Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2019/06/04
Update

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ【あらすじネタバレ解説】続編と怪獣愛をどう読み解くか⁈

  • Writer :
  • 白石丸

王《キング》が目醒める。

怪獣王ゴジラが、災厄の化身ギドラが、怪獣女王モスラが、空の支配者ラドンがスクリーンで死闘を繰り広げる!

“モンスター・ヴァース”シリーズ第三弾にして、ついに完成した究極の怪獣映画。

日本が誇るコンテンツ「ゴジラ」が史上最大級のスケールで帰ってきました。

怪獣ファンはもちろん、誰が見ても圧倒されること間違いなしの神話的映像絵巻です。

スポンサーリンク

映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の作品情報


(C)2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

【公開】
2019年5月31日(アメリカ映画)

【原題】
Godzilla: King of the Monsters

【監督】
マイケル・ドハティ

【脚本】
マイケル・ドハティ、ザック・シールズ

【キャスト】
カイル・チャンドラー、ヴェラ・ファーミガ、ミリー・ボビー・ブラウン、サリー・ホーキンス、渡辺謙、チャン・ツィイー、ブラッドリー・ウィットフォード、チャールズ・ダンス、トーマス・ミドルディッチ、オシェア・ジャクソン・Jr、アイシャ・ハインズ

【作品概要】
2014年の『GODZILLA ゴジラ』、2017年の『キングコング 髑髏島の巨神』に続く“モンスター・バース”シリーズの第三弾。

今回はお馴染みのゴジラに加え、キングギドラ、モスラ、ラドンという「ゴジラ」シリーズのオールスター怪獣たちが一挙に集結し、究極の怪獣バトルを繰り広げます。

監督は『X-MEN2』『スーパーマン リターンズ』の脚本を務め、本作が初監督作となるマイケル・ドハティ。自他ともに認める怪獣マニアぶりを発揮して、外連味と愛に溢れた描写の数々を作り出しています。

主演は『ゼロ・ダーク・サーティ』、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』や『ファースト・マン』の脇役などで存在感を発揮してきたベテラン、カイル・チャンドラー。

他にも、大ヒットドラマシリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』でブレイクした子役ミリー・ボビー・ブラウンや『マイレージ・マイライフ』や「死霊館」シリーズでの演技が高く評価されたヴェラ・ファーミガら実力派キャストが集いました。

そして『GODZILLA ゴジラ』から引き続き、渡辺謙、サリー・ホーキンスも出演しています。

映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のあらすじとネタバレ


(C)2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

2014年、サンフランシスコで怪獣“ゴジラ”が敵対する怪獣“ムートー”と戦い、壊滅状態になった市内では動物学者のマーク・ラッセルと古生物学者で妻のエマ・ラッセル、そして彼らの長女マディソンは、はぐれてしまった長男アンドリューの名を叫んでいました。

時間は飛び、2019年。古代より存在する巨大生物たちを長年秘密裏に研究してきていた機関・モナークはゴジラの出現によってその存在が明るみになり、2014年の惨劇を防げなかったことでバッシングを受け続け、組織解体の要請まで叫ばれていました。

長年モナークでゴジラを研究してきた芹沢博士は、米政府への説明会で「人間を守る怪獣もいる。共存すべきだ」と主張します。

一方、息子アンドリューの死をきっかけにラッセル夫妻は離婚し、エマとマディソンは中国・雲南省にあるモナークの第61前線基地で暮らしていました。

ある日、その基地が研究対象としていた巨大生物が長い眠りから覚めて活動を開始します。それは、蛾の幼虫に似た姿をした“モスラ”でした。

エマは自身が開発した怪獣と意思疎通を測るための音響装置“オルカ”を起動させ、目覚めたばかりで興奮状態にあったモスラを大人しくさせます。


(C)2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

しかし、謎の傭兵部隊が基地を急襲。エマとマディソンは誘拐され、その他の研究員たちは殺害されてしまいました。

雲南省基地が襲撃されたことは、世界中のモナークに伝わります。調査の結果、エマ達を誘拐した傭兵部隊は元イギリス所属の軍人アラン・ジョナが結成した反政府主義と超自然主義を掲げる過激派集団であり、巨大生物たちを次々と蘇らせようと画策していることがわかります。

ジョナは、地球のバランスを保つためには環境を破壊している人間を滅ぼす必要があると唱え、各地の巨大生物を呼び起こす必要があると考えていました。そして、エマたちが持つオルカを利用するために彼女らを誘拐したのです。

雲南省のモスラも解放され、繭を作って成虫に成るのを待っていました。芹沢博士は離れて暮らしていたマークに妻子が誘拐されたことを知らせ、彼女らの救出にともに協力するといいます。

そこにジョナたちを乗せた飛行機が南極に向かっているという報告が入り、芹沢や彼の右腕的存在であるグラハム博士は青ざめます。南極にはモナークの前進基地があり、そこには氷漬けで封印されている恐るべき怪物が眠っていたのです。

マークたちが南極に全速力で向かう中、ずっと姿を消していたゴジラも南極に向かっていることがわかります。

しかし、ゴジラはレーダーから突如消滅。芹沢は、ゴジラは地球に無数にある秘密の空洞を通ってより早く南極に向かったのだと言います。

南極に着いたマークはエマ達のところへ駆けつけますが、そこには巨大な氷の壁が有り、中には巨大な影がありました。

氷を爆破して怪物を蘇らせようとしている傭兵たちと、それを阻止しようとするマークや軍人たちの間で戦闘が始まります。

マークはエマに早く逃げろと言いますが、彼女は思いつめた顔で「こうするしかないの」と言って床に落ちた起爆装置を拾い、スイッチを押してしまいました。

氷は崩れ落ち、基地は破壊され、マークたちは命からがら極寒の地表に逃げ出します。しかしエマとマディソンは、傭兵たちのヘリキャリアに乗って飛び去ってしまいました。

マークたちも早く飛行機に乗ろうとしますが、爆破された穴の中から、巨大な三つ首を持つ金色の龍“モンスター0”が現れます。

軍人たちの銃撃も歯が立たず、モンスター0は彼らに強力な電撃の光線を浴びせ消滅させてしまいます。

マークと生き残った数人は飛行機に乗り込んだものの、モンスター0に機体ごと噛み付かれ絶体絶命の状況に陥ります。しかしその瞬間、轟音とともに氷をぶち破り、ゴジラが現れました。

2体の怪獣が戦う中、マークたちは南極から脱出。モンスター0はゴジラと互角の強さを見せると、そのまま羽を広げて飛び去ってしまいました。

マークは妻が過激派側に協力したことにショックを隠せず、エマと一緒にいるマディソンも母に不信感を覚えていました。

やがてモナークの調査により、今度はメキシコのイスラ・デ・マーラ火山にある基地に異変が起きていることがわかります。そしてジョナの組織もメキシコに向かっており、オルカを使ってモンスター0も同じ方向に呼び出していました。

オルカに触発されたのか、イスラ・デ・マーラ火山からも“ラドン”という翼竜に似た怪獣が現れ、高速飛行によって発した超音波で麓の町を壊滅させてしまいます。モナークの軍隊は戦闘機を出撃させてラドンを攻撃すると、そのまま注意を引き続け市街地を離れさせます。


(C)2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

芹沢の指示のより戦闘機はラドンをモンスター0の方向におびき寄せ、2体の怪獣を空中で激突させました。モンスター0は高い戦闘力でラドンを圧倒しますが、そこに後を追ってきたゴジラが海中から現れ再度襲いかかります。

マークたちは付近で戦いの行方を見守っていましたが、そこに米軍のステンツ海軍大将から、米軍が秘密裏で開発していた対怪獣の超兵器“オキシジェン・デストロイヤー”を発射したと連絡が入ります。

モナークの飛行機が退却していく中、海上で戦っていた3体の怪獣に向けてオキシジェン・デストロイヤーのミサイルが炸裂。

その名の通り、周辺の酸素を破壊することで地球上のあらゆる生物を死滅できる兵器であり、ついに怪獣たちを倒したかと思いきや、モンスター0とラドンは弱ることなく、ゴジラのみが倒れ海中に沈んでいってしまいます。

モンスター0は直前の戦闘で首を一つもぎ取られていましたが、新しい頭が生えてきて回復するとラドンとともに飛び立ってしまいます。

芹沢たちはそれを見て、モンスター0は地球上の生物ではないと気づきました。同行していた考古学者チェン博士は古代の文献を探り、モンスター0がかつて古代人を恐怖させた地球外生物“ギドラ”であることを突き止めます。

ゴジラのバイタル反応は、限りなく0に近づきつつありました。

その頃、オルカの影響なのか、世界各地でモナークが監視していた10数体の巨大生物が一斉に目を覚ましました。

雲南省にて成虫へと変化したモスラも活動を開始しますが、“彼女”は人類に対し友好的な存在であることが分かり、芹沢たちは希望を取り戻します。


(C)2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

そして芹沢やマークたちが海中を探った結果、ゴジラは微細な放射能を発している海底の古代都市遺跡に身を隠し、生きながらえていることが判明します。

一方、ジョナとエマはオルカを使ってボストンに怪獣たちを呼び寄せようとしていましたが、とうとう母のやり方に反発したマディソンはオルカを持って、組織の基地を飛び出してしまいました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

マークたちは「ゴジラを再びギドラと戦えるまでに復活させるには、その近くで核兵器を爆発させ、放射能を大量に吸収させる必要がある」という結論に至ります。

しかし、海底遺跡まで潜る途中で事故に遭い、潜水艇に積んだミサイルの発射装置が壊れてしまいました。それに対し芹沢は、自分がひとり遺跡に残り、手動で核兵器の起動ボタンを押すことを決断します。

芹沢の強い決意を見たマークたちは遺跡に彼と核兵器を残し、地上へと向かいました。

神殿に横たわるゴジラを見た芹沢は、ゴジラの顔に手を触れ「さらば友よ」と呟きました。その直後に芹沢は核兵器を爆発させ、ゴジラは一気に回復し海上へと浮上します。


(C)2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

アメリカに向かって一直線に泳いでいくゴジラを見て、マークは「今度は我々も一緒に戦う」と宣言しました。

その頃、マディソンはボストンスタジアムに逃げ込み、エマは娘を見捨てられずジョナの元を離れて外に飛び出します。

マディソンは野球場に辿り着き、オルカを起動させてしまいました。すると空は暗雲に包まれ、そこにギドラが現れます。

ギドラに襲われ、逃げ惑うマディソン。そしてついにオルカが破壊されてしまい、万事休すとなった瞬間、雄叫びと共にゴジラが現れてギドラを攻撃します。


(C)2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

やがてモスラも現れゴジラを援護しようとしますが、その前にラドンが立ちはだかり2体は激しい空中戦に。

マークと軍人たちは怪獣が戦っている最中、マディソンを探して走り回り、途中でエマとも合流しました。

マークとエマはマディソンがいるかもしれないと、かつて家族で住んでいた家へと向かいます。家は全壊していましたが、マディソンはバスタブに隠れており無事でした。

モスラは苦戦を強いられるも、鋭い爪でラドンを貫き倒しました。

その一方で、核兵器でエネルギーをチャージしたゴジラにもギドラは全く引けを取らず、逆にゴジラを追い詰めます。モスラが助けに入ろうとしますが、ギドラの電撃光線で焼き殺されてしまいました。


(C)2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

しかし、空中に舞ったモスラの鱗粉が降りかかるとゴジラは再び回復。ふたたび激戦が始まりますが、ギドラも近くの発電所に噛み付いてパワーをチャージし反撃します。

戦いが続く中、ゴジラは放射能を過剰に浴びすぎたせいか体内で熱核融合を起こしてしまい、体が燃え始めてしまいます。

そこにエマとマークがオルカを修理して現れ、音波によってギドラをおびき寄せ、ゴジラから離します。マークたちはヘリキャリアに乗り込んで逃げようとしますが、エマはギドラが迫っているのを見て、家族に「愛してるわ」と言ってオルカを持ち、車でひとり違う方向に走っていってしまいました。

マディソンは母を追いかけようとしますが、マークはそれを制止しヘリキャリアは飛び立ちます。

エマはギドラに攻撃され車ごと横転し、絶体絶命に陥りますが、そこに全身が炉心溶解のような状態になったゴジラが現れました。

「王が目覚めた」。エマがそう言った次の瞬間、ゴジラは渾身の放射能光線をギドラに浴びせました。

周囲は大爆発を起こし、ギドラは各々の首を焼かれて消滅。それを見ていた学者の一人は「ゴジラが味方で良かった」と漏らしますが、チェン博士は「今はね」と返します。

戦いが終わり、そして各地で目覚めた怪獣たちがゴジラを囲むように集まってきて、王にひれ伏しました。ゴジラは天に向かって、勝ち誇るように雄叫びと熱線を吐きます。

ゴジラや他の怪獣はその後海に帰り、放射能に汚染されたと思っていたゴジラの移動経路には新たな生態系が出来上がっていました。怪獣には、地球の調和を保つ能力がある可能性が判明します。

そして、かつてキングコングが目撃された太平洋の孤島・スカルアイランドで謎の地震が発生。新たに発見された洞窟壁画に描かれた、キングコングとゴジラが戦う姿が発見されました。

一連の事件の中で生き残っていたジョナは、とある漁師のもとを訪れます。漁師に案内された先には、ゴジラと洋上で戦った際にもぎ取られたギドラの首が横たわっていました。

ジョナは不敵に笑うと、「これは私が買い取ろう」と告げました。

スポンサーリンク

映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の感想と評価

神話のような怪獣絵巻


(C)2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

2014年の『GODZILLA ゴジラ』から、5年。“モンスター・バース”というシェアード・ユニバース企画の第三弾として作られた本作は、怪獣愛に溢れた、怪獣のための映画になりました。

冒頭から回想でゴジラが登場し、その数分後にはモスラの幼虫が孵化、その直後に環境テロリストの陰謀が始まり南極のギドラが復活しゴジラと対決、その後メキシコでラドンが復活…といった風に行く先々で常に怪獣が出てきて暴れ、人間の物語はその最中に手際よく語られていくので一切ダレることがありません。

そして、怪獣をかっこよくリアリティを持って描くことにとても注力して作られています。

ゴジラをはじめ、各怪獣は一流のモーションキャプチャー俳優が動きや表情をつけており、ただ恐ろしいだけでなく時折親しみを持って感じられる存在として演じられています。

特にギドラは、3つの首それぞれの動きを別の俳優がキャプチャーを通じて演じているので、各首の性格の違いや動きのリアルさが増しています。

そして怪獣たちが登場・対峙する場面は、まるで歌舞伎の大見得を切る仕草のようで外連味満載。

最新のCG技術により、背景の色彩や細かい陰影まで緻密に作りこまれた画面は、神話をモチーフにした宗教画のような崇高さまでたたえており、大スクリーンで見ると陶然としてしまいます。


(C)2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

本作における人間のキャラクターは、基本的に怪獣たちが動き出すきっかけを作ることに徹しており、いざ戦いが始まると傍観するしかない存在として描いているのも、本作の中心にあるのは人智を超えた神のごとき生物たちの闘いであるということを強調しています。

ゴジラシリーズへの愛あるオマージュ

大のゴジラファンであるというマイケル・ドハティ監督は、これまでに日本で製作されてきた旧シリーズへの目配せをたくさん入れてくれています。

1954年の元祖『ゴジラ』では芹沢という科学者が秘密裏にオキシジェン・デストロイヤーを開発し自分もろともゴジラを滅ぼすという悲しい結末を迎えますが、本作では同じ姓を冠する芹沢博士が、オキシジェン・デストロイヤーで弱ったゴジラを自らの犠牲で復活させて世界を救うという展開を迎えます。

渡辺謙の名演と「さらば友よ」というセリフも相まって、本作で最も泣けるシーンへと仕上がっています。

また74年生まれのドハティ監督は、リアルタイム世代であるためか、平成ゴジラシリーズへのオマージュも盛り込んでいます。

モスラがゴジラをかばってギドラの熱線で焼かれるシーンは、『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』(2001)にてギドラをモスラが庇ったことでゴジラに焼き殺されてしまうシーンとの対比になっています。

また熱核融合によって赤く燃えるゴジラは『ゴジラVSデストロイア』(1995)のクライマックスで登場したバージョンのゴジラのオマージュです。ちなみに『ゴジラVSデストロイア』ではゴジラはそのままメルトダウンを起こして消滅してしまいますが、本作ではそのまま怪獣たちの王として君臨します。

このように旧作の要素をなぞりつつも、シーンの意味合いは変えて新しい見せ場を作るという、敬意と創意工夫に溢れた精神を見せてくれるドハティ監督。

2020年公開の次回作『Godzilla vs. Kong』でも脚本を担当しており、怪獣ファンを興奮させる物語を作ってくれることが期待されます。

まとめ


(C)2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

最強の敵ギドラを倒し怪獣王に君臨したゴジラですが、“モンスター・バース”シリーズはこれからも拡大されていきます。

次回作では、遂に『キングコングVSゴジラ』(1962)以来のキングコングとの対決が実現。

また本作のラストにてギドラの首が残存していることが判明し、悪役ジョナがそれを買い取る様子が描かれていることから、別の形でギドラが復活する可能性も高いでしょう。

また、エビラバラゴンガイガンへドラビオランテデストロイアなど旧シリーズの怪獣も多数残っているうえに、本作でも少し登場した“モンスター・バース”オリジナルの怪獣たちも今後大暴れしてくれることが期待されます。

これからしばらくは怪獣ファンにとっては夢のような時代が続きますね。





関連記事

SF映画

『テネット』『メメント』比較ネタバレ考察。ノーラン代表作の見どころ原点とこだわりポイントを解説

映画『TENET テネット』は2020年9月18日(金)より全国ロードショー! 世界中のSF映画ファン、クリストファー・ノーラン映画ファンが内容について語り合い、様々な解釈を披露している『TENET …

SF映画

メン・イン・ブラック インターナショナル|あらすじネタバレと感想。新コンビの大活躍が気軽に観られるポップコーンムービー

今度のMIBの敵はMIB!? 新コンビが、地球の平和を脅かす敵と闘う! ブラックスーツにサングラス姿の秘密エージェント「MIB」が、超パワーアップして復活! 2019年6月14日より日米同時公開の、人 …

SF映画

バック・トゥ・ザ・フューチャー2|ネタバレあらすじと感想考察。結末解説でタイムトラベルシリーズの関連性を解く!

今度は未来とタイムトラベル騒動を描いた、待望の第2作を紹介 第1作公開から4年後、ついに完成し公開された『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』。 ビデオデッキやレンタルビデオが普及した当時、19 …

SF映画

ジュラシックワールド 炎の王国|ネタバレあらすじ感想とラスト結末の解説。大胆な最後を続編でいかするのか⁈

恐竜映画の金字塔!メガヒットシリーズ『ジュラシックワールド 炎の王国』。 2018年の夏必見の映画は、「ジュラシック」シリーズ14年ぶりの2015年に公開された『ジュラシック・ワールド』の続編です。 …

SF映画

映画『孤独なふりした世界で』ネタバレ感想と評価。結末まで過去と記録の意味を問う物語

映画『孤独なふりした世界で』はHTC渋谷&シネ・リーブル梅田「未体験ゾーンの映画たち2019」にて2019年4月5日より公開 人気の俳優ピーター・ディンクレイジと女優エル・ファニングの起用で …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学