Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『Z Bull ゼット・ブル』あらすじネタバレと感想。ブラックユーモアで描くサラリーマン抗争劇|未体験ゾーンの映画たち2019見破録54

  • Writer :
  • 映画屋のジョン

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第54回

ヒューマントラストシネマ渋谷で開催された“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回は、血まみれにして捧腹絶倒のブラック・コメディを紹介します。

小さなものから大きなものまで、兵器を手広く生産・販売しているテキサスの大手軍事企業。ある日極秘に開発したエナジードリンクを、社員全員に飲ませてみたら、さあ大変。

元気100倍になった社員は凶暴化、文字通り血で血を洗う社内抗争が勃発。ハイテク・オフィスビルは収拾不能の修羅場になります。

このピンチに遭遇した主人公のボンクラ社員。果たして仲間と共に生還できるのか。

第54回はサバイバル・アクションコメディ映画『Z Bull ゼット・ブル』を紹介いたします。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2019見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『Z Bull ゼット・ブル』の作品情報


(C)2018 OFFICE UPRISING LLC

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Office Uprising

【監督】
リン・オーディング

【キャスト】
ブレントン・スウェイツ、ジェーン・レビィ、カラン・ソーニ、ザッカリー・リーバイ、カート・フラー、バリー・シャバカ・ヘンリー、イアン・ハーディング、アラン・リッチソン、グレッグ・ヘンリー

【作品概要】
殺人兵器を生産・販売する巨大軍事企業のオフィスビルで、試作品の兵士用強化ドリンクを飲んだ社員たちが狂暴化、殺し合いを始めるサバイバル・コメディ映画。

主演は『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』で、オーランド・ブルームの息子役を演じたブレントン・スウェイツ。

主人公の恋人を『ドント・ブリーズ』で、盲目の老人相手に恐怖の体験をしたジェーン・レビィ、親しい同僚を「デッドプール」シリーズの、タクシー運転手役でお馴染みのカラン・ソーニが演じます。

凶暴化して襲って来る上司を演じるのは、TVドラマ『CHUCK チャック』や『塔の上のラプンツェル』、そしてDCコミック映画『シャザム! 』のザッカリー・リーヴァイです。

映画ファンなら納得の豪華キャスト共演でおくる、風刺の効かせた不謹慎な笑いが、全編に弾ける映画の登場です。

ヒューマントラストシネマ渋谷とシネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2019」上映作品。

映画『Z Bull ゼット・ブル』のあらすじとネタバレ


(C)2018 OFFICE UPRISING LLC

テキサス州にある、100年の歴史を誇る巨大軍事企業アモテック社。

CEOのフランクリン・ガント(グレッグ・ヘンリー)は、中古車販売店の様な悪趣味なCMで、アメリカの敵をブッ殺してきた、歴史ある自社製品の数々を誇らしげに紹介しています。

そのアモテック社に出社してきたデズモンド(ブレントン・スウェイツ)。ゲートの警備員クラレンス(バリー・シャバカ・ヘンリー)に通行証を見せるのにモタつき、言い訳して何とか通過。要は遅刻して出社です。

オフィスに急ぐデズモントは、同僚で幼馴染のサマンサ(ジェーン・レビィ)とエレベーターで一緒になります。

常に遅刻とサマンサに指摘され、やる気が無いのは仕事のせいだと答えるデズモント。

そんな彼にサマンサは、遅刻防止の為のプレゼントとして腕時計を渡します。

デズモントは遅刻がバレないよう、コソコソ隠れながら経理部の自分のデスクに到着。

さっそくパソコンを操作しますが、仕事をせず何やらゲームをいじっている様子。そこに上司のナスバウム(ザッカリー・リーバイ)から呼び出しの連絡が入ります。

ナスバウムのお婆ちゃん秘書、ヘレンが丁寧かつもたもたと、デズモントを案内してくれます。

現れた彼にナスバウムは、アモテック社がアルトリア社と合併すると告げます。

ところで、クレイトン報告書は出来ただろうなと、尋ねるナスバウム。

デズモントはすぐ出来ると報告しますが、全力を尽くさないと合併後会社に残れないぞと、ナスバウムは警告します。

解放されたデズモントが戻ると、同僚たちが寄ってきます。皆合併に伴う人員整理を恐れていました。

年配のレントワース(カート・フラー)は経理の半数はクビになる、昨日解雇されたメグは記念にアモテック社のTシャツを渡されたと話し、明日は我が身と心配していました。

同僚でジャカルタ出身のムラト(カラン・ソーニ)は、叔父はアメリカに行けば心臓病と解雇と、セクシーな白人のお姉さんに悩ませられると、警告してくれたのに、と嘆きます。

一方ムラトを“ジハード戦士”呼ばわりするマーカスは、自分はおエライさんの甥だから安泰、クビになるのはお前らで、自分は昇進だとはしゃいでいます。

レイシストとして振る舞うマーカスの横暴に、平和主義者のイスラム教徒であるムラトは我慢します。

次にナスバウムに呼び出されたのはレントワース。彼はさっそく転職先を考え始めます。

そんな騒ぎの中、研究部門のフローム博士(イアン・ハーディング)に呼び出されたデズモント。彼は会社の中での処世術を語りながら、博士の元に向かいます。

その1、クリップボードを持つ事。何となく忙しそうに見えます。その2、困った時は専門用語を口にする。その3、同僚に求められても何も与えない。そうすりゃ誰からも期待されず楽ができる。

広告部門を通ったデズモントは、ボブ(アラン・リッチソン)から宣伝コピーのアイデアを求められますが、実に適当な事を言って誤魔化します。

その4、上の階に行くほど社員の人格は低下する。上の階にある販売部門のヤリ手社員たちは、電話でトンデモない内容をまくしたてていました。

その5、発注に関する権限は、経理の僕が握っている。研究部門に到着したデズモントは、頼んだ物が届かないとフローム博士に文句を言われます。

博士は新兵器のバトルスーツ、XL-9を開発中でした。人は殺すが有機物(生ゴミ)で動く、実に地球に優しいエコな兵器です。

バトルスーツ以外にも、怪しげな物を開発研究中のフローム博士の部下。XL-9のテストに巻き込まれ、笑い者にされるデズモンド。

博士の態度に怒ったデズモンドは、経理の力で対抗します。彼の発注書を握り潰します。

その6、ストレス軽減には正しい呼吸法。隠れて仲間と共にハッパを吸うデズモンド。結局クビを宣告されたレントワースも、一緒に吸ってストレス軽減中です。

そして最後、自分の尻は自分で拭く。クビに備えて予備プランを用意しておく。デズモントは就業中に、本業そっちのけでゲームアプリを開発していました。

やる気の無いデズモンドは、ピザを頼もうと電話をかけますが、会社のコールセンターで止められます。就業中は外部への連絡禁止。コスト削減第一で作られた会社の方針でした。

何ともイヤな会社ですが、デズモントは世界一の会社だと話します。医療保険にタダのコーヒー、そしてゲームアプリの開発が出来る。しかしムラトは、他に理由があるのでは、と冷やかします。

それはサマンサの事でした。彼女は幼馴染であり、恋愛で彼女との友情を壊したくないと説明するデズモンド。

放送が社員に対し、午後4時から開かれる自己啓発セミナーに参加するよう告げます。

全社員が集められ、CEOのガントがスピーチを始めます。ガントは開発された新製品、内なる戦士を呼び覚ますエナジードリンク、「ゾルト」について語り始めます。

付き合いきれないと思ったデズモンドは、家に帰って報告書を完成させると言って、サマンサとムラトを残し、セミナー会場を後にします。

会場を後にしたデズモントは、大量の「ゾルト」が運び込まれるのを目撃します。

家に帰ったデズモンドはパソコンに向かい、報告書の作成を始めます。しかし家ではマリオキャラのコスプレをした友人たちが、ゲームに興じていました。

友人たちの誘いに乗らず、真面目に仕事をするデズモンド。

しかし“マリオカート”に誘われては断れません。友人たちと街に出て、ショッピングカートを使った、リアル“マリオカート”に興じてデズモンドは大はしゃぎです。

翌朝、いつもの様に寝坊をしたデズモンド。当然報告書は未完成。それでも慌てて出勤します。


(C)2018 OFFICE UPRISING LLC

いつもの如く遅刻して出社、いつもの如くゲートの警備員クラレンスに言い訳を、と思ったら誰もいません。ヤバそうな顔で退社する、開発部の研究者とすれ違い、これ幸いと出勤します。

人目を逃れ身を隠しつつ、オフィスに向かうデズモンド、お蔭でそこらに転がる死体に、都合よく気付きません。なんとか自分のデスクに着くと、早速上司のナスバウムから呼び出しが入ります。

いい加減な内容のレポートをプリントし、深呼吸して上司の部屋に入るデズモンド。しかしナスバウムの言動が怪し過ぎます。

その脇に無数の鉛筆が突き刺された同僚、ジェリー・ソロモンの死体が転がっているのを見て、ようやくマズい状況に気付いたデズモンド。

ジェリーの報告書には酷いスペルミスがあったので、始末したと告げるナスバウム。そんな恐ろしい上司に、デタラメなレポートを見せるという大ピンチ。

内容以前にスペルミスを発見され、キレた上司からデズモンドは逃げ出します。

他の社員も何やら叫んで追ってきます。同僚のカーターに事情を尋ねますが、彼は「ゾルト」の飲みながらパソコン仕事に没頭。仕事のデータが騒ぎで失われると、彼もキレて襲ってきます。

デズモンドは警察へ通報を試みますが、間に入ったコールセンターが外への連絡を許しません。電話越しにそこも修羅場になったと知り、彼は何とか逃れようと走り回ります。

クリップボードを文字通り盾にして身を守り、危ないテンションで「ゾルト」のコピーを考える、広告部のボブのチームには、適当な事を言って逃れるデズモンド。

身を潜めた時に、サマンサからもらった腕時計のアラームが鳴りだします。デズモンドはまず彼女の無事を確かめる事にします。

サマンサは無事でしたが、机の上に「ゾルト」を置いて仕事に夢中。デズモンドの質問に缶の半分位は飲んだかかなと答えるサマンサ。

これなら彼女は大丈夫、と信じたいデズモンド。

しかし彼が「ゾルト」をこぼすとブチキレ、花婿の介添人のイケメンみたいにナニしてやると、叫んで襲ってくる始末。やむなくデズモンドは彼女を、心の平穏を説く自己啓発本でブン殴り、文字通り大人しくさせます。

彼はサマンサを台車に乗せると、テープでグルグル巻きにします。

彼女は解放してと訴えますが、怒るとトンデモない事を口走る状態です。彼女を乗せた台車を押して逃げるデズモンド。

ナスバウムの経理部チームと、ボブの広告部チームが迫る中、逃げ回った2人はムラトに出くわし大慌になります。

ありがたいのはイスラム教の教え。ラマダン(断食)のおかげで、ムラトは「ゾルト」を飲まずにいて無事でした。

グルグル巻きのサマンサは「ゾルト」を飲んでいると知り、ゾンビみたいに襲って来るから始末しよう、と物騒な提案をするムラト。

それでも彼は、平和主義者と称する優しい性格ですから、結局デズモンドとサマンサを助け行動を共にします。

互いに会社での功績を誇る経理部と広告部の派閥抗争が、全面戦争に発展するかと思いきや、ナスバウムがボブを「ゾルト」の空き缶で殺害、広告部を引き継ぎます。

暴徒の群れは1つになり、それを見たデズモンドたちは逃げ出します。

階段では社員同士が殺し合い、エレベーターは破壊された状況で、どう脱出するかは至難の業。

映画っぽく通気口から脱出するにも、どうがんばっても台車のサマンサが通気口に入りません。

ならばと窓ガラスを破ろうとするデズモンド。サマンサとムラトが止めるのも聞かず実行すると、次世代テロ対策システムが働き、ビルの窓と出入り口は完全封鎖。

マニュアルを読まなかったのかと責められても、いい加減に仕事をしていたデズモンドが読んでる訳がありません。

もはや脱出の手段無し。いや、会社の経営陣ならセキュリティ解除が出来るはず。そう気付いた3人は、ビルの最上階にある役員室を目指します。

怒れる社員の群れを通り抜けるには、イカれたふりをするしかありません。

3人はジェニファー・ローレンスのドレスの趣味とか、セグウェイに乗ったジャスティン・ビーバーとか、思いつく限りのイカれたものを叫んで突破します。

3人を凶暴化したお婆ちゃん秘書のヘレンが、気の毒にもヨボヨボと襲ってきます。やむなくデズモンドが、植木鉢をヘレンの頭に叩きつけて責められます。

しかし文句を言ってたムラトが襲われ、ヘレンを壁に叩きつけて始末する結果に。己の行為に心が折れかける、と嘆くムラト。

先に進むには心優しい女子社員の園、人事部を通り抜けるしかありません。

マトモな状態のレントワースが人事部に現れましたが、やはり凶暴化していた「ショムニ」の皆さんに囲まれます。

レントワースの危機を救うため、デズモンドは処世術その2に従い、デタラメな専門用語を並べた放送を流し、女子社員を納得させ大人しくさせます。

小切手を受け取りに現れたレントワースは助け出され、行動を共にします。

一致団結して襲い来る人事部社員をどうするべきか。そこでサマンサは女子社員に、敵は私たちでなくお局様のリサだと言い出します。

リサが誰かのウワサを広めただの、誰かの子供の陰口を言っただの、彼女の秘密を暴いていくサマンサ。

予算をケチって冬に暖房の温度設定を下げた、との言葉が引き金になり、女子社員は今まで見てきた以上の、醜い内輪モメを始めます。その隙に人事部を通り抜ける一同。

さらに上に進むには、普段ですら人格に難のある連中の巣窟、販売部を通り抜けるしかありません。レントワースを加えた4人は用具置き場に入り、備品を使って武器を作り始めます。

この状況は自分の作っているゲームみたい、とつぶやくデズモンドに、サマンサは興味を示します。彼女はデズモントのゲーム作りに好意的でした。

サマンサは暴れたら殺してかまわない、と言って台車のグルグル巻きから自由の身にするよう訴えます。彼女も解放され、デタラメな装備を身に付けた4人は覚悟を決めます。

雄叫びを上げ販売部に飛び込んで行く一同。何かの拍子にケガさせても、偶然だからね、と叫ぶ平和主義者のムラト。凄惨かつ過激な闘いが幕を開けます。

以下、『Z Bull ゼット・ブル』ネタバレ・結末の記載がございます。『Z Bull ゼット・ブル』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018 OFFICE UPRISING LLC

捨て身で販売部員たちに突っ込むデズモンドとレントワース。半分飲んだ「ゾルト」の効果か、はたまた元々そうなのか、容赦なく敵を始末していくサマンサ。

逃げ回っているつもりが、結構敵を痛めつけてるムラト。間に合わせの武器や防具も、意外に役に立っています。

凶暴な販売部員の中に、デズモンドに「ゾルト」は飲んではいけない、ここから脱出しなければと、訴えて来るマトモな社員もいました。

そんな相手に限って殺してしまうムラト。ショックを与えぬように、デズモントはだんまりを決めこみます。

ついに最上階の役員室の前に到着しました。しかしロックされた扉は開きません。中に入れろと訴えても、CEOのガントら役員に4人は危ない奴にしか見えません。

誰が入れてやるかと、グラス片手に4人を小馬鹿にするガント。ところがタイミング良く役員室の扉を開けて、清掃のおじさんが出て行きます。それでは、と中に入らせてもらう4人。

乗り込んできた4人に、軍事企業で暴力は良くない、と説得するガント。落ち着くように、まあ飲むかと声をかけられ固まった4人に対し、スコッチの事だと補足するガント。

「ゾルト」はアモテック社が、兵士の士気を高める為に開発したエナジードリンクでした。開発したのはフローム博士の部下の研究者。社員たちが飲んだのはその試作品でした。

ところが何が不満だったのか、開発者は会社に罵声を残し、全社員に失敗作である「ゾルト」を配布して去ってしまい、この騒動になったのです。

飲んでしまったサマンサを救う解毒剤はあるか、と尋ねるデズモンドに、そんなもんあるかと言い放つガント。

地雷も、クラスター爆弾も、核兵器も、使った後の事は想定外だと、CEOは社会風刺の効いたセリフをおっしゃります。

怒ったデズモンドはガントに詰め寄りますが、セキュリティを解除して建物から出るには、自分の指紋認証が必要だとガントは説明します。

役員室の前に、デズモンドの上司ナスバウムに率いられた社員の一団が現れます。ナスバウムはセキュリティを解除して、我々を外で活動させろと要求します。

ガントはその扉は厚さ5㎝のチタン製、最新セキュリティ付きで、どう頑張っても破れまいとあざ笑います。

しかし流石は経理部の長ナスバウムです。扉はチタン製でも、壁は下請け業者がケチって作った安普請と知っていました。

社員たちは壁を破り始め、役員室の一同は大慌てです。

デズモンドたちはバリケードを作りますが、侵入されるのは時間の問題。ガントは狩猟用の銃を構えます。クビにされたレントワースはローンや娘の学費の支払いに、やっぱり職が必要だと訴えて、ナスバウムたちの仲間になろうとしますが、当然無茶な行為でした。


(C)2018 OFFICE UPRISING LLC

ガントは品の無い悪態をつきながら銃で抵抗しますが、他の役員は殺されます。

ついにガントを殺し会社を支配したナスバウム。世界全体の地域担当になったと宣言し、指紋認証に必要なガントの手を切断して奪います。

デズモンドたちの始末に6人の仲間を残し、部下を引き連れビルの外での営業活動に向かうナスバウム。

デズモンドの手に銃がありますが、残るは1発のみ。絶対絶命の危機ですが、弾をたっぷり入れたガラス鉢を撃ち暴発させ、何とか6人を倒します。

起死回生のミラクルショットにムラトは喜びますが、「ゾルト」の影響なのかサマンサの具合が悪くなり、慌てるデズモンド。

ビルのセキュリティを解除したナスバウムは社員一同に対し、全世界に販売せよ、と激を飛ばしていました。

デズモンドたち3人は研究部門に向かい、隠れていたフローム博士と出会います。デズモンドは「ゾルト」の開発に関わった彼を責めます。

フローム博士にも言い分がありました。

研究部門の発注をデズモンドがまともに処理していなかったので、やむなく「ゾルト」の開発に代替物質を使用した結果が、この惨状だったのです。

ショックを受けたデズモンド。「ゾルト」を大量に飲んだ者はいずれ死んでしまいます。

しかしサマンサは30分以内に解毒剤を飲ませれば、元の体に戻るだろうと説明するフローム博士。

問題は解毒剤製造に必要な物質が倉庫に保管されている事です。

モニターで確認すると、倉庫はナスバウムの部下たちが忙しく動き回っていました。

こうなればデズモンドとムラトで乗り込むしかありません。ムラトも平和主義を捨てました。

アモテック社の歴史を語る展示品の武器を手に、2人は倉庫に向かいます。

倉庫に2人が侵入したとナスバウムは気付き、社員たちを向かわせます。

しかしサマンサを愛しているデズモンド以上に、平和主義を捨てキレたムラトが暴れ回ります。2人の連携プレーで次々社員が倒されていきます。

ナスバウムは倉庫の中に、バトルスーツXL-9がある事に気付き身に付けます。

デズモンドとムラトは、解毒剤に必要な箱の傍までたどり着きましたが、そこにバトルスーツを来たナスバウムが現れます。

その火力に圧倒される2人。そこでデズモンドが囮となってナスバウムを引きつけ、ムラトが箱を博士とサマンサの元に届ける事になります。

先を急ぐムラトに、レイシストの同僚マーカスが襲い掛かります。

嘲りながら攻撃するマーカスですが、平和主義を捨てたムラトは。今までのお返しを含めてマーカスを叩きのめします。その権幕には「ゾルト」で凶暴化した連中も恐れて逃げ出します。

入社以来備品を盗んできた、この16ヵ月で働いたのは実質6週間、職場でゲームを作ってましたと言い、下ネタレベルの悪口まで並べ、嫌な上司のナスバウムを挑発するデズモンド。

デズモンドに翻弄され、バトルスーツは燃料切れとなります。ナスバウムはマーカスを捕えて腕を引きちぎり、生ゴミ代わりのエコな燃料に利用してスーツを再稼働させます。

絶対絶命のデズモンド。そこにムラトと共に、回復したサマンサが現れます。再会を喜んだのもつかの間、迫ってくるナスバウム。

ムラトがC4爆薬を仕掛けた廊下にバトルスーツを誘い込み、ナスバウムを倒すことになりました。計略は成功したかに見えましたが素人の悲しさ、爆薬に信管を付けておらず当然不発です。

デズモンドは廊下に地雷を滑らせ、バトルスーツの足元に入れます。

ナスバウムはそれを踏み爆発させ、仕掛けた爆薬も誘爆、アモテック社のビルは炎に包まれました。

ビルの外に逃れた3人。これからデズモンドとサマンサが熱くなるのを悟ったムラトは、ガマンしていた小用を足すことにします。

パトカーやヘリが集まってくる中、デズモンドとサマンサはキスを交わします。

スポンサーリンク

映画『Z Bull ゼット・ブル』の感想と評価


(C)2018 OFFICE UPRISING LLC

ブラックな笑いで見せるサラリーマン抗争劇

この罰あたりな映画で、一体全体、合計何名の犠牲者が出たのでしょうか。

凶暴化した社員が、オフィスビルで殺し合う。誰にも皮肉が理解出来る設定ゆえか、シリアスからコメディまで似たシチュエーションの、あの手この手の映画が多数あります。

参考映像:『Z Inc. ゼット・インク』(2018)

「未体験ゾーン」をご存知の方なら、タイトルも含めて「未体験ゾーンの映画たち2018」に登場した『Z Inc. ゼット・インク』を思い浮かべるでしょう。

こちらの舞台は権力抗争の激しい法律事務所、凶暴化の原因はウィルス。どちらも上の階ほど偉い方がいるお馴染みの構図。全く別の作品ですが、似た邦題が付いたのも納得できます。

しかし、明らかに『Z Bull ゼット・ブル』の方が、悪ノリ度パワーアップ。紹介した以外にも言葉ネタが豊富で、不謹慎ネタが大好きで、この程度の流血なんのその、という方には実に明るく楽しいホラー・コメディ映画です。

映画好きならどこかで見た顔が並ぶかも?


(C)2018 OFFICE UPRISING LLC

この映画は作品概要で紹介した通り、旬のキャストを揃えた豪華なものになっていますが、脇役陣も映画や海外ドラマを見る人には、お馴染みの顔ぶれがそろっています。

冒頭、警備員のクラレンスとして僅かに登場するだけの、バリー・シャバカ・ヘンリーは黒人脇役俳優の代表格のお一人。強いて代表作を上げるなら、スピルバーグ監督作『ターミナル』の空港警備員役。映画や海外ドラマをよく見る人なら、絶対見ている人物です。

レントワースを演じたカート・フラーも、脇役として欠かせない人物。個性的な顔で悪役からコミカルな役までこなせる人物で、こちらも強いて映画の代表作を上げると、ウディ・アレン監督作『ミッドナイト・イン・パリ』の、レイチェル・マクアダムスの父親役でしょうか。

問題の多いCEOフランクリン・ガントを演じ、悪乗り演技を見せるグレッグ・ヘンリーも、同様の活躍を見せるベテラン俳優。最近はジェームズ・ガン映画の常連で、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』でスター・ロードこと、ピーター・クイルの祖父を演じた人物です。

この3人のベテラン俳優、この記事を読んでいる人には、間違いなくピンとくる顔です。

まとめ


(C)2018 OFFICE UPRISING LLC

ブラックな笑いがお好みの方には、必見の映画『Z Bull ゼット・ブル』。

タイトルに“Z”が付いているものの、どちらかと言えば『ゾンビ』ものと言うより、同じジョージ・A・ロメロの『ザ・クレイジーズ 細菌兵器の恐怖』に近い作品です。

舞台になるのは軍事企業、大活躍するイスラム教徒と、風刺的なネタが多数ありますが、決して“政治的に正しい”、お堅い笑いの映画ではありません。

むしろ全編に漂う不謹慎ネタ、セリフに散りばめられた小ネタを楽しむ、バチ当たりな笑いを楽しむタイプのコメディです。

実は一番際どいセリフを口走って笑わせてくれるのは、サマンサを演じたジェーン・レビィ。リブート版『死霊のはらわた』や『ドント・ブリーズ』の印象が強いですが、2011年から3シーズン続いた人気のシットコム『Suburgatory』に主演している女優です。

この映画で是非、コメディエンヌとしての彼女の姿を確認して下さい。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」は…


(C)2017 White Space, LLC. All rights reserved.

次回の第55回は宇宙を舞台に巨大生物を相手に、体一つで立ち向かう人々の姿を描いたSFアクション映画『ホワイト・スペース』を紹介いたします。

お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2019見破録』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

カメオ出演最多のスタン・リー死去。アメコミからアニメまでを愛し続けた作家の軌跡|最強アメコミ番付評14

こんにちは、野洲川亮です。 2018年11月12日、『スパイダーマン』、『X-メン』などの作品を手掛けたアメコミ原作者、スタン・リーさん(95歳)が逝去されました。(以下、敬称略) マーベル・コミック …

連載コラム

亀山睦実映画『恋はストーク』あらすじと感想レビュー。福永朱梨が演じた“ひとすじに好き”の物語|ちば映画祭2019初期衝動ピーナッツ便り5

ちば映画祭2019エントリー・亀山睦実監督作品『恋はストーク』が3月31日に上映 「初期衝動」というテーマを掲げ、2019年も数々のインディペンデント映画を上映するちば映画祭。 そこで上映された作品の …

連載コラム

『マローボーン家の掟』感想と解説。ラストまでホラー映画と青春ファンタジーが融合した秘密とは⁈|サスペンスの神様の鼓動16

サスペンスの神様の鼓動16 こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回取り上げる作品は、201 …

連載コラム

新作映画『ヘルボーイ(2019)』キャスト【デヴィッド・ハーバーのインタビュー:地獄から這い上がって大騒動】FILMINK-vol.7

FILMINK-vol.7「David Harbour: Raising Hell In Hellboy」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」 …

連載コラム

映画『シャッター 写ると最期』ネタバレと感想。“呪いのカメラ“は何故か藤子・F・不二雄的発想⁈|未体験ゾーンの映画たち2019見破録25

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第25回 今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。様々な58本の映画を続々公開しています。 …

映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
【Cinemarche独占】映画『メモリーズ・オブ・サマー』映画監督アダム・グジンスキへのインタビュー【私のお手本となった巨匠たちと作家主義について】
【真宮葉月インタビュー】映画『最果てリストランテ』の女優デビューへの心がまえと学び続ける好奇心
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP