Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2022/10/21
Update

『ワールドウォーZ』ネタバレ結末あらすじと感想評価の考察。ゾンビ映画にブラッドピットが挑む大迫力のパニック・スリラー

  • Writer :
  • 谷川裕美子

ブラッド・ピットが未知のウイルスに挑む

ブラッド・ピットが自ら製作を担当し主演を務めた大スケールのパニック・スリラー。

マックス・ブルックスによる同名小説を原作に、『007 慰めの報酬』(2009)のマーク・フォースター監督が映画化しました。

ピット演じる国連職員が、世界規模で急激に蔓延し、全人類を滅亡に誘う謎のウイルスに立ち向かう姿を描きます。

コロナを経験し、未知のウイルスの怖さを知った現代人にとっては身につまされる一作ともいえます。

襲い来る大量のゾンビ=Zを前に、人類は自分と愛する人々の命を果たして守ることができるのでしょうか。

スポンサーリンク

映画『ワールド・ウォーZ』の作品情報


(C)2012 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2013年(アメリカ映画)

【原作】
マックス・ブルックス

【脚本】
マシュー・マイケル・カーナハンほか2名

【監督】
マーク・フォースター

【編集】
ロジャー・バートン、マット・チェシー

【出演】
ブラッド・ピット、ミレイユ・イーノス、ダニエラ・ケルテス、ファナ・モコエナ、アビゲイル・ハーグローブ、スターリング・ジェリンズ、デヴィッド・モース

【作品概要】
オーシャンズ』シリーズや『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019)で知られるハリウッド・スターのブラッド・ピット主演のパニック大作。

マックス・ブルックスのベストセラー小説を『007 慰めの報酬』(2009)のマーク・フォースター監督が映画化しました。

突然発生した謎のウィルスに世界中の街が壊滅状態に追い込まれる中、人々が立ち向かう姿を大迫力で描き出します。

共演はミレイユ・イーノス、ダニエラ・ケルテス、ファナ・モコエナ。

映画『ワールド・ウォーZ』のあらすじとネタバレ


(C)2012 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

フィラデルフィアに住む元国連職員のジェリー・レインは、妻のカリンと長女・レイチェル、次女・コニーを学校に送るため自動車に乗っていました。

異常な交通渋滞にはまる中、突如人々が車を放棄して逃げまどい始めます。人間を狂暴化させる謎の疫病が世界各地で流行し、街はゾンビの大群に襲われていました。

車をなぎ倒して暴走する巨大なトラック、窓ガラスに頭を打ちつけて襲うゾンビたち。阿鼻叫喚の中、ジェリーは家族を連れてなんとか逃れます。

途中で出会ったヒスパニックの一家に一晩匿ってもらったレインは一緒に逃げようと誘いますが、彼らは自宅にとどまることを選びます。

しかし、レインたちが出発後すぐ、一家はゾンビに襲われてしまいました。幼い息子だけ生き延び、レインに合流します。

国連事務次官のティエリーから召集を受けたレインは、襲い来るゾンビを振り払い、間一髪で屋上に迎えにきたヘリに乗り込み助け出されました。

大統領も死亡したこと、そして発生源を突き止めワクチンを作る必要があることをティエリーから聞かされるレイン。

上官から派遣チームに加わるよう要請されたレインは、空母に家族を匿ってもらうことを条件に任務を引き受けます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『ワールド・ウォーZ』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『ワールド・ウォーZ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2012 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

韓国に到着したレインは、ゾンビが音に反応することなどについて兵から教えられます。元CIAのバートは、エルサレムは疫病が蔓延する前に壁を築いたため感染者がいないことを話し、その地のモサド高官ユルゲン・ヴァルムブルンに会うようにとレインに言いました。

ゾンビに襲われ多くの犠牲を出しながらも、レインは飛行機に乗り込みエルサレムを目指します。

単身でユルゲンを訪ねたレインは、なぜウイルスに気づいたのかを問います。彼はインド将軍の、「ゾンビと戦っている」という文書を入手したことがきっかけだったと話しました。

壁を見に行ったレインの前で、避難民たちが使用したスピーカーの音に反応した大量のゾンビが高い壁を越えてなだれ込みます。

レインは途中でゾンビに腕を噛まれた兵士のセガンの腕を切り落とし、彼女がゾンビ化するのを防いで助けました。

市民や兵士が次々に襲われますが、レインはアル中の老人や伝染性の少年、身体の欠損した軍人などがゾンビに無視されているのに気づきます。

なんとか飛行機に乗り込んだレインはティエリーに調べてもらったウェールズのWHO研究所に向かうこととなりました。

しかし、機内にゾンビがいたために、瞬く間にゾンビが増殖します。なだれ込むゾンビを前にしたレインはやむを得ず手榴弾を投げつけました。機体は破損し、ゾンビたちは外へ投げ出されていきます。

飛行機は不時着し、レインとセガンは助かりましたが、レインの腹には破片が貫通していました。

ふたりは必死に歩いて研究所にたどり着き、そのままレインは気を失います。目覚めると拘束されており、治療は終わっていました。

研究員らに自分の身元を伝えるために携帯で電話をしたレインは、ティエリーから妻子がカナダの難民キャンプに送られたことを聞きます。レインはすぐに家族のもとに向かおうとしますが、研究員の家族も亡くなったと聞いて思いとどまります。

レインは研究員らにゾンビが致死性の人間を避けることを話し、人病気のふりをすれば彼らに襲われなくなるという仮説を話しました。

別棟にある病原菌を手に入れるために、レインとセガン、研究員が足音をひそめながら向かいます。

ゾンビから身を隠しながら進みますがとうとう物音を立ててしまい、大量のゾンビが襲ってきました。

レインは囮になり目的地へセガンらを向かわせましたが、セガンたちもゾンビに追われ元の研究棟へ戻ってしまいます。

レインはひとり目的の貯蔵庫へたどり着き、さまざまな薬品を箱につめて持ち帰ろうとしますが、一体のゾンビに窓ガラス越しにみつかってしまいました。一か八かでレインは自分に病原菌を打つことを決心します。

数分後、感染したレインはドアをわざと開けてゾンビの真正面に立ちましたが、ゾンビはまったく彼に気づきませんでした。

部屋を出た後も、レインは大きな音を立てわざと大勢のゾンビを呼びますが、彼らは感染患者となったレインには目もくれずに通り過ぎていきます。

仲間のもとに戻り治療薬を打ってもらったレインは、セガンとともに家族のいるカナダへ向かいました。

やがて、人間がゾンビウイルスに感染しなくなると、ゾンビは休眠状態となっていきました。WHOは偽装効果のあるワクチンを開発し、効果を上げていきます。

戦いはまだ始まったばかりです。しかし、レインの前には愛する家族の笑顔がありました。

スポンサーリンク

映画『ワールド・ウォーZ』の感想と評価


(C)2012 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

愛する家族のために命を賭ける男の物語

ハリウッド・スターであるブラッド・ピットが全力で挑むパニック・スリラー大作『ワールド・ウォーZ』。未知のウイルスに侵された地球で、愛する者の命を守るために奔走する人々の姿が描かれます。

2013年に公開された作品ですが、2019年以来猛威をふるうコロナウイルスによって「未知のウイルス」「パンデミック」「WHO」といった言葉を身近に感じている私たちにとっては、その恐怖がより強く実感できることでしょう。

スリルと感動を味わうと共に、やはりブラピはかっこいいと再認識させられる魅力的な作品です。

劇中では、ピット演じる元国連職員のレインが暮らしていたフィラデルフィアの街で、未知のウイルスに侵された人々が次々にゾンビ化していきます。

すごい勢いで大暴走する大型トラック、大群で襲い来る恐ろしい形相のゾンビの描写の半端ない迫力に、自分が常に追われているかのような恐怖感にとらわれます。

レインはまだあどけなさを残すふたりの愛娘と妻を守るために、ふたたび国連の現場へと戻り、ウイルス撲滅のために奔走することとなります。

仕事に復帰する代わりに妻子を空母に守ってもらえるというよりも、仕事を受けなければ空母から追い出すという脅迫めいた状況下での決断でした。後半では、レインは死亡したと思い込んだ軍がレインの妻子をカナダへ放り出すのですから本当にひどい話です。

イスラエルが築いた巨大壁をよじ登り、なだれ込んでくるゾンビの大群の恐ろしいこと。その迫力にただ圧倒されます。

エルサレムでともに戦う美しい女性兵士・セガンとの友情も大きなみどころです。彼女がゾンビに噛まれた腕をすぐにレインは切り落とし、ゾンビ化することを阻止します。

そんな混乱の中でも、ある重要な点に鋭く気づくレイン。それはゾンビたちは健常者しか見えないという真実でした。

無数のゾンビに襲われる中でもそれを見出した彼が、どれほど注意深くて優秀な人物かがよくわかります。このことをきっかけに、勇気あふれるレインは自分の命を賭けてゾンビを倒す切り札を手に入れるのです。

これまで危険な任務をこなしてきたレインが言う「行動こそ命だ」のという言葉に宿る真実が強く伝わって来る一作です。

まとめ


(C)2012 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

愛する家族の命を守るために、常に行動して道を切り開いていく強き男の姿を描く『ワールド・ウォーZ』。自ら製作も務めたという主演のブラッド・ピットの熱意が伝わって来る意欲作です。

未知のウイルスが身近となった現代の私たちにとっては、決して夢物語とは言いきれない怖さがあります。

ゾンビになるという設定は極端としても、感染せず愛する人たちを守るためにどんな行動をとるべきかという命題は変わらぬものともいえるでしょう。

時代背景によって作品のとらえ方がまったく変わるという事実も教えられる作品となっています。

今の時代だからこそぜひ鑑賞してほしい一作です。




関連記事

サスペンス映画

映画『追跡者』ネタバレあらすじ結末との感想評価。キャストのトミーリージョーンズが逃げた事件の犯人を追う!

サスペンス映画『追跡者』は『逃亡者』のスピンオフ作品! スチュアート・ベアードが監督を務めた、1998年製作のアメリカのサスペンス映画『追跡者』。 ニューヨークで起きた殺人事件の犯人として緊急逮捕され …

サスペンス映画

映画『ゴールド/金塊の行方』感想とあらすじネタバレ!ラスト結末も

実在の事件を題材に、マシュー・マコノヒーが自身の制作・主演で映画化した犯罪サスペンス『ゴールド/金塊の行方』をご紹介します。 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは『ゴールド/金 …

サスペンス映画

映画『ボーダーライン ソマリア・ウォー』あらすじネタバレと感想。原作者ジェイ・バハターの登場シーンは主人公の悪夢の中に

近年、そのあるべき姿と存在意義が問われる機会が増え、それをテーマにした映画も数多く作られているジャーナリズムと、それに関わる人々の姿。 新たに混迷を極める地ソマリアに身を投じた、若きジャーナリストの実 …

サスペンス映画

映画『鳩の撃退法』キャスト藤原竜也。津田伸一という天才作家が3つの意味深な鍵を握る

映画『鳩の撃退法』は、2021年8月27日(金)全国公開予定 直木賞作家佐藤正午の小説『鳩の撃退法』が映画化され、2021年8月27日(金)より公開予定です。 映画『鳩の撃退法』は、藤原竜也、土屋太鳳 …

サスペンス映画

三度目の殺人の撮影ロケ地とメイキング舞台裏【福山雅治主演映画】

9月9日(土)より全国の劇場にて上映される映画『三度目の殺人』。 2013年に『そして父になる』でカンヌ国際映画祭審査員賞を獲得した、是枝裕和監督と福山雅治主演という再タッグに、世界的に知られる大御所 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学