Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2019/06/15
Update

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』感想と内容解説。最大の脅威である闇の正体とは⁈

  • Writer :
  • 増田健

『X-MEN: ダーク・フェニックス』は2019年6月21日(金)より、全国ロードショー!

20年に渡り壮大に展開されてきた“X-MEN”サーガが、今まさに壮絶な最終章(フィナーレ)を迎えようとしています。

“マーベル史上最強キャラ”の呼び声高い、“ダーク・フェニックス”がついに覚醒。彼女は人類を絶滅に導く存在なのか。

全世界が注目する最後のX-MENの物語『X-MEN: ダーク・フェニックス』が、幕を開けようとしている…。

スポンサーリンク

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』


(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

【公開】
2019年6月21日(金)(アメリカ映画)

【原題】
Dark Phoenix

【監督・脚本】
サイモン・キンバーグ

【出演】
ソフィー・ターナー、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ニコラス・ホルト、タイ・シェリダン、アレクサンドラ・シップ、エバン・ピーターズ、コディ・スミット=マクフィー、ジェシカ・チャステイン

【作品概要】
様々な作品を生んだ映画「X-MEN」シリーズの、集大成となる作品。

『X-MEN: ファイナル ディシジョン』に脚本で参加して以降、“X-MEN”サーガに関わり続け、シリーズを深く把握するサイモン・キンバーグが、今回は監督を務めます。

撮影は『アバター』でアカデミー撮影賞を受賞したマウロ・フィオーレ、音楽を手がけたのは巨匠、ハンス・ジマーと、ハリウッドを代表する面々がこの作品に結集。

製作総指揮には2018年惜しまれつつこの世を去った、スタン・リーがクレジットされています。

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』のあらすじ


(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

プロフェッサーX(ジェームズ・マカヴォイ)が結成した“X-MEN”は、人類と共存し地球の平和を守っていました。

ある日宇宙空間で事故にあったNASA乗組員の救出が要請され、プロフェッサーXの指示で困難なミッションに向かう“X-MEN”たち。

“X-MEN”のメンバーが持つ超能力で乗組員の救出に成功しますが、ミッション中の事故でジーン・グレイ(ソフィー・ターナー)が、宇宙空間に漂う謎の熱放射を浴びてしまいます。

事故はジーン・グレイの体に変化をもたらします。彼女の超能力は増大し、やがてその制御は困難なものとなり、彼女は困惑します。

彼女の恋人サイクロップス(タイ・シェリダン)や科学者でもあるビースト(ニコラス・ホルト)、そして最後まで彼女に寄り添う決意のミスティーク(ジェニファー・ローレンス)らは、ジーン・グレイを救おうと手を差し伸べます。

しかしジーン・グレイの解き放った強大なパワーは、思わぬ悲劇を引き起こします。それは“X-MEN”の面々に、そしてミュータントと人類の関係に、決定的な亀裂を与えました。

取返しのつかない行為を犯し、1人苦悩するジーン・グレイ。そのパワーを利用しようと、彼女に近づいてくる謎の女(ジェシカ・チャステイン)。

孤立したジーン・グレイは、助けを求め宿敵のマグニートー(マイケル・ファスベンダー)の元を訪れますが、彼でさえその力を止める事は出来ません。

更に力を増大させ地上の全生命を滅ぼしかねない、最大の脅威“ダーク・フェニックス”となったジーン・グレイ。彼女を抹殺すべきか否で、対立を深める“X-MEN”のメンバー。

そしてミュータントは脅威であると再認識した人類は、“X-MEN”を拘束しようと動きます。対立を深める人類とミュータントの間で、暗躍する謎の女と仲間たち。

最強の敵“ダーク・フェニックス”に対し、“X-MEN”はどのように立ち向かうのか。様々な人物を巻き込んで、物語は衝撃のラストへと突き進んでゆく…。

スポンサーリンク

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』の感想と評価


(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

キャラクターの心の変遷を描く群像劇

味方同士が対立したり、敵対する相手と手を組んだり、善悪の立場が逆転するなど、シリーズの展開と共に様々なドラマが起きるマーベル・コミックの世界。

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』は、コミックの「ダークフェニックス・サーガ」を基に製作されましたが、映画化するに当たり新たな物語を授けられました。

人知を超えた力に苦悩するジーン・グレイ。愛する仲間が脅威の存在となり、如何に対処すべきか決断を強いられるX-MENたち。というテーマは生かしつつ、様々な過去を背負ったキャラクターの群像劇として、映画X-MENサーガの作品として再構成されています。

『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』でかつて友人であった事が、改めて映画でも明示されたプロフェッサーXとマグニートー。シリーズの進行と共に信頼関係と恋愛感情で結ばれた、様々なキャラクターたち。

これらの登場人物の歴史を踏まえた物語が本作で展開されます。様々な思いを秘め、壮絶な闘いに挑むミュータントたちの姿に圧倒されます

終焉を迎える映画X-MENサーガを振り返る


(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

1963年にコミックとして登場した、マーベルを代表するヒーローチーム「X-MEN」

今や映画で全世界を席巻するマーベルが、本格的に映画界に参入した際に最初に放った作品が、2000年のブライアン・シンガー監督作品『X-MEN』でした。

その後、映画でシリーズ化されたX-MENは、アベンジャーズより先にユニバース展開が実施され、幅広い世界観と数多くのスピンオフ作品を持つ事になります。

2011年の『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』で新生メンバーが登場、2014年の『X-MEN:フューチャー&パスト』で新たなタイムラインを生み出します。

前作『X-MEN: アポカリプス』で秘めたる力“フェニックスフォース”を解放し、強敵アポカリプスを倒したジーン・グレイ。本作は彼女を軸に展開していきます。

ジーン・グレイを演じるのは前作に引き続きソフィー・ターナー。『ゲーム・オブ・スローンズ』のスターク家の長女、サンサ・スタークを演じ世界的な人気を獲得している女優です。

人類とミュータントの共生を信じ、X-MENのリーダーとして活躍するチャールズ・エグゼビアことプロフェッサーX。理想主義者の彼も今回の危機に遭遇した際に、自らが持つ闇と向き合う事になります。

過去の経験から、ミュータントを憎悪する人類とは、共存は出来ないと確信しているエリック・レーンシャーことマグニートー。彼も今までと異なる思いを胸に秘めて、最後の闘いに立ち上がります。

プロフェッサーXを演じるのはジェームズ・マカヴォイ、マグニートーを演じるのはマイケル・ファスベンダー。新生メンバーとして登場し、共に“X-MEN”を代表する顔となった2人の宿命の関係にも、終止符が打たれます。

リアルさと激しさを追求した映像


(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

世界的な大ヒットを記録した『アベンジャーズ エンドゲーム』。シリーズの最後を飾る作品のクライマックスの決戦は、CGを駆使してコミックを実写化したスピード感のある、極彩色の映像で描いた壮大な絵巻物として表現されました。

一方『X-MEN:ダーク・フェニックス』で、監督のサイモン・キンバーグが求めたのは映像のリアル感。登場人物が観客と同じ世界に暮らし、その感情の変遷が身近に感じられる様に、意図して身近に感じられる映像で描いています。

監督の要望に応え、撮影監督のマウロ・フィオーレは手持ち撮影可能なハンドヘルド・カメラを多用、今までのハリウッド大作映画に無い、臨場感のある映像を生み出す事に成功しています。

この様なアプローチの結果、アクションシーンが地味になった訳ではありません。本作のアクションシーンを監督したのはガイ・ノリス。『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で第2班監督を務め、激しいアクションシーンを生み出したスタント監督です。

そう聞けば本作に登場する、奇抜な場所を舞台に繰り広げられる、迫力あるシーンの凄さは納得できるでしょう。“超能力を使用した肉弾戦”と言うべき、今まで無かった激しいアクションが繰り広げられます

またNYを舞台にしたアクションシーンでは、NY5番街の街並みをセットに再現。そこで実物である巨大なプロップを相手に役者が演じる、激しくも臨場感のある一連のシークエンスが展開されます。

CGや合成したキャラクターを、飛び回らせて描いたシーンとは異なる、実写アメコミ映画のアクションはこの映画の注目ポイントです。

まとめ


(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

「X-MEN」シリーズ最終章となる『X-MEN: ダーク・フェニックス』。

今まで様々な形で描かれてきた、キャラクターの人間関係や葛藤もストーリーに盛り込んで、X-MENの持つ世界観を映画の中で再構築する事に成功しています。

一方で今までのアメコミ映画に無かったアクションシーンを生み出すなど、映像化するにあたり様々な試みに挑戦している、作り手が攻めの姿勢を忘れていない映画です。

最後まで波乱万丈の展開で見せる、X-MENサーガの終焉。闇と向き合ったジーン・グレイの姿、そして最大の宿敵、プロフェッサーXとマグニートーの対決は如何なるラストを迎えるのか。

アメコミ映画ファンのみならず、アクション映画・大作映画ファンにも見所豊富な作品です。




関連記事

SF映画

伊藤峻太SF映画『ユートピア』あらすじとキャスト。公開日と劇場は

太陽嵐、空間鎖国、黑い災い…、映画『ユートピア』は4月28日(土)より、下北沢トリウッドにてロードショー! 『虹色★ロケット』の伊藤峻太監督が10年の年月を掛けて完成させたSFファンタジーとは? スポ …

SF映画

映画『E.T.』あらすじネタバレと感想。スピルバーグ監督の作風と特徴が画期的だった「トモダチ宇宙人」

イツモココニイルヨ。 離れていても心はいつも一緒。 1982年公開、スティーブン・スピルバーグ監督の大ヒットSFファンタジー『E.T.』を紹介します。 公開当時、世界興行収入ナンバーワンという記録を叩 …

SF映画

映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』あらすじとキャスト紹介

『ジュラシック・パーク』シリーズ最新作となる映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』が2018年7月13日に公開。 『ジュラシック・パーク』生誕25周年を迎える節目となった本作は、火山の大噴火というス …

SF映画

映画『ザ・フライ』ネタバレ感想とラスト結末の考察。ハエ男と美しき恋人の悲劇愛はバッドエンドとは言い切れない

デヴィッド・クローネンバーグ監督の1986年公開のアメリカ映画『ザ・フライ』。 映画『ザ・フライ』は、ゴア描写が特徴的なデヴィッド・クローネンバーグ監督の代表作です。 ひとりの人間が“異形のハエ人間” …

SF映画

映画『移動都市 モータル・エンジン』あらすじネタバレと感想。原作フィリップ・リーヴの人気SF小説をハリウッドの醍醐味で演出!

映画『移動都市/モータル・エンジン』3月1日公開! イギリス人作家のフィリップ・リーヴのSF小説『移動都市』シリーズを『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』シリーズのピーター・ジャクソン監督のチーム …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学