Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/11/01
Update

【東京国際映画祭2018】上映話題作レビュー速報3弾!『銃』『ハード・コア』『GODZILLA 星を喰う者』

  • Writer :
  • 村松健太郎

東京国際映画祭では一般の上映と同時進行で国内外マスコミ関係者・買い付けを検討する国内外の配給会社向けの試写が行われています。

会場にお越しいただいたことがあれば見たことがある風景かもしれませんが、明らかに上映を行っているのにスケジュール表にもチケット販売一覧にも表記がされていないものがあります。それが関係者向けの試写会です。

映画のニュースをお届けするマスコミ関係者、映画の権利購入を検討する人々、中には自分の映画祭に作品を呼ぼうと考えている人々もいます。

そんなわけで、クロージング作品を先行してみることができたりもします。

スポンサーリンク

特別招待作品クロージング『GODZILLA 星を喰う者』

初の劇場用アニメーションとしてシリーズ展開されている通称“アニゴジ”のシリーズ最新作にして、三部作の完結編。

『GODZILLA 怪獣惑星』では怪獣の星となって地球を捨てた人類が帰還を果たしゴジラと対決するまでを。

『GODZILLA 決戦機動増殖都市』では、主人公ハルオたちの前に現れたゴジラアース(なんと、体長300メートル!)に対抗するものとして開発されたナノマシーンの集合体メカゴジラが発展したメカゴジラシティでゴジラ―アースを迎え撃つ物語が描かれました。

圧倒的な工学知識を持つビルサドと神官的な存在のエクシフという宇宙人種が地球人とともに己の領域の知識を持ってゴジラに挑む展開となっています。

『決戦機動増殖都市』でナノマシーンと一体化してまでゴジラに挑むものの、倒すことのできなかったビルサドは対ゴジラに対して行動・発言の面で一歩後退、代わりに神の代弁者エクシフがゴジラアースに挑みます。

メカゴジラシティでの決戦で自分慕うユウコを失ったハルオはもはやゴジラアースに対峙する気力も起きません。


©2018 TOHO CO., LTD.

そんな中、すべての文明の崩壊は文明が進んでいく中の当然の流れで、ゴジラアースの登場もまた自然のものであるという考えを前面に押し出してくエクシフは、自分の文明を崩壊させ、今は神として敬っている“王たるギドラ=キングギドラ”を召喚させて、ゴジラアースと対決させます。

しかし、ギドラの力はゴジラアースだけでなく場合によっては地球という惑星そのものを喰らいつくしかねません。

それに対してハルオは地球に残った人種フツアの神モスラの力を借りて、最後の対決に挑みます。

アニメでしかできない『GODZILLA』の描写はやはり独特で、少なくとも現時点では実写では実現不可能なものでしょう。

やはり“GODZILLAブランド”の認知度は国際的にも高く、試写会場には海外の方も多くいました。

東京国際映画祭での日本映画が上映されるにはいくつかの意味があります、もちろん国内へのPR効果にもなりますが、それだけではなく日本の作品・才能を海外に広く知らせるということもあります。

ここで海外に認知させることで作品やスタッフ・キャストに格を上げたり、海外からの招集の機会を与えたりすることができます。

コンペティション部門や日本映画スプラッシュ部門などなどにエントリーされた作品は、すべて次の大きなステップを踏む可能性があることになります。そんな日本映画から。

特別招待作品『ハード・コア』

『オールドボーイ』などで知られる狩撫麻礼原作のコミックを山田孝之、佐藤健、荒川良々というキャストで映画化された本作。

監督は『山田孝之の東京都北区赤羽』「山田孝之のカンヌ映画祭」シリーズなどで山田孝之に振り回される髭の人としてすっかりお馴染みになった山下敦弘。

右翼団体の構成員の兄、商社マンの弟、口下手な牛山、そして突然現れたロボットのロビオが織りなす奇妙でオフビートなコメディ映画です。

半分“出オチ”に近いギャグは海外からの参加者でも自然と笑うことができるようです。


©2018「ハード・コア」製作委員会

山田孝之のキレキレのキャラ設定、荒川良々の個性爆発のキャラクターも楽しいですが、佐藤健の廃れ具合もなかなか見ることもできず、貴重で楽しめます。

そしてなんといってもそんな中に登場するロボットのロボオはやはり違和感とインパクトがたっぷりです。

物語としてはだいぶ無理のある話の進み方なのですがこのロボットがドーンと登場すると些細なことがらは何でもないような気がしてきます。

スポンサーリンク

日本映画スプラッシュ『銃』

日本映画でも特にキャリアの浅い監督の作品をピックアップする日本映画スプラッシュ部門にエントリーした一作。

芥川賞受賞作家中村文則のデビュー作品を、4年前に日本映画スプラッシュ部門に『100円の恋』で登場して、一気に注目の監督となった武正晴監督が今回は他の映画を迎え撃つような立ち位置になって再びこの部門に帰ってきました。

主演は若手のホープ村上虹郎。共演に広瀬アリス、リリー・フランキー、日南響子、新垣里沙。そして虹郎の実父の村上淳との共演も実現しています。

©吉本興業

偶然、拳銃を拾ってしまった青年トオルは拳銃を持っているという優越感にひたって高揚感に溢れた日々を過ごすことになりますが、やがて、拳銃を撃ってみたいという暗い欲求にとらわれていきます。

浮遊感溢れる演技を見せる虹郎と彼を支えるいっぽうで危うさを抱えるヒロインの広瀬アリス、ともに新境地といった演技を見せてくれます。

一方で短いシーンながらも主人公に決定的な揺さぶりを与える刑事を演ずるリリー・フランキーも相変わらずの特異な存在感を味わうことができます。

ほぼ全編モノクロで進む映画ということでも独特の味わいのある映画です。

まとめ

そろそろ、映画祭も終わりが見えてきました。

海外からのゲストも、順次帰国していくなど少しずつ寂しくなっていきます。

アワード授賞式はネットでも中継されていますので、よろしければご覧になってみてください。

将来のヒットメイカーを見つけることができるかもしれませんよ。



関連記事

新作映画ニュース

映画『朝が来る』キャストの中島ひろ子は中学生で母となった娘を持つ母親・片倉貴子役を演じる【演技評価とプロフィール】

辻村深月の原作を河瀬直美監督が映画化した『朝が来る』キャスト紹介 2020年10月23日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。 世界で高い評価を受け、東京2020オリンピック競技大会の公式映画 …

新作映画ニュース

【カルピス100周年】短編動画のメカニズム映画祭を開催!監督たちよる「カラダカルピス」の紹介映像とは

カラダカルピス・メカニズム映画祭の作品は、特設ウェブサイトおよびアサヒ飲料YouTube公式チャンネルにて配信中! アサヒ飲料が販売する乳酸菌飲料「カラダカルピス」の機能説明動画を原作に、4名の映画監 …

新作映画ニュース

映画『パラサイト』キャストの金持ち夫人役はチョヨジョン【演技評価とプロフィール】

第72回カンヌ国際映画祭“最高賞”パルムドール&第92回アカデミー賞作品賞受賞作『パラサイト 半地下の家族』は2020年1月10日より全国公開! 第72回カンヌ国際映画祭最高賞パルムドール受賞に加え、 …

新作映画ニュース

映画『その男、東京につき』キャスト/公開日/上映館/内容紹介。ラッパー般若がドキュメンタリーで語る!

孤高のMC・般若の長編ドキュメンタリー映画 壮絶な過去を経て辿り着いた武道館ワンマンライブを追い、般若が自身の過去と未来を赤裸々に語ります。 (C)2020 A+E Networks Japan G. …

新作映画ニュース

映画『凪待ち』生中継舞台挨拶付き上映決定。劇場公開後も全国各地のファンに応えるイベントを!

映画『凪待ち』は2019年6月28日より、TOHOシネマズ日比谷を皮切りに全国ロードショー公開! 監督・白石和彌。そして、俳優・香取慎吾。両雄が初のタッグを組んだ映画にして、震災後の宮城県石巻市を舞台 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学