Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

マイティソー2 /ダークワールド動画無料配信はHulu。あらすじと感想

  • Writer :
  • shitanita

2017年11月3日より公開の『マイティ・ソー/バトルロイヤル』の前作となる「マイティ・ソー」シリーズの2作目を紹介します。

前作からのキャストが続投して新たなる敵や仲間が加わってより楽しめる作品になっています。

スポンサーリンク

1.映画『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』の作品情報


(C)2013 MVLFFLLC. TM & (C)2013 Marvel. All Rights Reserved.

【公開】
2014年(アメリカ映画)

【原題】
Thor: The Dark World

【監督】
アラン・テイラー

【キャスト】
クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、アンソニー・ホプキンス、ステラン・スカルスガルド

【作品概要】
「マーベル・シネマティック・ユニバース」のシリーズ8作品目にあたる今作は、「マイティ・ソー」(2011)の2作目の続編。

マーベルヒーローが集結した『アベンジャーズ』(2012)から1年後を舞台に描かれ、大きな被害を出しアベンジャーズの面々にこらしめられ、アスガルドで投獄されているロキに注目です。

途中カメオ出演するアベンジャーズのメンバーをお見逃しなく!

▼映画『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』はHuluでご覧いただくことができます。
映画『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』を今すぐ見る

2.映画『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』のあらすじとネタバレ


(C)2013 MVLFFLLC. TM & (C)2013 Marvel. All Rights Reserved.

かつてオーディンの父、ボー国王はマレキス率いる闇の軍団(ダークエルフ)と無限の破壊力をもつエーテルを巡り戦争をしていました。

戦いの末アスガルド軍はエーテルを奪い、マレキスを退けることができました。

しかし強大すぎる力をもったエーテルは、破壊することができず今もどこかに隠されています。

アベンジャーズにより捕えられたロキはアスガルドに戻り、オーディンの命により牢に入れられます。

その間ソーは王になるべく、9つの世界の秩序戻すために、星々を回り仲間たちと戦争や略奪を止めていました。

最後の星の戦争を止め、ホーガンはソーと別れを告げ自分の星に帰ります。

平和は訪れましたがビフレストが壊れたままのため、ジェーンに会うことができないソーは素直に喜べずにいました。

その頃ミッドガルドのロンドンでは、ジェーンもまたソーを思い新しい男性との出会いを失敗させていました。

結局ジェーンはソーを追い求めて、アシスタントのダーシーと助手のイアンと共に化学反応があった場所に赴きます。

その場所では子供が大型トラックを指一本で持ち上げたり、上から落とした物が途中で消えたり不可思議な現象が起こっていました。

機器に表示される反応が、以前ソーが現れたときと同じ現象なことにジェーンは期待し、建物を調査します。

すると突然ジェーンは不思議な力に引き寄せられ、異空間にワープしてしまいます。

そこで蠢く謎の赤い物体が体内に入り込み、ジェーンは気を失ってしまいます。

気を取り戻したジェーンは建物の外に出ますが、ダーシーによると5時間も行方不明だったといいます。

するとジェーンの気配が消えたことに心配したソーがミッドガルドに駆けつけ、ジェーンと再会します。

しかしダーシーが呼び駆けつけていた警察に、ジェーンたちは不法侵入の罪で連行されそうになります。

その時意図せずジェーンの体から何かが吹き出し、ジェーンを守るように警察官を吹き飛ばしてしまいます。

事態の異常を感じたソーは、ジェーンを助けるべくアスガルドに連れて行きました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『マイティ・ソー/ダークワールド』ネタバレ・結末の記載がございます。『マイティ・ソー/ダークワールド』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

アスガルドで診断を受けたジェーンは、体の中に何かとてつもないエネルギーが宿っているといわれます。

人間を連れてきたことに憤慨したオーディンは、ジェーンを地球に返すように命令します。

しかしジェーンを守る何かに衛兵たちは吹き飛ばされてしまいます。

オーディンはジェーンの体内にあるものがエーテルであることに気づきますが、取り出す方法はわかっていないといいます。

エーテルが真の力を発揮する9つの惑星直列がもうすぐであることに気づいたマレキスは、エーテルを手に入れるべく部下に力を与えます。

アスガルドに留まることを許されたジェーンは、惑星直列により曖昧になった惑星の隙間で隠されたエーテルを見つけたことをソーに聞かされます。

不安に思うジェーンですが、ソーは必ず助けることを誓います。

一方、ロキのいる牢では、マレキスが送り込んだ部下がパワーアップした力で罪人を解放し牢を荒らします。

騒動は一向に収まらず、ソーやオーディンまでもが出向く事態に発展していきます。

マレキスたちダークエルフが次々と侵入し、アスガルドを襲っていきます。

ついに城内への侵入を許してしまい、ダークエルフたちの圧倒的な力に衛兵たちは成す術もありません。

ジェーンのもつエーテルを奪いにマレキスが襲ってきます。しかし王妃フリッガの幻術によりマレキスを欺きます。

しかし激昂したマレキスにフリッガは犠牲になり、命を落としてしまいます。

国中が悲しみに包まれます。その知らせを聞いたロキもまた、フリッガを失った悲しみに1人静かに打ち震えます。

その頃地球では、セルヴィグが奇行に走り逮捕されていました。

エーテルを奪いにいつマレキスたちが来るかわからず、アスガルドは緊迫しています。

ソーと仲間たちはアスガルドを守るため、ジェーンを秘密裏に連れ出す計画を立てます。

ビフレストが閉鎖されているため、ただ一人秘密の通路を知るロキにソーが協力を仰ぎます。

仲間たちの協力もあり、ソーはロキとジェーンを連れ、城内に置き去りになっていたダークエルフの宇宙船を使いアスガルドを脱出しました。

ソーの思惑通りマレキスはアスガルド侵略から手を引きます。

ダーシーは逮捕されていたセルヴィグを釈放させ、来る惑星直列の研究を再開させます。

マレキスの惑星にワープしたソーは、マレキスにジェーンのエーテルをわざと奪わせ、その瞬間にマレキスごとエーテルを倒す作戦を立てます。

作戦はうまくいかないというロキは、隙をついてソーを短剣で刺し倒し、マレキスの前にジェーンを差し出します。しかしソーがやられたのは全てロキの幻術でした。

計画通りジェーンからエーテルを取り出させたマレキスをソーが攻撃します。

しかし時すでに遅く、エーテルはマレキスの中に取り込まれてしまいました。

エーテルを破壊する計画が失敗したソーたちは、ダークエルフたちによって足止めされます。

マレキスの兵により苦戦を強いられたソーはロキに助けられますが、代わりにロキが命を落としてしまいます。

なんとか兵から逃れた2人は立ち往生してしまいましたが、突然ジェーンのケータイに着信があり、惑星の狭間を見つけ地球に戻ることができました。

ジェーンの研修室に戻った2人はセルヴィグらと合流し、マレキスが攻撃をしかけてくるタイミングの予想を立てます。

すると9つの世界がつながる場所が、ロンドンのグリニッジであることを発見します。

グリニッジに向かったソーたちですが、マレキスもまた部下を引き連れて侵略してきました。

ソーがマレキスを引き付けている間に、ジェーンたちは異常探知機を設置し重力変動を起こそうと奔走します。

惑星直列の影響で重力変動を起こし、グリニッジでは惑星間のワープが止まりません。

ついに9つの惑星が一列になる瞬間が訪れ、エーテルの力が強大なものになります。

異常探査機を使いソーはマレキスをワープさせます。

するとグリニッジにあったマレキスの宇宙船がワープし、マレキスは宇宙船の下敷きになりました。

アスガルドに戻ったソーは、世界を救ったことでオーディンに王だと認められます。

ソーはオーディンの申し出を断り、偉大な王より偉大な男になるために自分の人生を歩むことを宣言します。

しかしソーが去ると、王座にいたのはオーディンではなく、死んだと思っていたロキが幻術を見せていたのです。

シフとヴォルスタッグはあるコレクターの元に赴き、回収したエーテルを預けます。

「残る無限の石(インフィニティ・ストーン)はあと5つ」と、コレクターは不敵に呟くのでした。

スポンサーリンク

3.映画『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』の感想と評価


(C)2013 MVLFFLLC. TM & (C)2013 Marvel. All Rights Reserved.

ジェーンと再会することができたソーですが、前作と違い終始憂いを帯びた表情をしていたのが印象的でした。

今回一瞬自由の身になれたロキも、母親と慕っていたフリッガを失いオーディンからも見放され、兄からは信じてもらえず、ニヒルに笑っていましたがふと見せる表情に悲しみが含まれていました。

全体を通してアクションが多く、コメディ要素もふんだんにありとても楽しめる作品になっていました。

最後の王に扮するロキのシーンや、コレクターのシーンでは次回作やアベンジャーズシリーズにつながる重大な要素もあり、また続きが楽しみになります。

まとめ


(C)2013 MVLFFLLC. TM & (C)2013 Marvel. All Rights Reserved.

アベンジャーズでロキに操られていたセルヴィグが「神が頭の中に入っていた。最高だった」と愚痴をもらしたり、アスガルドから脱出する途中ロキがキャプテン・アメリカに化けたりと、作品と作品をつなげるシーンがいくつかありマーベル作品好きにはたまりませんでした。

前作から時が経ち、ソーもロキも髪が伸びていてセクシーさが増しているところも見所のひとつです。

続投しているカット・デニングスが演じるダーシーの奇天烈なキャラにも磨きがかかっていて魅力的でした。

浅野忠信があまり出演していなくて少し残念だったので、次回作ではもっとたくさん見れるといいなと思います。

さて、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』が観られるHuluでは現在2週間無料トライアルを実施中

▼映画『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』はHuluでご覧いただくことができます。
映画『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』を今すぐ見る

無料トライアル期間に解約をすれば料金は一切かかりませんし、記事でご紹介した作品以外にも映画・海外ドラマ・国内ドラマ・アニメなど、大量の作品が見放題となっています。

作品によって追加料金がかかるVOD(定額制動画配信サービス)もありますが、Huluは全作品見放題というのも安心して使えるポイントですね!

※紹介している情報は2017年11月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

関連記事

SF映画

映画『怪獣王ゴジラ』ネタバレ感想と結末解説あらすじ。アメリカが再編集した名作の海外版とオリジナルの変更点

アメリカで再編集、逆輸入された『怪獣王ゴジラ』 日本を代表する映画シリーズであり、今や世界的な映画スターとなったゴジラ。 1954年に日本で初登場した『ゴジラ』は同年公開の『七人の侍』に並んで日本を代 …

SF映画

【ネタバレ感想】アントマン&ワスプを詳細に解説!名作へのリスペクトがてんこ盛り

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で大変なことになっているMCU本家を尻目に通常運転の愉快なアクションSFコメディを展開するアントマンシリーズ第2作。 今回は完璧すぎる新ヒーロー「ワスプ」も登 …

SF映画

映画『華氏451(2018)』ネタバレあらすじとラスト結末の感想解説。近未来SFの隠れた傑作をリメイクした“書籍を燃やす者と守る者”との闘い

本を燃やす者と本を守る者がぶつかり合う近未来サスペンス ラミン・バーラニが脚本・監督を務め、レイ・ブラッドベリの名作SF小説を映像化させた、2018年製作のアメリカの近未来SFサスペンス映画『華氏45 …

SF映画

【ネタバレ感想】ゴジラ キング・オブ・モンスターズ 4DX映画吹替え版の評価とあらすじ。体感型鑑賞のススメ紹介も

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は 2019年5月31日(金)から全国ロードショー公開中! レジェンダリー・ピクチャーズが日本の映画製作及び配給を担う映画会社東宝と手を組み製作したモンスターバー …

SF映画

映画『ジュピターズ・ムーン』感想。浮遊の評価とラスト結末の考察は

映画『ジュピターズ・ムーン』は1月27日より全国順次公開。 コーネル・ムンドルッツォ監督は、前作で犬たちと少女の対峙を描いた『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲』に引き続き、信頼をテーマに3部作の2作 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学