Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2017/06/02
Update

ガルガドット『ワンダーウーマン』演技力と評価!かわいい魅力とは?

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

ガル・ガドットのあまりにも美しく!強い!ワンダーウーマンの勇姿が見られた『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』。

まもなく夏に劇場公開となる『ワンダーウーマン』劇場公開8月25日!待ち遠しいばかりですね。

今回はガル・ガドットのワンダーウーマンの演技力にピックアップして注目します!

スポンサーリンク

1.ガル・ガドットのワンダーウーマンの印象は?


(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

ガル・ガドットは、どのような役柄を演じる時も、すべてのキャラクターに自分自身を持ち込むことを心がけているそうです。

また、今回演じたダイアナ、あるいはワンダーウーマンのキャラクターは、自分にとても近いとも語っています。

とはいえ、彼女自身は、一般的な少女時代を過ごし、過保護にも育てられたので、ワンダーウーマンのようなジャーニー(冒険)の経験はありません。

しかし、ワンダーウーマンのような善良でピュア、ポジティブな人物像を演じることは初めてで、複雑な人間となった少女の物語に魅力を感じつつ、とても大好きなようです。

2.ガル・ガドットはワンダーウーマンをどのように演じたか?

ガル・ガドットはワンダーウーマンを演じるにあたり、自分のものにしようと考えていませんでした。

女優としてガル・ガドットを突き動かしていることは、どうすれば他者が興味深く、オリジナルな方法でストーリーテーリングができるか

そのことを大切にしているそうです。

観客にどうすれば身近で近寄りやすい人物像にできるか、そのキャラクター作りに集中力を高めていると語っています。

例えば、ワンダーウーマンはパワフルな存在だが、単純に威嚇的で権高であったり、利口ぶって演じるのではなく、多くの人がワンダーウーマンやダイアナを愛せるようにしたそうです。

なぜなら人は誰でもパーフェクトな人物が好きなのではないと考えたからです。

親しみやすく愛すべき人柄で、良い行動をとりたいと願っている人が好きだからと、人間らしさの本質を大切にしたようです。

スポンサーリンク

3.ガル・ガドットはパティ・ジェンキンス監督をどう見たか? 

ガル・ガドットは、『ワンダーウーマン』を演出したパティ・ジェンキンス監督は、今作を監督するのに最適な人物だと認めています。

主人公ダイアナが女性であるという理由からでなく、パティ監督が女性であろうとなかろうと、才能が豊かで頭脳明晰、さらに情熱的だとも述べ、『ワンダーウーマン』を作り上げるために全てを持ち得た人物だと確信しています。

パティ監督は撮影現場でマジカルなショットが撮影ができるまで決して妥協することなく、何度もリテイクを重ねて完璧なものが納得できるまで諦めなかったそうです。

パティ監督の完全主義者だからこそ、キャストやスタッフ全員が一生懸命に映画『ワンダーウーマン』の完成に務めようとさせ、また、それぞれ個人がベストを尽くせるよう感じさせたと、深い信頼を寄せています。

4.ガル・ガドットはワンダーウーマンの衣装をどう思うか?

『バットマンVSスーパーマン』のワンダーウーマンのコスチューム


Clay Enos/ TM & (C) DC Comics(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

ガル・ガドットは『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』にて、ワンダーウーマンを演じた際は、あまり着心地の良いコスチューム衣装ではなかったようです。

しかし、『ワンダーウーマン』の撮影では、コスチューム衣装の素材も工夫と改良を重ねて、前回よりもサイズを少し大きく制作して、スーパータイトな作りにはしないことにしました。

「ワンダーウーマン』の延べにして117日間もの期間、ガル・ガドットは毎日のようにワンダーウーマンのコスチュームを着て撮影に挑みました。

彼女は今となれば、これを着て寝ることもできるし、パジャマのようなものだと冗談を言えるまでになっています。

もちろん、ガル・ガドットは、スーパー・ストロングでありながら同時にセクシーな見た目なワンダーウーマンのコスチュームは大好きなようです。

スポンサーリンク

5.ガル・ガドットのポジティブな人柄とは?

ガル・ガドットが女優に興味を持たせ、自覚するきっかけとなったのは、映画『007慰めの報酬』でした。

イギリスのキャスティング・ディレクターがイスラエルに来て、ボンドガールを演じる女性を探していました。

まだ、女優でなかったガル・ガドットもオーディションを受けることになりました。しかし、残念ながらボンドガールの役を獲得することはかないませんでした。

ガル・ガドットが常に言うことがあります。“全てのことには理由があって起きる”。

彼女はボンドガールのオーディションを受けたプロセスを経験したことで、私自身が女優になりたいと気がついたと言います。

オーディションを受けた当時は、大学生で法律と国際関係を学んでいて、今から振り返ると自分に準備ができていなかったと回想します。

また、タイミングが全てだと語り、全てのことが今作『ワンダーウーマン』をやれる準備が出来るでようにしてくれたとポジティブです。

世界中の多くの人たちが憧れるワンダーウーマン。

アメコミのスーパーヒーローを演じながらも、プライベートでは結婚をして母親でもある彼女は、今ということが前向きにベストなのだと考えている素敵な女性ですね。

まとめ

ガル・ガッドトは、ワンダーウーマンというダイアナのひとりの女性を演じます。

彼女がそこにに見せてくれたものは、どのようなキャラクターなのでしょうか。

『ワンダーウーマン』の劇場公開日は2017年8月25日です!ぜひ、強くて美しいワンダーウーマンをお見逃しなく!

関連記事

SF映画

SFホラーおすすめ映画『触手』あらすじ。未体験ゾーンの映画たち2018にて上映

映画『触手』は2月27日(火)よりヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田の特集上映「未体験ゾーンの映画たち」ほか全国公開! 本作は『エリ』で知られるアマト・エスカランテ監督が、ヴェネツィア映 …

SF映画

【ネタバレ】アクアマンのトリビア9つの秘密。母や父の血筋から原作巨大ダコの相棒など小ネタ紹介

今まで観たことのない、海中バトルアクション映画『アクアマン』は、2019年2月8日(金)より全国ロードショー! スーパーマン、バットマン、ワンダーウーマンなど、名だたるアメコミヒーローを擁するDCコミ …

SF映画

【ネタバレ評価】X-MEN:ダーク・フェニックス 4DX映画吹替え版の感想とあらすじ。体感型鑑賞のススメ紹介も

『X-MEN:ダーク・フェニックス』は 2019年6月21日(金)から全国ロードショー公開中! 「アベンジャーズ」シリーズと並び、長年人気を集める「マーベル・コミックス」を原作とした映画シリーズ「X- …

SF映画

映画ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー|あらすじとキャスト! 

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に続く、『スターウォーズ』シリーズ番外編。 若きハン・ソロの知られざる冒険を描いた、『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』は2018年6月29日公開 …

SF映画

映画『BLEACH』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【福士蒼汰主演】

映画『BLEACH』7月20日(金)より全国公開! 久保帯人の同題ベストセラーコミックの映画化。ベースになっているの原作の“死神代行編” 監督は『GANTZ』『アイアイムアヒーロー』『いぬやしき』とS …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学