Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2017/11/15
Update

マイティソー バトルロイヤル|ネタバレあらすじと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • 馬渕一平

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に繋がる重要な1作!

アベンジャーズならぬ、凸凹のリベンジャーズ結成!?

MCU待望の最新作にして「マイティ・ソー」シリーズの第3作目。

『マイティ・ソー バトルロイヤル』をご紹介します。

以下、あらすじや結末が含まれる記事となりますので、まずは『マイティ・ソー バトルロイヤル』の作品情報をどうぞ!

スポンサーリンク

1.映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』の作品情報


(C)Marvel Studios 2017 All rights reserved.

【公開】
2017年(アメリカ映画)

【原題】
Thor:Ragnarok

【監督】
タイカ・ワイティティ

【キャスト】
クリス・ヘムズワース、マーク・ラファロ、トム・ヒドルストン、ケイト・ブランシェット、テッサ・トンプソン、アンソニー・ホプキンス、イドリス・エルバ、ジェフ・ゴールドブラム、カール・アーバン、浅野忠信、ベネディクト・カンバーバッチ、タイカ・ワイティティ

【作品概要】
「マイティ・ソー」シリーズの第3作目。

ソー、ロキに加え今回はハルク、ドクター・ストレンジも登場!

新キャラクターとしてテッサ・トンプソン演じるヴァルキリーが参戦。

さらに、ケイト・ブランシェットをソーとロキの姉であり最強の敵であるヘラに起用。

宇宙最大の姉弟喧嘩が勃発し、ソー、ロキ、ハルク、ヴァルキリーによるリベンジャーズを結成!?

全編ギャグの嵐で構成された史上最高に笑えるMCU作品を見逃すな!

2.映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』のあらすじとネタバレ


(C)Marvel Studios 2017 All rights reserved.

ソーは炎の悪魔スルトに囚われていました。

スルトは自分の王冠をアスガルドの宝物庫にある永久なる炎に焼べることで、世界の終末を意味するラグナログが起こると予言。

ソーはスルトから王冠を奪い取り、アスガルドに帰還しました。

アスガルドと他の世界をつなぐ虹の橋の門番がヘイムダルからスカージに代わっていました。

広場にて舞台を呑気に楽しむオーディンがロキのなりすましであることに気付いたソーは父の居場所を問い詰めます。

本物のオーディンは記憶を消し、地球の老人ホームに置いてきたと聞き出すと、ソーはロキとともに地球に向かいました。

老人ホームは取り壊されており呆然とする二人でしたが、その二人をドクターストレンジが見つけます。

ロキは異空間に落とされ、ソーはドクターストレンジの家に連れて来られました。そして、ドクターストレンジは二人をオーディンが居る場所へと送ります。

ソーとロキはオーディンをアスガルドに連れて帰ろうとしますが、オーディンの死期はすぐそこまで迫っていました。

オーディンは二人の息子に実は死の女神ヘラという姉がいることを突然明かします。

そして、かつてオーディンとヘラで9つの世界を支配したものの、ヘラがあまりにも凶暴なため、彼女を封印によって閉じ込めたことを語り出しました。

兄弟で力を合わせて姉であるヘラの暴走を止めるようソーとロキに託すと、オーディンの肉体は光の粒となり消滅。

オーディンの死によって封印が解かれたヘラが二人の前に姿を現します。

二人はヘラに戦いを挑みますが、そこには圧倒的な力の差がありました。

ソーのハンマー、ムジョルニアもヘラによって無残にも粉々に破壊されてしまいます。

慌てたロキが虹の橋を繋げさせて逃げようとしますが、そこにヘラもやって来ました。

アスガルドに到着する途中でソーとロキは落とされてしまい、ヘラだけがそのままアスガルドへ。

自らの命を惜しんだスカージはヘラに従うことを選び、ヘラが新たな支配者としてアスガルドの女王の地位に就きました。

ヘラのことを認めない兵士たちは彼女への攻撃を開始しますが、その圧倒的な力によってあっという間に兵は全滅。

そして、永久なる炎によってかつての相棒であった大狼のフェンリルと多くの兵士たちを死の淵から蘇らせます。

そこからかつてのように9つの世界を支配するための野望を企てるヘラ。

しかし、それぞれの世界をつなぐのに必要な虹の橋を生み出すための剣は、ヘイルダムによってどこかに持ち去られていました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『マイティ・ソー バトルロイヤル』結末の記載がございます。『マイティ・ソー バトルロイヤル』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

虹の橋から落とされたソーはサカールという惑星で目を覚まします。

そこでソーはスクラッパー142という賞金ハンターに捕まり、サカールの支配者であるグランドマスターのもとに連れて行かれました。

グランドマスターに気に入られ友人となっていたロキと再会を果たしますが、ロキは知らんぷり。

ソーは奴隷戦士としてグランドマスターが主催するバトルロイヤルに参加させられることに。

そこで全身岩の塊であるコーグと出会い、バトルロイヤルについて色々と教えてもらいました。

戦いの前にソーはスクラッパー142がアスガルドの女戦士団、ヴァルキリーのタトゥーを彫っていることに気付き、助けを求めます。

彼女はヘラとの壮絶な戦いで自分以外のヴァルキリーが亡くなったことに深く傷つき、今はアスガルドのことを忘れ、サカールで酒浸りの生活をしていました。

ソーの頼みも虚しくヴァルキリーは去っていきました。

戦闘前に髪を切られたソーは、グランドマスターお気に入りのチャンピオンと戦うことに。

そのチャンピオンの正体はなんと、ハルク/バナーでした。

激しい戦闘の末、ソーは雷神としての力を発揮しかけハルクを追い詰めますが、グランドマスターが邪魔をし、ソーは気絶させられてしまいます。

目を覚ますとソーはハルクの部屋にいました。

ソーはハルクと、彼の部屋を訪れたヴァルキリーにアスガルドに一緒に行って欲しいと頼みますが断られてしまいます。

ソーはヘイルダムの目を借りてアスガルドの現状を目にします。ヘイルダムに匿われている民衆がヘラに見つかるのも時間の問題でした。

ソーはハルクが乗って来たクインジェットを見つけ出しますが、追いかけて来たハルクによって船は破壊されてしまいます。

そのハルクは画面に映し出されたブラック・ウィドウ/ナターシャの姿を見て、2年ぶりにバナーに戻りました。

ロキとヴァルキリーはグランドマスターからソーとハルクを探し出すように命令されます。

ロキはヴァルキリーにヘラとの忌々しい過去を思い出させました。しかし逆にヴァルキリーは過去から目を背けずに生きることを決意します。

ヴァルキリーはロキを捕まえると、ソーとバナーに引き渡し、4人でアスガルドへ向かうことになりました。

ソーはグランドマスターをかく乱するためコーグたちに反乱を起こしてもらいます。

ソーとロキはグランドマスターの船を奪うことに成功しましたが、ロキは裏切ろうとしていました。

しかし、ソーはそのことを予期しておりロキを逆にはめると彼をその場に残し、アスガルドに向かいます。

グランドマスターの追っ手を振り切り、ソーたちはアスガルドに到着しました。

民たちを逃がすため、虹の橋へ向かう道を渡りますが、行く手をヘラたちが阻みます。

そこに、コーグたちを上手いこと言い包めたロキも助けにやってきました。

ソー、ロキ、ハルクに変身したバナー、ヴァルキリーたちリベンジャーズはヘラたちとの戦いに再び挑みます。

コーグたちの船に民を避難させ、ハルクはフェンリルと、ロキとヴァルキリーは死の兵士たちと、そしてソーはヘラと戦います。

ヘラとの死闘の中でソーはオーディンと同じく右目を失いますが、雷神としての力をついに発揮。

雷のエネルギーを味方につけたソーは民に襲いかかろうとする兵士たちを次々にやっつけていきます。

一度は裏切ったスカージも自らの命を捨て、民のために銃を手に取って戦います。

ソーはヘラの気をそらしている間にロキにあることを頼みました。

それは、スルトの王冠を永久なる炎に焼べることでした。

ロキが王冠を炎に焼べるとスルトが復活し、アスガルドを破壊し始めます。

それは予言通りの光景、まさにラグナロクでした。

国自体は破壊されてしまいますが、オーディンの言葉通り、アスガルドは土地ではなく民のことだとソーは気付きました。

アスガルドから力を得ているヘラは絶望し、そんな彼女を残したままソーたちは船に乗って飛び立ちました。

アスガルドの国王の地位に就いたソーは、次なる目的地を地球にすると宣言。

ソー、ロキ、ハルク、ヴァルキリー、ヘイルダム、コーグ、そして多くの民を乗せた船は地球を目指します。

スポンサーリンク

3.映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』の感想と評価


(C)Marvel Studios 2017 All rights reserved.

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の最新作にして、『マイティ・ソー』シリーズの第3作目。

このシリーズは毎回監督が代わっています。
第1作目『マイティ・ソー』はケネス・ブラナー。第2作目『マイティ・ソー ダーク・ワールド』はアラン・テイラー。

どちらも決してつまらなくはないですが同じアベンジャーズの『アイアンマン』や『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』などの出来と比べてしまうと、ソーには決定打と言える作品がありませんでした。

この第3作目『マイティ・ソー バトルロイヤル』の監督はタイカ・ワイティティ。本作においてはこのワイティティのコメディ監督としての資質が遺憾無く発揮されています。

序盤のスルトとの戦いからすでにおふざけ感が強く、ソーとロキの感動的だったはずの前作のやり取りを劇中劇で茶化すなど、今回はこういう雰囲気でいきますよと観客に提示すると、サカールに到着してからは一気にエンジン全開。

今回はメインのヴィランそっちのけでじゃれ合うリベンジャーズ(ソー、ロキ、ハルク、ヴァルキリー)の楽しげなやり取りが軸に据えられています。銀河珍道中から取り残されたヘラも少し寂しげでいいのですが。

また、デザイン面でもコメディの雰囲気に合わせて、神の重厚感を表現していた過去2作の重々しい色調は極力控え目で、もう一人のヴィランとなるグランドマスターが象徴するカラフルでポップで軽やかなテイストに様変わり。

ソーのトレードマークでもある長髪も、スタン・リーの手によって短髪に生まれ変わります。

そもそもアベンジャーズにおいてもソーは神という圧倒的な立場であり、どうしても扱いにくいキャラクターでした。

それに唯一対抗できる戦闘力の持ち主は怪物ハルクだけ。

二人に共通して言えるのは強すぎて死の危険性を全く感じないこと。つまり緊迫した状況が生まれにくいということです。

『アベンジャーズ』の時にもすでにそれをギャグとして扱っていましたが、本作のようにそれを逆手に取ってより振り切ることでその魅力は炸裂しました。

そして、本作が非常に巧みなのはただただおふざけ一辺倒ではなく、バランスを取るためにヘラという最強の敵を配置している所です。

ソーとロキの姉であり本作のヴィランとなるヘラをケイト・ブランシェットが実に貫禄たっぷりに演じています。

死の女神の存在によって、正に死の危険を漂わせ、作品が崩壊しないよう一定のスリルを保っています。

さらには、ヴァルキリーや(ワイティティ監督自身がモーション・キャプチャで演じている)コーグなど、魅力的な新キャラクターも登場。

本作が『マイティ・ソー』シリーズにおけるベストを更新した快作であることは間違いありません。

シリーズ3作目ではありますが、本作からソーの世界に入ってもすんなり楽しめると思います。

ただここから過去2作に戻ると、その違いに驚かされることになるとは思いますが…。

スポンサーリンク

まとめ


(C)Marvel Studios 2017 All rights reserved.

最近のマーベル映画の傾向を雑な言葉でまとめてしまうと、明るくてポップでバカといったところでしょうか。

今年日本で公開された作品だと『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』『スパイダーマン:ホームカミング』などが当てはまります。

現実社会が暗いと明るい映画が観客に望まれるのでしょう。

来年公開予定の『ブラックパンサー』(監督はなんと傑作『クリード チャンプを継ぐ男』のライアン・クーグラー!)は恐らく『キャプテン・アメリカ』シリーズに近い政治色が入った作品になると思われます。

マーベルの凄さはそのどちらも高水準で提供し続けられるところ。

ライバルともいえるDCコミックスの『ジャスティス・リーグ』の作風も気になるところです。

スポンサーリンク

関連記事

アクション映画

映画『シェーン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

最近は名作映画が次々にデジタル・リマスター版として、美しい映像で返り咲き上映されています。 西部劇の名作『シェーン』も、今年2016年4月から全国順次上映され話題となりました。 まさに、「シェーン、カ …

アクション映画

映画『ワイルドバンチ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

あまりにも過激なバイオレンス描写から「Bloody Sam(血まみれのサム)」との異名で呼ばれる監督のサム・ペキンパー。 彼の最高傑作とも称される『ワイルドバンチ』をご紹介します。 スポンサーリンク …

アクション映画

パワーレンジャー2017キャストとあらすじ!日本公開日や試写会情報も

アメリカで最も成功したジャパニーズ・コンテンツとも言われる『パワーレンジャー』シリーズ。 ハリウッドの歴戦のスタッフによって描かれるハイクオリティなアクションに注目が集まる映画『パワーレンジャー』をご …

アクション映画

映画『ヴェンジェンス』あらすじとキャスト一覧!感想レビュー!

外道どもに死の制裁を下す衝撃のパニッシャー・アクション!『ヴェンジェンス』は、2017年9月30日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー! ニコラス・ケイジは、『リービング・ラスベガス』でアカデミ …

アクション映画

キングアーサー2017ネタバレ考察!聖剣エクスカリバーは40本存在する?

2017年6月17日公開の待望のガイ・リッチー監督の『キング・アーサー』。 ガイ監督ならではのアーサー王伝説の物語を見せてくれるソードアクション・エンターテインメント! 今作の「聖剣エクスカリバー」に …

ココマルシアター招待券10名様プレゼント
日本映画大学