Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2018/05/15
Update

映画『デッドプール2』キャラやシリーズはどうなる?ディズニーのFOX買収の影響は

  • Writer :
  • バフィー

X-MENの番外編として製作され、大ヒットを記録した『デッドプール』の続編がついに公開!映画『デッドプール2』2018年6月1日(金)全国ロードショー。

今回は原作でも人気のキャラクター“ケーブル”が登場します。

アクション要素もコメディ要素、そして、X-MEN要素もスケールアップして帰ってきたデップーの活躍とは⁈

スポンサーリンク

映画『デッドプール2』の作品情報


(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Desdpool 2


【監督】
デビッド・リーチ


【キャスト】
ライアン・レイノルズ、ジョシュ・ブローリン、サジー・ビーツ、忽那汐里、モリーナ・バッカリン、ジュリアン・デニソン

【概要】
スタントマン出身でアクション監督を経て『アトミック・ブロンド』で本格的に監督デビューしたデビッド・リーチが監督を務め、主演と製作は前作に続き『グリーン・ランタン』『リミット』のライアン・レイノルズが務めます。

映画『デッドプール2』のあらすじ


(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

お気楽な日々を過ごしていたウェイドことデッドプールの前に、未来からやって来たケーブルが現れます。

ケーブルの目的は謎の能力を秘めた少年ラッセルを殺すことでした。

恋人ヴァネッサのために良い人間になると決意したデッドプールは、ケーブルが狙う少年を守るため、特殊能力を持つメンバーを集めたX-フォース”を結成!

スポンサーリンク

ライアン・レイノルズ(ウェイド・ウィルソン/デッドプール役)のプロフィール

(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved
ライアン・レイノルズ(Ryan Reynolds)は、1976年10月23日生まれ。カナダ、ブリティッシュコロンビア州バンクーバー出身の映画俳優。

1991年にカナダのテレビドラマ『Hillside』で俳優デビューを果たします。

後に活躍の場をアメリカに移し、『Xファイル』や『新アウターリミッツ』などのテレビドラマにゲスト出演後、1998年に『ふたりの男とひとりの女』で主演を務め、一躍その名を広めテレビスターとなります。

2000年代からは『ブレイド3』や『悪魔の棲む家』のリメイク版などのヒット作に恵まれ、映画俳優としても有名になりました。

2009年に『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』で、初めてデッドプール役を演じます。

現在の「デッドプール」シリーズとは別キャラクターという設定ですが、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』出演後に、ライアンの演じるデッドプールが話題となり、単独映画化の企画が浮上しました。

それが本シリーズの基となるため、ライアンがデッドプールを演じていなければ現在の「デッドプール」シリーズは存在していなかったかもしれません。

プライベートではスカーレット・ヨハンンと離婚後、『グリーン・ランタン』で共演したブレイク・ライブリーと結婚。現在は2児の父となりました。

ジョショ・ブローリン(ケーブル役)のプロフィール

ジョシュ・ブローリン(Josh Brolin)は、1968年2月12日生まれ。カナダ、ブリティッシュコロンビア州バンクーバー出身の映画俳優。

1985年に『グーニーズ』で映画俳優デビューを果たします。

1989年から1992年にかけてテレビドラマ『ヤングライダーズ』にレギャラー出演。並行して映画業界でも名脇役として活躍するようになります。

2000年代後半からは『ノーカントリー』や『アメリカン・ギャングスター』などのヒット作に恵まれ、2008年に『ブッシュ』で主演としてジョージ・ブッシュ役を熱演しました。

また、同年に出演した『ミルク』ではアカデミー助演男優賞にノミネートされました。

2014年に『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』でサノス役に抜擢されます。

シリーズを通しての悪役ということで出演シーンは少ないながも、その存在感を観客に焼き付け、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ではメインキャラクターとなりました。

『デッドプール2』の予告ではジョシュ・ブローリンがサノス役だということを、デッドプールがイジる様子もあり、映画の中でもサノスネタが扱われるのかが注目されています。

スポンサーリンク

忽那汐里(ユキオ役)のプロフィール

忽那汐里(くつなしおり)は、1992年12月22日生まれ。

オーストラリア、ニューサウスウェールズ州シドニー出身の日本人俳優。

2006年に女優を目指すため、オーストラリアから訪日します。その後、第11回全日本国民的美少女コンテストにて審査員特別賞を受賞。

2007年に『3年B組金八先生』第8シリーズで女優デビューを果たします。

やがて、CMやドラマで実績を重ね、2009年に『守護天使』で映画デビューを果たします。その後もテレビドラマと映画を並行して出演しながら、2018年から海外の作品に出演するようになりました。

今後も海外映画の出演が多数控えている注目の日本の女優です。

デビッド・リーチ監督のプロフィール

参考映像:『アトミック・ブロンド』(2017)

1990年代からスタントマンとして映画界で活躍を始めます。

俳優としては、『炎のテキサスレンジャー』や『パワーレンジャー ライトスピードレスキュー』などに数話のゲスト出演。

スタントや俳優をしながら、アクション/スタント監督(コーディネーター)として、映画『オーシャンズ11』や『トロイ』などの大作映画を影で支えていました。

2014年に『ジョン・ウィック』の共同監督したことで話題となり、『アトミック・ブロンド』では本格的に監督デビューを果たします。

次回作は『ワイルド・スピード』のドウェイン・ジョンソン演じるルーク・ホブスとジェイソン・ステイサム演じるデッカード・ショウのスピンオフ映画『ホッジ&ショウ』の監督が決定しています。

映画『デッドフール2』の感想と評価


(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

ジョシュ・ブローリンが演じるケーブルとは

ケーブルの本名は原作では、ネイサン・クリストファー・サマーズ。

「X-MEN」シリーズに登場する“サクロプス”こと、スコット・サマーズとジーン・グレイのクローンであるマデリーン・プライアーの未来から来た息子という設定で、強力なテレパシーとサイコキネシス、メカニックな義手を持つミュータントです。

ゲーブルの登場によって未来や過去という概念が「X-MEN」シリーズでは強調されるようになり、シリーズの次回作で2019年に公開される『X-MEN:ダーク・フェニックス』では、ジーン・グレイの能力が暴走するエピソードとなっています。

ケーブルという存在自体が、今後シリーズで大きく関わってくる可能性もありますね。

忽那汐里の演じるユキオとは

今回のキャストの中で、最も注目されていると言っても良いのが忽那汐里。

彼女の役名は最近まで伏せられてきていましたため、当初はサイロックか電流を操るサージではないかと予想されていましたが、第2弾予告公開と同時に役名が発表されると、忽那汐里はユキオというキャラクターが公表されます。

ユキオというキャラクターは、『ウルヴァリン SAMURAI』で、福島リラが演じていたキャラクターもユキオでした。

同じキャラクターなのか、もしくは全く別物のオリジナルキャラクターなのかは現在のところ不明です。

ユキオ以外にもデッドプール率いるX-フォースにはまだ名前が伏せられているキャラクターが多数いますので、そこにも注目ですね。

ディズニーのFOX買収


2017年12月に、ディズニーがFOXを買収するというニュースが映画業界を騒がせました

これはディズニーが20世紀FOXの事業ほぼ買収するというもので、FOXは『猿の惑星』、『エイリアン』、『スター・ウォーズ』など6作のビッグタイトルを所有していますが、ディズニーはこれらの権利も手にすることになります。

ディズニーといえば過去にコミック会社のマーベルやルーカス・フィルムを買収しています。

そのため『スター・ウォーズ フォースの覚醒』以降のシリーズはディズニー製作。ここでネックになっていたのが過去の6作はFOXが所有していることです。

買収が実現化した場合、ディズニーは旧シリーズの権利も手にすることができることから、2019年に公開予定の『スター・ウォーズ エピソード9(正式タイトル未定)』のDVDリリースには、エピソード1~9までのフルコンプリートDVD BOXが発売可能になるなど、ビジネスの幅を拡大できるほか、映画内で過去の映像を使用することが可能となります。

今回の買収によって、アメコミファンが気になって仕方ないのが、マーベルのシネマティック・ユニバースとX-MEN、ファンタスティック・フォーは合流するのか?ということです。

この企画自体は、10年以上前から並行で企画されていましたが、やはり権利関係が邪魔をして、実現には至っておりません。

過去にあった企画としては『キャプテン・アメリカ ファースト・アベンジャー』の第2次世界大戦のシーンでマグニートーとウルヴァリンを登場させるというものでしたが、残念ながらこの企画は実現しませんでした。

『アベンジャーズ』では、ニューヨークの街中にオズコープタワー(グリーン・ゴブリンことノーマン・オズボーンの会社ビル)を建てるという企画もありましたがこれも実現しません。

しかし、シネマティック・ユニバースにスパイダーマンを参加させたいと考えていたディズニー(マーベル・スタジオ)は、スパイダーマンを再々リブートさせることにより、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で新スパイダーマンを誕生させました。

事実上、『アメイジング・スパイダーマン』『シニスター6(悪役集団を主人公とした作品)』の企画は消滅。

ソニー・ピクチャーズは買収を恐れているのか、キャラクターの権利に関しては、協力的で過去に映画化した『ゴーストライダー』に関しても『エージェント・オブ・シールド』シーズン4に登場させています。

2018年公開の『ヴェノム』では、スパイダーマンから独立した映画として製作することとなり、背景にはシネマティック・ユニバースよりも先に権利を持っているソニー・ピクチャーズが映像化しようとしたものと思われます。

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』では、新キャラクターとして、クイック・シルバーとスカーレット・ウィッチを登場させました。

元々はX-MENのキャラクターであり、原作ではマグニートーの子供という設定なのです。

しかし、権利の関係上、マグニートーやミュータントというワードを出せなかったため、強化人間とされています。

FOXの買収が実現化された場合、ディズニー(マーベル・スタジオ)はミュータントやX-MENというワードを使用することが可能となるため、各段に作品の幅が広がりました。

これによってスパイダーマンの場合の様に、単にキャラクターの権利ではなく、映画会社そのものを買収するということから、キャラクター自体をその映画会社用としてリブートをしなくてもいい状況となり、キャストがそのまま移行されることも不可能ではなくなります。

本作に今回登場したケーブル役のジョショ・ブローリンが、シネマティック・ユニバース内で1人2役なんてこともあり得るかもしれないということです。

正式に権利が移るのが何時なのかは、まだ発表されていません。

しかし、次回作『X-フォース』に関してはデッドプールの登場がすでに決定していてFOXでの製作が確定しています。

本作以降の『デッドプール3』に関しては、企画されているものの、全く未定。

『デッドプール3』がディズニー(マーベル・スタジオ)で製作される可能性も0ではありません。

本作にも今後の展開になる様な何か兆しがあるかもしれませんね。

まとめ

本作に登場するケーブルとデッドプールの関係性を、コミックに振り返って説明すると、一言では難しいのです。

時には友達、時には宿敵、時にはボケとツッコミ…、お堅いケーブルとゆるいデッドプールはミスマッチな様に見えますが、実はベストマッチコンビ!

デビッド・リーチ監督は、2人の関係性は原作に忠実に描いた本作では、ケーブルとは対立しますが、本当にケーブルは敵なのか?

ぜひ、映画で確認してくださいね。

映画『デッドプール2』2018年6月1日(金)全国ロードショー。

スポンサーリンク

関連記事

SF映画

映画『スターウォーズ/最後のジェダイ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

全世界のファンが待ち望むシリーズ最新作が遂に公開! タイトルに込められた真意とは!? 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』をご紹介します。 以下、あらすじや結末が含まれる記事となりますので、まずは『ス …

SF映画

『東京喰種トーキョーグール』ネタバレ!感想と考察も。映画続編は?

2017年7月29日より全国公開された漫画家・石田スイの大人気コミック実写化『東京喰種トーキョーグール』。 人肉を食べて生きる喰種(グール)に襲われたことがきっかけで、半喰種になってしまった金木研の葛 …

SF映画

映画『メッセージ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

突如出現した未知なる飛行体―。“彼ら”は人類に〈何〉を伝えようとしているのか? ドゥニ・ヴィルヌーヴが贈るすべての人の胸を打つ感動のSFドラマ『メッセージ』をご紹介します。 スポンサーリンク CONT …

SF映画

猿の惑星(聖戦記グレートウォー)動画フルを無料視聴!吹き替えも字幕も見られる

映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます! ↓今すぐ『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓ …

SF映画

キャプテンアメリカ/ザ・ファーストアベンジャー動画無料配信法とネタバレ感想

「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズの5作品目であり、「キャプテン・アメリカ」シリーズの1作品目。 星条旗を掲げる正義のヒーロー、キャプテン・アメリカの成り立ちがここにあります。 『キャプ …

日本映画大学
ニューシネマワークショップ
国内ドラマ情報サイトDRAMAP