Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2017/11/11
Update

映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』あらすじと感想

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

モーツァルト生誕260年記念の本作『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』

あの名作『アマデウス』に続き、遂に新たなるモーツァルト映画の誕生。1787年のプラハを舞台に天才音楽家を巡る愛と、またしても陰謀が錯綜するのか?

音楽ドラマ『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』は、12月2日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか順次劇場公開!

スポンサーリンク

1.映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』の作品情報


© TRIO IN PRAGUE 2016.

【公開】
2017年(イギリス・チェコ映画合作)

【原題】
Interlude in Prague

【脚本・監督】
ジョン・スティーブンソン

【キャスト】
アナイリン・バーナード、モーフィッド・クラーク、ジェームズ・ピュアフォイ、サマンサ・バークス、デブラ・カーワン

【作品概要】
モーツァルトがプラハにて名作オペラ「ドン・ジョヴァンニ」を初演したという史実を基にプラハの上流階級の闇で繰り広げられた愛と嫉妬の渦巻く陰謀にまみれた様を描いた作品。

主人公モーツァルト役を『ダンケルク』のアナイリン・バーナードが演じ、スザンナ役を『高慢と偏見とゾンビ』のモーフィッド・クラーク、サロカ男爵役を『ハイ・ライズ』のジェームズ・ピュアフォイが務めます。

2.映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』のあらすじ


© TRIO IN PRAGUE 2016.

1787年、プラハはオペラ「フィガロの結婚」の話題で持ちきりでした。

上流階級の名士たちは晩餐の際に、モーツァルトをプラハに招き入れて新作を作曲させることを決めます。

その頃、モーツァルトは三男を病気で亡くし失意のどん底にいました。

そんな陰鬱な記憶に満ちたウィーンを逃れるために、彼は喜んでプラハに向かいます。

友人ヨゼファ夫人の邸宅に逗留して、「フィガロの結婚」のリハーサルと新作オペラの作曲に勤しむモーツァルト。

やがて彼はオペラ「フィガロの結婚」のケルビーノ役に抜擢された若きオペラ歌手のスザンナと出会います。

モーツァルトはスザンナの美貌と才能に一目で魅了されてしまいました。

一方のスザンナも、モーツァルトが妻帯者と知りつつも、彼の才気溢れた天才ぶりに引き付けられずにはいられなかった。

2人は急速にその距離を縮め惹かれあっていきます。

しかし、オペラのパトロンであり、猟色家との噂のあるサロカ男爵もまた、毎度のように育成したスザンナを狙っていたのです。

3人の思惑が愛と嫉妬と陰謀の大きな渦となって命と才能が引き込まれていく…。

スポンサーリンク

3.映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』の感想と評価


© TRIO IN PRAGUE 2016.

映画ファンなら誰もが知るアカデミー賞8部門受賞作した名作『アマデウス』は、1984年制作の作品。

それから久々に登場して本格的にモーツァルトを主人公に描いた映画の誕生です。

今回はモーツァルトがプラハで「ドン・ジョヴァンニ」を初演したという史実を基に、華麗なる恋と陰謀のストーリーが“百塔の都”プラハの上流階級を舞台に繰り広げられます。

主演のモーツァルトには、2017年に公開された『ダンケルク』にも出演する新進気鋭の俳優アナイリン・バーナード。

世紀の天才に才能を認められつつも悲運の歌姫となったスザンナ役に、『高慢と偏見とゾンビ』のモーフィッド・クラークが愛らしくも美しくオペラ歌手を演じています。

また、悪の男爵サロカを『ハイ・ライズ』の名優ジェームズ・ピュアフォイが演じ、重厚な演技力で観客の感情を逆撫でする名演を見せます。

中世の街並みが色濃く残るプラハ市でオールロケを敢行し、チェスキー・クルムロフ城劇場をはじめ、実際にモーツァルトが訪れた市街や建物を映画の舞台として再現しました。

特に本作を観たあなたはいくつかの場面で、雪が舞う自然の様子に、まるで街並みがスノードームの中にあるような、幻想的かつ静寂な儚さを目撃することでしょう。

そして稀代の天才として知られるモーツァルト。

本作では彼は鼻歌交じりに楽曲を嗜み作曲する姿ではなく、等身大の人間として描くことに重点を置きます。

どのような状況で、そしてどんな表情でモーツァルトは新曲オペラ「ドン・ジョヴァンニ」を書き上げたのか。

そしてタクトを振ったモーツァルトは何を思い誰のために指揮をしたのでしょう。

モーツァルトファンやクラッシック好きにはたまらない新作公開です!

まとめ

本作では物語の鍵となるオペラ「フィガロの結婚」や「ドン・ジョヴァンニ」を初めとする音楽を演奏したのは、プラハ市立フィルハーモニー管弦楽団

1934年に指揮者のルドルフ・ペカーレクによって創立され、チェコのプラハを拠点とするオーケストラです。

活動のスタイルを「フィルム、オペラ、コンサート」と定義したことで、略称“FOK”交響楽団として知られています。

チェコスロヴァキア放送での定期的な出演により名を広めつつ、ヴァーツラフ・スメターチェクが大規模な交響楽団へと育み、1942年より首席指揮者として30年ものあいだ率いて、国際的な名声を得たオーケストラへと発展させました。

また、1952年にプラハ市の公認オーケストラとなり、“首都プラハの交響楽団FOK”として国内のみならず、近隣ヨーロッパをはじめ、南米やアジアといった海外各国まで訪れては音楽を披露しています。

本作を観る者の視覚のみならず、聴覚を楽しませてくれる挿入楽曲の演奏を、“FOK”のプラハ市立フィルハーモニー管弦楽団が行ったことで、映画の魅力は倍増

今冬一番の歴史ロマン音楽ドラマとして完成度の高い芸術作品となっています。

さらには、『ジム・ヘンソンの不思議な国の物語』で知られるジョン・スティーブンソン監督の人間味ある細やかな演出も注目です。

映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』は2017年12月2日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー!

関連記事

ラブストーリー映画

映画『愛がなんだ』あらすじとキャスト。原作の感想と評価は【岸井ゆきの&成田凌】

(C)2019「愛がなんだ」製作委員会 映画『愛がなんだ』は第31東京国際映画祭“コンペティション部門”に選出された、恋愛映画の概念をぶち破る意欲作です。 原作は直木賞作家、角田光代の傑作同名小説。監 …

ラブストーリー映画

『東京の恋人』映画内容と考察解説。森岡龍×川上奈々美W主演で描いた下社敦郎監督作品の見どころポイントとは

明日からは、あなたなしで生きていくのね。ラブユー、ラブユー、東京。 志半ばで夢をあきらめ東京を離れた男が、学生時代付き合っていた彼女との再会のため、10年ぶりに東京へ。 2人の再会は、輝いていた青春の …

ラブストーリー映画

趣里映画『生きてるだけで、愛。』あらすじとキャスト。原作の魅力とは

劇作家・演出家・小説家などマルチな活躍を見せながら、数々の作品発表を行い、芥川賞受賞作家でもある本谷有希子の恋愛小説を映画化。 映画『生きてるだけで、愛。』は、2018年秋より新宿ピカデリーほか全国ロ …

ラブストーリー映画

深川麻衣映画『パンとバスと2度目のハツコイ』ネタバレ感想。ラスト結末も

「どうしてそんなに深く愛せるんだろう?」 結婚に踏ん切りがつかず彼氏のプロポーズを断ったふみと、別れた奥さんのことを想い続けているたもつが織りなす、モヤモヤしながらキュンとする“モヤキュン”ラブストー …

ラブストーリー映画

映画『カサブランカ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【ハンフリー・ボガード&イングリッド・バーグマン代表作】

ハンフリー・ボガードとイングリッド・バーグマンが共演した傑作中の傑作『カサブランカ」についてまとめました。 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは『カサブランカ』映画作品情報をど …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学