(C)2015/JE SUIS BIEN CONTENT STUDIOCANAL KAIBOU Production UMT Inc. NEED Productions ARTE France Cine’ ma JOUROR Distribution RTBF TCHACK

マリオン・コティヤールの好演にしゃべる猫ダーウィンの奔走、アインシュタインを始めとする実在の科学者たちのカメオ出演と抜群にチャーミングなヌーヴェルアニメーション『アヴリルと奇妙な世界』

お洒落で審美的な冒険譚、SF作品を楽しみたい時に手にとってみてはいかがでしょうか?

関連記事

アニメ映画

Netflix映画『クロース』ネタバレ感想と考察評価。サンタクロースの新説をセルジオパブロスが心温まるアニメ作品へと昇華

セルジオ・パブロス監督が描くサンタクロースの誕生秘話は、子供から大人まで夢を繋いでいく。 どんなことにも始まりはありますが、どこで始まった慣習なのかも気にせず、今では恒例になっているイベントにも起源が …

アニメ映画

Netflixアニメ『フェイフェイと月の冒険』ネタバレ感想と評価。楽曲も声優キャストも魅力的なグレンキーン監督作品

大切なのは、自分や側にいる人達を “信じること” 心に痛みがある今こそ観たい、ファンタジーアドベンチャー どんな試練が訪れても、信じる気持ちで心を開き、前に進む大切さを描いた作品、Netflixアニメ …

アニメ映画

【ネタバレ感想】ミュウツーの逆襲 EVOLUTION 4DX映画の評価とあらすじ。体感型鑑賞のススメ紹介も

『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』は 2019年7月12日(金)から全国ロードショー公開中! 1998年、当時の大人気携帯機ゲームをアニメ化した『ポケットモンスター』の初の劇場版として上映された …

アニメ映画

劇場版魔法科高校の劣等生の舞台挨拶と来場者特典!上映館も

『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』いよいよ2017年6月17日公開! 来場者特典と舞台挨拶も決定しました‼︎ CONTENTS1.来場者特典第1弾 佐島勤先生書き下ろし小説「美少女魔法戦士プ …

アニメ映画

『パタリロ! スターダスト計画』あらすじネタバレと感想。原作のリスペクトを考察

『花とゆめ』(白泉社)で1978年より連載開始から2018年現在40年。 個性派俳優・加藤諒の主演で2度舞台化され、2018年秋に実写映画版の公開も決まった長寿ギャグ漫画『パタリロ!』。 今回は198 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP