Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/07/26
Update

映画『今はちょっと、ついてないだけ』あらすじ。キャスト玉山鉄二×深川麻衣が伊吹有喜原作を映像化!

  • Writer :
  • 大塚まき

「今はちょっと、ついてないだけ。そのうちいい運がやってくるよ」

2021年9月に映画化が発表された伊吹有喜原作「今はちょっと、ついてないだけ」(光文社文庫刊)は、千葉県茂原市、長野県千曲市、愛知県幸田町、長崎県島原市の4都市の製作協力により撮影が開始します。


(c)2022映画『今はちょっと、ついてないだけ』製作委員会

映画『今はちょっと、ついてないだけ』が2022年春に公開されること決定しました

また、主要キャストの決定、コメント情報が解禁となります。

スポンサーリンク

映画『今はちょっと、ついてないだけ』について

かつてスター・カメラマンだった主人公・立花浩樹をNHK朝の連続テレビドラマ『マッサン』(2014)に主演、『ハゲタカ』(2009)等ドラマ、映画で活躍する玉山鉄二人付き合いが下手で美容サロンをリストラされる美容師を2016年に乃木坂46卒業後、女優として主演映画『パンとバスと2度目のハツコイ』(2018)等で活躍する深川麻衣が務めます。

がむしゃらに働いて挫折をした人々が集まってきたシェアハウスを舞台に、疲れ果てている世代を包み込むようなやさしい眼差しを持った物語の撮影がいよいよ9月スタートします。

本作の監督・脚本は、『流れ星が消えないうちに』、『パーフェクトワールド 君といる奇跡』などで注目される気鋭の柴山健次監督

原作の中、主人公にさりげなくかけられた母からの言葉「今はちょっと、ついてないだけ。そのうちいい運がやってくるよ。」に心が震えたといいます。

「この物語の登場人物たちは人づきあいが下手だったり、時代についていけなかったりと、うまくいかない人生に対して、『どこで判断を誤ってしまったのだろう?』、『⾃分の望んで来た幸せはこれだったのか?』という思いに苛まれている。しかし、この言葉によって、これまでの時間は肯定され、次の⼀歩を踏み出す勇気を得ることになるのではないだろうか」と、本作の製作に至る思いを柴山監督はコメントしています。

本作は、30代から40代の人生模様を描き、これまで過ごしてきた時間を振り返りながら、「今だからこそ見える風景が、ここにある」と苦しみも哀しみも引き受けて、この先を生きるんだと勇気を与えてくれる物語です。

玉山鉄二・コメント


(c)2022映画『今はちょっと、ついてないだけ』製作委員会

「やれば出来る」、「努力すれば必ず夢はかなう」大人たちに教わったこの言葉で、苦しんだ人達は少なからずいると思います。なぜ「今はちょっと、ついてないだけ」と言ってくれなかったのかと。人生に惰性や楽観を生み出せる事も人間の強さ。今、こういう社会だからこそ、セカンドチャンス、人生の敗者復活戦があっても良いと思います。観ていただいた方々から「少し肩の荷がおりた」と言っていただけるような作品になればと思います。

スポンサーリンク

深川麻衣のコメント


(c)2022映画『今はちょっと、ついてないだけ』製作委員会

「生きていると、誰しも日々いろいろな出来事に直面すると思います。楽しいことばかりではなく、思わず後ろ向きになってしまうことや、もしもあの時に戻れたら…。という後悔を持つことも。この物語は、過去を見て見ぬふりをしたり、無かったことにして前に進むのではなく、本当の意味で今までの自分を受け入れて、人生を歩んでいく勇気をそっと分けてくれるような、そんなあたたかいお話です。皆さまの人生にそっと寄り添えるような映画になりますように。」

監督・脚本:柴山健次のプロフィール

柴山健次は1979年愛知県生まれ。大阪芸術大学卒業、アンドリーム所属。篠原哲雄監督(『花戦さ』など多数)に師事。

2008年『黒振り袖を切る日』がSKIPシティ国際Dシネマ映画祭にて奨励賞を受賞。2011年『君の好きなうた your song』にて長編映画デビュー。

主な監督作は、『流れ星が消えないうちに』(2015)、『パーフェクトワールド 君といる奇跡』(2018)ほか。

スポンサーリンク

原作:伊吹有喜(いぶき ゆき)のプロフィール

伊吹有喜は三重県出身。2008年『風待ちのひと』(改題 夏の終わりのトラヴィアータ)でポプラ社小説大賞特別賞を受賞しデビュー。

2010年に二作目『四十九日のレシピ』を刊行。同作は2011年にNHKにてドラマ化、2013年に映画化。

2014年刊行の『ミッドナイト・バス』は第27回山本周五郎賞候補、第151回直木賞候補に。

同作は2018年に映画化。2017年刊行の『カンパニー』は2018年に宝塚歌劇月組にて舞台化。2021年にNHK BSプレミアムドラマにてドラマ化。

同じく2017年刊行の『彼方の友へ』は第158回直木賞候補、第39回吉川英治新人文学賞候補。名古屋の書店を中心にした全国有志の書店員による『乙女の友大賞』受賞。

2020年刊行の「犬がいた季節」は2021年本屋大賞三位、第34回山本周五郎賞候補。同年刊行の『雲を紡ぐ」は第163回直木賞候補。

埼玉県の高校図書館司書が選んだ2020年のイチオシ本第一位。2021年5月に第8回高校生直木賞を受賞。このほかに『なでし子物語』、『地の星 なでし子物語』、『天の花 なでし子物語』、 『BAR追分』シリーズなどがある。

映画『今はちょっと、ついてないだけ』の作品情報

【日本公開】
2021年(日本映画)

【原作】
伊吹有喜「今はちょっと、ついてないだけ」(光文社文庫刊)

【監督・脚本】
柴山健次

【キャスト】
玉山鉄二、深川麻衣ほか

映画『今はちょっと、ついてないだけ』のあらすじ

かつて、世界の秘境を旅するテレビ番組で、一躍脚光を浴びた「ネイチャリング・フォトグラファー」の立花浩樹。

バブル崩壊で全てを失ってから15年、事務所の社長に背負わされた借金を返すためだけに生きてきました。

必死に働き、完済し、気付けば40代に。夢も、恋も、何もかも諦めた日々を過ごすだけのある日、母親の友人から写真を撮ってほしいと頼まれた立花は、撮影を通して、忘れていたカメラを構える喜びを思い出します。

もう一度やり直そうと、上京して、住み始めたシェアハウスには、同じように人生に敗れた者たちが集まっていました。

住人たちと過ごす時間の中で、「心より欲しているものは何か」を見つめなおそうとします…。

まとめ

参考:イメージーボード


(c)2022映画『今はちょっと、ついてないだけ』製作委員会/画・柴山智隆 (このイメージボードは、アニメーション映画『泣きたい私は猫をかぶる』の監督で、本作の柴山健次監督の実兄が描きました。)

撮影は、千葉県茂原市、長野県千曲市、愛知県幸田町、長崎県島原市の4都市の製作協力により、2021年9月にスタート。美しく、豊かな風景がスクリーンへと映し出されていきます。

映画『今はちょっと、ついてないだけ』は、2022年春に公開を予定されています。

続報をご期待ください。

関連記事

新作映画ニュース

【イタリア映画祭2019情報】ゴールデンウィークに監督&キャスト11名の来日ゲスト登壇

「イタリア映画祭2019」の来日ゲストが発表  2019年で19回目の開催となるイタリア映画祭。 今年もゴールデンウィーク中の4/27(土)より有楽町朝日ホールで開催されます。 監督& …

新作映画ニュース

【映画(2020)の予告動画】新作泣ける感動作『アンティークの祝祭』をカトリーヌ・ドヌーヴとキアラ・マストロヤンニの共演で描く

“今日は私の人生最後の日よ”と最期の日を鮮やかに締めくくる カトリーヌ・ドヌーヴが実娘のキアラ・マストロヤンニと母娘役で共演を果たした話題作『アンティークの祝祭』。 (c)Les Films du P …

新作映画ニュース

映画『大海原のソングライン』劇場公開日は2020年8月1日!音楽ドキュメンタリーの特報予告編紹介

16の島国に残る伝統的な音楽とパフォーマンスを記録した音楽ドキュメンタリー 5000年前、人々を繋いだものは、文字ではなく音楽だった――。 (C)Small Island Big Song 音楽ドキュ …

新作映画ニュース

『特撮喜劇 大木勇造』映画入場者プレゼント決定。劇場には怪獣の着ぐるみがオモテナシを実施してオリジナルグッズの販売も!

劇場オリジナルグッズ解禁!先着300名の入場者プレゼントも 2022年12月9日(金)より池袋HUMAXシネマズにてロードショーされる映画『特撮喜劇 大木勇造 人生最大の決戦』。 「トラック野郎」鈴木 …

新作映画ニュース

台湾映画『恋の病 潔癖なふたりのビフォーアフター』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ドンデン返しで運命のラブストーリーを描く

世界中の映画祭で話題を呼び、数々の映画賞を受賞作。 潔癖症&不器用な彼と、潔癖症&窃盗症の彼女が運命的な出会いを果たします。 凸凹で偏人なふたりが繰り広げる予測不能な恋のドンデン返しを描いた『怪胎(英 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学