Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2019/08/31
Update

映画『フッド:ザ・ビギニング(ロビンフッド)』あらすじネタバレと感想。2019年の社会問題を取り上げた痛快時代劇!

  • Writer :
  • 奈香じゅん

レオナルド・ディカプリオの率いるアピアンウェイがロビン・フッド映画を製作!

『フッド:ザ・ビギニング』は、国内でもヒットを記録している『ロケットマン』のプロモーションで13日に初来日したタロン・エジャトンが主演するアドヴェンチャー作品。

『Ray/レイ』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したジェイミー・フォックスが共演しています。

これまでのロビン・フッドとは異なり、現代社会の問題を取り上げた痛快時代劇。

製作を務めたのはレオナルド・ディカプリオです。

スポンサーリンク

映画『フッド:ザ・ビギニング』の作品情報


(C)2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Robin Hood

【監督】
オットー・バサースト

【キャスト】
タロン・エジャトン、ジェイミー・フォックス、イヴ・ヒューソン、ベン・メンデルソーン、ジェイミー・ドーナン、ティム・ミンチン、F・マーレイ・エイブラハム

【作品概要】
本作は、テレビドラマ『ブラックミラー』や『ピーキー・ブラインダーズ』を手掛けたオットー・バサーストの長編映画初監督作品。製作会社のライオンズゲートがバサーストを抜擢しました。

タロン・エジャトンの親しみやすさが主人公には必要だったと話すバサーストは、真実の為に立ち上がるヒーローは自分たちの中にあると説明。過去に描かれた物語に付随する歴史認識を排した意欲作。

映画『フッド:ザ・ビギニング』のあらすじとネタバレ


(C)2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

ロビンは恋人・マリアンと幸せな生活を送っていたある日、ノッティンガムの最高権力者である執行官から召集令状を受け取ります。

4年後、アラブ。十字軍の兵隊として敵地で戦闘下にあるロビン。ギズボーン率いる隊はリトル・ジョンが指揮する敵軍に待ち伏せされ危機に陥ります。

スピードと身体能力で上回るリトル・ジョンと一騎打ちになったロビンは大ピンチ。

しかし、駆けつけたギズボーンがリトル・ジョンの手首を切り落としてロビンを救出。リトル・ジョンを拘束します。

十字軍は情報を引きだそうと捕虜を激しく拷問。使えないと判断した捕虜の首を切断させる光景に、ロビンは不快感を抱きます。

怯える息子が次の拷問の対象になったのを観たリトル・ジョンは必死に抗議。ギズボーンが首をはねるよう命じたのを見たロビンは介入して取り押さえられます。

処刑は執行されますが、ロビンはリトル・ジョンの拘束を解き、他の捕虜も解放。怒ったギズボーンは、ロビンに帰国を命じます。

リトル・ジョンはロビンが乗船する船に忍び込みイギリスまで着いて行きます。

帰国したロビンは自分の屋敷に戻りますが、荒れ果てた家は差し押さえられており、自分の帰りを待つはずのマリアンはいません。

友人であるタック修道士を訪れたロビンは、2年前に自分が戦地で死亡したと執行官が伝えていたことを知ります。

炭鉱者が働く居住区へ来たロビンは、マリアンが政治家を目指すウィルと仲睦まじくしている様子を目撃してショックを受けます。

肩を落としたロビンの前に、ずっと後を着けていたリトル・ジョンが姿を現します。思わずひるむロビンに対し、長く十字軍と闘っていたが、敵軍にロビンのような考え方をする人間は居なかったと話します。

金持ちだけが得をする戦争を止めようとリトル・ジョンは協力を求めます。

そこへ、聴衆に対する執行官のスピーチが始まります。アラブを激しく批判する執行官は、ノッティンガムの市民を守る為に戦争を続行する必要があり、税金をあげると発表。

ウィルとマリアンは、戦費の為に全て差し出した市民の生活は困窮し、これ以上は無理だと抗議します。

タックが遅れて到着し、増税に対する投票には領主であるロビンの1票も含まれるべきだと述べ、マリアンは以前の恋人が生きていたことを初めて知ります。

投票は先延ばしになり、タウンミーティングは一端散会。群衆に混じって聞いていたロビンは闘う意義など無いと声を荒げ、こじつけで増税を求める政府に腹を立てます。

勝手にロビンの死亡宣告をして財産を没収した執行官は、教会と軍隊を背後に持つ権力者。

立ち向かう術が無いと言うロビンに対し、リトル・ジョンは、力の源は資金力だけだと強い眼差しを向けます。

「戦費を奪って執行官を弱体化させよう。お前は復讐を、俺は息子に対する正義を求めて闘う」リトル・ジョンに賛同したロビンは手を結びます。

その日から、ジョンの猛烈な特訓が始まります。ロビンは、スピードと身体能力、そして武器である弓の扱い方を徹底的に叩き込まれます。

ジョンは息子が使っていた布を渡し、ロビンは鼻から下を隠して見せ、「ところでいつ盗む?」とジョンに尋ねます。

以下、『フッド:ザ・ビギニング』ネタバレ・結末の記載がございます。『フッド:ザ・ビギニング』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

2人は税金を徴収する小隊を襲撃。ロビンは何食わぬ顔で執行官を訪れて献金。自分に対する不当な扱いは否定せず、執行官に理解を示す振りをします。

教会でも大金を献金したロビンは、政府の動向を探れる領主会へ参加する許可を得ます。

直後に集まった献金を強奪したロビンは、マリアンの家に金貨を1袋置いて行きます。

もっと苦しい生活をしている人たちにお金をあげて欲しいとマリアンがタックに話しているのを聞いたロビンは、それから町中に盗んだお金を配るようになります。

領主会では世間で人気の盗賊が議題に登ります。ロビンは自分が懸賞金を掛けると申し出、更に執行官から信頼を獲得。

市民は玄関先に手製のフッドを釘で留めて支持を表明するようになり、増々聖職者たちは苛立つばかり。

そんな頃、ローマからフランクリン枢機卿がノッティンガムを訪問します。城では盛大なパーティーが開かれ、町の有力者たちが集まります。

マリアンはタックのコネでパーティーへ参加。タックから鍵を受け取り資料室へ忍び込むと経理資料を持ち出します。

遠くからその光景を見ていたロビンは、タックと組んで一芝居うち、執行官と枢機卿の密談の席へ乗り込みます。

タックが鍵を盗んだというロビンの主張を聞き、枢機卿は殺せと命じます。慌てたロビンは、死より教会を追放する方がタックには苦しみだと説得し、タックは命拾いします。

重要な話し合いの席に立ち合うことを許されたロビンは、執行官と枢機卿が密かに戦費をアラブへ流してアラブ軍を強化することで十字軍を弱体化させ、イギリス国王の転覆を図っていたことを知ります。

枢機卿は、その資金を盗む義賊を早く抹殺しろと激しい口調で執行官を責めたてます。執行官は、アラビアから召集したギズボーンに炭鉱街を攻めるよう命令。

ギズボーン率いる政府軍は炭鉱の居住区へ到着すると、市民の家1軒1軒から金目の物を没収。

反抗すれば反逆罪だと言われた市民は、なす術が無く、抗議したマリアンは拘束されます。

そこへ駆けつけたロビンとジョンは、マリアンを奪還。ようやくマリアンは義賊がロビンだと気が付きます。

ギズボーンと軍に追われた3人は交戦するものの、圧倒的な数の軍には太刀打ちできません。

ジョンは「最後までやり遂げてくれ」と言い残し、ロビンとマリアンを逃がすために1人立ち向かっていきます。

マリアンは盗み出した経理資料が執行官たちの横領の証拠になると言い、ロビンがリーダーとして市民を率いて闘おうと説得。

その頃、殺さずに拘束したジョンを拷問し、義賊の名前を明かすよう執行官は迫りますが、ジョンは沈黙を守ります。

一方、破壊された炭鉱街では、ウィルが共に出て行こうと市民に呼び掛けています。マリアンを伴い現れたロビンは、布を外して顔を見せます。

奪われた物を一緒に取り返そうというロビンに、市民は賛同。ウィルは、マリアンがロビンとよりを戻したことに気が付きますが、意見には同意します。

そして、自由の身となったタックはマリアンから渡された資料を調べ、アラブの司令官へ大金が流れていたことを突き止めます。

アラブへの資金が輸送される日に決起することになり、ロビンたちは作戦を立案。手製の火炎弾やロビンを象徴するフッドを作り始めます。

資金輸送の当日。執行官率いる資金輸送隊が市街地を進む中、ウィルを先頭にフッドを被った市民たちが火炎瓶を片手に立ちはだかります。

戦闘が勃発。ロビンは、資金を乗せた荷車が停止した地面の下で火を焚き、大きな陥没を誘発します。

荷車は地下へ落下。待ち構えていた市民が金貨の入った袋全量を運び出してトロッコに乗せ、地下道を運搬していきます。

同じ頃、ジョンは、自分の檻へ運ばれた食物が入ったお椀を割って拘束を解き脱出。

陥没した穴へ飛び込んできたギズボーンとロビンは一騎打ちになります。以前とは比べものにならない程強くなっていたロビンがギズボーンを追い詰めますが、ロビンは戦地で自分の命を幾度も救った指揮官の止めを刺せません。

そして市民が劣勢になり次々に殺害される様子に我慢が出来なくなり、ロビンは「狙いはこの僕のはずだ」と前に進み出ます。

捕らわれたロビンは、執行官の下へ連れて行かれます。ロビンが執行官に殺害されそうになった瞬間、兵士の鎧で身を隠していたジョンが逆襲。2人で遂に執行官の息の根を止めます。

計画通りトンネルの向こう側へお金を運び出す市民たちとロビンは合流。マリアンとロビンは再び愛を確かめ合います。

その頃、枢機卿はウィルと密会。ノッティンガムの市民はウィルを求めていると説得し、町の最高権力を与えると言います。

聴衆を前に新執行官に就任したウィルが演説。ロビンの似顔絵を掲げ、悪党だと宣言します。

向かいの建物を屋根伝いに忍び足で渡るロビン。ウィルが手に持つ自分の顔を弓で射抜きます。

スポンサーリンク

映画『フッド:ザ・ビギニング』の感想と評価


(C)2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

これまで繰り返し描かれたロビン・フッドですが、本作は歴史の整合性を敢えて重要視していません

監督を打診されたオットー・バサーストは、製作会社のライオンズゲートに現在の社会を反映できる内容にできるなら監督業を受ける条件を提示して了承されました。

劇中のアラブやノッティンガムの街はCGではなく、大掛かりなセットで建造。ロビン・フッドという時代物を意識しながらも、今世界を取り巻く政治問題を物語の骨格に据えています。

ハリウッド映画ですが、イギリスならではの民主主義を反映。「政府が腐敗しているなら、市民が変えるしかない」とバサーストは語ります。

敵対する国に資金を流して個人の権力拡大を画策…とまるでイラク戦争を想起させる内容で、実話を描いた『バクダッド・スキャンダル』(2018)を彷彿とさせる内容です。

また、枢機卿が街を訪れた祝賀会の場面では、出席した有力者たちの衣装がモダンなデザイン

バサーストは、戦場で出会うロビンとリトル・ジョンのバディ物語を作品の駆動力とした為、多くの説明と登場人物が必要になる細かい史実を盛り込まなかったのです。

そして、主人公は義賊であり革命家のロビン・フッドですが、本作では頭の切れるジョンがロビンを導いていく設定。

ジェイミー・フォックスの観る者を引き込むカリスマ性が作品を引っ張り、執行官役のベン・メンデルソーンと枢機卿に扮したF・マーリー・エイブラハムの名演が要所を締めています。

主役は絶対タロン・エジャトンと決めたバサーストは、彼が他作品に出演していた為、クランクアップを待ってから本作の撮影を開始しています。

ロマンス、アクション、そしてコメディ全てをこなせる若手俳優ではエジャトンが群を抜いているとコメント。他の出演者の多くは、レオナルド・ディカプリオがプロデュースすると聞いて出演を決めてくれたと笑って話します。

現場に顔を出したりバサーストに意見を挟んだりすることは一切しなかったディカプリオ。しかし、逆に製作会社をプッシュする場合は頼んだとバサーストは話し、ハリウッドにおけるディカプリオの存在が大きいことを窺わせます。

まとめ


(C)2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

『フッド:ザ・ビギニング』の監督を務めたオットー・バサーストは、舞台を中世に据えつつ、ロビン・フッドが盟友リトル・ジョンと共に現社会の難問に挑む冒険物語として再映画化。

英雄は自分たちと同じ一般人と定義したバサーストが選んだタロン・エジャトン扮するロビン・フッドは、腐敗した政府を弓矢で制圧しながら貧困層へ富を分配していきます

本作は、若手、中堅、ベテラン俳優全ての好演が見所となるエンターテイメント作品です。

関連記事

アクション映画

香港映画『密告・者』動画無料視聴はU-NEXT!ネタバレ感想

2017年10月現在、U-NEXTにて特集の組まれている、香港のダンテ・ラム監督。 ベタベタながらも、テンポのいいストーリーや芸の細かい演出が、他の大作アクション映画には無い魅力をもつクライム・サスペ …

アクション映画

映画『ブルータル・ジャスティス』ネタバレ感想とラスト結末まであらすじ。メル・ギブソン演じる刑事の正義が炸裂す!

メル・ギブソンが主演のクライム・スリラー映画『ブルータル・ジャスティス』。 日本で2020年8月に公開された、映画『ブルータル・ジャスティス』は、強引な逮捕が原因で6週間の停職処分となった2人の刑事が …

アクション映画

『ディヴァイン・フューリー/使者』ネタバレ考察と見どころ解説。ホラー映画として新たる悪魔祓いをテーマにした新感覚アクション!

神の存在を信じない男が、悪魔に闘いを挑むアクション映画 幼少期の辛い経験から、神の存在を信じなくなった男が、神父と悪魔の争いに巻き込まれる、映画『ディヴァイン・フューリー/使者』。 キム・ジュファン監 …

アクション映画

映画『SPL 狼たちの処刑台』あらすじとキャスト。上映館情報紹介も

『SPL 狼たちの処刑台』は9月1日(土)より、シネマート新宿・シネマート心斎橋ほか全国ロードショー!! 「イップマン」シリーズで知られるウィルソン・イップがメガホンを取り、カンフースターのサモ・ハン …

アクション映画

映画『ジョンウィック3:パラベラム』あらすじネタバレと感想。ラスト結末は⁈

映画『ジョン・ウィック : パラベラム』は2019年10月に日本公開! 今回ご紹介するのは大人気アクションシリーズの第3弾、『ジョン・ウィック : パラベラム』です。 アメリカの映画館では全編にわたっ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学