Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

007ユア・アイズ・オンリー|ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。ジェームズボンドのシリーズ12弾はロジャー・ムーアの原点回帰アクション!

  • Writer :
  • 秋國まゆ

大人気スパイアクション映画「007」シリーズ第12作!

ジョン・グレンが監督を務めた、1981年製作のイギリス・アメリカ合作の大人気スパイアクション映画『007/ユア・アイズ・オンリー』。

「007」ことMI6の敏腕諜報員ジェームズ・ボンドが、東西両陣営のパワー・バランスを突き崩す秘密兵器「ATAC」の行方を追う姿とは、具体的にどんな姿だったのでしょうか。

3代目ジェームズ・ボンド役を務めるロジャー・ムーアが、限界まで肉体を駆使して危険極まりないアクションを次々とこなしていく、「007」シリーズ第12作目『007/ユア・アイズ・オンリー』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『007/ユア・アイズ・オンリー』の作品情報


(C) 1981 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

【公開】
1981年(イギリス・アメリカ合作映画)

【原作】
イアン・フレミングの「007」シリーズ第1短編集『007号の冒険』の収録された作品、『読後焼却すべし-For Your Eyes Only-』と『危険-Risico-』

【監督】
ジョン・グレン

【キャスト】
ロジャー・ムーア、キャロル・ブーケ、トポル、リン=ホリー・ジョンソン、ジュリアン・グローヴァー、ジル・ベネット、カサンドラ・ハリス、デスモンド・リュウェリン、ロイス・マクスウェル、ウォルター・ゴテル、チャールズ・ダンス、ジョン・モレノ、ステファン・カリファ、ジェームズ・ヴィリアーズ、ジェフリー・キーン、ジョン・ワイマン、ジャック・ヘドレー、ジョン・ホリス、ピーター・フォンテイン、コーネリアス・ギャレット、ロビン・ヤング

【作品概要】
編集・アクション監督出身のジョン・グレンが監督を務めた、イギリス・アメリカ合作のスパイアクション作品。

原作であるイギリス人のスパイ小説・冒険小説家イアン・フレミングによる「007」シリーズ第1短編集『007号の冒険』に収録された作品『読後焼却すべし-For Your Eyes Only-』と『危険-Risico-』をもとに描かれた「007」シリーズ第12作目です。

「007」シリーズのロジャー・ムーアが3代目ジェームズ・ボンド役を務め、『欲望のあいまいな対象』(1977)のキャロル・ブーケ、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(1980)のジュリアン・グローヴァーら豪華キャスト陣と共演しています。

映画『007/ユア・アイズ・オンリー』のあらすじとネタバレ


(C) 1981 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

「007」こと英国情報局秘密情報部「MI6」の敏腕諜報員ジェームズ・ボンドは、亡き最愛の妻テレサの墓参りをしました。

そこへMI6のダミー会社である「ユニバーサル貿易」のヘリコプターが、ボンドを迎えにやって来ます。

ボンドはそのヘリコプターに乗り、MI6本部に戻ろうとしますが、突如パイロットが死亡。首にコルセットを巻き、電動車椅子に乗る謎の男にヘリコプターの操縦を乗っ取られてしまいました。

膝に座るペルシャ猫を愛でながら、ボンドを弄び殺そうとする男。ボンドは自力で操縦席に移動し、遠隔操作のケーブルを切って反撃にうってでます。

追い詰められヘリコプターに吊り上げられた男は、慌ててボンドに助命を乞うも、「ノース・テムズ・ガス・ボード社」という会社の建物の煙突の中へ落とされてしまいました。

一方その頃、英国の電子監視船「セント・ジョージ号」は漁船に偽装し、地中海のアルバニア沖にて調査活動を行っていました。

しかし何者かが仕掛けた機雷により、セント・ジョージ号は沈没してしまいました。

その5日後、ロンドンにあるMI6本部。米国の国防大臣フレデリック・グレイと参謀本部長ビル・ターナーは、休暇中のMI6の部長であるMに代わり、ボンドにある指令を命じました。

それはセント・ジョージ号に搭載された、「ATAC」の捜索。ATACとは、原子力潜水艦からの弾道ミサイルをどこへでも進められる装置のことです。

そのATACがもし敵である東側に渡れば、ポラリスが無力となるだけでなく、東西両陣営のパワー・バランスを突き崩されてしまいます。

既にグレイたちは、ATACの引き揚げ作業をハブロック卿という海洋学者に依頼していました。

しかしハブロック卿とその妻は、ゴンザレスというキューバ人によって殺されてしまいした。

そこでグレイたちは、スペインの首都マドリード近郊にいるゴンザレスを尋問し、誰に雇われたかを白状させるよう、ボンドに命じました。

一方ソ連では、セント・ジョージ号の沈没事件を知ったソ連の情報機関・秘密警察「ソ連国家保安委員会(KGB)」のゴゴール将軍がATACを手に入れるべく、ギリシャ人に船の引き揚げ作業を依頼していました。

それを知らないボンドは、マドリード近郊にあるゴンザレスの屋敷に侵入。物陰に隠れ、ゴンザレスの雇い主が誰か探します。

侵入者の存在に気づいたゴンザレスの仲間はボンドを捕まえ、ゴンザレスの元へ連行しました。

武器を取り上げられ、窮地に立たされてしまったボンド。それを嘲笑うゴンザレスでしたが、何者かが放ったクロスボウの矢で殺されてしまいました。

この機を逃すまいと逃げるボンド。そこへクロスボウを持ったハブロック卿の娘メリナが現れ、命を狙われているボンドを助けてくれました。

ボンドはメリナを連れて、新しいボンドカーこと白のロータス・エスプリターボに乗って逃げようとします。

しかし、先回りしたゴンザレスの仲間がドアウィンドウを叩き割ったせいで、ボンドカーに装備されていた盗難防止(自爆)装置が作動し、あっけなく自爆してしまったのです。

頼みの綱をなくしたボンドは、仕方なく馬力不足のメリナの愛車シトロエン・2CVに乗り、カーチェイスを繰り広げることに。

その最中、ボンドはメリナがゴンザレスを撃った犯人であることを知りました。カーチェイスの末、何とか追っ手を撒いたボンドはメリナと別れてMI6本部へと帰還。グレイたちにこのことを報告しました。

ゴンザレスが死んでしまったら、ハブロック卿とその妻殺害事件の黒幕を突き止められないではないかと、嘆くグレイたち。

ボンドは2人に、「ゴンザレスの雇い主であろう男の顔を見た。その男を追えばまだ希望がある」と言います。グレイたちの承諾を得て、早速ボンドはゴンザレスの雇い主の身元を調べます。

MI6の特務装備開発課「Q課」の課長であるQが開発した立体人相グラフを使って調べた結果、男はベルギーの首都ブリュッセルの殺し屋エミール・ロックであることが判明。

彼は何度も残虐な殺人を犯し服役していましたが、診察中に医師を殺して脱獄していたのです。

脱獄後、ロックはマルセイユと香港で麻薬組織に雇われていましたが、今はあるギリシャ人の手先となっていました。ロックが今いるのは北イタリアにあるスキーリゾート、コルチナ・ダンペッツォです。

以下、『007/ユア・アイズ・オンリー』ネタバレ・結末の記載がございます。『007/ユア・アイズ・オンリー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C) 1981 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

早速コルチナに飛んだボンドは、濃茶のロータス・エスプリターボに乗って宿泊先のホテルへ向かいました。そこで「トファーナで10時に」と浴室の鏡に記されたメッセージを受け取ります。

「トファーナ」というスキー場へ行くと、ルイージ・フェラーラという協力者が待っていました。

ボンドはルイージの紹介で、以前密輸捜査に協力してくれたという親英派のギリシャ人の富豪アリスト・クリスタトスに出会いました。

クリスタトスはビビ・ダールというフィギュアスケート選手のパトロンをしており、次期冬季オリンピックで金メダルを取らせようと、元フィギュアスケート選手のブリンクをコーチにつけ特訓させていました。

クリスタトスの話によると、ロックと彼は戦時のレジスタンスで共に闘い兄弟同然でしたが、今はギリシャ人の海運王ミロス・コロンボの右腕だと言います。

コロンボは英国へヘロインを密輸していますが、政府の高官とコネがあってなかなか逮捕することは出来ません。そのコロンボがいるのはコルフ島です。

クリスタトスとルイージと別れた直後、ボンドは新たなクロスボウを手に入れたメリナの姿を発見。メリナは偽ボンドの電報を受け、ゴンザレスの雇い主であるロックを探しにここまでやって来たのです。

そんなメリナの元に、ロックの手下2人が襲来。オートバイで轢き殺されそうになりますが、間一髪のところでボンドに救われ、難を逃れました。

ボンドはメリナの身を案じて、後は自分に任せて帰国するよう言いましたが、復讐に囚われてしまっているため聞く耳を持ってくれません。

その後、ボンドビビの息抜きに付き合い、バイアスロン(クロスカントリースキーとライフル射撃を組み合わせた競技)を観戦。

昨年東独代表を務めたエリック・クリーグラーも出場しており、ビビは容姿端麗な彼に夢中になります。ですがクリーグラーは、ロックの手下でした。

しかもロックは、クリスタトスとボンドが接触した時から、ボンドをずっと尾行し監視していました。

ビビと別れ、1人になったところを狙われてしまうボンド。スキー客や競技中の選手を巻き込みながら、逃亡劇を繰り広げていきます。

その日の夜。なんとか敵の追撃を退けたボンドでしたが、ロータス・エスプリターボで待たせていたルイージが殺されてしまいました。

翌日、ボンドとメリナはコルフ島カノニを訪れます。そこでボンドはコロンボの愛人であるリスル伯爵夫人を誘惑し、コロンボへの接触を図りました。

しかしそのまた翌日、リスル伯爵夫人はロックに轢き殺され、ボンドはコロンボ一味に捕まってしまいました。

実はコロンボは、ボンドとクリスタトスがこの島で会っている時の会話を盗聴していました。

コロンボはボンドに、「本当の敵は俺じゃない。政府の高官を操っているのはクリスタトスだ」と告げます。

コロンボも密輸業者ですが、密輸しているのは金やダイヤモンドのみ。ロックの雇い主もヘロインを密輸しているのもコロンボではなく、クリスタトスだったのです。

しかもコロンボ曰く、クリスタトスの本職はソ連のスパイだと言います。戦時のレジスタンスで闘い英国勲章を貰ったのは、クリスタトスが二重スパイだったからです。

さらにコロンボは、「奴が俺のことを殺したがっているのは、奴のことを知りすぎているからだ」、「そこで君を唆して俺の命を狙ったってわけさ」と言いました。

「今夜、アルバニアにあるクリスタトス所有の倉庫へ案内し、その証拠を見せてやる」とボンドに約束するコロンボ。

その日の夜。ボンドはコロンボとその一味と共に、クリスタトスの倉庫を襲撃。そこにいるロックとクリスタトス一味と銃撃戦を繰り広げていきます。

激闘の最中、ボンドは大量に積まれたアヘンの樽と、100m以上潜水できるダイビング装置、機雷が倉庫の中にあったのを確認しました。

ボンドたちが撤退しようとすると、ロックが遠隔操作で機雷を爆破させます。1人車に乗って逃走するロックを追いかけるボンド。

崖に追い込み、殺されたルイージの手に握られていたバッジを投げ渡します。慌てて車から出ようとしたロックでしたが、ボンドに横から蹴られ、車もろとも崖から転落してしまいました。

翌日。ボンドはハブロック卿の船「トリアナ号」にいるメリナの元へ足を運び、ハブロック卿とその妻殺害事件について分かったことを伝えます。

ハブロック卿とその妻が殺されたのは、彼が海底に沈む神殿の探検を口実に、セント・ジョージ号を見つけようとしたからでした。

つまり、ソ連がセント・ジョージ号の引き揚げ作業を依頼したギリシャ人とは、クリスタトスのことだったのです。

ボンドたちは2人乗りの潜水艇「ネプチューン」に乗り、ハブロック卿が遺した航海日誌と地図を頼りに、セント・ジョージ号を捜索。

その結果、ボンドたちはセント・ジョージ号を見つけ、自爆装置の起爆回路を切断しATACを回収しました。

するとそこへ、クリスタトスの手下が襲来。海底での戦いの末、なんとか敵を倒し浮上するボンドたちでしたが、クリスタトスとその一味がトリアナ号で待ち構えていました。

ボンドたちは抱き合う形で縛られ、クリスタトス一味が乗った船が動き出すと同時に、鮫がいる海に投げ出されてしまいます。

自力でロープを解き、トリアナ号に生還したボンドたちは、ハブロック卿が飼っていたオウムから、クリスタトス一味が聖シリルの僧院に向かったことを知らされました。

聖シリルの僧院はギリシャに439もありますが、クリスタトスの秘密基地となっているのはただ1つ。断崖絶壁の上に築かれた、ドイツ軍から隠された無人の僧院です。

ボンドは妨害してくるクリスタトスの手下を返り討ちにして、聖シリルの僧院に到着。下で待っているメリナとコロンボ一味を引き上げます。

同時刻。クリスタトスに嫌気がさしたビビは、ブリンクと一緒に聖シリルの僧院から逃げ出そうとしていました。

ブリンクが先に聖シリルの僧院から出ると、侵入しようとしていたボンドたちと遭遇。彼らに協力することを決め、逃げ道を教えました。

そのおかげで、ボンドたちはクリスタトスの手下たちを戦うことなく捕らえることが出来ました。

その監視をメリナとコロンボの手下たちに任せ、ボンドとコロンボは庭の反対側にいるクリスタトスの元へ急行します。

時を同じくして、聖シリルの僧院にゴゴール将軍が乗ったヘリコプターが接近。それに気をとられていたクリスタトスの手下2人に、ボンドたちは奇襲攻撃を仕掛けます。

クリスタトスの手下を撃退した後、ボンドはクリスタトスの護衛をしていたクリーグラーと死闘を繰り広げていきました。死闘の末、クリーグラーは窓から崖下へと転落。

クリスタトスはクリーグラーたちを見捨て、1人ATACを持って逃走。ボンド・コロンボ・メリナがその後を追いかけ、ついにクリーグラーを追い詰めました。

メリナは両親を殺した黒幕であるクリーグラーを殺そうとしますが、ボンドは「殺してはいけない。ギリシャ警察に引き渡すんだ」と言って止めます。

2人が言い合っている隙を狙って、クリスタトスは隠し持っていた小型ナイフでボンドを殺そうとしましたが、それに気づいたコロンボが放ったナイフが背中に刺さり倒れました。

そんなこと気にも留めず、ヘリコプターから降りてきたゴゴール将軍は、ボンドにATACをこちらに渡すよう促します。

ボンドはそれに素直に従うふりをして、ATACを崖下へ放り投げました。粉々に砕け散ったATACを見て、ゴゴール将軍は渋々退散していきました。

これにて一件落着。ボンドはいつの間にか惹かれ合っていたメリルと甘い一夜を過ごします。

そこへQたちからの衛星通信が入りますが、応答したのはオウムでした。オウムはQたちや首相をからかい、衛星通信ができるボンドの腕時計を海に捨てました。

スポンサーリンク

映画『007/ユア・アイズ・オンリー』の感想と評価


(C) 1981 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

ATACの行方を追うボンド

東西の両陣営のパワーバランスを突き崩すほど重要な秘密兵器「ATAC」の行方を追うことになったボンド。

これまで彼は危険極まりないミッションをこなしてきましたが、作中ではヘリコプターから振り下ろされそうになったり、断崖絶壁から落ちそうになったりしました。

物語の序盤と後半に描かれたそのアクション場面は、観ているだけでも肝が冷えます。ロジャー・ムーアがどれほど体を張ってアクションに挑んでいるかがビシビシ伝わってくる場面です。

そんなロジャー・ムーアと、ロジャー・ムーアが演じる3代目ジェームズ・ボンドの姿は、心が痺れるほど格好良いため、またしても「007」ファンとロジャー・ムーアファンを魅了していくことでしょう。

事件の黒幕の正体は英ソの二重スパイ


(C) 1981 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

物語の後半までボンドたちはもちろん、観ている人も事件の黒幕の正体はコロンボだと考えていました。

ところがどっこい、そのコロンボの口から明かされた真犯人の正体は、親英派を謳っているクリスタトスだったのです。

麻薬を密輸していたのも、政府の高官を操って逮捕されないようにしていたのも、ハブロック卿とその妻の殺害を命じたのも全てクリスタトスでした

さらに英ソの二重スパイだったという衝撃的な事実も発覚。クリスタトスは大金を得るために、ゴゴール将軍からの依頼を引き受け、ATACを手に入れようとします。

おそらくコロンボを事件の黒幕に仕立て上げたのは、商売敵である彼を潰すためでしょう。そんな卑しいクリスタトスに、コロンボが止めを刺したのは観ているこちらも胸がスカッとします。

まとめ


(C) 1981 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

「007」ことMI6の敏腕諜報員ジェームズ・ボンドが、行く先々で協力者を得ながら、東西の両陣営のパワーバランスを突き崩すほどの秘密兵器「ATAC」の行方を追う、イギリス・アメリカ合作のスパイアクション作品でした。

作中ではMは休暇中のため不在、といった設定でしたが、それは本作の撮影前にM役を務めるバーナード・リーが逝去してしまったからです。

これまで「007」シリーズ作品に数多く登場し、ボンドの上官であるMを演じ続けてくれたバーナード・リー。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

また、実はクリスタトス役を演じたジュリアン・グローヴァーは、かつてボンド役の候補になったことがありました。

ジュリアン・グローヴァー演じるクリスタトス役は格好良い悪党でしたが、ボンド役を演じたらどんなキャラになっていただろうかと想像するのも楽しいです。

冷戦下の緊張感を思わせるシリアスな展開も魅力的な、ボンドのATAC奪還ミッションを描いたハラハラドキドキのスパイアクション映画が観たい人に、とてもオススメな作品となっています。

関連記事

アクション映画

映画『スピリットウォーカー』あらすじ感想と評価解説。ユン・ゲサンらがクセになる混沌状態を熱演!

映画『スピリットウォーカー』は2022年4月1日(金)より全国ロードショー! 目まぐるしく変化する「自分」!?とある男性の意識が奔走する中、驚愕の真実にたどり着いていく様を描いた韓国アクションサスペン …

アクション映画

ミッドウェイ海戦に至るまでの経緯・敗因・日米関係。映画『ミッドウェイ』でローランド・エメリッヒが紐解く

「ミッドウェイ海戦」に至るまでの経緯とは? ハリウッドが誇る“破壊王”ローランド・エメリッヒが太平洋戦争において日米、運命の決戦となった「ミッドウェイ海戦」に至るまでの経緯を日米双方の視点で描いた映画 …

アクション映画

007は二度死ぬ|ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ロケ地の東京や鹿児島の撮影でボンドがファンを魅了する

大人気スパイアクション映画「007」シリーズ第5作! ルイス・ギルバートが監督を務めた、1966年製作のイギリス・アメリカ合作の大人気スパイアクション映画『007は二度死ぬ』。 米ソ両国の有人ロケット …

アクション映画

映画『セイビング・レニングラード』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。第2次世界大戦の実話に基づくソ連軍シークレットミッションを描く

旧ソ連軍が決死の脱出作戦に挑む戦争サバイバル・アクション アレクセイ・コズロフが製作・脚本・監督を務めた、2019年製作のロシアの、第2次世界大戦におけるソ連軍が決行した作戦を描いた戦争サバイバル・ア …

アクション映画

映画『ネイビーシールズ(2018)』あらすじとキャスト!ナチスの金塊とは?

映画『レオン』や『LUCY/ルーシー』などで知られるリュック・ベッソンが原案・脚本・製作を担当し、最強の部隊“ネイビーシールズ”に所属する、5人の金塊強奪作戦をド派手に描きます。 2018年1月12日 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学