Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2018/05/15
Update

映画『デッドプール2』キャラやシリーズはどうなる?ディズニーのFOX買収の影響は

  • Writer :
  • バフィー

X-MENの番外編として製作され、大ヒットを記録した『デッドプール』の続編がついに公開!映画『デッドプール2』2018年6月1日(金)全国ロードショー。

今回は原作でも人気のキャラクター“ケーブル”が登場します。

アクション要素もコメディ要素、そして、X-MEN要素もスケールアップして帰ってきたデップーの活躍とは⁈

スポンサーリンク

映画『デッドプール2』の作品情報


(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Desdpool 2


【監督】
デビッド・リーチ


【キャスト】
ライアン・レイノルズ、ジョシュ・ブローリン、サジー・ビーツ、忽那汐里、モリーナ・バッカリン、ジュリアン・デニソン

【概要】
スタントマン出身でアクション監督を経て『アトミック・ブロンド』で本格的に監督デビューしたデビッド・リーチが監督を務め、主演と製作は前作に続き『グリーン・ランタン』『リミット』のライアン・レイノルズが務めます。

映画『デッドプール2』のあらすじ


(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

お気楽な日々を過ごしていたウェイドことデッドプールの前に、未来からやって来たケーブルが現れます。

ケーブルの目的は謎の能力を秘めた少年ラッセルを殺すことでした。

恋人ヴァネッサのために良い人間になると決意したデッドプールは、ケーブルが狙う少年を守るため、特殊能力を持つメンバーを集めたX-フォース”を結成!

スポンサーリンク

ライアン・レイノルズ(ウェイド・ウィルソン/デッドプール役)のプロフィール

(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved
ライアン・レイノルズ(Ryan Reynolds)は、1976年10月23日生まれ。カナダ、ブリティッシュコロンビア州バンクーバー出身の映画俳優。

1991年にカナダのテレビドラマ『Hillside』で俳優デビューを果たします。

後に活躍の場をアメリカに移し、『Xファイル』や『新アウターリミッツ』などのテレビドラマにゲスト出演後、1998年に『ふたりの男とひとりの女』で主演を務め、一躍その名を広めテレビスターとなります。

2000年代からは『ブレイド3』や『悪魔の棲む家』のリメイク版などのヒット作に恵まれ、映画俳優としても有名になりました。

2009年に『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』で、初めてデッドプール役を演じます。

現在の「デッドプール」シリーズとは別キャラクターという設定ですが、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』出演後に、ライアンの演じるデッドプールが話題となり、単独映画化の企画が浮上しました。

それが本シリーズの基となるため、ライアンがデッドプールを演じていなければ現在の「デッドプール」シリーズは存在していなかったかもしれません。

プライベートではスカーレット・ヨハンンと離婚後、『グリーン・ランタン』で共演したブレイク・ライブリーと結婚。現在は2児の父となりました。

ジョショ・ブローリン(ケーブル役)のプロフィール

ジョシュ・ブローリン(Josh Brolin)は、1968年2月12日生まれ。カナダ、ブリティッシュコロンビア州バンクーバー出身の映画俳優。

1985年に『グーニーズ』で映画俳優デビューを果たします。

1989年から1992年にかけてテレビドラマ『ヤングライダーズ』にレギャラー出演。並行して映画業界でも名脇役として活躍するようになります。

2000年代後半からは『ノーカントリー』や『アメリカン・ギャングスター』などのヒット作に恵まれ、2008年に『ブッシュ』で主演としてジョージ・ブッシュ役を熱演しました。

また、同年に出演した『ミルク』ではアカデミー助演男優賞にノミネートされました。

2014年に『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』でサノス役に抜擢されます。

シリーズを通しての悪役ということで出演シーンは少ないながも、その存在感を観客に焼き付け、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ではメインキャラクターとなりました。

『デッドプール2』の予告ではジョシュ・ブローリンがサノス役だということを、デッドプールがイジる様子もあり、映画の中でもサノスネタが扱われるのかが注目されています。

スポンサーリンク

忽那汐里(ユキオ役)のプロフィール

忽那汐里(くつなしおり)は、1992年12月22日生まれ。

オーストラリア、ニューサウスウェールズ州シドニー出身の日本人俳優。

2006年に女優を目指すため、オーストラリアから訪日します。その後、第11回全日本国民的美少女コンテストにて審査員特別賞を受賞。

2007年に『3年B組金八先生』第8シリーズで女優デビューを果たします。

やがて、CMやドラマで実績を重ね、2009年に『守護天使』で映画デビューを果たします。その後もテレビドラマと映画を並行して出演しながら、2018年から海外の作品に出演するようになりました。

今後も海外映画の出演が多数控えている注目の日本の女優です。

デビッド・リーチ監督のプロフィール

参考映像:『アトミック・ブロンド』(2017)

1990年代からスタントマンとして映画界で活躍を始めます。

俳優としては、『炎のテキサスレンジャー』や『パワーレンジャー ライトスピードレスキュー』などに数話のゲスト出演。

スタントや俳優をしながら、アクション/スタント監督(コーディネーター)として、映画『オーシャンズ11』や『トロイ』などの大作映画を影で支えていました。

2014年に『ジョン・ウィック』の共同監督したことで話題となり、『アトミック・ブロンド』では本格的に監督デビューを果たします。

次回作は『ワイルド・スピード』のドウェイン・ジョンソン演じるルーク・ホブスとジェイソン・ステイサム演じるデッカード・ショウのスピンオフ映画『ホッジ&ショウ』の監督が決定しています。

映画『デッドフール2』の感想と評価


(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

ジョシュ・ブローリンが演じるケーブルとは

ケーブルの本名は原作では、ネイサン・クリストファー・サマーズ。

「X-MEN」シリーズに登場する“サクロプス”こと、スコット・サマーズとジーン・グレイのクローンであるマデリーン・プライアーの未来から来た息子という設定で、強力なテレパシーとサイコキネシス、メカニックな義手を持つミュータントです。

ゲーブルの登場によって未来や過去という概念が「X-MEN」シリーズでは強調されるようになり、シリーズの次回作で2019年に公開される『X-MEN:ダーク・フェニックス』では、ジーン・グレイの能力が暴走するエピソードとなっています。

ケーブルという存在自体が、今後シリーズで大きく関わってくる可能性もありますね。

忽那汐里の演じるユキオとは

今回のキャストの中で、最も注目されていると言っても良いのが忽那汐里。

彼女の役名は最近まで伏せられてきていましたため、当初はサイロックか電流を操るサージではないかと予想されていましたが、第2弾予告公開と同時に役名が発表されると、忽那汐里はユキオというキャラクターが公表されます。

ユキオというキャラクターは、『ウルヴァリン SAMURAI』で、福島リラが演じていたキャラクターもユキオでした。

同じキャラクターなのか、もしくは全く別物のオリジナルキャラクターなのかは現在のところ不明です。

ユキオ以外にもデッドプール率いるX-フォースにはまだ名前が伏せられているキャラクターが多数いますので、そこにも注目ですね。

ディズニーのFOX買収


2017年12月に、ディズニーがFOXを買収するというニュースが映画業界を騒がせました

これはディズニーが20世紀FOXの事業ほぼ買収するというもので、FOXは『猿の惑星』、『エイリアン』、『スター・ウォーズ』など6作のビッグタイトルを所有していますが、ディズニーはこれらの権利も手にすることになります。

ディズニーといえば過去にコミック会社のマーベルやルーカス・フィルムを買収しています。

そのため『スター・ウォーズ フォースの覚醒』以降のシリーズはディズニー製作。ここでネックになっていたのが過去の6作はFOXが所有していることです。

買収が実現化した場合、ディズニーは旧シリーズの権利も手にすることができることから、2019年に公開予定の『スター・ウォーズ エピソード9(正式タイトル未定)』のDVDリリースには、エピソード1~9までのフルコンプリートDVD BOXが発売可能になるなど、ビジネスの幅を拡大できるほか、映画内で過去の映像を使用することが可能となります。

今回の買収によって、アメコミファンが気になって仕方ないのが、マーベルのシネマティック・ユニバースとX-MEN、ファンタスティック・フォーは合流するのか?ということです。

この企画自体は、10年以上前から並行で企画されていましたが、やはり権利関係が邪魔をして、実現には至っておりません。

過去にあった企画としては『キャプテン・アメリカ ファースト・アベンジャー』の第2次世界大戦のシーンでマグニートーとウルヴァリンを登場させるというものでしたが、残念ながらこの企画は実現しませんでした。

『アベンジャーズ』では、ニューヨークの街中にオズコープタワー(グリーン・ゴブリンことノーマン・オズボーンの会社ビル)を建てるという企画もありましたがこれも実現しません。

しかし、シネマティック・ユニバースにスパイダーマンを参加させたいと考えていたディズニー(マーベル・スタジオ)は、スパイダーマンを再々リブートさせることにより、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で新スパイダーマンを誕生させました。

事実上、『アメイジング・スパイダーマン』『シニスター6(悪役集団を主人公とした作品)』の企画は消滅。

ソニー・ピクチャーズは買収を恐れているのか、キャラクターの権利に関しては、協力的で過去に映画化した『ゴーストライダー』に関しても『エージェント・オブ・シールド』シーズン4に登場させています。

2018年公開の『ヴェノム』では、スパイダーマンから独立した映画として製作することとなり、背景にはシネマティック・ユニバースよりも先に権利を持っているソニー・ピクチャーズが映像化しようとしたものと思われます。

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』では、新キャラクターとして、クイック・シルバーとスカーレット・ウィッチを登場させました。

元々はX-MENのキャラクターであり、原作ではマグニートーの子供という設定なのです。

しかし、権利の関係上、マグニートーやミュータントというワードを出せなかったため、強化人間とされています。

FOXの買収が実現化された場合、ディズニー(マーベル・スタジオ)はミュータントやX-MENというワードを使用することが可能となるため、各段に作品の幅が広がりました。

これによってスパイダーマンの場合の様に、単にキャラクターの権利ではなく、映画会社そのものを買収するということから、キャラクター自体をその映画会社用としてリブートをしなくてもいい状況となり、キャストがそのまま移行されることも不可能ではなくなります。

本作に今回登場したケーブル役のジョショ・ブローリンが、シネマティック・ユニバース内で1人2役なんてこともあり得るかもしれないということです。

正式に権利が移るのが何時なのかは、まだ発表されていません。

しかし、次回作『X-フォース』に関してはデッドプールの登場がすでに決定していてFOXでの製作が確定しています。

本作以降の『デッドプール3』に関しては、企画されているものの、全く未定。

『デッドプール3』がディズニー(マーベル・スタジオ)で製作される可能性も0ではありません。

本作にも今後の展開になる様な何か兆しがあるかもしれませんね。

まとめ

本作に登場するケーブルとデッドプールの関係性を、コミックに振り返って説明すると、一言では難しいのです。

時には友達、時には宿敵、時にはボケとツッコミ…、お堅いケーブルとゆるいデッドプールはミスマッチな様に見えますが、実はベストマッチコンビ!

デビッド・リーチ監督は、2人の関係性は原作に忠実に描いた本作では、ケーブルとは対立しますが、本当にケーブルは敵なのか?

ぜひ、映画で確認してくださいね。

映画『デッドプール2』2018年6月1日(金)全国ロードショー。

関連記事

SF映画

映画『亜人』あらすじとキャスト一覧。感想レビュー【佐藤健主演】

原作は桜井画門の大ヒットコミック『亜人』を映画『るろうに剣心』シリーズの佐藤健と、『踊る大捜査線』シリーズの本広克行監督よる初タッグで贈る実写映画化。 亜人と人類の壮絶な戦いを描いた日本発の新感覚アク …

SF映画

映画『BLEACH』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【福士蒼汰主演】

映画『BLEACH』7月20日(金)より全国公開! 久保帯人の同題ベストセラーコミックの映画化。ベースになっているの原作の“死神代行編” 監督は『GANTZ』『アイアイムアヒーロー』『いぬやしき』とS …

SF映画

劇場版仮面ライダービルド2018|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

2018年8月4日より、『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』が全国東映系で公開。 石ノ森章太郎生誕80周年記念作にして、平成最後の夏の仮面ライダー映画。 そんな本作『劇場版 仮面ライダ …

SF映画

映画『アンダー・ザ・ウォーター』あらすじとキャスト。人類の結末はいかに?

ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催される「未体験ゾーンの映画たち2018」。 そこで上映される1本が映画『アンダー・ザ・ウォーター』。 海面上昇により地上のほとんどが海水に沈み、多 …

SF映画

トランスフォーマー2017イベント!ららぽーとTOKYO-BAYにて

映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』の公開記念イベント『TRANSFORMERS FES 2017』が、2017年8月5日(土)開催! トランスフォーマーの世界観が味わえるスペシャルイベントを「三 …

【完成披露試写会プレゼント】映画『空母いぶき』50組100名様ご招待(4/22東京国際フォーラム ホールA)
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP