Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

プレゼント応募

Entry 2019/12/29
Update

【一般試写会プレゼント】映画『母との約束、250通の手紙』5組10名様ご招待。1月20日飯田橋アンスティチュ・フランセ東京にて

  • Writer :
  • 石井夏子

セザール賞4部門ノミネート(主演女優賞、脚色賞、衣装デザイン賞、美術賞)。

フランスで動員100万人を超える大ヒットを記録した映画『母との約束、250通の手紙』が2020年1月31日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開となります。

フランス有名作家ロマン・ガリのベストセラー自伝小説をシャルロット・ゲンズブール×ピエール・ニネの共演で映画化した本作。

劇場公開に先駆け、2020年1月20日(月)に開催される『母との約束、250通の手紙』の一般試写会に、5組10名様をご招待いたします。

スポンサーリンク

映画『母との約束、250通の手紙』について


(C)2017 – JERICO-PATHE PRODUCTION – TF1 FILMS PRODUCTION – NEXUS FACTORY – UMEDIA

本作は、権威あるフランス文学最高峰ゴンクール賞を史上唯一2度受賞し、外交官、映画監督、そしてプライベートでは『勝手にしやがれ』の女優ジーン・セバーグの夫と複数の顔を持ち、最後は拳銃自殺を遂げたことでも知られる、フランスの三島由紀夫とも評される伝説の文豪ロマン・ガリによるベストセラー自伝小説『夜明けの約束』を原作としています。

監督は『赤と黒の接吻』『蛇男』のエリック・バルビエ。ジュールス・ダッシン監督によるフランス映画『夜明けの約束』(1970)に次ぐ47年ぶり、2度目の同名原作の映画化となります。

フランスを理想化するユダヤ系ポーランド人移民の母親と、その母からフランス大使にして大作家になる将来を託された息子。

強烈な個性の母親は過剰なまでの愛情を息子に注ぎ、一人息子は翻弄されつつも全力でそれに応え続けます。

母から届き続けた250通にも及ぶ手紙に秘められた秘密とは?

第二次世界大戦下の混沌とした時代に翻弄されながらも、強すぎるほどの絆で、互いの存在だけを頼りに生き抜いた親子の愛に心揺さぶられる感動作となりました。

キャストはラース・フォン・トリアー作品への出演など国際的な活躍がまぶしいフランスを代表する女優シャルロット・ゲンズブールと『イヴ・サンローラン』『婚約者の友人』で人気上昇中のピエール・ニネという豪華実力派俳優です。

一般試写会『母との約束、250通の手紙』のプレゼント


(C)2017 – JERICO-PATHE PRODUCTION – TF1 FILMS PRODUCTION – NEXUS FACTORY – UMEDIA

一般試写会の情報

【開催日時】
2020年1月20日(月)
18:00開場/18:30開映

【上映時間】
131分

【会場】
アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
東京都新宿区市谷船河原町15

【アクセス】
JR総武線:飯田橋駅西口より徒歩7分
地下鉄(有楽町線・南北線・東西線):飯田橋駅B3出口より徒歩7分
都営地下鉄(大江戸線):牛込神楽坂駅A2出口より徒歩7分

【ご招待の枚数】
5組10名様

試写会の応募受付


(C)2017 – JERICO-PATHE PRODUCTION – TF1 FILMS PRODUCTION – NEXUS FACTORY – UMEDIA

【応募方法】
たくさんのご応募ありがとうございました、当選は発送をもって代えさせていただきます。

【応募締切】
2020年1月13日(月)の23時59分まで有効

【当選者数】
5組10名様

【抽選・当選発表】
厳正なる抽選のうえ、当選者を決定致します。また当選者の発表は個人情報の保護のため、当選者ご本人への発送をもって代えさせていただきます。

*応募はお1人様1回に限り有効です。複数回の応募は無効となる場合がございますのでご注意ください。

スポンサーリンク

映画『母との約束、250通の手紙』の作品情報


(C)2017 – JERICO-PATHE PRODUCTION – TF1 FILMS PRODUCTION – NEXUS FACTORY – UMEDIA

【日本公開】
2020年(フランス・ベルギー合作映画)

【原作】
ロマン・ガリ『夜明けの約束』(共和国)

【原題】
La promesse de l‘aube

【監督・脚本】
エリック・バルビエ

【キャスト】
ピエール・ニネ、シャルロット・ゲンズブール、ディディエ・ブルドン、ジャン=ピエール・ダルッサン、キャサリン・マコーマック、フィネガン・オールドフィールド

映画『母との約束、250通の手紙』のあらすじ


(C)2017 – JERICO-PATHE PRODUCTION – TF1 FILMS PRODUCTION – NEXUS FACTORY – UMEDIA

破天荒でパワフルなシングルマザーのニナは、息子のロマンが将来フランス軍で活躍し勲章を受け大使となり、作家としても成功すると頑なに信じ、その才能を引き出すことに命を賭けています。

母の強すぎる期待と愛情を一心に受けて育ったロマンは、その溺愛の重圧にあえぎながらも、母の途方もない夢を叶えると幼心に決めていました。

ニナは、学生寮にも頻繁に電話をかけ檄を飛ばし、自由フランス軍に身を投じ病に倒れ生死の境目を漂うロマンの下へも、激励の手紙を送り続けます。

ついにロマンはパイロットとして活躍し、同時に念願の小説が出版されることに。

ですが、相変わらず届き続けるニナの手紙には、なぜか息子の作家デビューを喜ぶ様子はなく…。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2017 – JERICO-PATHE PRODUCTION – TF1 FILMS PRODUCTION – NEXUS FACTORY – UMEDIA

破天荒ながらも強い愛情を息子に注ぐ母親と、母の途方もない夢を叶えようと邁進する息子。

実在した作家ロマン・ガリの驚きの半生を、ピエール・ニネとシャルロット・ゲンズブールの実力派キャストが彩ります。

映画『母との約束、250通の手紙』は2020年1月31日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開

公開に先駆けて1月20日(月)に開催される一般試写会へ5組10名さまをご招待します。

想像もしないラストに涙してください。

関連記事

プレゼント応募

【映画劇場鑑賞券プレゼント】『空蝉の森』を無料で見られるチケットを抽選で5名様に!上映は2月5日より公開

映画『空蝉の森』は、2021年2月5日よりアップリンク渋谷にて公開。 2014年に撮影された酒井法子の幻の主演作『空蝉(うつせみ)の森』。 3カ月失踪し突如帰宅した妻の結子と夫の昭彦を軸に、二転三転す …

プレゼント応募

【映画プレゼント応募】『ドキュメンタリー沖縄戦』劇場パンフレットを2名様に!上映公開は7月25日より新宿K’s cinemaにて

映画『ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶』は2020年7月25日(土)より公開。 2019年12月9日、10日に沖縄での完成披露上映会には1000人を超える県民が来場した映画『ドキュメンタ …

プレゼント応募

【劇場鑑賞券プレゼント】映画『ぼくと、彼と、』に10名様ご招待!ドキュメンタリーの公開日は11月29日

マイノリティやLGBTQを“一つの個性”として捉えたドキュメンタリー。 国籍、家族など、さまざまな問題。ふたりで手を取り合い、乗り越えて行く。 ベトナム難民2世の青年と介護の必要な母親と暮らす日本人青 …

プレゼント応募

【映画『ステップ』試写会中止のお知らせ】新型コロナウイルス感染症対策のため

Cinemarcheにて募集しておりました映画『ステップ』の一般試写会プレゼントですが、新型コロナウイルス感染症対策本部にて政府に要請された方針に従い、本試写会の実施が中止となりました。 それに伴い、 …

プレゼント応募

【映画招待券プレゼント応募】『はりぼて』チケットを抽選10名様へ。全国の上映館で使用可能な鑑賞券を進呈

映画『はりぼて』の劇場鑑賞券を10名様にプレゼント。 富山県の小さなテレビ局が地方政治の不正に挑み、報道によって人の狡猾さと滑稽さを丸裸にした4年間を描いたドキュメンタリー映画『はりぼて』。 本作は2 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学