Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/04/27
Update

台湾映画『親愛なる君へ』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。サスペンスフルに亡き同性パートナーとの絆と“罪”を描いたチェン・ヨウジエ最新作

  • Writer :
  • 石井夏子

台湾アカデミー賞3部門受賞作品。

世界的評価を受けた『一年之初(一年の初め)』や『ヤンヤン』など、人と人のつながりや人生模様、アイデンティティを描くことに⻑けたチェン・ヨウジエ監督。

(C) 2020 FiLMOSA Production All rights

チェン・ヨウジエが5年ぶりに監督を務め、緻密で繊細なストーリーラインで愛の極限を描いた最新作『親愛的房客(英語:Dear Tenant)』が日本上陸します。

邦題が『親愛なる君へ』に決定し、2021年7月23日(金・祝)より全国順次公開となります。

完成したポスタービジュアルは、「間借り人は少年にとって“もうひとりのパパ”」というキャッチとともに、ジエンイーと血の繋がりのないヨウユーが海辺で切ない表情で抱き合う写真が大きく配置されています。

さらに同性パートナーが生きていた在りし日の幸せな家族の食卓の写真もあり、その対比から、現在のふたりの関係が頑強さと脆弱さの両面を持ち合わせるような情調を想像できる仕上がりとなりました。

スポンサーリンク

映画『親愛なる君へ』について

(C) 2020 FiLMOSA Production All rights
ミステリアスで重厚なサスペンス調の展開を匂わせつつ、徐々に真実が解き明かされていくと、温かな情感溢れる結末まで一気に導かれる本作。

老婦・シウユーとその孫のヨウユー、そのふたりの面倒を見る⻘年・ジエンイーの3人が、血の繋がりを越えた家族の絆をつむぐ物語です。

ただの間借り人のはずのジエンイーがふたりに尽くすのは、今は亡き同性パートナーの家族だから。

しかしある日、シウユーが急死してしまいます。その死因を巡り、ジエンイーは不審の目で見られるように。

警察の捜査によって不利な証拠が次々に見つかり、終いには罪を認めてしまうジエンイーですが、それはすべて、愛する“家族”を守りたい一心で選択したことでした……。

主演は『一年之初(一年の初め)』でもヨウジエ監督とタッグを組んだモー・ズーイー

本作でも高い評価を受け、第57回台湾アカデミー賞(金馬奨)や、第22回台北映画奨、第2回台湾映画評論家協会奨で最優秀主演男優賞(台
湾映画評論家協会奨は主演・助演の区別がない最優秀男優賞)を受賞。

また、老婦シウユー役の名演が光った“国⺠のおばあちゃん”の別名を持つ台湾の国宝級女優であるチェン・シューファンは、第57回台湾アカデミー賞で最優秀助演女優賞を獲得しました。

映画『親愛なる君へ』の作品情報

(C) 2020 FiLMOSA Production All rights

【日本公開】
2021年(台湾映画)

【原題】
親愛的房客

【監督・脚本】
チェン・ヨウジエ

【監修】
ヤン・ヤーチェ

【キャスト】
モー・ズーイー、ヤオ・チュエンヤオ、チェン・シューファン、バイ・ルンイン

スポンサーリンク

映画『親愛なる君へ』のあらすじ

(C) 2020 FiLMOSA Production All rights
老婦・シウユーの介護と、その孫のヨウユーの面倒をひとりで見る⻘年・ジエンイー。

血のつながりもなく、ただの間借り人のはずのジエンイーがそこまで尽くすのは、ふたりが今は亡き同性パートナーの家族だから。

彼が暮らした家で生活し、彼が愛した家族を愛することが、ジエンイーにとって彼を想い続け、自分の人生の中で彼が生き続ける唯一の方法であり、彼への何よりの弔いになると感じていたからです。

しかしある日、シウユーが急死してしまいます。病気の療養中だったとはいえ、その死因を巡り、ジエンイーは周囲から不審の目で見られるように。

警察の捜査によって不利な証拠が次々に見つかり、終いには裁判にかけられてしまいます。

だが弁解は一切せずに、なすがままに罪を受け入れようとするジエンイー。

それはすべて、愛する“家族”を守りたい一心で選択したことでした……。

まとめ

愛する“家族”を守るため、いわれなき罪を背負う青年。

今は亡き同性パートナーの母と子との、血の繋がりを越えた“家族”の絆をつむぐ物語。

映画『親愛なる君へ』は、2021年7月23日(金・祝) より、シネマート新宿・心斎橋ほか全国順次公開予定です。

関連記事

新作映画ニュース

「熱狂カフェ」六本木に近日オープン!映画『熱狂宣言』に応援企業が史上最多500社超え

若年性パーキンソン病を抱えながら、圧倒的な才気で会社を東証一部上場企業にまで押し上げた経営者・松村厚久。 プロデューサーとして数々のヒット作を生み出してきた奥山和由が監督を務め、苛烈な人生を全身全霊で …

新作映画ニュース

草彅剛×内田英治監督が映画『ミッドナイトスワン』ファンへ感謝のメッセージ!記者会見で語られる秘話とは

映画『ミッドナイトスワン』が2020年年9月25日(金)よりロードショー。 草彅剛主演、内田英治監督オリジナル脚本映画『ミッドナイトスワン』が2020年9月25日(金)より公開中です。 本作は、トラン …

新作映画ニュース

THE GREAT エカチェリーナの時々真実の物語シーズン2|あらすじとキャスト。エル・ファニング×ニコラス・ホルト共演で女帝の生涯を描く

エル・ファニング×ニコラス・ホルト共演で女帝エカチェリーナの愛と欲望の生涯を描く エカチェリーナが「ザ・グレート」の称号を手に陰謀と策略が過熱する、待望の新シーズンが日本初上陸! (C) 2021 M …

新作映画ニュース

映画『そして、バトンは渡された』キャストの石原さとみは梨花役!演技力の評価とプロフィール

映画『そして、バトンは渡された』は2021年10月29(金)にロードショー 第16回本屋大賞を受賞した瀬尾まいこのベストセラー小説を映画化した『そして、バトンは渡された』が、2021年10月29日(金 …

新作映画ニュース

映画『子供はわかってあげない』あらすじ/公開日/上映館。キャスト上白石萌歌の演技力評価とプロフィール

映画『子供はわかってあげない』は2021年8月20日より全国ロードショー 数々の漫画賞を受賞した田島列島の傑作コミックを原作とした映画『子供はわかってあげない』が2021年8月20日より全国公開、テア …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学