Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2024/02/06
Update

『Maelstrom マエルストロム』あらすじ/上映館/コメントも到着。キネマ旬報ベストテン文化映画部門5位に選出されたドキュメンタリー

  • Writer :
  • 星野しげみ

キネマ旬報 文化映画部門5位選出されたドキュメンタリー映画『Maelstrom マエルストロム』

映画作家/アーティスト山岡瑞子が、自らに向き合い5年半をかけて制作した『Maelstrom マエルストロム』。

この度発表された、キネマ旬報ベストテンでは、本作が文化映画部門で5位に選出され、都内初のロードショー公開も、2024年5月10日(金)よりアップリンク吉祥寺にて決定しました。


(C)Mizuko Yamaoka

この度、ポスタービジュアルと画像が解禁。また、今回のベストテン第5位選出に際し、エンディングに流れる音楽を担当したオシダアヤと山岡瑞子監督からコメントが到着しましたので、ご紹介します。

映画『Maelstrom マエルストロム』について


(C)Mizuko Yamaoka

映画作家/アーティスト山岡瑞子が制作した『Maelstrom マエルストロム』は、作品の切実で繊細な表現が、多くの観客の心を揺り動かしました

ピッツバーグ大学Japan Documentary Film Award 2022、東京ドキュメンタリー映画祭2022、ニッポンコネクション2023などに選出され、2023年12月に横浜での映画上映と、アート作品のエキシビジョンが好評のうちに終了。この度発表された、キネマ旬報ベストテンでは文化映画部門で5位に選出されています。

キネマ旬報の選評では、映画評論家の松本侑壬子さんが「留学先の事故で突然身障者になった女性(監督)の生きる闘い20年の体験記録。大混乱(題名)の中で毅然と生きる姿に圧倒される。」と語り、映画ジャーナリストの谷川建司さんも「次点の「Maelstrom マエルストロム」も含めて(1位は『ケアを紡いで』)、人生の大きな困難に直面しながらも前向きに生きる姿に感銘を受け、そういった人たちに目を向け、多くの人たちにその想いを届けたいという作り手の姿勢にも共感。」と本作を絶賛しています。

オシダアヤ(『Maelstrom マエルストロム』音楽)のコメント

「さっき歌ってた曲を私の映画に使わせて下さい!」とライブの後で声をかけていただいたのが山岡さんとの出会いでした。当時私は出産を機にバンド活動を休止し育児に専念するも、やっぱり音楽がやりたくて一人でライブを始めた頃で、びっくりしたけど嬉しかったのを覚えてます。如何なる状況下でも表現し続けようとする彼女の意志に胸が熱くなりました。「軸を自分自身と表現することに戻していかないと、ゆっくりと私が死んでゆくだろう。」と山岡さんが語るところで、毎回私は大きく頷きながら涙ぐみます。感銘と共鳴が波のように押し寄せ、気づくと自分も大渦に巻かれているような凄い映画だなと思います!

山岡瑞子(映画作家・アーティスト)のコメント

答えのない試行錯誤と葛藤の渦に脚を取られ、溺れていた−−見失った自分と繋がり直し、どこかにあるはずの陸に這い上がることを祈りながら、執筆・編集を続けた5年半でした。この個人的で小さな自主映画が、国内外の映画祭での上映/受賞、劇場公開、2023年キネマ旬報ベスト・テン文化映画部門5位と進めたことに、深く感謝しています。未来を探る一人の女性のモノローグが、観る人の何かの気付きに繋がれば、誠に幸いです。

山岡瑞子プロフィール

映画作家 /ア-ティスト。東京生まれ。1998年渡米。2002年Pratt Institute(NY)卒業直後、事故に遭い帰国。中途障害者・帰国者の立場からの制作方法を模索する。2016年、バルセロナで初短編ドキュメンタリー制作。BankART AIR 2021への参加を経て、初長編ドキュメンタリー映画『Maelstromマエルストロム』(2022)完成。米国ピッツバーグ大学Japan Documentary Film Award 2022グランプリ受賞。その他、ドイツ・フランクフルトで開催された第23回ニッポン・コネクション、オーストリア・ウィーンで開催されたJapannual 2023など、国内外での映画祭で上映され、横浜で初めての劇場公開を実現させる。2023年度ACYアーティスト・フェロー。

映画『Maelstrom マエルストロム』の作品情報


(C)Mizuko Yamaoka

【日本公開】
2024年(日本映画)

【監督・撮影・編集・ナレーション】
山岡瑞子

【撮影】
本田広大、平野浩一、高橋朋子

【音楽】
オシダアヤ

映画『Maelstrom マエルストロム』のあらすじ


(C)Mizuko Yamaoka

2002年6月のはじめ、NYにある美術大学を卒業し、あと一年間プラクティカル・トレーニングビザで滞在予定だった留学生が、アパートの契約金を下ろしに銀行に向かう途中、事故が起きました。

こんな事故は日常に見聞きする、よくあること。殺人事件に巻き込まれなくて良かった! でも、その留学生は、その家族は帰国後、どうなったのでしょう。

突然、それまでの日常を失い、それまでの時間が存在しない場に戻った時、何がその人らしさを繋ぎ止めるのでしょうか。

事故の当事者になった“私”は、変わってしまった日常の記録を始めました。事故前の自分と繋がり直し、探している場所に辿り着けることを祈りながら……。

大混乱(マエルストロム)の中、自身を見つめ再生していく姿を綴った“魂のセルフ・ポートレート”。

まとめ


(C)Mizuko Yamaoka

映画作家でありアーティストでもある山岡瑞子が手がけた、映画『Maelstrom マエルストロム』。

2002年NYの美大を卒業してすぐ交通事故で脊髄損傷により下半身付随となる大怪我を負った山岡監督は、突然それまでの日常を失います。事故の当事者になった彼女は、変わってしまった日常の記録を始め、5年半をかけて本作を完成しました。

山岡瑞子が、自らに向き合い5年半をかけて制作した『Maelstrom マエルストロム』は、2024年5月10日(金)よりアップリンク吉祥寺にて公開されます。

関連記事

新作映画ニュース

《動画視聴:奈緒インタビュー》映画『みをつくし料理帖』キャスト花魁野江役に角川春樹監督から目の演技と求められたと語る

映画『みをつくし料理帖』は10月16日(金)より全国ロードショー 豪華キャストによるインタビューリレー第2弾 時代を創った男“角川春樹”が、生涯最後となる演出を務め制作された映画『みをつくし料理帖』。 …

新作映画ニュース

映画祭『レインボー・リール東京2021』開催日/上映劇場。東京と大阪にて世界中のLGBTQ作品の祭典第29回目が開催決定

世界中のLGBTQ映画を上映する映画祭。 2021年の会期・会場が決定。 2021年は第29回レインボー・リール東京(東京国際レズビアン&ゲイ映画祭)が開催されます。 第29回にあたる2021年は、シ …

新作映画ニュース

『海底悲歌』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ピンク映画に挑んだ芸大生が上映拒否を乗り越えて劇場公開!

『海底悲歌(ハイテイエレジー)』は2021年4月23日(金)、上野オークラ劇場にて公開 映画界で活躍する多くの人材を輩出している大阪芸術大学。その卒業制作として堂ノ本敬太監督が手掛けた作品が『海底悲歌 …

新作映画ニュース

映画『君から目が離せない』劇場公開初日トーク&ライブイベント。山崎まさよしの生歌に聞き惚れる

映画『君から目が離せない』は2019年1月12日よりシネマート新宿にて2週間限定レイトショー。 青春時代に誰しもが体験したであろう甘酸っぱい想いが描かれている『君から目が離せない』は、冬・夏・秋の3つ …

新作映画ニュース

岡山天音映画『踊ってミタ』あらすじとキャスト。公開日は2020年3月7日に決定した飯塚俊光監督作の上映リポート!

“踊り”を通して夢をとりもどしていく 観るものを熱くするヒューマン・ダンスムービー ユーモア溢れるヒューマン・ダンスムービーに思わず踊ってみたくなるかも!? 映画『踊ってミタ』が2020年3月7日より …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学