Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2019/06/22
Update

【ネタバレ評価】X-MEN:ダーク・フェニックス 4DX映画吹替え版の感想とあらすじ。体感型鑑賞のススメ紹介も

  • Writer :
  • 糸魚川悟

『X-MEN:ダーク・フェニックス』は
2019年6月21日(金)から全国ロードショー公開中!

「アベンジャーズ」シリーズと並び、長年人気を集める「マーベル・コミックス」を原作とした映画シリーズ「X-MEN」。

ヒュー・ジャックマンをメインとした初期シリーズから世代交代を成功させ、ジェームズ・マカヴォイ主演で描かれる新シリーズも高い評価を受けています。

今回はそんな新シリーズ4作目となる劇場公開最新作、『X-MEN:ダーク・フェニックス』(2019)のネタバレあらすじの紹介と4DXの体験感想をご紹介させていただきます。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』の作品情報


(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

【原題】
X-Men: Dark Phoenix

【公開】
2019(アメリカ映画)

【監督】
サイモン・キンバーグ

【キャスト】
ジェームズ・マカヴォイ、ソフィー・ターナー、マイケル・ファスベンダー、ニコラス・ホルト、タイ・シェリダン、ジェニファー・ローレンス、ジェシカ・チャステイン

【日本語吹替版キャスト】
内田夕夜、能登麻美子、三木眞一郎、浅沼晋太郎、木村良平、牛田裕子、浅野真澄

【作品概要】
前作『X-MEN:アポカリプス』(2016)からおよそ3年ぶりとなるシリーズ最新作。

監督・脚本はシリーズに長らく製作や脚本で関わってきたサイモン・キンバーグが担当し、作中で重要な意味を持つ女性リランドラを『ゼロ・ダーク・サーティ』(2012)の演技で大絶賛を受けたジェシカ・チャスティンが演じた。

映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』のあらすじとネタバレ


(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

1975年、母の運転する車に父と共に乗る少女ジーンは、ラジオで流れる曲が気に入らないため母にチャンネルを変えるように頼みます。

母は「運転できるようになったらね」と言うだけでチャンネルを変えようとはしませんでしたが、チャンネルが独りでに変わりました。

驚いた両親はジーンに「あなたがやったの」と問いかけますが、頭の中に様々な人の声が入り込み苦悶するジーンの能力により車が対向車線に飛び出てしまい、ジーンの乗る車は対向車線を走っていた車に衝突してしまいます。

亡くなった両親と共に病院に運ばれたジーンはそんな事故の中でも無傷であり、医者たちは彼女の異常性を感じ始めていました。

自分の力に気づき、1人になったジーンのもとにチャールズ(プロフェッサーX)が現れ、自身の作った「ミュータント」が平和に暮らすための学校である「恵まれし子らの学園」にジーンを誘います。

ジーンは自身の持つ能力を「贈り物」と表現し、力が問題なのではなくその力をどう使うかが重要だと語るチャールズに心を開き、彼の学園に入ることを決めました。

1992年、和平交渉サミットでの1件やアポカリプスとの戦いによって「ミュータント」の存在が知れ渡り、チャールズ率いる「X-MEN」がヒーローとして高い評価を受けるなか、有人ロケットが発射直後に制御不能となる事故が発生します。

大統領からの直々の依頼を受けたチャールズは、レイヴン(ミスティーク)を司令塔とした「X-MEN」に宇宙飛行士たちの救助を命じます。

ハンク(ビースト)が改良した戦闘機により宇宙空間に到着したレイヴンたちは、瞬間移動するカート(ナイトクローラー)の能力を使い宇宙飛行士たちを戦闘機内へと入れますが、船長を船内に置いてきてしまったことに気がつきます。

太陽フレアのような莫大なエネルギーが船に近づき危険な状況を鑑みて、レイヴンは撤退を提案しますが、チャールズはジーンの力を使い船長を救うように命じました。

船長を救うことには成功したものの、ジーンはフレアに直撃してしまい一時気を失いますが帰還することには成功します。

地上に戻った「X-MEN」たちは世間に絶賛され、チャールズは学園内にいる「ミュータント」の子供たちにも得意気に語ります。

しかし、レイヴンは世間の人気を気にし「X-MEN」のメンバーに危険を強いるチャールズの現状に不満を抱き直接その心情をぶつけますが、チャールズは「ミュータント」が迫害されていた過去に比べればマシだと譲りませんでした。

ジーンの体調を調べるハンクは、彼女の中に莫大なエネルギーが宿っていることに気がつきますが、ジーンはいつもより体調が良いと言うためしばらく様子をみることにします。

恋仲であり「X-MEN」の仲間であるスコット(サイクロップス)に体調を気にされるジーンは、「何があってもあなたのもとに戻る」とスコットに誓います。

一方、郊外の家では、姿を変える謎の生物がパーティ中の家族を襲い、その家の女性に姿を変えます。

その生物は宇宙人のリランドラであり、市内へと入ると仲間と合流し、フレアによって莫大な力を得たジーンを篭絡しようと企んでいました。

レイヴンに今のチャールズの行動の間違いを指摘されるハンクでしたが、チャールズの親友である彼は時間が解決すると言うだけで真剣には考えませんでした。

学園の同期の仲間たちのパーティに参加するジーンとスコットですが、突如ジーンの力が暴走し、凄まじい衝撃波を出し倒れ込んでしまいます。

倒れたジーンの頭の中に侵入したチャールズは、かつてチャールズが封印した彼女のトラウマがフレアによって解放され、さらにチャールズがジーンについていた嘘も暴かれてしまったことに気がつきます。

チャールズを頭から追い出し目覚めたジーンは引き留めようとするスコットの身を案じて眠らせ、チャールズから死んだと聞かされていた父のもとへとたどり着いていました。

交通事故で死んだのは母だけであり父は生き残っていましたが、事故を引き起こしたジーンの事を既に見放していた父にジーンは絶望します。


(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『X-MEN:ダーク・フェニックス』のネタバレ・結末の記載がございます。『X-MEN:ダーク・フェニックス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ジーンの父親の住む家に辿り着いたチャールズと「X-MEN」。

騒動を聞きつけ現れたパトカーをジーンが破壊するとピーター(クイックシルバー)、オロロ(ストーム)、カートはジーンに攻撃を仕掛けますが、圧倒的なパワーを持つ彼女によって全員戦闘不能に追い込まれます。

ジーンの事を「家族」であると想い、彼女の身を案じ話し合おうとするレイヴンが優しく語りかけながらジーンに近づくと、ジーンの力が暴走しレイヴンは後方に吹き飛ばされてしまいます。

ジーンが破壊した父親の家の柱に突き刺さったレイヴンは、ハンクに「愛している」と呟くと息を引き取りました。

重症を負ったピーターとレイヴンの遺体を連れ館へ戻る「X-MEN」とチャールズ。

レイヴンの埋葬をすませると、ハンクはチャールズに自身の間違いを認めるように詰め寄りますが、チャールズは頑なに考えの間違いを認めず2人は決裂してしまいます。

自身の力を制御し切れずに身を案じてくれたレイヴンを殺害してしまったことに困惑するジーンは、アポカリプスとの戦いによってかつての罪を免除されたエリック(マグニートー)が「ミュータント」を保護している島へとたどり着きます。

過去と向き合う方法をエリックから学ぼうとするジーンですが、彼女の服に着いた返り血や何があったのかをひた隠しにする彼女を見てエリックはジーンを突き放します。

警察官を殺したことで指名手配されたジーンを追う兵士が島に現れ、ジーンが兵士を襲ったため彼等を逃がしたエリックは彼女に保護を求められますが、島から出ていくように恫喝しました。

行き場を失ったジーンがニューヨークのバーで酒を飲んでいると、リランドラがジーンに話しかけ、彼女が宇宙空間で吸収してしまったエネルギーは、自分たちが宇宙を駆け回り追い求めていたものであり、そのエネルギーを身に帯びたジーンならば宇宙全体を統べることすら出来ると諭しジーンの心は揺れ始めます。

一方で、チャールズのもとを去ったハンクはジーンを殺すためエリックのもとを訪れ、彼の情報網でジーンを探すように依頼。

確執のあるハンクの頼みに乗り気ではないエリックでしたが、ジーンがエリックの昔の仲間であったレイヴンを殺したことを知ると激怒し、ジーンを探し出して殺すことを決意。

情報網によりニューヨークでジーンを発見したエリックたちの心をセレブロ(テレパシーの増幅器)で捉えたチャールズはカートやオロロ、そしてスコットを連れジーンを守るためにニューヨークへ移動します。

ジーン殺害に燃えるエリックたちと対峙したチャールズたち「X-MEN」は、彼等を止めるため戦いに発展。

しかし、強大なパワーを持つエリックがチャールズたちを出し抜きジーンとリランドラのいる屋敷ヘと侵入。

戦いを煽るリランドラをしり目にジーンに攻撃を仕掛けるエリックでしたが、ジーンの持つ圧倒的な力の前になすすべも無く館の外へ吹き飛ばされました。

カートの能力で館内へと入ったチャールズは力に憑りつかれるジーンに自らの頭の中を読ませます。

かつてジーンを学園に誘った時の言葉を思い出させたチャールズによってジーンは大事なことを思い出し、強大なエネルギーをリランドラに譲渡しようとします。

エネルギーをリランドラに移している最中に、リランドラの目的が「人類の絶滅」にあることに気がついたチャールズは館内に入ってきたスコットにリランドラを撃たせ、吹き飛ばすことに成功。

しかし、度重なる破壊に業を煮やした政府が派遣した兵士によりチャールズ、ジーンを始めとしたその場にいた「ミュータント」全員が捕らえられてしまいました。

能力を制御する首輪をつけられ収容施設へと列車で連行される一行。

この場に至り、チャールズは自身の間違いを認め謝罪したことでハンクやエリックと和解し、本当の敵リランドラを倒すことを依頼します。

ジーンからのエネルギーの移動を完遂すべく、列車を襲撃し始めたリランドラ率いる宇宙人の軍勢。

武器が効かず、次々と殺害されていく兵士たちはチャールズの説得により首輪の機能を停止させます。

解放されたエリックや「X-MEN」は、別室で昏睡状態のジーンを守るため各自の能力を使い応戦。

戦いは有利に進んでいましたが、エネルギーを吸収したリランドラにはエリックでも太刀打ちできず、次々と戦闘不能に追い込まれてしまいます。

ジーンを目覚めさせるために彼女に語り掛けるチャールズ。

チャールズの頭の中に学園に誘った時の少女の姿で現れたジーンは、チャールズがついた嘘やトラウマの封印が全て自身を想ってのことだったことに気がつきチャールズを許します。

次の瞬間、目を覚ましたジーンは、仲間を守りつつ列車を空き地に横転させると宇宙人たちを全員塵に変え殺害。

力を奪おうとするリランドラを宇宙空間に連れて行き、大量のエネルギーの放出によってリランドラと共に焼失しました。

月日が経ち、人類を守ったジーンの名前を冠した名称に変えた学園は、チャールズに代わりハンクが運営しオロロたちが教師となることで多くの子供たちと共に繁栄しています。

引退したチャールズがフランスの街中で1人コーヒーを飲んでいると、エリックが現れチェスの対局をチャールズに求めます。

多くの仲間を失い憔悴した顔のチャールズは対局を断りますが、エリックはかつて自身がチャールズによって命も精神も救われ、居場所も与えてくれた恩をそのまま今のチャールズに返したいと言うと、無理矢理対局を始めます。

軽口を言い合い微笑む2人、空にはジーンのエネルギーが流れ星のように横切っていました。

スポンサーリンク

映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』の感想と評価


(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

「差別」や「迫害」をメインテーマとしているため、アメリカン・コミック映画の中でもダークな雰囲気が強い「X-MEN」シリーズ。

本作はそんな「X-MEN」シリーズのなかでも特に陰鬱とした雰囲気が強く、強大な力を持ってしまったがゆえに全てが壊れていく絶望が身に詰まるほど描写されています。

特殊な能力を持つ「ミュータント」は、その秀でた能力で人類に取って代わろうとするのではないかと危険視され、まさに「出る杭を打つ」感覚で差別・迫害・殺害の対象とされてきました。

そんな過酷な運命を変えてきたチャールズたちが、自分たちを遥かに越える圧倒的な存在が暴走した時、どんな決断をするのか。

「出る杭を打つ」行動から逃れていた者たちが「出る杭を打つ」決断を迫られる、シリーズの本題とも言える「エゴ」を描いた物語にも注目して欲しい本作。

俳優たちの演技も役にハマり込んでおり、シリーズが積み重ねてきた登場人物の魅力も一層引き立つ作品になっていました。

4DX吹替版感想!シリーズトップクラスの規模の戦いを全身で味わえ!


(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

宇宙を統べるほどのエネルギーを手に入れたジーンの暴走を発端に巻き起こる戦いがメインとなる本作。

序盤の宇宙での救出任務を始め、シリーズの中で最も激しい動きの多い本作は4DXでの鑑賞にうってつけの作品。

特にクライマックス付近の「ミュータント」総出の戦いでは「シートベルトが必要なんじゃないか」と錯覚するほどに座席が大きく揺れ、戦いの規模の大きさを身をもって味わうことが出来ます。

さらに、匂いなどの振動以外の設定による雰囲気も重視されており、とあるシーンでの匂いの演出は殺人を繰り返してきたエリックとは正反対の匂いが発せられ、彼の心情と生活の変化を鼻で理解することが出来ます

このようにただ派手に揺れるだけでなく全身で物語を体感できる4DXでの上映は、物語にも重点を置き、かつシリーズ最大規模の戦闘が行われる本作の劇場鑑賞の選択肢としてオススメです。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

いかがでしたか。

製作会社「20世紀フォックス」をディズニーが買収したことにより、今後の展開として「アベンジャーズ」シリーズとの合流が期待される「X-MEN」シリーズ。

仲間を守るために仲間と戦う、悲痛で陰鬱だからこそ心を打つ、「アベンジャーズ」とはまた違ったスーパーヒーローたちの戦いの結末をぜひとも劇場で目に焼き付けてください。


関連記事

SF映画

『バンブルビー』ネタバレ感想と4DX映画体験リポート。トランスフォーマーの最も肝心なことが伝わる必見の作品

トランスフォーマーシリーズ始まりの物語! 映画『バンブルビー』は、「トランスフォーマー」シリーズの人気キャラ・バンブルビーが、最初に地球に来た時の冒険譚。 シリーズ最高傑作との呼び声も高い注目作です。 …

SF映画

下野紘映画『クロノス・ジョウンターの伝説』ネタバレ感想とあらすじ。永劫を越える純愛を体現

2019年4月19日(金)より公開の映画『クロノス・ジョウンターの伝説』 愛する人を救うため、重大な欠陥を孕んでいることを知りながらもタイムマシン《クロノス・ジョウンター》によって、過去と未来を行き来 …

SF映画

映画『十年』の太賀主演『美しい国』感想レビュー。是枝裕和監修で突きつけた問題定義とは【十年Ten Years Japan】

映画『十年Ten Years Japan』は2018年11月3日(土)テアトル新宿、シネ・リーブル梅田ほか全国順次公開。 是枝裕和監督が才能を認めた、5人の新鋭監督たちが描く、十年後の日本の姿。 高齢 …

SF映画

韓国映画『エンドレス 繰り返される悪夢』あらすじとキャスト紹介

目覚める度に繰り返す同じ“1日”。それは“最愛の娘”や“妻”という家族が事故に遭う2時間前だった…。 愛する人を救うため、時に抗う2人の男の死闘を描くタイムループ・スリラー『エンドレス 繰り返される悪 …

SF映画

ブレードランナー(1982)あらすじと考察!松田優作は何を見たか?感想解説から読み解く“ SF映画魅力”

『ブレードランナー2049』の公開が2017年10月27日に差し迫りました。 続編の公開前に、前作『ブレードランナー』を振り返ってみましょう。 スポンサーリンク CONTENTS1.映画『ブレードラン …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学