Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

【ネタバレ】エノーラ・ホームズの事件簿2|結末あらすじ感想と評価考察。エノーラとシャーロックがお互いを導き合うバディムービー|Netflix映画おすすめ120

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第120回

名作小説「シャーロック・ホームズ」シリーズから設定を借用した人気小説「エノーラ・ホームズの事件簿」。

エドガー賞を受賞したこの小説を映像化した『エノーラ・ホームズの事件簿』(2020)は作中に込められたメッセージと冒険映画としてのクオリティが話題となり、新型コロナウイルスの影響によって劇場公開はされなかったものの配信映画として人気を集めました。

今回はそんな前作よりさらに「メッセージ性」と「シャーロック・ホームズ」シリーズとしての深堀がされた続編作品『エノーラ・ホームズの事件簿2』(2022)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『エノーラ・ホームズの事件簿2』の作品情報


Netflix映画「エノーラ・ホームズの事件簿2」11月4日(金)より独占配信

【配信】
2022年(イギリス・アメリカ合作映画)

【原題】
Enola Holmes 2

【監督】
ハリー・ブラッドビア

【脚本】
ジャック・ソーン

【キャスト】
ミリー・ボビー・ブラウン、ヘレナ・ボナム=カーター、ヘンリー・カヴィル、ルイス・パートリッジ、デビッド・シューリス、スーザン・ウォーコマ、アディール・アクタル、シャロン・ダンカン=ブルースター

【作品概要】
ナンシー・スプリンガーによる小説「エノーラ・ホームズの事件簿」シリーズを原作にした長編映像化作品第2弾。

ドラマ「ストレンジャーシングス 未知の世界」でブレイクしたミリー・ボビー・ブラウンや『ジャスティス・リーグ』(2017)のヘンリー・カヴィルなど、前作に登場したキャストが引き続き同役で出演しました。

映画『エノーラ・ホームズの事件簿2』のあらすじとネタバレ


「テュークスベリー事件」を解決し探偵事務所を立ち上げたエノーラでしたが、若い女性であることや兄であるシャーロック・ホームズの名声が足を引っ張り、依頼が来ることもなくすぐに廃業に追い込まれてしまいます。

退去の日、事務所に少女ベッシーが現れ、1週間前に失踪した血の繋がらない姉のサラを探して欲しいとエノーラに依頼します。

ベッシーの家を訪ねたエノーラは姉妹が貧困街に住んでいることや、サラが日夜何かの研究をしていたことを知ります。

サラの昼職の職場であり、工場内でチフスが流行し作業に当たる多くの女性従業員が死亡している「ライオン・マッチ工場」に潜入したエノーラ。

サラが工場の現場監督クラウチと揉め事を起こしていたことを知ったエノーラはオフィスに潜り込み、サラの痕跡と何者かによって破かれた名簿を発見します。

上流階級の人間であり社長のライオンは何かのトラブルを抱え、財務省大臣マッキンタイア卿と共にトラブルの対応のために奔走していました。

夜、エノーラは工場を訪れていたマッキンタイアの秘書ミラ・トロイを尾行しサラが夜職として働いていた劇場「シカの角」にたどり着きます。

「シカの角」にはエノーラの捜査を疎ましく思うベッシーの同居人メイがダンサーとして働いており、サラを「上流階級の男」が狙っていたことを聞き出します。

帰り道、シルクハットを被った男性に尾行されるエノーラは街中で泥酔したシャーロックを発見し、シャーロックをベイカー街の家へと運んだエノーラは彼が追う金融犯罪に興味を持ちます。

珍しくシャーロックは事件の捜査に行き詰まり、推理に集中したことで生活がめちゃくちゃになっていることからエノーラは同居人が必要だと言いますが、シャーロックは自分の事件に首を突っ込もうとしているエノーラを厳しい言葉で批判し、激昂したエノーラはシャーロックの家を出て行きました。

市民から絶大な人気を集める議員となったバジルウェザー・テュークスベリーと公園で再開したエノーラは彼との何気ない言葉から、「シカの角」に残されていた手紙に隠された暗号を解き明かします。

暗号が示す住所にあるアパートを訪れたエノーラは何者かに荒らされた部屋の中に刺されたメイが倒れている姿を発見。

目の前で事切れたメイは「ゴッドの真実」と書かれた楽譜を所持しておりエノーラはすぐに服の中にしまいますが、そこに通報を受けたレストレード警部とグレイル警視が現れます。

エノーラを犯人と決めつけ逮捕しようとするグレイルを蹴り飛ばしたエノーラは逃げ出し、一方でレストレードはシャーロックを訪ねます。

シャーロックは消えた政府の金を追っており、レストレードはエノーラの行方よりもシャーロックの追う事件に目が釘付けになりますが、不機嫌なシャーロックに追い出されてしまいます。

実はシャーロックの家にはエノーラが匿われており、話を盗み聞きしていたエノーラはシャーロックの事件を詳しく聞き出します。

シャーロックは消えた金の行方を追っていましたが、犯人はシャーロックを上回るほどに知略に長けており、さまざまな銀行に匿名の口座を作ることでシャーロックの捜査を翻弄していました。

逆にエノーラが巻き込まれている事件の詳細を聞くシャーロックはエノーラが時間をかけて見つけた暗号を一瞬で読み解きます。

自分を尾行した「シルクハットの男」がグレイルだと確信するエノーラにシャーロックは事件現場から逃げたことや個人的感情に身を任せていることを叱責し、後の捜査は自分が行うとして証拠である楽譜を持ち一人で出かけてしまいます。

ひとりシャーロックの部屋に残されたエノーラは新聞記事から、サラに思いを寄せていた相手がライオンの息子ウィリアムであることに気づき舞踏会へと潜入しますが、上流階級の常識に疎いエノーラはライオンたちに不審がられてしまいます。

一方、メイの殺人現場を捜査するシャーロックはエノーラの追う事件が自身の追う事件に繋がっていることを感じ始めていました。

シャーロックは犯人が分散させた銀行の場所を繋ぎ合わせることでダンス用語を使った暗号になることを突き止めます。

ウィリアムに近づく方法を模索するエノーラは、自身に突然近づいてきたトロイから上流階級の生き方は自分の役割を全うする「ゲーム」のようなものと言われると舞踏会でダンスをするために必要な「ダンスカード」を貰います。

エノーラは何としてでもウィリアムに近づくために舞踏会を訪れていたテュークスベリーからダンスを教わり、ウィリアムとワルツを踊ります。

筆跡からサラに手紙を送った相手がウィリアムであることを確信していたエノーラがウィリアムを問い詰めると、彼はあっさりと関係を認め別室での密会を希望。

間が悪く別室にはテュークスベリーとエノーラを追っていたグレイルとレストレードが現れ、エノーラはテュークスベリーに証拠の手紙を託すと警察に連行されました。

その頃、暗号を解き明かしたシャーロックは翻訳された言葉が「モリアーティ」から自分への挨拶となっていることに気づきます。

牢の中でグレイルと対峙したエノーラは、グレイルの着る服が警察にしては高級なものであることから彼がサラを追う犯人の一味と気づきます。

エノーラの逮捕を聞き警察署に駆けつけたシャーロックはメイの殺人現場に残された証拠から犯人がグレイルを含む「複数の警察官」であることを指摘しますが、エノーラを殺害犯として立件するために証拠を捏造するグレイルはシャーロックを追い出しました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『エノーラ・ホームズの事件簿2』のネタバレ・結末の記載がございます。『エノーラ・ホームズの事件簿2』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

Netflix映画「エノーラ・ホームズの事件簿2」11月4日(金)より独占配信

シャーロックは絞首刑が迫るエノーラを救うためエノーラに戦闘を教えたエディスに助けを求めると、エディスは過激な活動家であるエノーラとシャーロックの母親ユードリアに連絡を取り、ユードリアは刑務所を爆破しエノーラを救出。

エノーラから事件の概要を聞いたユードリアは、サラが何か大きな秘密を知ってしまったことで命を狙われていると助言します。

追手とグレイルに追いつかれたエノーラとエディス、ユードリアでしたが、3人は卓越した戦闘能力で追っ手を撃退し逃亡。

ユードリアとエディスは自立することと孤独であることは同じではないと言うとエノーラに別れを告げました。

ベッシーの部屋を訪れたエノーラはサラの残した化学薬品や植物をもう一度見た上で、数日間に身の周りで起きていた全てを思い返しある結論に辿り着きます。

テュークスベリーの部屋を訪れたエノーラは、マッチ工場でチフスで死亡されたとされていた女性たちは実はマッチの主原料である白リンで死亡しており、科学を勉強していたサラはその事実を知ったことで命を狙われているとテュークスベリーに話します。

途中で舞踏会で出会ったシシリーが部屋を訪ねて来ますがテュークスベリーが追い返すと、エノーラは舞踏会で見かけたシシリーの行動を思い出し彼女こそがサラであると気づきました。

サラはすでに姿を消しており、不正の証拠を掴むためにマッチ工場に侵入したエノーラは同じく侵入していたシャーロックと再会。

シャーロックはモリアーティが残した暗号がマッチ工場へ導いていたと語り、オフィスへと潜り込むとそこにはウィリアムの死体がありました。

2人で部屋を観察し、エノーラはウィリアムの殺人犯がグレイルであることとその黒幕がマッキンタイアであると推理しますが、シャーロックは残された証拠の違和感から黒幕がモリアーティであると確信。

ウィリアムが握り込んでいた楽譜の切れ端の暗号を解いたエノーラは暗号が示す場所にシャーロックとテュークスベリーを連れて向かいます。

暗号が示す「シカの角」の席でライオンとマッキンタイアの間で結ばれたマッチの主原料を赤リンから危険な白リンに替えることで利益を得ていた不正の証拠と、白リンによる病気の発症をチフス感染による死と偽装されて彼らに殺害された女性の名簿を見つけサラと合流した3人。

するとその場にグレイルと複数人の警察官がベッシーを人質に取り現れ証拠を渡すようにと脅迫しますが、ベッシーの機転によってそれぞれが乱闘にもつれ込みます。

エノーラ、テュークスベリー、シャーロックがそれぞれ奮闘しグレイルたちを撃退すると、そこにシャーロックが呼び出したマッキンタイアとレストレードが現れサラをマッキンタイアに対する恐喝容疑で逮捕しようとします。

シャーロックはサラの逮捕を止めると、全ての事件を裏で操っていた「モリアーティ」はマッキンタイアの秘書であるトロイであると指摘。

マッキンタイアとライオンの不正を一番身近で目撃し匿名で恐喝していたトロイでしたが、サラによって不正の証拠が奪われたことで恐喝行為が破綻してしまい、恐喝の再開のために金で雇ったグレイルや汚職警察官を使い証拠の回収を行おうとしていたのでした。

「ミラ・トロイ」が「モリアーティ」のアナグラムであることをシャーロックが語ると、トロイは事実を認めた上で奴隷としての境遇を受ける女性である自分が、不正に溺れるマッキンタイアから能力相応の対価を得ようとしただけと語り警察に連行されます。

どさくさに紛れ不正の証拠を燃やしたマッキンタイアを追い詰めることが出来ず、サラとベッシーは落胆。

数日後、エノーラの提言によってマッチ工場に出社したサラは従業員の女性たちに工場で行われた不正の全てを告発すると、団結し立ち上がることを求めます。

仕事を失うことを恐れる女性たちはサラと共にストライキを起こすことを躊躇いますが、ベッシーやエノーラによる後押しもあり、全員が業務を捨て工場を出て行きました。

エノーラの功績は話題となり、エノーラはエディスの道場の中に探偵事務所を開設。

テュークスベリーとレストレードの執念によってマッキンタイアは逮捕され、シャーロックはエノーラの実力を認めます。

シャーロックはエノーラを守るためにも探偵事務所の共同経営を提案し彼女は自身への評価に喜びますが、エノーラは兄の影に隠れる人生を良しとせず独立を決めます。

エノーラはシャーロックに他の人間との共同経営を行うべきと助言すると木曜日にシャーロックとアポイントを取り、事件を機に結ばれたテュークスベリーと事務所を出て行きました。

木曜日、モリアーティが脱獄したことを新聞で知ったシャーロックはエノーラとの約束の時間に鳴ったドアベルに反応しドアを開けます。

そこには若い女性に案内されたと言う部屋を探す男性が立っており、シャーロックはエノーラが仕向けたことだと悟ると男性を部屋に招き入れます。

シャーロックが名前を尋ねると男性は「ジョン・ワトソン」と名乗りました。

スポンサーリンク

映画『エノーラ・ホームズの事件簿2』の感想と評価


Netflix映画「エノーラ・ホームズの事件簿2」11月4日(金)より独占配信

シャーロックとエノーラがお互いを導き合うバディムービー

コナン・ドイルによる名作小説シリーズが作品の基盤としてある以上、避けては通れない登場人物である名探偵「シャーロック・ホームズ」。

前作では半人前であるエノーラを保護し導く存在としてシャーロックが物語に介入していましたが、本作では裏ですべてを支配する犯罪者「モリアーティ」と対峙する主人公格のひとりとして登場します。

エノーラを遥かに上回る絶対的な推理力を持つためシャーロックは「探偵役」として物語を展開させていきますが、本作では天才であるゆえに深い「孤独」を抱えるシャーロックをエノーラが導いていくことになります。

独立独歩で事件を切り開いていくシャーロックに対し、さまざまな人を巻き込み協力することで事件の全体像を掴んでいくエノーラ。

ふたりの探偵がお互いを導き合いながら入り組んだ事件に立ち向かっていく、探偵映画としての魅力も詰まった作品でした。

実話を基に構成された「抵抗」の物語


Netflix映画「エノーラ・ホームズの事件簿2」11月4日(金)より独占配信

本作に登場し事件の中心人物となるサラ・チャップマンと言うキャラクターは実在した同名の人物がモデルとなっています。

実在のサラは1888年にマッチ製造会社「ブライアント&メイ」で発生したマッチガールによるストライキを先導した人物として著名であり、イギリスでは2022年になっても「職場での男女平等と公平性」を訴えた人物としてその功績が評価されています。

当時「ブライアント&メイ」は蒸気によって健康被害を引き起こす白リンを原料としたマッチを適切な防護措置のないまま生産しており、多くの従業員が「リン中毒性顎骨壊死」を発症し症状の出たおよそ20%の従業員が死亡していました。

症状を訴えると解雇を提示され、職業選択に自由のなかった女性従業員たちは状況の改善を訴えることができない状態でしたが、サラ・チャップマンによる大規模なストライキの扇動によって、政治家を巻き込む騒動となり状況が改善されることとなりました。

映画『エノーラ・ホームズの事件簿2』はこの一連の騒動と登場人物を下敷きとしており、女性の自立を過去の虐げられていた時代を背景に前作以上に強く描いていました。

まとめ


Netflix映画「エノーラ・ホームズの事件簿2」11月4日(金)より独占配信

続編映画として前作のもう少し観たかった部分を大きく進化させた映画『エノーラ・ホームズの事件簿2』。

「シャーロック・ホームズ」シリーズからはシリーズの最重要人物となるふたりの登場人物が「エノーラ・ホームズの事件簿」の世界に参加し、「シャーロック・ホームズ」好きにはたまらない展開となっています。

実在の事件をベースにした「エノーラ」の自立と成長の物語としても前作以上に陽気で楽しめる作品となっており、前作を楽しめた人には必見の続編映画となっていました。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

関連記事

サスペンス映画

『死刑にいたる病』映画原作ネタバレあらすじと感想解説。犯人は誰か?小説チェインドッグの猟奇殺人犯の“真の恐怖”とは

櫛木理宇の小説『死刑にいたる病』が2022年5月6日(金)に映画公開決定! 小説『死刑にいたる病』は、2015年7月刊行の『チェインドッグ』を改題の上、2017年10月に文庫化された櫛木理宇のサスペン …

サスペンス映画

『蜘蛛の巣を払う女』ネタバレ感想レビューと結末解説。双子の姉妹カミラの存在と罠とは⁈

天才ハッカー、リスベットの活躍を描く、世界的なベストセラーを誇るミステリー小説「ミレニアム」シリーズを映画化した『蜘蛛の巣を払う女』。 2011年に公開された『ドラゴン・タトゥーの女』の続編にあたりま …

サスペンス映画

映画『68キル』あらすじと感想レビュー。高橋ヨシキもビジュアルで参戦!

映画『68キル』は、2018年1月6日より特集上映「未体験ゾーンの映画たち2018」で公開されています。 日本版ポスターのデザインは、映画ライターの高橋ヨシキさんが手掛け、「ちょっと待て、その優しさが …

サスペンス映画

『ブリッジ・オブ・スパイ』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の解説。実話映画を得意なスピルバーグが描く“冷戦下のスパイ交換”

実際に米ソ冷戦下で起こった「スパイ交換」をスリリングに描く良作 米ソ冷戦下で起こった実話をジョエル&イーサン・コーエン兄弟を脚本に迎え、スティーブン・スピルバーグ監督が描くサスペンスドラマ。 ソ連スパ …

サスペンス映画

映画『かごの中の瞳』あらすじと感想レビュー。上映館情報も

映画『かごの中の瞳』は9月28日(金)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開。 夫であるジェームズの赴任先のタイ・バンコクで、妻のジーナはともに結婚生活を過ごしていましたが、彼女は子どもの頃に遭 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学