Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

『ライトスタッフ』ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。7人の誇り高き戦闘機パイロットたちが宇宙へと旅立つ感動大作

  • Writer :
  • 谷川裕美子

名匠フィリップ・カウフマンが描く熱き男たちの戦い

トム・ウルフによる同名ベストセラー・ノンフィクションを、『存在の耐えられない軽さ』(1988)のフィリップ・カウフマン監督が映画化。

実話をベースに、アメリカ発の有人宇宙飛行計画「マーキュリー計画」の宇宙飛行士となった7人の男たちを描き出します。

宇宙飛行士に選ばれたのは命知らずの戦闘機の精鋭パイロットたちでした。彼らの苦悩と友情、そしてその妻たちの戦いが熱く映し出されます。

出演は『ブラックホーク・ダウン』(2002)のサム・シェパード、『羊たちの沈黙』(1991)スコット・グレン、『アポロ13』(1995)エド・ハリス、デニス・クエイド。

スポンサーリンク

映画『ライトスタッフ』の作品情報


(C)2003 Warner Bros. Entertainment Inc.

【公開】
1984年(アメリカ映画)

【原作】
トム・ウルフ

【監督・脚本】
フィリップ・カウフマン

【出演】
チャールズ・フランク、スコット・グレン、エド・ハリス、ランス・ヘンリクセン、スコット・ポーリン

【作品概要】
『存在の耐えられない軽さ』(1988)『ヘンリー&ジューン/私が愛した男と女』(1991)の名匠フィリップ・カウフマン監督作品。

トム・ウルフによる同名ベストセラーに書かれた実話をベースに、アメリカ発の有人宇宙飛行計画「マーキュリー計画」の宇宙飛行士となった7人の男たちの苦悩と友情を感動的に描き出します。

彼らと対照的な生き方をした孤高の戦闘機パイロットや、夫の命がけの任務を支えた妻たちの戦いにも注目です。

ブラックホーク・ダウン』(2002)のサム・シェパード、『羊たちの沈黙』(1991)スコット・グレン、『アポロ13』(1995)エド・ハリス、デニス・クエイド、ランス・ヘンリクセン、チャールズ・フランクらが出演。

孤高の戦闘機パイロット、チャック・イエーガー本人がテクニカル・コンサルタントとして参加しているほか、端役でも出演しています。

映画『ライトスタッフ』のあらすじとネタバレ


(C)2003 Warner Bros. Entertainment Inc.

空軍の名パイロットのチャック・イエガーは1947年、妻のグレニスの目の前でX-1ロケットで音速の壁を破りました。

1953年。エドワーズ基地にパイロットのゴードンとトルーディがやってきます。毎日のように墜落した戦闘機パイロットの葬儀が営まれ、上空を訓練機が追悼飛行していました。

ゴードンは酒場でガス・グリッソムとデイク・スレイトンに出会います。彼らの妻たちは皆、夫が墜落死する悪夢に悩まされていました。

やがてスコット・カーペンターがチャックの記録を破りました。しかし、1953年にチャックは再びスコットを超すスピード飛行に成功。コントロールしきれず一時は危機に陥りますが、持ち直して無事帰還します。

1957年10月4日。ソ連がスプートニク打ち上げに成功し、ワシントンに激震が走ります。アイゼンハワー大統領はパイロットを宇宙飛行士にするように指示しました。

彼らに会いにいった部下たちは、パイロットたちは仲間意識が強く、「正しい資質(ライトスタッフ)」を持っていると話します。それは勇気とかヒロイズムを超えたものだと。

イエガーは缶詰はごめんだと言って宇宙飛行士になることを嫌いますが、ほかのメンバーは興味を示します。政府側は大卒で身元が確かな人間を求めていました。

1959年ワシントン。適性審査を通過した7人、スコット・カーペンター、アラン・シェパード、ジョン・グレン、ウォーリー・シッラ、ゴードン・クーパー、スレイトン、グリッソムが、マーキュリー計画の宇宙飛行士に選ばれ、アメリカの英雄となりました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『ライトスタッフ』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『ライトスタッフ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2003 Warner Bros. Entertainment Inc.

1960年ケープ・カナベラル。テストが失敗し、ロケットは炎上しました。その後も何度も打ち上げは失敗を繰り返し、数々のロケットが爆発していきました。

パイロットたちは連帯して交渉し、脱出用のハッチをつけさせるなど、自分たちを実験動物のように扱う科学者たちに対抗します。

1961年。とうとうチンパンジーを乗せたロケット打ち上げが成功しました。

ソ連ではガガーリンの乗った宇宙船打ち上げが成功。ソ連に負けたことでアメリカは大騒ぎとなります。

1961年5月5日。ケープ・カナベラル。アラン・シェパードが初の宇宙飛行士としてロケットに乗り込みました。アランの自宅前にはマスコミが押しかけます。

待ち時間が長引いたアランがトイレを我慢できなくなるトラブルはあったものの、15分間の飛行は成功。アランは無事に帰還し、勲章を授与されます。

2人目のガスが宇宙へ飛び立ちました。しかし着水の際にハッチが爆破するというトラブルが発生。一命はとりとめたものの、データを乗せた貴重なカプセルは海に沈んでしまいます。

駆け付けた妻と子どもたちの前で勲章を受賞されたガス。しかし、ホワイトハウスに招かれなかったことに妻は激高します。そんな彼らのもとにも、マスコミは殺到しました。

報道を見ていたイエーガーは、命を捨てる覚悟で任務に就く男は立派で、ガスはよくやったと言います。彼の妻は、限界に挑戦する男は魅力的だ話し、もしも過去にしがみつく男になったら永久に出ていくと夫に言います。

俺が怖いのは君だけだと言い、イエーガーは妻を抱き寄せました。とうとうグレンもアトラスに乗り込みましたが、機体の調整不足で飛行は中止に。

宇宙開発の実力者である副大統領が妻を訪れ報道したいと言いますが、吃音症の彼女を愛し思いやるグレンは依頼を断って構わないと妻に言い、上司の怒りを買ってしまいます。しかし脅す上司をパイロット仲間が取り囲み、グレンを守りました。

1962年。再びグレンがロケットに乗り込みました。美しい地球を見て彼は歓声を上げます。そんな中、熱遮蔽板に異常の警報が出ます。

異変を知らされたグレンは、鼻歌を歌って恐怖に耐えながら手動操縦します。その後、見事にグレンは帰還し英雄となりました。

宇宙飛行士夫妻は皆ヒューストンのアストロドームでの副大統領主催の大祝賀会に招かれました。

テキサススタイルの大バーベキューパーティーで記者に囲まれ、「最高のパイロットは?」と聞かれたクーパーは、本当に最高だと思った男が一人おり、彼こそライトスタッフを持っていたと言いかけます。

しかし記者に遮られたことから、「目の前にいる」と答えて笑いに変えました。

一方のイエーガーは、いつもの儀式通りリドレーからガムを1枚もらってから、戦闘機スター・ファイターに乗り込みます。

スピードの限界を超えた機体はコントロールを失い、やむを得ず脱出したイエーガー。彼は九死に一生を得てリドレーに迎えられました。

1963年。ロケットに乗り込んでいるのに、打ち上げ前に居眠りするゴードンを、グレンが笑いながら起こします。世界中が見つめる中、ロケットが発射されました。

マーキュリー計画は完成。4年後、ガス・グリソム飛行士はアポロ宇宙船の火災事故で死亡します。

しかし、1963年のあの輝ける日、ゴードン・クーパーは地球を22周単独飛行した最後のアメリカ人となりました。つかの間の一瞬、彼は文字通り世界最高のパイロットでした。

スポンサーリンク

映画『ライトスタッフ』の感想と評価


(C)2003 Warner Bros. Entertainment Inc.

命がけで任務に挑む男たちの物語

本作『ライトスタッフ』は実話をベースに娯楽エンターテイメント作品に昇華した感動大作です。

『存在の耐えられない軽さ』(1988)『ヘンリー&ジューン/私が愛した男と女』(1991)など名作を手掛けた名匠フィリップ・カウフマンが、勇気とかヒロイズムを超えて「正しい資質(ライトスタッフ)」を持つ、空を飛ぶ男たちの熱き物語を描き出します

ロシアのスプートニク打ち上げを受けて立ち上げられた、アメリカ発の有人宇宙飛行計画「マーキュリー計画」。

エドワーズ空軍基地の音速の壁を破った孤高のパイロット、チャック・イエーガーはその誘いを断りますが、そのほかの大勢のパイロットたちは宇宙飛行士になることに興味をもちます。

厳しい審査の末、ロケットに乗り込む飛行士として選ばれたのは、7人の凄腕の戦闘機パイロットたちでした。

しかし、上層部や科学者たちは扱いにくい彼らをはじめは動物同様に扱います。実際、最初の宇宙船に乗り込んだのはチンパンジーでした。最初に作られたカプセルには窓もなく、彼らを非人間的に扱うひどい代物でした。

誇り高きパイロットたちは反発し、知能派のグレンを中心に一致団結してマスコミを利用したりしながら、正しい自らの権利を主張します。ジョークを交えながら互いに励まし合い、苦しい訓練や恐怖を乗り越え絆を深めていく宇宙飛行士たち

初期の宇宙飛行は単独ばかりで、彼らは順番に一人ずつロケットに乗り込み宇宙へと飛び立っていきます。1機ごとに宇宙船の進化が見えるのも、本作の興味深いところです。

最初の2人とは対照的に、3番目に飛び立ったグレンはしっかりと宇宙からの地球の美しさを堪能します。グレンが見た美しい夜明けは感動的です。トラブルにあいながらも、手動で見事生還するグレン。恐怖に打ち勝つために鼻歌で心を整える姿には心打たれます。

国民的ヒーローとなった7人は、常に大衆からみつめられる存在となっていきます。

最後の飛行士となったゴードンは「最高のパイロットは?」と聞かれて、思わずイエーガーの名を言おうとします。純粋なパイロットであり続けた彼を、ゴードンは心の奥でずっと尊敬し続けてきたのでしょう。

イエーガーこそが真の「ライトスタッフ」の持ち主なのだとわかっていたのです。

チンパンジーが最初に宇宙に行ったことで、サルでもできる仕事などと揶揄されてしまう宇宙飛行士たち。しかし、イエーガーもまた「サルに恐怖心はない。命を賭けて任務につく男は立派だ」と7人をほめたたえます

彼らは立場は違えど同じ重みをもってそれぞれの任務に挑んでおり、そのことを誰よりも互いに理解しあっていたのです。

パイロットの妻たちの戦い


(C)2003 Warner Bros. Entertainment Inc.

作品前半は、空を切り裂く戦闘機のマッハの世界が描かれます。そんな戦闘機に乗り込むパイロットを夫に持つ妻たちの苦悩はあまりにも大きすぎるものでした。

パイロットの事故死する確率は恐ろしく高く、4日に1日は無事に帰れない可能性がある夫を待つ厳しい毎日の中で、妻たちは常に悪夢と戦っています

ゴードンの妻・トルーディーのように、耐え切れずに夫に別れを告げて去って行っても責めることはできません。

ガスの妻は、夫が着水に失敗したためにホワイトハウスに招かれなかったことに悔し泣きします。これまでの長い苦しみが報われなかったことに対するやりきれなさから流した涙でした。

それでも、マスコミのカメラを向けられれば、笑顔で「夫を誇りに思う」と言わねばなりません。

グレンとその妻との絆は心温まるものとして描かれます。メンバーきっての頭脳派で人当たりもよい完璧なグレンは、言葉をうまく話せないけれど純粋な妻を心から愛していました。

宇宙計画に力を持つ副大統領が妻と無理やりマスコミの前で会おうとしますが、彼はそうしなくてもよいと言って全力で彼女を守ります

怒る上司を仲間たちが取り囲んで圧力をかけ、グレンを守るシーンは劇中屈指の名場面です。

その一方で、妻に去られても明るく自身の道を行くゴードンの清々しさにも心打たれます。

多くの妻たちとは異質な存在は、イエーガーの妻のグレニスです。彼女は恐怖を抱きながらも、「命を賭ける男は魅力的だ」と言って夫の背中を押し、彼と共に夢追い人となります

乗る前の儀式でリドレーから必ずガムを1枚もらってから戦闘機に乗り込み、恐怖を振り払って限界に挑むイエーガー。

夫も妻も逃げ出したくなる恐怖に常に立ち向かっていました。彼らは互いを奮い立たせていたのか、それとも互いに逃げ場を奪っていたのか。いずれにせよ、戦い続ける生き方しかできないふたりだったに違いありません。

まとめ


(C)2003 Warner Bros. Entertainment Inc.

米ソ冷戦のもとで繰り広げられた宇宙開発合戦の中、勇気と誇りを胸に限界に挑む男たちの恐怖に打ち勝つ熱き戦いが映し出される名作『ライトスタッフ』

彼らをそうまでして駆り立てた情熱とは何だったのでしょうか。愛国心、プライド、功名心より、一番の理由は、彼らは「冒険者」だったからではないでしょうか。

山に登らずにいられない者、航海に出ずにはいられない者と同じように、彼らは空に飛び立たずにはいられませんでした。

ひとり戦闘機の世界に残ったイエーガーがそれを証明しているかのようです。宇宙飛行士となった7人も、もし宇宙に行くチャンスがなければずっと戦闘機で命がけの挑戦を続けていたに違いありません。

彼らはギリギリのところまで命を燃やさずには生きられない男たちだったのでしょう。

妻たちは、支えるのか、目を背けるのか、あるいは背中を強く押すのか選ばねばなりませんでした。どうするのが一番よかったのかは誰にもわかりませんが、男たちは皆妻を愛し、必要としていました。

彼らは待っている妻の存在あってこそ冒険に出ることができたのですから。妻に去られたゴードンでさえ、実際は彼女が心の拠り所だったに違いありません。

命燃やして生きることの意味や、自分を支え守ってくれる人たちとの絆を、改めて深くみつめさせてくれる作品です。



関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『癒しのこころみ 自分を好きになる方法』あらすじと感想評価レビュー。松井愛莉が人の心と身体を癒すセラピストを熱演

人の心と身体を癒していく姿を描いたヒューマンドラマ映画『癒しのこころみ 自分を好きになる方法』 ここ数年、職業とする人は増えているセラピスト。仕事に挫折して、心が折れてしまった女性がセラピストという職 …

ヒューマンドラマ映画

今週公開の映画おすすめは?『シークレット・デイ』のあらすじ紹介

今週1月6日(土)から公開されるおすすめの映画は、劇場未公開だった『シークレット・デイ』。 2017年にWOWOWで初放送されましたが、この度、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で特集上 …

ヒューマンドラマ映画

海辺のリアキャストとあらすじ!公開はいつから?試写会情報も

“私に思い出などいらないのです…。みなさんの中に、私の思い出さえあれば…” 仲代達矢さんの集大成ともいえる作品『海辺のリア』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『海辺のリア』の作品 …

ヒューマンドラマ映画

映画『犬部!』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【実話を基に林遣都と中川大志の共演した青春ドラマは動物たちの演技も注目!】

すべての生き物が幸せになるために。 「犬部」を通して動物保護を考えよう。 片野ゆかのノンフィクション「北里大学獣医学部 犬部!」を原案に、篠原哲雄監督が映画化。動物保護に取り組み続けた若者たちの熱き想 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ミッション・ワイルド』あらすじとキャスト!オススメ評価は?

映画「メン・イン・ブラック」シリーズ、缶コーヒーBOSSのコマーシャルなど、日本で圧倒的な認知度を誇る俳優トミー・リー・ジョーンズ。 2017年10月に開催された東京国際映画祭では、コンペティション部 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学