Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

Entry 2022/01/01
Update

バンドリ映画2022ネタバレ|BanG Dream! ぽっぴん’どりーむ!あらすじ感想とラスト結末の解説。1年の開始を彩る音楽アニメーションの最高峰!

  • Writer :
  • 糸魚川悟

2022年元旦作品は大人気メディアミックスプロジェクト「BanG Dream!」の劇場版作品第5弾!

メディアミックスプロジェクト「BanG Dream!」は現実世界でライブを行うだけでなく、アニメや映画の中でもライブを行うことでさまざまな形でバンドの魅力を伝えてきました。

そんな2021年には3本の映画とテレビアニメで1年を彩った「BanG Dream!」が、2022年には元旦から最新映画を劇場で公開。

今回は「BanG Dream!」の2022年第1弾となる最新映画『BanG Dream! ぽっぴん’どりーむ!』(2022)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

アニメ『BanG Dream! ぽっぴん’どりーむ!』の作品情報


(C)BanG Dream! Project

【公開】
2022年(日本映画)

【総監督】
柿本広大

【監督】
植高正典

【脚本】
綾奈ゆにこ、後藤みどり

【キャスト】
【Poppin’Party】愛美、大塚紗英、西本りみ、大橋彩香、伊藤彩沙
【RAISE A SUILEN】Raychell、小原莉子、夏芽、倉知玲鳳、紡木吏佐
【Morfonica】進藤あまね、直田姫奈、西尾夕香、mika、Ayasa

【作品概要】
全世界で2000万人のユーザ数を記録するスマホゲームなど、多岐に渡る作品で人気を誇るメディアミックスプロジェクト「BanG Dream!」のアニメ第3シーズンのその後を描いた劇場版作品。

劇場版作品第3弾となる『BanG Dream! Episode of Roselia II:Song I am.』(2022)の柿本広大が本作でも総監督を務め、『009 RE:CYBORG』(2012)でリードアニメーターを務めた過去を持つ植高正典が監督を務めました。

アニメ『BanG Dream! ぽっぴん’どりーむ!』のあらすじとネタバレ


(C)BanG Dream! Project

「Girls Band Challenge!」の決勝戦となる武道館でのライブを終えた”Poppin’Party”と”Roselia”、そして”RAISE A SUILEN(以降RAS)”の面々は、プロデューサーの宙から年明けにグアムで開催されるチャリティーフェス「Save the Dream」への参加を打診されます。

打ち上げの最中、”Roselia”は「Save the Dream」が自分たちの悲願である「FUTURE WORLD FES.」の開催時期と被っていることを理由に不参加を決めます。

“Roselia”に強い対抗心を覚えていたプロデューサー兼DJのチュチュが結成した”RAS”は、”Roselia”の不参加を受け参加を躊躇いますが、「Girls Band Challenge!」を通して自分たちの道を見つけたこともあり参加を決めました。

一方、ギターのたえとベースのりみ以外が海外への旅行すら経験のない”Poppin’Party”でしたが、宙が渡航費と宿泊費を含めた全ての費用を負担するという条件と海外でのフェス参加に心動かされるボーカルの香澄は迷うことなく参加を決断します。

香澄の前向きさに感化されたたえとりみはフェス用の新曲の制作に取り掛かり、一同は新年を迎えます。

グアムへの出発日、成田空港からグアムへの直行便に乗る”Poppin’Party”と”RAS”のメンバーでしたが、初めて乗る飛行機に香澄は強い恐怖心を覚えながらも何とか現着。

しかし、空港内で自身の荷物の発見が遅れたことから”Poppin’Party”はホテルへの直行便のバスに乗ることが出来ず、知らない土地を彷徨うことになります。

ドラムの沙綾は宙へと連絡を取ろうとしますが、海外で迂闊に通話やメッセージを行うと高い通信料金が発生することを警戒するキーボードの有咲が沙綾のスマホをモバイルWi-Fiに接続し、通常の通信を切った上で宙に助けを求めました。

その頃、翌日のリハーサルまで楽器を触ることのできない”RAS”のメンバーは、ビーチで”Roselia”の不参加により空いた枠に参加することとなった”Morfonica”のメンバーと出会います。

夜、フェスの関係者を集めた懇親会の場に何とか間に合った”Poppin’Party”は”Morfonica”の参加を知り驚きます。

“Morfonica”はギターの透子を始めフェスへの参加を楽しみにしていましたが、初ライブで強いトラウマを覚えたボーカルのましろは経験の浅い自分たちがフェスに参加したことを後悔しており、”RAS”のドラマーのマスキングはその後暗さを嫌っていました。

懇親会の最中に演奏を求められた”Poppin’Party”はギターとベースだけを使い「仲間と歩む道」を思い描いた曲を披露し場を盛り上げますが、高い実力を持ちながらも当たりの強い性格と演奏スタイルから敬遠され、”RAS”以前はバンドを組むことすら出来なかったマスキングはその場を抜け出しひとり海辺で涙を流します。

懇親会が終わり”Morfonica”のドラムのつくしがマスキングに声をかけると、取り乱した彼女は海の中のナマコを踏んでしまいました。

ホテルの部屋で集まる”Poppin’Party”は「キラキラ」や「ドキドキ」を探すという目標のまま海外に来てしまったことを話し合いますが、同じ目標に仲間と進むことこそが”Poppin’Party”の道であることを再確認しました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『BanG Dream! ぽっぴん’どりーむ!』のネタバレ・結末の記載がございます。『BanG Dream! ぽっぴん’どりーむ!』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

翌日、フェス会場で各バンドがリハーサルを行う中、チュチュはマスキングの叩くドラムの音の調子から体調が良くないことを見抜きます。

リハーサルの行われる昼間は気温が高いこともあり、マスキングは暑いからだと言い訳し夜間のフェスには影響が出ないことを主張。

各バンドがリハーサルを終え歓談する中、沙綾はマスキングの姿が見えないことに気づき探すうちにテントの陰で蹲る彼女の姿を発見します。

マスキングはナマコを踏んだ際に足を挫いており、激しい痛みに耐えながら演奏を行っていました。

仲間に迷惑をかけられないことを強調するマスキングに、沙綾は出番までに戻ることを約束し、無理やり現地の病院へと連れていきます。

その様子を目撃していたスタッフから、2人が病院に向かったことを聞いたメンバーたちは、急いでマスキングと沙綾に連絡を取ろうとしますが、モバイルWi-Fi以外に通信しない設定を行ったことで連絡を取ることが出来ず、向かった病院も症状すらも分からないまま時間が流れます。

開始時間までに間に合わなかった場合、2人を抜いて出番を始めることを宣言された”Poppin’Party”と”RAS”。

チュチュは自分たちの都合でフェス全体に迷惑をかけることはできないことを理解しており、最悪の場合は打ち込み音源で代用することを決めます。

マスキングと沙綾の出番を後回しにするため”Morfonica”はトップバッターを名乗り出ます。

言葉の通じない海外で初のフェス参加と言うプレッシャーに躊躇うましろでしたが、”Poppin’Party”と”RAS”のために覚悟を決め、ステージに上ります。

“Morfonica”の出番は成功に終わり”RAS”の出番が始まりますが、マスキングが現れないため”RAS”は打ち込み音源を使い演奏を行います。

その頃、診察が終わり痛み止めを打ったマスキングを連れタクシーでフェス会場へと向かう沙綾は、高額な通信費がかかることを覚悟し、有咲に自分たちの状況と会場に向かっている旨を電話します。

有咲のジェスチャーによってマスキングが現地へと向かっていることを知った”RAS”のボーカルのレイヤは、最後の曲の前に観客を煽るコールを繰り返し時間を稼ぎます。

現着したマスキングがドラムに着いたことを確認した”RAS”は最後の曲をフルメンバーで演奏。

ステージを降りたマスキングは”RAS”のメンバーに謝罪するとチュチュは、迷惑をかけられたことではなく何があったのか分からず心配したことを怒り、次からはしっかりと共有することを求めます。

ましろたちに全員揃っての演奏の完成度を称えられたマスキングは、沙綾だけでなく彼女のたちにも助けられたことを感謝します。

一方、沙綾と合流した”Poppin’Party”はステージに上り、フェスのために制作した新曲を披露。

会場が熱気を帯びる中、”Poppin’Party”はわざと会場の照明を落とし、会場の上空に広がる星空に注目させます。

最後の曲を演奏し、売り上げを全て慈善活動に回し誰かの夢を守るというコンセプトの「Save the Dream」フェスは、大成功に終わりました。

ハプニングがありながらもそれを乗り越え成功を収めたバンドたちを見て宙は、「バンドは夢を与えてくれる」とつぶやきました。

帰りの空港内で宙に見送られるメンバーたち。

マスキングは宙にも謝罪すると彼女は「何かあったらまた声をかける」と返答します。

グアムを離れる飛行機の中で相変わらず飛行機になれない香澄は離陸時に再び泣き叫びました。

スポンサーリンク

アニメ『BanG Dream! ぽっぴん’どりーむ!』の感想と評価

成長と成長途上の2つのグループが織り成す物語

シリーズのメインとなるバンド”Poppin’Party”はテレビアニメ3シーズンを通して、さまざまな危機を乗り越えて絆を深めていく様子が描かれてきました。

一方、シーズン2以降に物語に参加した”Morfonica”は経験の浅さと自信の無さがたびたび垣間見え、高い実力を持つ”RAISE A SUILEN”は自身の人間性にそれぞれが不安を抱えています。

アニメのシーズン3によって成長を見せた彼女たちでしたが、海外でのフェスという特殊な環境下で起きるトラブルが、再び心の弱さを引き出してしまいます。

そんな2バンドを成長した”Poppin’Party”が支える様子が描かれる本作は、新たなグループの参加が温かく迎え入れられたような雰囲気を味わうことのできる作品でした。

圧巻のクオリティの演奏シーン


(C)BanG Dream! Project

本作ではシリーズの定番となる演奏シーンが終盤に用意されており、定番でありながらも圧巻のクオリティを見せてくれます。

ヴィジュアル系バンド”SHAZNA”の2ndボーカルであるRaychellとドラマーの夏芽が声優と演奏を務める”RAISE A SUILEN”は、高い演奏力と圧巻の声量のボーカルに心が振るえ、”Morfonica”はロックバイオリニストのAyasaが奏でるバイオリンによって特色を見せています。

そしてシリーズのメインとなる”Poppin’Party”がコンセプトとなる「物語性」を含めた最新曲を披露するなど、本作には各バンドの特色がしっかりと現れた楽曲と演奏が用意されており、音楽アニメーション映画の前線を走り続ける「BanG Dream!」ならではの迫力の演奏シーンでした。

まとめ


(C)BanG Dream! Project

『劇場版 アルゴナビス from BanG Dream!』(2022)が予定されるなど、2022年も続く映画としての「BanG Dream!」シリーズ

そんなシリーズの最新作となる『BanG Dream! ぽっぴん’どりーむ!』は是非とも大音響の映画館で鑑賞して欲しい作品。

シリーズを通して鑑賞し”Poppin’Party”の成長を見続けた人にも、本作を始点とする人にも、音楽好きの人すべてにおススメしたい作品です。





関連記事

アニメーション

名探偵コナン緋色の弾丸|ネタバレ感想とラスト結末の考察。赤井秀一のスタイリッシュさとスピーディなアクションは必見!

アニメ「名探偵コナン」シリーズの劇場版第24作『名探偵コナン 緋色の弾丸』。 東京で行われるWSG(World Sports Games)という4年に一度の国際的スポーツイベントをモチーフにした『名探 …

アニメーション

『パタリロ! スターダスト計画』あらすじネタバレと感想。原作のリスペクトを考察

『花とゆめ』(白泉社)で1978年より連載開始から2018年現在40年。 個性派俳優・加藤諒の主演で2度舞台化され、2018年秋に実写映画版の公開も決まった長寿ギャグ漫画『パタリロ!』。 今回は198 …

アニメーション

映画『ニンジャバットマン』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

神風動画初の長編アニメ作品は、2018年6月15日(金)より劇場公開! あのバットマンが日本で時代劇アニメとして登場。戦国時代を舞台に諸国の大名の座についたヴィランとバットマンとチームメイト&忍者軍団 …

アニメーション

『紺青の拳』感想と評価。名探偵コナン劇場版のおすすめの3つの見どころとは?

真実vs奇術vs蹴撃 雌雄を決する三位一体(トリニティ)バトルミステリー まさかの10連休が決まった2019年のゴールデンウィーク。「どこに行こうか」「何をしようか」と今から悩まれている方がほとんどで …

アニメーション

トップをねらえ!ネタバレ考察と最終回の解説感想。あらすじラスト結末から庵野秀明の原点を探る

炎の熱血友情ハードSF宇宙科学勇気根性努力セクシー無敵ロボットスペクタクル大河ロマン!!!!! OVA作品でありながら多くのファンを魅了したカルト的人気を誇り、国内はもちろん海外のクリエイターたちに様 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学