Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2017/11/12
Update

映画『シン・ゴジラ』地上波初放送カット!なぜ東京空襲がない?

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

庵野秀明総監督の『シン・ゴジラ』。テレビ朝日にて地上波初放送!

さて、地上波初放送にどのような場面がカットされるたのでしょう。

楽しみにしていたのですが…。

スポンサーリンク

映画『シン・ゴジラ』の作品情報

【公開】
2016年(日本映画)

【脚本・総監督・編集】
庵野秀明

【監督・特技監督】
樋口真嗣

【キャスト】
長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾、大杉漣、柄本明、余貴美子、市川実日子、國村隼、平泉成、松尾諭、渡辺哲、中村育二、矢島健一、津田寛治、塚本晋也、高橋一生、光石研、古田新太、松尾スズキ、鶴見辰吾、ピエール瀧、片桐はいり、小出恵介、斎藤工、前田敦子、浜田晃、手塚とおる、野間口徹、黒田大輔、吉田ウーロン太、橋本じゅん、小林隆、諏訪太朗、藤木孝、嶋田久作、神尾佑、三浦貴大、モロ師岡、犬童一心、原一男、緒方明、KREVA、石垣佑磨、森廉、岡本喜八(カメオ出演)、野村萬斎(ゴジラ所作)

【作品概要】
2004年に公開された、『ゴジラ FINAL WARS』以来、東宝が12年ぶりに製作した日本版のゴジラ。

総監督・脚本は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の庵野秀明、監督は「平成版ガメラシリーズ」(特技監督)『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の樋口真嗣、准監督は『のぼうの城』『進撃の巨人』(特撮監督)の尾上克郎。

映画『シン・ゴジラ』のあらすじとネタバレ

シン・ゴジラ
(C)2016 TOHO CO.,LTD.

東京湾内で漂流する1隻のクルーザー。船内を沿岸警備隊が調査をするが人影はありません。

そこに残されていたのは、牧悟郎の揃えれた靴と折り鶴。そして「春と修羅」の本、そして、ダイニングメッセージには、「わたしは好きした、君たちも好きにしろ」とあるのみでした…。

突如、湾内で海水爆発が起きる。東京湾アクアラインのトンネルが崩落して、人的な被害を引き起こしかねない事態。

爆発した海面からは巨大な生物らしき尻尾が伸びて動き始めが、政府は慌てることもなく、マニュアル通りの傍観者的な対応を繰り返します。

内閣官房副長官の矢口蘭堂は、一般人の発信する動画やツイートから大惨事になる危険性を周囲に示唆しますが、誰にも受け止めてもらえず、政府の関係者は臨時会議を無策にこなすばかりでした。

これまでに見たこともない出来事に、専門家を招集してアドバイスを求めますが、大学教授たちは、尻尾のみでは何も言えないと、頼りになりません。

やがて、巨大生物は進行を始めると東京上陸、その姿は、これまでに見たこともない巨大な深海魚や、トカゲを連想させるおぞまし姿。

矢口の心配の事は的中。その生物は、見る見るうちに街を破壊しながら侵攻してきます。

しかし、街中で突然動きを止めた生物は、身体を起こし立ち上がると、今度は、小さな腕が生やしてメタモルフォーゼをはじめます。

矢口は、「巨大不明生物特設災害対策本部(巨災対)」設置します。

事態を監視する矢口の元に、情報を聞きつけたアメリカ人のカヨコ・アン・パタースンが訪日。

カヨコは、ゴジラ出現の謎について重要な鍵を握っている人物の牧悟郎を探して欲しいと、矢口に申し出ます。

しかし、矢口は、牧悟郎の姿を見つけることは出来ませんでした。だが、彼の残した資料を発見するのみ。その資料に、「GODZILLA」と書いてありました。

カヨコも、かつてゴジラ研究を行なっていたようで、ゴジラは神の化身として崇められている存在で、それが謎の生物の正体だと推測されますが、ゴジラの問題を解決するには至りません。

矢口は、各分野のスペシャリストを集めて、ゴジラに対処するための特別対策作本部を設立。ゴジラの解明に全力を尽くします。

ある日、ゴジラは再び上陸。しかし、その姿は、以前よりも2倍ほど巨大に進化を遂げていました。

自衛隊による武力行使でゴジラ退治に向かい、ヘリコプターや戦車のゴジラ攻撃を開始。

しかし、何1つ、ゴジラに打撃を与えることはできませんでした。

以下、『シン・ゴジラ』ネタバレ・結末の記載がございます。『シン・ゴジラ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

自衛隊の攻撃に揺らぐことなくゴジラは進撃を続けます。

やがて、米軍の爆撃機が飛来して上空から爆弾を投下。ついに、ゴジラの身体を負傷させるも、次の瞬間、ゴジラの背びれが紫色に発光。

口からは煙が上がり、やがて、煙は真っ赤な炎に変わりついに紫色の細い光線をゴジラは吐く!

ゴジラの口から放射された光線は、街を破壊、上空を飛んでいた爆撃機も全て破壊します。

目の色を変えたゴジラは、背中からも同じような光線を無数に放ち、東京は壊滅的に破壊されていきます。

作戦指揮をとっていた内閣総理大臣を乗せたヘリコプターも爆破。破壊の限りを尽くしたゴジラは、眠るようにその場で静止した。

次の日、矢口は、対策本部メンバーの半分が、消息不明となり意気消沈。

しかし、トップである矢口は、悔やんでばかりはいられない、残されたメンバーと供に立ち上がり、日本を救うことに全力を尽くします。

対策本部のメンバーは、牧悟郎の残した遺品から、間邦夫は、ゴジラを倒す方法を見つけます。

ゴジラが目を覚ますと共に、国連軍の熱核攻撃開始が48時間と時間は残されておりません。

すでにゴジラの存在は、日本だけの問題ではなく、多国籍軍の核攻撃によるゴジラ破壊が決定。

対策本部のメンバーは、凍結薬の準備などに駆け回り、内閣総理大臣も時間稼ぐの行動を起こしていました。

矢口たちは、ゴジラ凍結のための薬の確保時間ぎりぎりのところで間に合わせ、ヤシオリ作戦を決行。

進化したゴジラの本能で、飛行する物体は全て撃墜されてしまうので、凍結薬投与は、ゴジラの近くまで特殊作業車で聞き行うしかありませんでした。

再び目を覚ましたゴジラを足止めさせるため、無人戦闘機のミサイル攻撃によってゴジラのエネルギーを使い果たさ、次に無人の在来線電車によるをゴジラ攻撃を行います。

また、ゴジラのいる近くのビルを破壊して、ゴジラに打撃を与えて転倒させることに成功。

倒れたゴジラの口に特殊作業車よって凍結薬を注ぎ込みます。ヤシオリ作戦を実行する側に被害はあるが、ついに、ゴジラを凍結させることに成功。

日本は危機的な状況から救われ、矢口にはしなければならない、東京の復興があります。

カヨコもまた、アメリカに戻りホワイトハウスに報告をしなければなりません。2人は、それぞれの立場で互いの出世を誓い合います。

日本は未来に向けて、ゴジラの凍結状態と共に暮らしていかなければなりません…。

そんなゴジラの尻尾には、人間のような奇妙な進化系物体の姿が見える…。

スポンサーリンク

映画『シン・ゴジラ』の感想と評価

シン・ゴジラ2
(C)2016 TOHO CO.,LTD.

この作品でカジラ、いや、ゴジラが這ったり、あるいは歩いて進行して建造物を破壊したのではなく、意志を持って攻撃をする場面は、米軍東京空襲の後です。

そもそも、初代ゴジラはなぜ東京上陸をしたのか?

そしてなぜ、1954年に世界的な名作映画『ゴジラ』を作ったのか

『シン・ゴジラ』に登場するゴジラは、米軍が東京で広範囲による大空襲を行ったのをきっかけに、目の色を変えて、次なる進化を遂げて放射能を吐き出し、初めて意志を持って攻撃をします。

▼本多猪四郎監督『ゴジラ(1954年)』はHuluでご覧いただくことができます。
本多猪四郎監督の1954年版『ゴジラ』を今すぐ見る

スポンサーリンク

まとめ

シン・ゴジラ3
(C)2016 TOHO CO.,LTD.

自衛隊ではなく、ゴジラは米軍の爆撃よって攻撃されたからこそ、地上最高の進化を遂げた生き物が意志持ってあのような攻撃を開始したのです。

劇場で『シン・ゴジラ』を観た多くの観客は、あまりに“美しすぎる”東京炎上シーンで涙を流したのです。

少し、見方を変えてみましょう。

広島の原爆ドームは世界遺産になりました。

広島市のホームページには以下のような死者数が記載されています。

原爆によって死亡した人の数については、現在も正確にはつかめていません。しかし、放射線による急性障害が一応おさまった、昭和20年(1945年)12月末までに、約14万人が死亡したと推計されています。

では、東京大空襲ではどのくらいの人が被害にあったのでしょう。

東京大空襲をウィキペディアで調べたところ、以下のような記述がありました。

空襲による被害者の総数は不明であるが、1995年の東京新聞調査では全国で55万9197人、東京で11万6959人であった。

この数値の真実はわかりません。

しかし戦時中の東京は。1944年11月14日以降、106回の空襲を受けそうですが、その中でも1945年3月10日、4月13日、15日、5月24日、25日、26日の5回に渡り、大規模に行われたそうです。

また、その中でも東京大空襲といった場合、死者数が10万人以上の1945年3月10日の空襲を指すことが多く、3月10日のみ空襲だけでも罹災者は100万人を超えたとすら言われています。

では、なぜ1954年に本多猪四郎監督は『ゴジラ』という映画を製作したのか。

当時の映画館で『ゴジラ』を観た人たちは、東京が燃え上がる場面で何を感じていたのでしょうか?

また庵野秀明監督は、本多監督の作り上げた怪獣を現代に蘇らせて、『シン・ゴジラ』を製作したのか

当然のことですが、3.11の東日本大震災を想起した人は多くいると思います。

東京が燃え上がる東京大空襲を想起させる場面を、今回のような地上波放送といえ、カットすることに作品性の確保はされたのでしょうか。

もちろん庵野秀明監督はお金欲しさで本作『シン・ゴジラ』の映画化を引き受けたのではないでしょう。

本作『シン・ゴジラ』の冒頭で、牧吾郎博士は自らの命を絶って、愛していた妻のためにゴジラを蘇生させたのはなぜでしょうか?

1954年版の『ゴジラ』は戦争をメタファーにした怪獣という面もありますが、“ドラゴン物語”としての愛と騎士道の作品でもあります。

この機会に昭和の名作『ゴジラ』を見返して見るのも良いかもしれませんね。

1954年の世界的名作のモノクローム版『ゴジラ』が観られる
Huluでは現在2週間無料トライアルを実施中

▼本多猪四郎監督『ゴジラ』はHuluでご覧いただくことができます。
本多猪四郎監督の1954年版『ゴジラ』を今すぐ見る

無料トライアル期間に解約をすれば料金は一切かかりませんし、記事でご紹介した作品以外にも映画・海外ドラマ・国内ドラマ・アニメなど、大量の作品が見放題となっています。

作品によって追加料金がかかるVOD(定額制動画配信サービス)もありますが、Huluは全作品見放題というのも安心して使えるポイントですね!

※紹介している情報は2017年11月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

関連記事

SF映画

アトラクション制圧(ロシアSF映画)あらすじ!上映劇場一覧と公開日も

ロシア製SF超大作『アトラクション 制圧』の予告編が解禁! この映画は2017年7月15日から8月18日に、東京にある新宿シネマカリテで開催される「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション201 …

SF映画

トランスフォーマー2017イベント!ららぽーとTOKYO-BAYにて

映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』の公開記念イベント『TRANSFORMERS FES 2017』が、2017年8月5日(土)開催! トランスフォーマーの世界観が味わえるスペシャルイベントを「三 …

SF映画

映画『予兆 散歩する侵略者 劇場版』ネタバレあらすじと感想。

2017年9月9日公開『散歩する侵略者』のアナザー・ストーリーとして、WOWOWで放送&ネット配信された全5話のドラマ『予兆 散歩する侵略者』を映画版としてまとめ、待望の劇場公開! 本家以上の黒沢清ワ …

SF映画

映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

あなたは1975年にテレビ放映された『鋼鉄ジーグ』を知っていますか?毎週日曜日18時00分から全46話制作されたアニメーション。原作は永井豪と安田達矢、そしてダイナミック企画製作による、東映動画による …

SF映画

ワンダーウーマン公開日とあらすじ!主演女優ガル・ガドット紹介も

2017年8月25日公開の『ワンダーウーマン』が凄すぎる! あなたはこの美しすぎる予告編を目にしているだろうか。 スポンサーリンク 1.映画『ワンダーウーマン』の作品情報 【公開】 2017年(アメリ …

日本映画大学