Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

映画『スリービルボード』あらすじとキャスト。マーティン・マクドナー紹介も

  • Writer :
  • 桃から生まれた尻太郎

2月1日(木)全国ロードショーの映画『スリー・ビルボード』

第75回ゴールデングローブ賞作品賞ら4冠、トロント国際映画祭観客賞、ベネチア国際映画祭脚本賞、数多くの賞を受賞した今年大注目の作品です。

名優揃いのキャスト陣や監督のプロフィールをご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『スリー・ビルボード』の作品情報


(C)2017 Twentieth Century Fox

【公開】
2018年(イギリス映画)

【原題】
Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

【監督】
マーティン・マクドナー

【キャスト】
ウディ・ハレルソン、フランシス・マクドーナンド、サム・ロックウェル、アビー・コーニッシュ、ピーター・ディンクレイジ、ケレイブ・ランドリー・ジョーンズ、ケリー・コンドン、キャスリン・ニュートン、フランシス・マクドーマンド、ジョン・ホークス、ジェリコ・イヴァネク、ルーカス・ヘッジズ、クラーク・ピータース、サマーラ・ウェイビング、ニック・サーシー、サンディ・マーティン

【作品概要】
『セブン・サイコパス』などのマーティン・マクドナー監督&脚本を担当。

ゴールデングローブ賞では作品賞、脚本賞、主演女優賞、助演男優賞の4冠を達成しました。

2.映画『スリー・ビルボード』のあらすじ

(C)2017 Twentieth Century Fox

ミズーリ州のエビングで10代の女の子が被害者の強姦殺人事件が起きました。

悲惨な事件にも関わらず犯人が見つからないまま7ヶ月が経ってしまいます。

警察の体たらくな状況に被害者の母ミルドレッドは憤怒し、ビル・ウィロビーという保安官を名指しで批判する内容を含む3枚の大きな広告看板を出しました。

その行動に名指しされたウィロビーとレイシストの警官ディクソンもまた怒りを覚えていた。

ディクソンは広告代理店のオーナーを脅迫し、それに止まらず無実のミルドレッドの友人デニスを薬物所持の罪で逮捕、釈放も拒否しました。

そして困惑したエビングの住民にもミルドレッドは嫌がらせをされてしまいます。

そんな時、膵臓癌を宣告されていたウィロビーは吐血したことをきっかけに死期を悟り、自らの命を経ってしまいます。

タイミングがタイミングだっただけに、エビングの住人は騒ぎ立ちミルドレッドへの風当たりはさらに強いものになり、広告看板は放火されてしまいました。

しかしウィロビーは遺書を残しており、それを読んだディクソンは心を改めもう一度事件に真剣に取り組もうとします。

すると事件と同じ手口で女性をレイプしたという男が容疑者として見つかります。しかしアリバイがあり犯人と特定するのは難しいことでした。

ディクソンはミルドレッドに連絡しその旨を伝え、ふたりは男の住むアイダホへと向かいます…。

スポンサーリンク

3.映画『スリー・ビルボード』のキャストプロフィール

フランシス・マクドーマンド(ミルドレッド役)

アカデミー主演女優賞の『ファーゴ』(1996)

1957年生まれのイリノイ州シカゴ出身。アカデミー賞、エミー賞、トニー賞でいずれも主演女優賞を受賞し3冠を達成されています。

大学生時代のルームメイトの繋がりでコーエン兄弟と知り合い、以降彼らの監督作品の常連としておなじみになりました。

私生活でも1984年にジョン・コーエンと結婚されています。

本作で2度目のアカデミー賞主演女優賞を受賞なるかも今からドキドキですね!

代表作に『ファーゴ』『オリーブ・キタリッジ』『あの頃ペニー・レインと』などがあります。

サム・ロックウェル(ディクソン役)

映画『月に囚われた男』(2009)

1968年生まれのカリフォルニア州デイリーシティ出身。

ジョージ・クルーニーの初監督作品『コンフェッション』で、ベルリン国際映画祭の銀熊賞を受賞されています。

映画『月に囚われた男』で全編ひとり芝居をしたことでも度肝を抜かれました。実力派の個性派俳優としての地位を確固たるものとしています。

『グリーンマイル』での腹立たしく最悪な殺人犯から『ミュータント・タートルズ』まで本当に幅広い活躍を見せています。

今作ではどのような表情を見せてくれるのでしょうか。今から楽しみですね。

代表作に『月に囚われた男』『グリーンマイル』『チャーリーズ・エンジェル』などがあります。

ウッディ・ハレルソン(ウィロビー役)

メッセンジャー(2009)


1961年生まれのテキサス州ミッドランド出身。ゴールデングローブ賞など数々の賞のノミネート常連組です。

悪役を演じることが多いのですが、現実でも警察を殴るなど問題行動が多いことでもおなじみで、個人的に愛すべきエピソードです。

少し穿った見方かもしれませんが、あくまで“演技“とは言え「あっ実際に怖い人なんだ」と知りながら観ると劇中の怖さも倍増しますよね。

「スターウォーズ」の新シリーズの続編にも出演するということで、これからも注目の俳優です。

代表作に『ノーカントリー』「グランド・イリュージョン」シリーズなどがあります。

ジョン・ホークス(チャーリー役)

『ウィンターズ・ボーン』(2010)

1959年生まれのミネソタ州アレクサンドリア出身。映画『ウィンターズ・ボーン』でインディペンデント・スピリット賞助演男優賞を受賞。

『ウィンターズ・ボーン』での鬼気迫る演技には痺れましたね!

また過去にバンドやミュージカルグループに属していたこともあり、音楽にも造形が深い俳優です。

実際の詩人マーク・オブライエンを演じた『セッションズ』でも注目を集めたことも、まだ記憶に新しいです。

代表作に『ウィンターズ・ボーン』『セッションズ』『マーサ、あるいはマーシーメイ』などがあります。

アビー・コーニッシュ(アン役)

オーストラリア映画協会賞主演女優賞受賞『15歳のダイアリー』(2004)


1982年生まれオーストラリアのニューサウスウェールズ州出身。

13歳からモデルとしてデビューし、映画『15歳のダイアリー』『キャンディ』でオーストラリア批評家協会賞を受賞し注目を集める。

ザック・スナイダー監督の『ガフールの伝説』では声の出演もこなすなど、幅広く活躍されています。今後も目が離せない女優です。

代表作に『15歳のダイアリー』『キャンディ』『プロヴァンスの贈りもの』などがあります。

3.マーティン・マクドナー監督のプロフィール

初監督作品『ヒットマンズ・レクイエム』(2008)

マーティン・マクドナー監督は、1970年生まれのイギリスのロンドン出身。

本作が3本目の監督作ですが、兄のジョン・マイケル・マクドナーも映画監督をしています。

マーティン監督の監督デビュー作は『ヒットマンズ・レクイエム』。この作品で英国アカデミー賞のオリジナル脚本賞を受賞しています。

元々は舞台の戯曲の脚本家であり、戯曲『ウィー・トーマス』でオリヴィエ賞最優秀新作コメディ賞を受賞。

他にも数多くの戯曲を手掛けており、ブロードウェイなどで上演されています。

トロント国際映画祭ミッドナイトマットネス部門観客賞
『セブン・サイコパス』(2014)

北野武監督のファンであることを公言しており、自身の映画『セブン・サイコパス』で劇中、主人公が北野作品の映画『その男、凶暴につき』を観ているというシーンが登場していましたね。

また使用した理由を「このシーンも、映画自体も、北野武も大好きだから」とコメントしています。

スポンサーリンク

まとめ

(C)2017 Twentieth Century Fox
2018年は初頭から『キングスマン:ゴールデンサークル』に、『パディントン2』とイギリス映画の名大作がぞくぞくと公開されていきますね。

その勢いも相まって『スリー・ビルボード』の期待値がうなぎ登りで2月が待ちどうしい限りです!

早くも2018年のアカデミー賞有力候補と囁かれている作品ですので、是非みなさんも劇場でチェックしてみて下さい。

2月1日(木)全国ロードショーです!!

関連記事

サスペンス映画

三度目の殺人タイトルの意味考察と事件の真相を解説!広瀬すずは犯人?

“本当は、なんで殺したと思ってるんですか?本当のことに興味はないのかな、あなたはー。” 円熟期に達した是枝裕和監督、ついにホームドラマの枠を脱ぎ捨て、人間の罪の“真実”に挑み描いた作品、それが『三度目 …

サスペンス映画

映画『ラプラスの魔女』あらすじネタバレ。感想「東野圭吾の原作に新ジャンル説⁈」

2018年最大の衝撃となる驚愕のミステリー!映画『ラプラスの魔女』は、5月4日(金・祝)より公開。 東野圭吾の同題ベストセラー小説を三池崇史監督によって映画化。主演は嵐の櫻井翔。三池監督とは9年前の『 …

サスペンス映画

サイレントトーキョーの朝比奈の切ない結末考察。小説と映画の内容から比較解説。意味深な“クリスマスの計画”とは何?

映画『サイレント・トーキョー』は2020年12月4日(金)より公開。 秦建日子の著作『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』が、佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊らの豪華キャスト …

サスペンス映画

映画『鵞鳥湖の夜』ネタバレ結末の解説と内容考察。ラストの心象がシスターフッドという意外性も相まって忘れがたい秀作

『鵞鳥湖の夜』は2020年9月25日(金)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町&渋谷ほかにて公開! 『薄氷の殺人』(2014)でベルリン国際映画祭金熊賞、銀熊賞(男優賞)をダブル受賞した中 …

サスペンス映画

映画『トーナメント(2018)』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

『ウォーキング・デッド』の監督ジュリアス・ラムゼイが手がけた映画『トーナメント』。 本作の上映は渋谷ヒューマントラストシネマにて、2018年7月21日から7月27日まで、2018年9月9日からシネ・リ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学