Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

今週おすすめテレビ地上波の映画3選!『最高の花婿』『ポンペイ』『ミニミニ大作戦』【関東版】

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

今週おすすめ映画をテレビ地上波から紹介します。

「ちょっと気楽に“ながら映画”を楽しみたい」

「休日の時間にお金をかけず良い映画を見たい」etc…

テレビザッピングで物足りないないと感じたあなたに、テレビでの映画放送のおすすめをご案内します。


©︎すしぱくモデル:みき。

スポンサーリンク

1.地上波おすすめ映画『最高の花婿』(2013)

日本テレビ:映画天国(日本語字幕版)

1月9日(火)1:59~3:59(月曜深夜)

『最高の花婿』のあらすじ


(C)2013 LES FILMS DU 24 – TF1 DROITS AUDIOVISUELS – TF1 FILMS PRODUCTION

フランスのロワール地方の町シノンに暮らすヴェルヌイユ夫妻には、他人には相談できない悩みがありました。

それは3人の可愛い娘たちが次々とアラブ人、ユダヤ人、中国人と婚約したことです。

ヴェルヌイユ夫妻は各国の宗教儀式や食事のマナーなど、異文化とのことなりに驚きと気遣いにも疲れ果てていました。

そんな時、最後の希望だった末娘も、カトリック教徒の男性と婚約をします。

大喜びの夫妻の前に現れたのはコートジボワール出身の青年だった…。毎日が異文化だらけの家族に愛と平和は訪れるのか?

『最高の花婿』の解説


(C)2013 LES FILMS DU 24 – TF1 DROITS AUDIOVISUELS – TF1 FILMS PRODUCTION

あらすじを読まれて、この作品が今の欧州の世相が抱える現実を、ある家族を象徴に描いたコミカルな作品かなと、お気付きになったでしょうか。

多様な人種や宗教が混在するフランス社会を背景に、愛娘たちの結婚相手をめぐって繰り広げるドタバタ・コメディ映画ですよ。

しかもこの作品はフランスで1200万人を動員する大ヒットを記録しました。

まだこの作品を観たがないあなたは、きっとフランスのユーモア感覚に満足されること間違いなし!

深夜の映画鑑賞に、ゆっくり1人笑って楽しめ、おすすめの映画ですよ。

2.地上波おすすめ映画『ポンペイ』(2014)

テレビ東京:午後のロードショー(吹き替え版)

1月9日(火)13:35-15:40

『ポンペイ』のあらすじ


(C)2014 Constantin Film International GmbH and Impact Pictures (POMPEII) Inc.

マイロはローマ人に一族を滅ぼされたケルト人騎馬族の生き残りでした。

彼は奴隷となりグラディエーターとして成長していくうちに、ポンペイの有力者の娘カッシアと出会います。

2人はすぐに身分の差を乗り越え恋に落ちます。

しかし、カッシアは、かつてマイロの家族の命を奪ったローマの上院議員コルヴスに婚約を迫られてしまいました。

その後、マイロは自由の身にはなり、街を離れようとした時にぺスビオ山が噴火しました。

マイロは愛するカッシアの身を案じ、彼女を救うため溶岩が迫りくる街へと引き返しますが…。

『ポンペイ』の解説


(C)2014 Constantin Film International GmbH and Impact Pictures (POMPEII) Inc.

ベスビオ火山の噴火によって灰となったローマ帝国の街ポンペイの史実を基に描いたアクション大作。これもいわゆる自然災害のディザスタームービーですね。

演出は人気映画「バイオハザード」シリーズや、『三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』のポール・W・S・アンダーソン監督。

ポール監督の安定感ある演出が好みなあなたに、おすすめな作品です。

しかも2014年に日本公開され、今回が地上波初放送。さすがテレビ東京さん!ありがとうございます!

さらには主人公マイロ役は、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のジョン・スノウ役で注目を集めた俳優キット・ハリントン。

イグリット役を演じたローズ・レスリーとの婚約した、新進気鋭の彼にも注目ですね。

スポンサーリンク

3.おすすめ映画『ミニミニ大作戦』(2003)

テレビ東京:午後のロードショー(吹き替え版)

1月11日(木)13:35-15:40

『ミニミニ大作戦』のあらすじ

天才的な窃盗のプロフェッショナルのチャーリーは、最新型の金庫に厳重保管されている50億円相当の金塊を強奪する計画を立てます。

チャリーはその道で知られるプロたちをメンバーとして集めます。

しかし、メンバーの1人であるスティーヴの裏切りで、金塊のみならず、チャーリーが父親のように慕っていたジョンの命まで奪われてしまいます。

やがて1年後のロサンゼルス…。

チャーリーたちは、亡きジョンの娘で錠前屋のステラを金庫破り担当として新たな仲間に加えます。

チャーリーはスティーヴに奪われた金塊の再奪取を計画。それはミニ・クーパーを使った大々的な作戦だった…。

『ミニミニ大作戦』の解説

演出は『交渉人』『ストレイト・アウタ・コンプトン』『ワイルド・スピード ICE BREAK』のF・ゲイリー・グレイ監督。見逃せないでしょ!

しかも登場するのはカーチェイスに登場する車は、人気車種ミニクーパーが活躍する強盗アクション映画で、1969年にイギリスで放映され人気を博した作品を、2003年にアメリカでリメイクされ作品です。

もしかして、1969年のマイケル・ケイン主演の『ミニミニ大作戦』のオリジナル版を、初めてテレビ東京(東京12チャンネル)で観てみたファンになった人も多いはず。

また、原題『THE ITALIAN JOB』は、翻訳すると“イタリア人の仕事”ですから、元々はイギリス映画らしくイタリア警察を皮肉るシニカルな意味があったのでしょうね。

さらにキャストは、かつてマイケル・ケインが演じたチャーリー・クローカー役をマーク・ウォールバーグが演じ、今回2003年版にはシャーリーズ・セロンやエドワード・ノートンも共演しています。

まとめ

今週のイチオシは、深夜にゆっくりと観られ、楽しめるフランスのコメディ映画『最高の花婿』です。

また、午後のロードショーは言わずと知れた地上波テレビ鑑賞の強い味方ですね。

『ポンペイ』は地上波初放送です。F・ゲイリー・グレイ監督の『ミニミニ大作戦(2003年版)』もハズせませんね。

そのほか、ご紹介はしませんでしたが、日本テレビの金曜ロードSHOW!の1月12日(金)はアニメ『ゲド戦記』が放送。

あなたの映画ライフに、各放送局で放送される地上波もお見逃しなく!

関連記事

まとめ記事

デヴィッド・フィンチャー監督おすすめ映画5選【考察:登場人物の分析】

10月13日にNetflixオリジナルドラマ『マインドハンター』の配信が開始されました。製作総指揮は映画監督デイヴィッド・フィンチャーと、オスカー女優シャーリーズ・セロン。 フィンチャーは全10話のう …

まとめ記事

マーティン・スコセッシ監督映画おすすめ5選!沈黙など名作揃い!

これまで数々の映画を手掛けてきたマーティン・スコセッシ監督。 映画賞レースでは必ずと言っていいほど名前が挙がる、ハリウッドを代表する名監督です。 今回はマーティン・スコセッシ監督の作品の中から厳選した …

まとめ記事

エマ・ワトソン映画おすすめ5選!ハリーポッター以外もかわいい!

(C)2017 Disney. All Rights Reserved. 『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー役で人気のエマ・ワトソン。 最新作の実写映画『美女と野獣』でヒロインを演じているこ …

まとめ記事

さぬき映画祭2017おすすめ作品5選!これは絶対に観ておきたい!

今年も全国各地で映画祭が始まりました。2006年から香川県では映画で地域文化の活性化を目的にした「さぬき映画祭」を開催。 映画上映やイベントだけではなく、シナリオ執筆する講座なども開講して、映像に携わ …

まとめ記事

ホラードラマおすすめ5選!イケメン兄弟の悪霊退治からゾンビの殺人捜査まで【糸魚川悟セレクション】

Cinemarche内で連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」を担当連載させていただいている、糸魚川悟です。 外気温が0度を下回る日も見え隠れし、せっかくの休日だけど外出はしたくない、なんて日が増 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学