Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2020/12/23
Update

『激突!』ネタバレ感想とラスト結末の考察。謎の犯人を仕立てた天才スピルバーグの演出と秘密

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

第1回アボリアッツ国際ファンタスティック映画祭グランプリ受賞作『激突!』

スティーヴン・スピルバーグ監督がまだ世界的には無名だった頃に撮影した映画『激突!』。1971年にアメリカでテレビ放送され、その後、日本をはじめ欧州でも劇場公開された作品です。

伏線をはることや、無駄と思われる人物たちのエピソードを一切省き、シンプルなプロットのみで映像化したことで、スピード感とサスペンスの作風は類を見ない完成度となっています。

また、姿を見せないタンクローリーの運転手は、不気味さが強調され、見る者の不安をさらに煽りだしています。

スポンサーリンク

映画『激突!』作品情報


(C)1971 Universal City Studios, Inc. All Rights Reserved.

【公開】
1971年放送:日本公開1973年(アメリカ映画)

【原題】
Duel

【監督】
スティーヴン・ スピルバーグ

【キャスト】
デニス・ウィーバー、ティム・ハーバート、チャールズ・シール

【作品概要】
「地球最後の男オメガマン」などを執筆したSF作家リチャード・マシスンの短編小説を映像化。演出は25歳のスティーヴン・スピルバーグ監督が務め、会話場面を少なくすることでサスペンス溢れるテレビ映画に仕上げています。

また日本をはじめ欧州では90分に再編集されて劇場公開となりました。1973年に第1回アボリアッツ国際ファンタスティック映画祭グランプリ受賞作。

音楽を担当したのは、『鬼警部アイアンサイド』(1967)『刑事コロンボ』(1968)『刑事コジャック』(1973)などで知られるビリー・ゴールデンバーグで、2020年8月3日にニューヨークの自宅で84歳で亡くなりました。

映画『激突!』あらすじとネタバレ


(C)1971 Universal City Studios, Inc. All Rights Reserved.

真っ赤な自動車プリムス・バリアントがロサンゼルス郊外を北に向かい、ハイウェイを走行。運転しているのは、サラリーマンのデヴィッド・マン(デニス・ウィーバー)、中肉中背のどこにでもいる男。

飛行機で旅行に出る間際の知人に会い、借金を取り立てに向かっていました。それがいつもの仕事のデヴィッドでしたが、自宅で待つ妻との約束があるため、少し焦っていました。

やがていくつもの街や渋滞を抜けると、デヴィッドが走らせる乗用車の前方に、視界をふさぐようにタンクローリーが走っていました。

しかもそのタンクローリーは、ディーゼルの黒い排気ガスを撒き散らしており、不快に思ったデヴィッドはタンクローリーを追い抜きます。

すると、なんとタンクローリーがエンジンをふかして、追い抜き返してきました。苛立ったデヴィッドはさらに抜き返し、タンクローリーを大きく引き離すことに成功。遣ってやったぞとばかりにデヴィッドは歓喜します。

しばらくして、ガソリンスタンドに立ち寄ったデヴィッドですが、あのタンクローリーの同じガソリンスタンドに立ち寄ります。

不穏な空気を感じるデヴィッド。またタンクローリーの運転手は顔を見せずにクラクションを鳴らし、自分のトラックにも早く給油しろと、足の不自由なスタンド定員をせかします。

タンクローリーから運転手が降りるも、車体の隙間から足元のカーボーイブーツしか見えずに、謎の男に不気味さを感じるデヴィッド。

ようやく、先に給油を終えたデヴィッドがスタンドを出発すると、なんと、タンクローリーも同じく出発して付きまとい、嫌がらせとばかりにデヴィッドの前をノロノロと走行しています。

約束した時間に間に合うかが気になるデヴィッドは、なお苛立ちが収まりません。

しかもタンクローリーの運転手が窓から手を出して抜けと指示を出され、気を良くしたデヴィッドが抜き去ろうとした瞬間、対向車が飛び出してきました。

死を意識したデヴィッドは、怒りとともに自動車を加速させ、無理やり脇道に入り乱暴なやり方で、再びタンクローリーを抜き返すことができました。

すると、タンクローリーはスピードをさらに上げ、猛スピードでデヴィッドを追いかけてきます。デヴィッドは時速150km近い速さのあおり運転で追い立てられ、死の恐怖を感じます。

デヴィッドの自動車はハイウェイの脇にあるカフェの垣根に衝突してしまいます。幸い簡易な柵にぶつかっただけで、デヴィッドは軽いむちうちですみました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『激突!』ネタバレ・結末の記載がございます。『激突!』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

デヴィッドはカフェに入り、少しの間、休憩することにします。店内の奥にあるトイレに向かい気を落ち着かせたデヴィッドがホールに戻ると、窓の先に、またもあのタンクローリーが停まっていました。

動転するデヴィッド。ホールにいる人物の誰かがタンクローリーの運転手ではないか?と、辺りを見まわします。

しかし、店内にいる男たちは誰もが怪しく見え、また唯一の手がかりである、トラック運転手の履いていたカウボーイブーツですが、皆が同じように似たものを身につけていました。

デヴィッドは一旦冷静になろうと食事とアスピリンをオーダーして、店内にいる男たちを観察します。そして一番怪しそうな人物に声をかけ、煽り運転や追いまわすことは止めるよう忠告します。

しかし、訳がわからないことを言われた男は怒り出し、殴りかかってきたことでケンカになり、デヴィッドはカフェを追い出されてしまいます。

そのうえ、タンクローリーの運転手の男は、車内に座ったままではデヴィッドを嘲笑うかのようにタンクローリーは走り去っていきます。

再び出発したデヴィッドですが、またもシツコクも待ち伏せしていたタンクローリーの嫌がらせは、なおも続きます。

後ろからの走行中に押してくるだけでなく、鉄道が通過する踏切では、線路内にデヴィッドの自動車を押し入れようとするなど、トラック運転手の行動は、明らかに異常じみた殺人鬼のようになっていきます。

なおも延々と続く嫌がらせの追走に、デヴィッドは逃げていることばかりではダメだと感じます。

脇道に入って山へと登り坂道を登っていきましが、デヴィッドの自動車のラジエーターがオーバーヒート起こしそうになります。

デヴィッドはスピードを落としながらも、追ってくるタンクローリーから逃げるために、なんとか自動車を走らせます。

追い付かれる前にどうにか登り坂を上がりきったデヴィッドは、下り坂になったことで自動車はスピードを上げました。

崖に挑む場所に出たデヴィッドの自動車は、タンクローリーと向き合うように正面に向きなおします。

もちろん、デヴィッドに猛スピードで直進してくるタンクローリー。デヴィッドは自分の自動車のアクセルをふかして体当たりを挑みます。

そして、アクセルいっぱいに踏み込んだ形にカバンを挟んで固定すると、タンクローリーに追突する直前にドアを開けて運転席から飛び降りたデイヴィッド。

自動車はタンクローリーとぶつかり爆破します。そして勢いが付いたタンクローリーは、デヴィッドのいない彼の自動車ごと谷底に落下します。

タンクローリーはまるで悪魔の断末魔のようなに軋んだ音を上げて、断崖で大破していきます。

命が助かったデヴィッドは緊張感の開放からか、笑みがこぼれます。時間は夕暮れとなり、誰一人通らない場所で彼は座り込みました。

スポンサーリンク

映画『激突!』感想と評価

参考映像:テレビ映画『ネーム・オブ・ザ・ゲーム:Los Angeles2017』

テレビドラマの監督だったスティーヴン・スピルバーグ

テレビ映画『激突!』は、スティーヴン・スピルバーグ監督の初期の作品として、1975年の劇場映画『ジョーズ』と並び、あまりにも有名なテレビ映画です。

スティーヴンは25歳という若さで『激突!』で巧みな演出を見せていますが、それもそのはず。すでに彼はテレビドラマで、1969年には、『怪奇真夏の夜の夢(第2話:百万長者の盲目女性)』、1970年に『四次元への招待』、また『激突!』と同じ年には、人気シリーズで知られる『刑事コロンボ 構想の死角』などの演出も手がけていました。

参考映像にある『ネーム・オブ・ザ・ゲーム』では、1970年に「Los Angeles2017」の監督を務め、社会犯罪ドラマシリーズの中で、唯一となるSF作品を仕上げています。

このようにスティーヴンはテレビ監督としても早熟であり、20代前半から独自の世界観を構築しており、また、『激突!』を僅か16日間の撮影でクランクアップさせられたことは、当時の映画界にとっては異例で、テレビ畑の監督出身ということも理由に挙げられるでしょう。

サスペンスを盛り上げる演出


(C)1971 Universal City Studios, Inc. All Rights Reserved.

SF作家リチャード・マシスンの原作小説を読んだスティーヴンは、すぐに16歳当時にカルフォルニアで体験したことを思い出しました。

叔父の運転するプリムスに乗車していましたが、あまりにポンコツですぐにエンストを起こします。そのとき、信号を無視してトラックが割り込んできて、スティーヴンの乗ったプリムスを轟音をあげて追い越していったそうです。この時の恐怖感をそのまま『激突!』で描こうとしたのです。

そこでスティーヴンは、主人公を“平凡で規則正しい生活を送っている人物”に設定します。しかし当初、デヴィッド・マンに扮したデニス・ウィーバーは、もっと攻撃的なキャラクターで演じたかったようです。

スティーヴンは人生に一大変化が必要な平凡な男になってほしいとデニスを説得します。そのことで巨匠アルフレド・ヒッチコック監督の主人公のように、「巻き込まれ型」というサスペンスの王道を結実させています。

他にも『激突!』を長編のサイレント映画にしたかったとスティーヴンは語っており、ヒッチ流の映画の学びが多く存在しています。

例えば、原作では主人公は、タンクローリーの運転手の顔を「角ばった顔、黒い目、黒い髪の毛」と目撃していますが、映像化されたものは、カーボーイブーツしか見せずにいます。

そこでカフェにいた複数の怪しげな男の誰が運転手か分からないままに不安を感じたり、人違いした客と喧嘩になってしまう場面などで上手く活かされています。

また、最もヒッチコック監督に似たサスペンスを見せたのは、子どもたちが賑やかなスクールバスの場面。主人公と観客以外は状況がわからずに、ハラハラ、イライラさせるようなユニークな演出も見られます。

まとめ


(C)1971 Universal City Studios, Inc. All Rights Reserved.

『激突!』では、終始においてタンクローリーに乗った運転手の顔が分からないため、運転するスピードと比例するかのように不気味さが増していきます。

それは見えない運転手と車体を一体化させることで、スティーヴンは機械による警告として、タンクローリー自体が強大な悪魔の顔に見えるようにしたかったようで、タンクローリーを選ぶ際にもいくつもの車体を見比べて、ピータービルト281に決めました。

また、逃げても、逃げても追いかけてくるタンクローリーが与える不安や恐怖ですが、テレビ放映時は74分であったものを追加撮影を行い、劇場公開用に90分にブラッシュアップもさせています。

実は映画版にした際に、次のようなお茶目な出来事もありました。スクリーンの画角サイズがテレビと映画では異なったことで、スクリーンにした際に、主人公の運転する自動車の後部座席に乗って演出するスティーヴンの姿が見えていたり、また、電話ボックスのガラスにも演出するの姿が映っています

そのような『激突!』は、約50年前の作品です。しかし、名匠となったスティーブン・スピルバーグの初期の傑作を見直すことで、2020年代の今だからこそ、大きな意味と発見があるはずです。



関連記事

サスペンス映画

映画『スマホを落としただけなのに2』ネタバレあらすじと感想。前作犯人との共同捜査は“疑似バディな羊たちの沈黙”

前作がスマッシュヒットを記録した『スマホを落としただけなのに』の続編となるパート2。 2018年に志賀晃のミステリー小説を映画化し、北川景子主演のサスペンス映画『スマホを落としただけなのに』。その続編 …

サスペンス映画

『ブリング・ミー・ホーム 』ネタバレ感想と考察解説。韓国映画界が実際の児童失踪事件を基にイ・ヨンエを母親役に完全復帰作を実現す!

2020年9月18日(金)より新宿武蔵野館他にて全国ロードショー! 映画『ブリング・ミー・ホーム 尋ね人』は、ドラマ「宮廷女官 チャングムの誓い」で一躍国民的スターとなったイ・ヨンエがパク・チャヌク監 …

サスペンス映画

映画『飢えたライオン』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【松林うらら×水石亜飛夢】

誰もが発信者になれるSNS時代、一つのフェイクニュースが少女を追い詰めていく・・・。 全編定点視点のカメラワークはまるで人の私生活を覗き見するような不気味かつ危険な魅力に溢れています。 現代社会の警鐘 …

サスペンス映画

【結末ネタバレ】スマホを落としただけなのに|映画と原作小説の違いを徹底解説

住所、氏名、電話番号、メールアドレス、勤務先、個人情報はもちろん、彼女、元カノ、浮気、趣味嗜好すべてがばれます。ただ、スマホを落としただけで。 作家の五十嵐貴久が、小説の解説にて「予言しておく。本書に …

サスペンス映画

映画『ジオストーム』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【地球滅亡のデザスターと兄弟関係を描く】

映画『ジオストーム』は1月19日(金)から全国ロードショーされています。 テクノロジーの推を集めた気象コントロール衛星を運営させから3年。突如、衛星が暴走を始めると世界各地で超異常気象を発生させます。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学