Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2017/07/21
Update

サイバーリベンジャーあらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

2017年7月15日~8月18日まで開催される、新宿シネマカリテの特集企画「カリコレ2017/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017」をご存知でしょうか。

その中から今回ご紹介する映画は『サイバー・リベンジャー』。

ジェームズ・ボンド5代目のピアース・ブロスナンと、『ダイ・ハード ラスト・デイ』のジョン・ムーア監督がタッグを組み、愛する家族をサイバー攻撃を守る父親の戦いを描くサスペンス映画です!

スポンサーリンク

1.映画『サイバー・リベンジャー』の作品情報

【公開】
2017年(アイルランド・フランス・アメリカ合作映画)

【監督】
ジョン・ムーア

【キャスト】
ピアース・ブロスナン、ジェームズ・フレッシュビル、アンナ・フリエル、ステファニー・スコット、ミカエル・ニクビスト

【作品概要】
007ジェームズ・ボンド5代目のピアース・ブロスナンと『ダイ・ハード ラスト・デイ』のジョン・ムーア監督がタッグを組み、愛する家族をサイバー攻撃から守る父親の姿を描くサスペンス映画。

エド役に『美しい絵の崩壊』のジェームズ・フレッシュビル。新宿シネマカリテの特集企画「カリコレ2017/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017」(17年7月15日~8月18日)上映作品。

2.映画『サイバー・リベンジャー』のあらすじとネタバレ


(C)2016 I.T. PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

プライベートジェットを運用する会社を営むマイク・リーガンは、「オムニジェット」と呼ばれるアプリ開発のプレゼンを行なっていました。

このプレゼンは株式上場に必要な資金を調達を求めるもので、米国証券取引委員会の承認を得てビジネスを拡大させることが目的でした。

しかし、大切なプロジェクト中に機械トラブルが発生します。

マイクの秘書はIT部門で働く派遣社員の28歳の青年エド・ポーターを呼び、マイクは青年にトラブルを解決してもらい事なきを得ました。

このことをきっかけに、マイクはポーターに好感を持つと自宅に招き、家庭用WiFiの調子が悪いと修理を頼みました。

ポーターはマイクのコンピューター制御された最先端のスマートホームを訪ねると、マイクの新車に搭載されたGPSをいとも簡単に軍事用にアップグレードさせるなどして、マイクを驚かせます。

そんなポーターは以前にアメリカ国家安全保障局で働いた経験を名乗り、カンダハールで軍事演習に参加していたことをマイクに語ります。

マイクのポーターを食事に誘うと、愛する妻ローズや17歳の愛娘ケイトリンを紹介します。

その後、ポーターは自宅に帰宅すると、興味を抱いたケイトリンにソーシャルメディアを通じて友達申請を送信します。

すると、ケイトリンと申請を許可しますが、ポーターは一方的な愛情を抱くようになります。

やがて、ポーターは少しずつ家族のプライバシーに干渉するようになていきます。

警戒して不安になったマイクは距離を置くだけでなくマイクを会社から解雇してしました。

その態度にポーターは逆恨みの逆上。自身のスキルを総動員して、マイクとその愛する家族に対してサイバー攻撃を仕掛けるようになります。

ポーターは自宅にあるパソコンを使い、マイクのプライベートデータにリモートからアクセスを始めます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『サイバー・リベンジャー』ネタバレ・結末の記載がございます。『サイバー・リベンジャー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

マイクの豪邸のセキュリティカメラやデバイスを介して、スマートホームに停電と爆音でパンクロックの曲を流すなどのイタズラ行為にはじまり、秘密裏にマイクの家族を監視も行います。

そんな折、ポーターは関していたケイトリンがシャワー室で自慰行為をする姿も盗撮。

さらには、マイクの会社の顧客と米国証券取引委員会に偽の電子メールを送信し、会社の生存を脅かします。

ポーターはIT技術を駆使し、マイクの会社とプライベートな家族を完全に支配してしまったのです。

今度は偽の電子メールを使用して、ポーターはローズが行なっていた乳がん検診の陽性反応が出ていると逆の嘘のマンモグラムの結果を送信します。

ローズは不安のどん底に落ちてしまいますが、彼女の主治医に連絡を取ると、彼女の検査結果は陰性だと言われ、ポーターの仕業だと理解しました。

そのことに怒りを覚えたマイクはポーターに会いにいくと、自分の家族に今以上に手出しをすれば、ポーターを容赦しないと暴行を加えて脅します。

その後、ポーターはケイトリンを盗撮した映像をネットにアップロードして、彼女の同級生たち全員にその映像をばら撒きました。

何も知らないケイトリンは、その事実を困惑したボーイフレンドから知らされ激昂します。

彼女はスマートハウスが設置された家のせいでポーターに撮られた父マイクを責めます。

その娘ケイトリンの様子に再度怒りが込み上げてきたマイクは、ポーターの自宅に車を運転して走らせますが、ポーターはその車内もまた監視しています。

ポーターは車のナビゲーションシステムを使いマイクに電話をかけ、娘ケイトリンの自慰行為の映像をナビ画面に送ります。

その後、ポーターは車のブレーキシステムを遠隔から作動させ、近くに停車中のトラックに当たり車は事故に合い破壊されます。

激しい事故にあったマイクだが生命に異常はなく、自宅に帰った彼は昔の友人に電話を掛けて協力を求めます。

マイクはITエキスパートのヘンリックにサイバー攻撃撃退のサポートを依頼。

ヘンリックはマイクの家がスマートハウスというネット回線だったので、すべての技術システムを破壊しました。

次に過去にインターネット上に残るマイク本人と、その家族ローザとケイトリンのすべての電子メール、銀行口座、コンピュータファイルを削除していきます。

やがて、ヘンリックは、ポートマンの本名を調べ上げるとリカルド・エドワード・ポートマンであることを突き止めます。

また、彼の父親は6歳のときに自死したことや、アメリカ国家安全保障局で働いたことが無い事実も明らかにし、写真にあったカンダハール兵士の彼は画像偽造であることもマイクに伝えました。

さらに、ポーターは薬物依存で精神疾患がある最悪の人物を敵にしたこともあかします。

ヘンリックはポーターの自宅アパートから証拠品を押収するために、ポーターが必要にストーカーとして執着しているカフェのウェイトレスからスマホを盗み出します。

その後、ヘンリックはそのスマホを使い彼女に成りすまして、ポーターをカフェに来るようにSNSで誘い出します。

マイクはその隙にポーターの自宅に侵入。部屋に監視カメラを仕掛けた後、証拠品の在りかを探すマイク。

しかし、ウェイトレスが自分のスマホがないことに気がつくと、ポーターも誘い出されたことがマイクの罠であることに気がつき、位相で自宅に戻ります。

なんとか手こずりながらもマイクは証拠品を見つけ出しました。

その時、既にポーターは自宅に駆けつけ、ポストに隠してあった銃を取り出して、部屋に潜むマイクを探します。

ヘンリックは監視カメラでポーターの行動を観察しながらマイクを誘導。ポーターは非常階段でマイクの姿を発見しますが、銃声が響くだけでマイクは逃げおうし無事に脱出します。

ヘンリックは機転を利かせ警察に連絡してあったことで銃を所持していたポーターは逮捕されてしまいます。

マイクは証拠品を奪取する作戦が成功したことでヘンリックに謝礼金を払い彼の任務をときます。

その後、警察に証拠品を持参したマイクでしたが、刑事はこれをどのように手に入れたかと逆に尋問されてしまいます。

さらに、ポーターは自作自演の怪我を起こした後に、警察官に不法侵入で必要に嫌がらせをしたのはマイクの方で、彼こそが真犯人だと供述。

刑事ポーターの証言を信じて、マイクは警察署の奥へと連行されていきます。

やがて、無実であることが証明されたマイクは釈放され、妻ローズと娘ケイトリンのいる自宅に戻りますが、2人の姿が見当たりません。

マイクは恐る恐る屋敷の奥の部屋に入っていくと、愛する妻と娘は縛り上げれ銃を突きつけるポーターがいました。

ポーターはマイクをタフガイなど小馬鹿にしながら優位にいる自分の状況を楽しんでいます。

しかし、その状況でも愛する家族を守り抜くと決めたマイクはポーターに飛びかかり乱闘。ポーターは頭部を強打するも必要にマイクに襲い掛かります。

ポーターは持っていた銃を発砲。すると弾丸は窓ガラスを撃ち抜き、外で吹き荒れる嵐の雨風が吹き込み、取っ組み合いとなったマイクとポーターはバルコニーに飛び出しました。

遂にマイクは優勢となり、ポーターの胸に銃を突きつけ発砲しようとするが、縛られた妻ローズは必死にマイクにポーターを撃たないように懇願します。

やがて、しばらくして、プライベートジェットを運用するマイクは「オムニジェット」とのアプリケーションの開発を成功させ、愛する家族とも平穏な家庭を取り戻しました。

スポンサーリンク

3.映画『サイバー・リベンジャー』の感想と評価


(C)2016 I.T. PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

この作品は過去にジェームズ・ボンドの5代目役を務めていたのピアース・ブロスナンが、少し歳を重ねて新たな役柄に挑んだ作品です。

歴代のジェームズ・ボンド役を演じた俳優たちが、007とは異なったキャラクターを演じて、サスペンスやアクション映画に挑んだ作品は過去にもいくつかあります。

初代ジェームズ・ボンドを務めたショーン・コネリーの場合なら、1987年『アンタッチャブル』と1988年『プレシディオの男たち」。

3代目ジェームス・ボンドのロジャー・ムーアの場合なら、1979年『北海ジャック』と1980年『シーウルフ』などがあります。

代表作としてネームバリューもある当たり役な007ことジェームス・ボンドから必死にイメージチェンジを図るのも彼らゆえの悩みですよね。

ピアース・ブロスナンも同様であり、歴代のボンドたち同様に小品な映画ではありますが、これはこれで映画ファンに楽しめる作品と言えます。

かつてのジェームス・ボンドの面影を持ちながら、一粒で2度美味しいといった映画作品なのかもしれませんね。

今作『サイバー・リベンジャー』の主人公マイク・リーガンは航空会社の社長。出世して偉くなりすぎた自分を他人任せてで自ら動くことができなくなったことを自負しています。

そこで、かつての007とは異なり、黒マスク(ダサい)の目出し帽をかぶるなど、所どころにユーモアも配した点などが見どころといえるでしょう。

また、適役のポーターを“ITガイ”と呼び、まさに運び屋さん(ポーター)のように彼を都合よく利用していたマイクは、後半のピンチの場面ではポーターから“タフガイ”と小馬鹿にされたりする点にもそんなところは見えます。

さらには、ポーターとヘンリックという、“ある意味で変な客人”を引き込んで呼んでしまうのが、困った主人公マイクなのです。

小品ながらサスペンス映画のごった煮の要素と、ちょっぴりユーモアのある具の詰まった作品。

近頃のCGI技術の大作ハリウッド映画に疲れたあなたには、このくらい気楽に見られる映画は時には楽しいものですよ。

スポンサーリンク

まとめ

新宿シネマカリテで開催中の「カリコレ2017/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017」は7月15日~8月18日まで開催。

かつて、最新鋭の秘密兵器を使いこなしていた007ジェームス・ボンドが、IT技術のインターネットまるでダメというキャラクターで映画ファンを楽しませてくれる

裏読みすればコミカルな作品!それが『サイバー・リベンジャー』です!

ぜひ、お見逃しなく!

スポンサーリンク

関連記事

サスペンス映画

デスノートLight up the NEW worldあらすじネタバレと感想!ラスト結末も

11月17日に地上波「金曜ロードSHOW!」にて放送される、前作から10年のときを経て製作された、正統な映画『デスノート』続編。 一見無謀のようにも思える、この続編の制作。果たして原作ファンの期待に答 …

サスペンス映画

映画『ゲット・アウト』あらすじ感想と評価!深掘り考察も

2017年10月27日より劇場公開される『ゲット・アウト』。 新人監督には思えない本格派スリラーを低予算でありながら、本年度公開作のなかではズバ抜けた傑作と言い切れる作品です!!!! アフリカ系アメリ …

サスペンス映画

映画『ラスト・サバイバー』あらすじ解説。DVDレンタルと発売日は

安全だったはずの廃墟に次々と仕掛けられた死のトラップ! サバイバル、ディザスターの要素にシチュエーションスリラーが融合した新型エンターテイメント作!! 2017年12月2日にDVD発売される映画『ラス …

サスペンス映画

映画『キッスで殺せ!』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

一人の女が残した大いなる謎とは一体…?! ソリッドかつクールな私立探偵マイク・ハマーが躍動する『キッスで殺せ!』をご紹介します。 スポンサーリンク 映画『キッスで殺せ!』の作品情報 【公開】 1955 …

サスペンス映画

映画ノー・エスケープのあらすじ!ネタバレはゼログラビティにあり!

ゴールデンウィークに映画を観に行くなら、緊張感たっぷりの『ノー・エスケープ自由への国境』はいかがでしょうか。 アルフォンソ・キュアロン監督のSF脱出劇『ゼロ・グラビティ』は米アカデミー監督賞を受賞。そ …

日本映画大学