Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

キャプテンアメリカ/ザ・ファーストアベンジャー動画無料配信法とネタバレ感想

  • Writer :
  • shitanita

「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズの5作品目であり、「キャプテン・アメリカ」シリーズの1作品目。

星条旗を掲げる正義のヒーロー、キャプテン・アメリカの成り立ちがここにあります。

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』を紹介します!

スポンサーリンク

1.映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』の作品情報


(C)2010 MVLFFLLC. TM & (C)2010 Marvel Entertainment, LLC and its subsidiaries. All rights reserved.

【公開】
2011年(アメリカ映画)

【原題】
Captain America: The First Avenger

【監督】
ジョー・ジョンストン

【キャスト】
クリス・エヴァンス、ヘイリー・アトウェル、ヒューゴ・ウィーヴィング、セバスチャン・スタン、スタンリー・トゥッチ、ドミニク・クーパー、トミー・リー・ジョーンズ

【作品概要】
監督は「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」で視覚効果として映画界入りし、「ジュラシック・パークIII」などでメガホンをとったジョー・ジョンストン。主演を2005年公開映画「ファンタスティック・フォー」でヒューマン・トーチ役を務めたクリス・エヴァンスが演じる。

▼映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』はHuluでご覧いただくことができます。
映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』を今すぐ見る

2.映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』のあらすじとネタバレ


(C)2010 MVLFFLLC. TM & (C)2010 Marvel Entertainment, LLC and its subsidiaries. All rights reserved.

ワシントンから仕事で来たという男たちが、ロシアで墜落したまま凍っている飛行機を調査しに来ます。

飛行機の中で、雪に埋もれたアメリカ星条旗が描かれた盾を見つけました。

1942年。ノルウェーのある団体がコズミック・キューブと呼ばれる神オーディンの物を隠していました。

しかし突然、軍服に身を包んだ男シュミットが奪っていきます。

スティーブ・ロジャースは戦争中のアメリカに貢献するため軍隊に入る試験を受けますが、喘息を含む複数の病気をもつため不合格にされてしまいます。

路地裏でスティーブはチンピラに絡まれ殴られてしまいますが、友人のバッキーが助けに来てくれました。

バッキーは、スティーブが入りたかった107連隊の軍曹として、イングランドに行くことになっていました。

スティーブは友人との最後の夜を、バッキーが連れてきた女性たちと共に万国博覧会で過ごします。

そこでは科学者ハワード・スタークも発表をしていました。

会場を後にしたスティーブは、入隊試験を受けバッキーと別れの挨拶をします。

試験を待つスティーブの元に、アースキンと名乗る博士がやってきます。

スティーブの「悪党を許せない」という正義感の強さに、合格印を押しました。

ナチスでは、コズミック・キューブを奪ったシュミットがゾラ博士と共にキューブの強大な力を目の当たりにします。

入隊したスティーブは、スーパーソルジャー計画の合格者になるべく、ペギー・カーターの元で他の入隊者と共に訓練を受けます。

体の弱いスティーブは訓練についていくのもやっとで、計画の被験者候補であることにフィリップス大佐はアースキン博士に不満を漏らします。

しかし大佐のテストに対し勇敢な行動を見せ、スティーブは被験者として認められました。

実験前夜、アースキンは以前ナチスで研究していた超人血清をシュミットに打ったことで、副作用を起こしさらなる悪人にしてしまったことを告白します。

次の日、ペギーと共にスティーブは極秘の実験場に向かいます。

実験場では政府の議員も多く訪れ、成果を見守ります。

ハワードの協力もあり、血清を打たれたスティーブは見事逞しい体つきの戦士に生まれ変わり、アースキン博士の実験は大成功しました。

歓声に包まれる中、議員に紛れていた暗殺者によりアースキン博士は撃たれ、血清を奪われてしまいます。

スティーブは外に飛び出し暗殺者を追いますが、奥歯に仕込んだ青酸カリを飲み「ヒドラ万歳」と言い残して自害しました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』ネタバレ・結末の記載がございます。『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

暗殺者がシュミットを崇拝するヒドラというカルト集団であること知り、スティーブは倒そうとしますがフィリップス大佐に却下されてしまいます。

それを見ていた議員が、資金源を得るためスティーブをマスコットキャラクター「キャプテン・アメリカ」に仕立て上げます。

自分の活動に疑問を持っていたスティーブの元にペギーがやってきて、バッキーのいる107連隊がヒドラの攻撃にあったことを知らされます。

しかし戦闘に参加させてもらえないスティーブは、ペギーとハワードの助けを借り、バッキーたちが捕まっているオーストリアに単身乗り込みます。

オーストリアではシュミットたちヒドラが、アメリカ兵を捕虜にしキューブを使って武器を生産していました。

兵士たちを解放したスティーブは、1人隔離されているバッキーを助けます。

キューブで作った武器を手に入れた兵士たちは暴れまわり、シュミットは基地の自爆スイッチを押しました。

脱出しようとするスティーブの前にシュミットが現れ、顔のマスクを剥がします。

彼の素顔は赤く恐ろしい、レッドスカルでした。

スティーブの死亡報告を書いていたフィリップス大佐は、兵士を救って戻ってきたスティーブを褒め皆が讃えます。

ヒドラの兵器工場を全滅させるために、スティーブはバッキーたちと精鋭部隊を組みます。

ハワードに特製の盾とコスチュームを作ってもらったスティーブは、バッキーたちと共に世界各地のヒドラ基地を潰してまわります。

スティーブたちはゾラ博士の乗った列車を襲撃しますが、敵の攻撃を受けたバッキーが谷底に落下してしまいます。

親友を失ったスティーブは、悲しみから抜け出せずにいましたが、改めてヒドラ撃退をペギーに誓います。

最後のヒドラ基地であるアルプスに向かい、正面から乗り込んだスティーブは捕まってしまいます。

しかしそれは囮で、仲間たちが乗り込み基地を襲撃していきます。

スティーブは飛行機で逃げたシュミットを追いかけます。

ペギーとキスを交わしたスティーブは、離陸する直前の飛行機に飛び移ります。

飛行機の中には、アメリカ主要都市に墜落させる予定の爆弾がいくつも積み込まれていました。

爆撃を阻止するためにスティーブはシュミットの元に向かいます。

飛行機の中で激しい殴り合いをする最中、キューブを手にしたシュミットは凄まじいパワーに耐えきれず消滅してしまいました。

しかし飛行機は自動操縦になっているため、まっすぐニューヨークへ飛びつづけます。

爆発させないため、スティーブは身を呈して北極の氷の中に不時着を試みます。

ペギーとの最後の通信で再会の約束を交わしますが、途中で通信は途切れ、スティーブは氷海に沈んでいきます。

第二次世界大戦は終結し、ハワードはスティーブの捜索の途中沈んでいたキューブを回収しますが、肝心のスティーブは見つけることができませんでした。

目が覚めたスティーブは、周囲の様子に違和感を感じ部屋の外に飛び出します。

すると街は変わり果てており、70年間眠り続けていたことを知らされ呆然とします。

スポンサーリンク

3.映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』の感想と評価


(C)2010 MVLFFLLC. TM & (C)2010 Marvel Entertainment, LLC and its subsidiaries. All rights reserved.

スティーブは誰にも負けない強い正義感を持ちながら、弱々しい体のため兵士になることができませんでした。

何度も何度も試験に落ちますが、それでもめげない想いが報われ見事スーパーソルジャーになれたときは爽快感すらあります。

パワーアップしたスティーブの盾を使ったアクションは、非現実的すぎず本当に戦時中に存在していたかのように思ってしまいます。

ペギーとスティーブの淡い恋模様も見所のひとつです。

女性に迫られたスティーブがキスされる所をペギーが見て嫉妬したり、スティーブの時計にペギーの写真が入っていたり、まるで思春期のような2人見ていて微笑ましいです

しかしスティーブが目を覚ますと70年の年月が経っていました。ペギーは今どうしているのでしょうか?

最後にスティーブの前に現れた眼帯の男性もとても気になるところですね。

まとめ


(C)2010 MVLFFLLC. TM & (C)2010 Marvel Entertainment, LLC and its subsidiaries. All rights reserved.

アベンジャーズ」において重要な役割をもつ「キャプテン・アメリカ」の1作品目は、戦時中というダークな雰囲気を持ちつつ爽快なアクションがとてもおもしろかったです。

バッキーとの友情の絆や、ペギーとの恋模様。

純粋なスティーブに襲い掛かる敵によって、これから変わってしまうのでしょうか?

アイアンマンであるトニー・スタークの父、ハワード・スタークや、オーディンのコズミック・キューブなど、つながるマーベル作品にも胸が躍りますね。

アベンジャーズ」では一体どんな活躍を見せてくれるのでしょうか?


(C)2010 MVLFFLLC. TM & (C)2010 Marvel Entertainment, LLC and its subsidiaries. All rights reserved.

さて、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』が観られるHuluでは現在2週間無料トライアルを実施中

▼映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』はHuluでご覧いただくことができます。
映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』を今すぐ見る

無料トライアル期間に解約をすれば料金は一切かかりませんし、記事でご紹介した作品以外にも映画・海外ドラマ・国内ドラマ・アニメなど、大量の作品が見放題となっています。

作品によって追加料金がかかるVOD(定額制動画配信サービス)もありますが、Huluは全作品見放題というのも安心して使えるポイントですね!

※紹介している情報は2017年11月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

関連記事

SF映画

映画『アンダー・ザ・ウォーター』あらすじとキャスト。人類の結末はいかに?

ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催される「未体験ゾーンの映画たち2018」。 そこで上映される1本が映画『アンダー・ザ・ウォーター』。 海面上昇により地上のほとんどが海水に沈み、多 …

SF映画

【ルパVSパトあらすじネタバレと感想】快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film

2つの戦隊と悪の組織による三つ巴の戦いが展開する現在放映中の『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』。 360度カメラによる縦横無尽なカメラワーク、モーションキャプチャーによるCGと着ぐ …

SF映画

映画『2001年宇宙の旅』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【SF歴代名作傑作】

20世紀を代表する巨匠、『時計じかけのオレンジ』『フルメタル・ジャケット』のスタンリー・キューブリック監督と、原作者アーサ・C・クラークによる、映画史を代表する不朽の傑作SF作品。 第42回アカデミー …

SF映画

【テネット解説】主人公の名もなき男の秘密ネタバレ考察!映画冒頭間もなく死んでいたことの検証

映画『TENET テネット』は2020年9月18日(金)より全国ロードショー! SF映画、クリストファー・ノーラン映画ファンのみならず、スケールの大きな大作映画を待ち望む世界の観客を集め、大ヒットを記 …

SF映画

ネタバレ感想『ヴェノム』詳細なあらすじ。トム・ハーディがマーベルの最凶最悪のキャラに続編へも意欲!

地球外生命体シンビオートに寄生され、ヴェノムとなった記者エディ。 エディは自分自身をコントロールできないことに戸惑い、また恐怖しますが、やがてその力に魅了されていきます。 マーベル史上、最凶最悪のヴィ …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学