Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

【ネタバレ注意】アクアマンのトリビア&小ネタ集!9つの秘密を紹介

  • Writer :
  • 松平光冬

今まで観たことのない、海中バトルアクション映画『アクアマン』は、2019年2月8日(金)より全国ロードショー!

スーパーマン、バットマン、ワンダーウーマンなど、名だたるアメコミヒーローを擁するDCコミックス。

そんな彼らDCキャラを実写映画化するプロジェクト、「DCエクステンデッド・ユニバース」(DCEU)の第6作目にあたる、『アクアマン』がついに日本公開されました。

すでに主人公アクアマンの活躍を劇場で観た方も多いと思いますが、ここでは作品に関するトリビアや小ネタを9つご紹介しましょう。

スポンサーリンク

モモアはバットマンのオーディションを受けていた⁈

本作の主人公のアクアマン/アーサー・カリーを演じたジェイソン・モモアは、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』で一瞬だけ登場しています。

実はジェイソンは、当初この作品でバットマン/ブルース・ウェイン役のオーディションを受けていました。

ところがオーディションの数週間後、監督のザック・スナイダーから来た返事は、「君の役はアクアマンだ」。

全く予想外の結果に、ジェイソンはとても驚いたそう。

キッドマンは別のヒーローの母親だったかも?


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

アーサーの母親であるアトランナを演じたニコール・キッドマンは、実は本作より先に、同じDCEUの『ワンダーウーマン』(2017)で、ワンダーウーマン/ダイアナ・プリンスの母ヒッポリタ役をオファーされていました。

しかし、当時ニコールはテレビドラマ『ビッグ・リトル・ライズ』への出演を優先していたために、スケジュールが合いませんでした。

本作にニコールが出演したのは、ジェームズ・ワン監督たっての希望からです。

2人は以前に別企画の映画製作に向けて動いていましたが、諸事情により立ち消えに。

ワンはその後、本作の脚本・監督に起用された際に、脚本執筆の段階からアトランナ役にニコールを想定して進めました。

それを知った彼女は、即決でオファーを受けています。

スポンサーリンク

ウィレム・デフォーが出演した理由

アーサーの師匠であり、地上世界で暮らす彼と海底王国を繋ぐ役割を担うバルコ。

このバルコ役を、4度のアカデミー賞ノミネート歴を誇るウィレム・デフォーが演じた理由は、『スター・ウォーズ/新たなる希望』(1978)のオビ=ワン・ケノービのような、老獪な剣士役を演じてみたかったからだとか。

槍を使った本格的なアクションにも挑戦し、ヘアスタイルも侍のマゲを意識したものになっています。

メラの父ネレウスは父親ではない⁈

アーサーと行動を共にする海底王国ゼベルの王女メラの父親として登場するのが、ゼベル王のネレウス。

実は原作では、ネレウスはメラの父ではなく、婚約者という設定になっています。

そもそも原作では、メラはネレウスの命を受けてアーサーを暗殺しようと近づくも、逆に恋に落ちてしまうという、驚愕の展開になっていたりするのです。

スポンサーリンク

ジェームズ・ワン監督が参考にした映画

監督のジェームズ・ワンは、本作『アクアマン』を製作するにあたり、いくつかの作品を参考にしています。

彼が挙げたのは、『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981)と『ロマンシング・ストーン 秘宝の谷』(1984)。

『アクアマン』で、アーサーとメラがトライデントを探しに砂漠や穴底に向かうシーンなどは、冒険活劇の代表作として知られる両作品の影響が強く出ていると言えます。

かねてからスピルバーグのように冒険活劇を撮りたいと思っていたワンとしても、『アクアマン』はその夢を叶えた形となりました。

蛇足ながら、『アクアマン』でのイタリアでのド派手なバトルシーンは、スピルバーグのアニメ作品『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』(2011)の影響を感じなくもありません。

もう一つ、アーサーたちに群れで襲いかかる海溝に棲息する凶暴生物のトレンチは、モンスター映画の古典『大アマゾンの半魚人』(1954)の半魚人にオマージュを捧げたデザインとなっています。

参考映像:『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』

ドラムを叩く巨大ダコは原作では相棒

本作の中盤で、アーサーとオームが王座をかけて「炎の間」で対決に臨みます。

その際に、闘いを盛り上げるべく、巨大なタコがドラムを叩くシーンがあったのを覚えてる人も多いでしょう。

実はあのタコは、1950年代から60年代に出版された『アクアマン』の原作コミックに登場するキャラクターで、名前をトポといいます。

原作ではアクアマンをサポートしつつ、時おりピアノやギター演奏をするおちゃめな一面を持つ、れっきとした相棒なのです。

ワン監督は当初、「作品のテイスト的に合わないのでは」とトポを出すか否か迷っていましたが、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)に登場する火炎放射ギターをかき鳴らす男(コーマドーフ・ウォーリアー)を観て自信を持ち、登場させることにしました。

参考映像:『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

トライデントを護る怪物の声は名女優

クライマックス間近、アーサーはついにトライデントがある地球のコア部にたどり着きますが、寸前でトライデントを護る怪物カイゼンが現れ、行く手を遮ります。

このカイゼンの声を担当したのは、『メリー・ポピンズ』(1964)や『サウンド・オブ・ミュージック』(1965)といった往年のミュージカル映画で活躍した、ジュリー・アンドリュースです。

本作プロデューサーのピーター・サフランによると、カイゼンの声はクラシックなイギリス人女優の声を活かしたいとの意向からで、オファーを受けたアンドリュースはすぐに快諾したそう。

『ワイルド・スピード』のセルフパロディが!

劇中で、オームの猛攻撃から逃れたアーサーとメラがイタリアの海岸に流れ着くと、スローモーションで2人が海から顔を出すシーンがあります。

このシーンは、ワン監督の2015年のヒット作『ワイルド・スピード SKY MISSION』のセルフパロディです。

ワン監督の映画で製作費が高いのは?

『ワイルド・スピード SKY MISSION』に続いてワン監督のメガヒット作となった、『アクアマン』。

どちらもヒットした反面、バジェット的にも相当高額だったのではと思われますが、さて、製作費が高かったのはどちらだと思いますか?

ワン曰く、「『ワイルド・スピード』に比べれば『アクアマン』は全然安いよ」とのこと。

理由までは明かしていませんが、主演俳優のギャラか、もしくは安全面での保険総額か?

どちらも映像の迫力という面では甲乙つけがたい作品なだけに、少々意外かもしれません。

インターネット・ムービー・データベース上では、『ワイルド・スピード』は約190億ドル、『アクアマン』は160億ドルとされています。

まとめ

これまでのDCEU作品は、ライバルのマーベル・シネマティックユニバースと比べてもシリアスかつダークなテイストだったせいか、なかなかアメコミファン以外の層にも受け入れられていたとは言い切れなかった面もありました。

しかし、『アクアマン』はユーモアもさることながら、ワン監督お得意の観客を驚かせる演出に加えて、息もつかせぬアクションもテンポ良く混ざった、まさしくスピルバーグ的なジェットコースター・ムービーになっていると思います。

ここで挙げた以外にも、細かなトリビア&小ネタが満載となっている『アクアマン』。

すでに鑑賞した人も、確認する意味でもう一度劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

映画『アクアマン』の作品情報


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Aquaman

【監督】
ジェームズ・ワン

【キャスト】
ジェイソン・モモア、アンバー・ハード、パトリック・ウィルソン、ウィレム・デフォー、ニコール・キッドマン、ドルフ・ラングレン

【作品概要】
DCコミックス原作のヒーローで、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)と『ジャスティス・リーグ』(2017)のDCEU作品にも登場していた、アクアマンの単独主演作。

主人公アクアマン役を、テレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズなどで知られる、ハワイ出身の俳優ジェイソン・モモアが演じます。

共演に、アンバー・ハード、ウィレム・デフォー、ニコール・キッドマンといった顔ぶれが揃いました。

監督は、トーチャー(拷問)ホラーの『ソウ』シリーズや、『ワイルド・スピード SKY MISSION』(2015)などのヒット作を放ってきたジェームズ・ワンが担当しました。

映画『アクアマン』のあらすじ


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

海底帝国アトランティスの王女アトランナと、灯台守をしていた人間男性トム・カリーとの間に生まれたアーサー。

彼は、類まれなるパワーと海の生物と意思疎通ができる能力を持つメタヒューマン=アクアマンとして、悪事を働く海賊の討伐といった自警活動をしていました。

そんなある日、アーサーの元に海底王国ゼベルの王女メラが現れ、アーサーの異父弟オームが、海を汚す人間を滅ぼそうと企んでいることを告げます。

それを阻止するには、アーサーが次期アトランティス王となるべく、行方不明となっている黄金の三つ又=トライデントを見つける必要が。

アーサーとメラがトライデントを求めて世界各地を奔走する一方、オームは二人を始末すべく暗躍するのでした…。

関連記事

SF映画

『アリータ:バトルエンジェル』感想と評価。ジェームズ・キャメロンの名作映画を連想させる!

映画『アリータ:バトルエンジェル』2019年2月22日よりロードショー 日本の名作SFコミック『銃夢』を、『アバター』のジェームズ・キャメロンが完全映像化! 意外な驚きを与えてくれた本作、映画『アリー …

SF映画

【スパイダーマン ホームカミング】ネタバレと感想!映画ラスト結末も

主演に若手注目株のトム・ホランドを迎え、ついにスパイダーマンがマーベルに帰って来た! こちらも期待の新鋭、ジョン・ワッツ監督による新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』をご紹介します。 以下、あ …

SF映画

映画『亜人』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

原作は桜井画門の人気コミック『亜人』が2017年に遂に実写映画化! キャストは『るろうに剣心』シリーズの佐藤健と『踊る大捜査線』シリーズの本広克行監督よる初タッグで贈る新感覚アクション・ムービー。 今 …

SF映画

映画デッドプール2|あらすじとキャスト。日本人ユキオ役に忽那汐里も参戦!

マーベルコミック原作のヒーロー、デッドプールの活躍を、派手なアクションと激しい悪ノリで描く、R指定映画の世界興行収入記録を塗り替えたシリーズ第2弾。 今回は2018年6月1日公開の映画『デッドプール2 …

SF映画

LOGAN(ローガン)ネタバレと感想!ヒュー・ジャックマン演技評価も

見届けよ!最後のウルヴァリンの雄姿!2017年6月1日全国公開の映画『LOGAN ローガン』。 ヒュー・ジャックマンは17年間に渡って演じてきたウルヴァリンはこれが最後です。 『LOGAN ローガン』 …

【Cinemarche独占】映画『小さな恋のうた』試写会プレゼント【5/16(木) よみうりホール】
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP