Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

『仮面ライダードライブ』感想と内容解説。竹内涼真の刑事ドラマとしての物語と魅力的な悪役たち|邦画特撮大全41

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第41章

2019年4月28日より、東映特撮ファンクラブにて『仮面ライダーブレン』の配信が開始されます。Vシネマ『仮面ライダーチェイサー』(2016)、『仮面ライダーマッハ/仮面ライダーハート』(2016)に続く、『仮面ライダードライブ』のスピンオフ作品です。


(C)東映特撮ファンクラブ (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

『仮面ライダーブレン』は元々、2017年4月1日に『仮面ライダードライブ』の公式Twitterがエイプリルフールのネタとして発表したものです。

今回の邦画特撮大全は、平成仮面ライダーシリーズ第16弾である『仮面ライダードライブ』を特集します。「刑事ドラマ」「敵役」という側面から、『仮面ライダードライブ』を紹介しましょう。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『仮面ライダードライブ』の作品概要

【放送期間】
2014年10月5日~2015年9月27日

【原作】
石ノ森章太郎

【脚本】
三条陸、長谷川圭一、香村純子、毛利亘宏

【監督】
田﨑竜太、柴﨑貴行、石田秀範、諸田敏、山口恭平、鈴村展弘、舞原賢三、金田治

【キャスト】
竹内涼真、内田理央、稲葉友、上遠野太洸、井俣太良、吉井怜、浜野謙太、蕨野友也、松島庄汰、馬場ふみか、飯田基祐、堀内正美、大月ウルフ、クリス・ペプラー、片岡鶴太郎

【作品概要】
『仮面ライダーエグゼイド』(2016~2017)『仮面ライダービルド』(2017~2018)の大森敬仁プロデューサーが初めてチーフプロデューサーを務めたのが本作です。パイロット(第1話・第2話)をベテランである田﨑竜太監督が務め、劇場版3作品のほかシリーズ終盤を柴﨑貴行監督が演出しました。

主人公である泊進ノ介を演じたのはデビュー間もない竹内涼真。『仮面ライダーW』(2009~2010)以降、仮面ライダーシリーズの主演はジュノンボーイ出身者で占められていましたが、唯一ジュノンボーイ出身が主演ではないのが本作です。

ただし詩島剛/仮面ライダーマッハ役の稲葉友、チェイス/仮面ライダーチェイサー役の上遠野太洸はジュノンボーイ出身です。また彼ら2人のほかハート役の蕨野友也、ブレン役の松島庄汰らは東映特撮作品のオーディション常連参加者でした。

進ノ介の相棒・詩島霧子を内田理央が演じています。また変身ベルトの音声をラジオDJでお馴染みのクリス・ペプラーが担当しています。

刑事ドラマとしての『仮面ライダードライブ』

本作の主人公である泊進ノ介/仮面ライダードライブは警視庁・特殊状況下事件捜査課(通称:特状課)の刑事です。

これまでのシリーズにおいて、警察官の仮面ライダーは登場したことがありましたが、主人公に選ばれたのは初です。そのため本作の物語は、主人公たちによる捜査が主軸に置かれた刑事ドラマの形式となっています。

物語の形式だけでなく、細かい部分にも刑事ドラマの要素が見られます。例えば特状課は劇中で島流し部署として描写されますが、これは人気刑事ドラマ『相棒』の特命係を連想させます。また進ノ介と彼をサポートする特状課の巡査・詩島霧子との関係性も劇中“相棒”と表現されています。

相棒という点で忘れてはいけないのが“ベルトさん”です。ドライブを開発した科学者クリム・スタインベルトの意識がダウンロードされた変身ベルトで、助言を施すなど相棒である進ノ介とコミュニケーションをとります。

さらに進ノ介は、仮面ライダーでありながらバイクではなく車を移動手段に用いています。この2つの要素はアメリカのカーアクションドラマ『ナイトライダー』(1982~1986)を意識したものです。

そして、当初は敵怪人・ロイミュードを倒すことで事件を解決していましたが、刑事ドラマとして犯人逮捕=手錠をかける映像が欲しいという事になりました。そこで登場したのが“融合進化態”という設定です。

融合したロイミュードと犯罪者を分離させ、ドライブがロイミュードを撃破する事で特撮ヒーロー番組としてのカタルシスを、進ノ介が犯罪者を逮捕する事で刑事ドラマとしてのカタルシスをもたらすのです。

スポンサーリンク

魅力的な『ドライブ』の敵役たち

『仮面ライダードライブ』には魅力的な敵役たちが多数登場します。

その中でも、物語全体を通して進ノ介たちが敵対する相手として描かれている存在が、機械生命体“ロイミュード”です。人間の姿や記憶をコピーする能力を持ち、人間の欲求や欲望を学習して進化していきます。

108体存在するロイミュードの頂点に立つのがハートです。ロイミュードの王として仲間たちを導く一方で、自由主義者のため仲間の勝手な行動も容認します。

仲間のロイミュードを“友達”と呼び、彼らが倒されるたびに涙を流しその死を悼みます。そして敵でありながらも、主人公である進ノ介には敬意をもって接しています。

ロイミュードの頭脳役は、『仮面ライダーブレン』の主人公に選ばれたブレンです。分析や情報収集を担当し、性格は神経質で規律に厳しいです。

登場当初のブレンはクールなイメージでしたが、シリーズが進むにつれコミカルな場面が増えていきました。特にブレンがシリーズ後半で見せた激情しながらハンカチを噛む様は視聴者に強い印象を与えました。

またシリーズ中盤から登場した真影壮一。国家防衛局長官で参議院議員ですが、その正体はロイミュード001。ロイミュードの指導はハートに任せ、自身は人間社会に身を置き暗躍していました。

そんな真影を演じたのは実相寺昭雄監督作品の常連である堀内正美。堂々とした存在感を見せ、仮面ライダードライブたちを圧倒します。

さらに、真影と同じく、シリーズ中盤から登場したのが捜査一課長の仁良光秀。嫉妬深く嫌味で陰険な性格で、特状課の面々を「クズ」と見下します。

彼は真影と内通しており、12年前に進ノ介の父・英介を殺害した犯人でもあります。ハートやブレンといったロイミュードたちが敵でありながらも感情移入できるキャラクターとして描かれているのに対し、仁良は完全な悪役として終始描かれます。

仁良を演じた飯田基祐は、数多くの一般ドラマに出演する名脇役俳優です。他作品では冷静なイメージの役を演じることが多い飯田ですが、本作では嫌味な仁良をコミカルかつややオーバー気味に演じています。

まとめ

竹内涼真・内田理央らの出世作となった『仮面ライダードライブ』。

特撮ヒーロー番組としても、刑事ドラマとしても楽しめる作品となっています。

次回の邦画特撮大全は…

次回の邦画特撮大全は、『仮面ライダードライブ』と同じく警察官が変身する仮面ライダーが登場した『仮面ライダーアギト』(2001~2002)を特集します。お楽しみに。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『みんな~やってるか!』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。北野武映画(ビートたけし第1回監督)は淀川長治先生も認めた“ナンセンスコメディ”|増田健の映画屋ジョンと呼んでくれ!6

連載コラム『増田健の映画屋ジョンと呼んでくれ!』第6回 この世には見るべき映画が無数にある。あなたが見なければ、誰がこの映画を見るのか。そんな映画が存在するという信念に従い、独断と偏見で様々な映画を紹 …

連載コラム

【人とロボットの関係性】アニメ映画『イノセンス』『イヴの時間』から|SF恐怖映画という名の観覧車11

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile011 (C)2018 Production I.G/東宝 2000年にOVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)として発売され、斬新な演出の …

連載コラム

短編映画『光関係』あらすじ感想と『幸福の目』評価解説。河内彰監督の描いた登場人物の心象とシンクロさせた映像|インディーズ映画発見伝24

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第24回 日本のインディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い秀作を、Cinemarcheのシネマダイバー 菅浪瑛子が厳選する連載コラム「インディーズ映画発見 …

連載コラム

トルコ映画『湖上のリンゴ』あらすじと感想レビュー。吟遊詩人の少年が忘れることのできない存在|TIFF2019リポート29

第32回東京国際映画祭・コンペティション部門『湖上のリンゴ』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭が2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火)までの10日間 …

連載コラム

映画『若おかみは小学生!』感想と評価。評判ヒットの要因を探る|映画道シカミミ見聞録20

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第20回 こんにちは、森田です。 今回は『カメラを止めるな!』につづき“感染拡大中”の映画『若おかみは小学生!』のヒットの要因を分析してみます。 9月21日に公開して …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学