Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/10/08
Update

映画『天才ヴァイオリニストと消えた旋律』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。フランソワ・ジラール監督が紡いだ極上の音楽ミステリー!

  • Writer :
  • 大塚まき

『レッド・バイオリン』監督が紡ぐ、極上の音楽ミステリー

アカデミー賞ノミネート俳優ティム・ロスとクライヴ・オーウェンら実力派キャストが集結、『レッド・バイオリン』のフランソワ・ジラール監督が贈る極上の音楽ミステリー『The Song of Names(原題)』。


(C)2019 SPF (Songs) Productions Inc., LF (Songs) Productions Inc., and Proton Cinema Kft

この度、邦題を『天才ヴァイオリニストと消えた旋律』として、2021年12月3日(金)より全国公開することが決定しました

あわせてポスタービジュアルが解禁となります。

スポンサーリンク

映画『天才ヴァイオリニストと消えた旋律』について

参考:『The Song of Names』公式ツイッター

第二次世界大戦下のロンドン。9歳で出会い、ともに育った同い年のマーティンとドヴィドル。やがて将来有望なヴァイオリニストとして成長したドヴィドルは、デビューコンサートの日に忽然と姿を消しました…。

35年の月日を経て、その真相を追求するマーティンに待ち受ける衝撃の真実とは?

監督を務めたのは『レッド・バイオリン』『シルク』の名匠フランソワ・ジラール

アカデミー賞ノミネート俳優ティム・ロスとクライヴ・オーウェンが豪華競演します。

そして、あどけなさを微かに残しながらも凛とした雰囲気を漂わせる幼少期のドヴィドル役を演じたのはルーク・ドイル。将来有望なヴァイオリニストにして本作で映画デビューを飾っています。

ブルッフ、バッハ、ベートーヴェン、パガニーニなどのクラシック楽曲とともに紡ぐハワード・ショアの音楽、そして21世紀を代表するヴァイオリニスト、レイ・チェンによる演奏。

美しい旋律に導かれてロンドン、ワルシャワ、ニューヨークを巡る、極上の音楽ミステリーが誕生しました。

映画『天才ヴァイオリニストと消えた旋律』のポスタービジュアル

本記事の冒頭に記載しました、この度解禁となったポスタービジュアルでは、二人の初老の男性の姿が目にとまります。

主人公マーティン役を演じたティム・ロスと、その幼馴染・ドヴィドル役のクライヴ・オーウェン、円熟味を帯びた二人の名優です。

二人は背中を合わせるように配置されていますが、その様子は身を寄せ合っているというよりも、それぞれにまるで異なる方向を向いて歩んできた二つの人生の物語を感じさせます。

一方、そんな二人のちょうど真ん中でヴァイオリンを構えた少年が大きく存在感を持って中央にレイアウトされています。

ポスタービジュアル内の「35年前、彼はなぜ忽然と姿を消したのか?」というコピーからも、このヴァイオリン弾きの少年が姿を消す運命にあること、そしてその失踪理由が美しき旋律によって導かれていくこと、そんな展開を暗示しています。

果たして、その真相とは―。

スポンサーリンク

映画『天才ヴァイオリニストと消えた旋律』の作品情報

【日本公開】
2021年(イギリス・カナダ・ハンガリー・ドイツ合作映画)

【原題】
The Song of Names

【監督】
フランソワ・ジラール

【脚本】
ジェフリー・ケイン

【キャスト】
ティム・ロス、クライヴ・オーウェン、ルーク・ドイル、ミシャ・ハンドリー、キャサリン・マコーマック

映画『天才ヴァイオリニストと消えた旋律』のあらすじ

第二次世界大戦が勃発したヨーロッパ。ロンドンに住む9歳のマーティンの家にポーランド系ユダヤ人で類まれなヴァイオリンの才能を持つ同い年のドヴィドルが引っ越してきました。

宗教の壁を乗り越え、ふたりは兄弟のように仲睦まじく育ちます。

しかし、21歳を迎えて開催された華々しいデビューコンサートの当日、ドヴィドルは行方不明になりました。

35年後、ある手掛かりをきっかけに、マーティンはドヴィドルを探す旅に出ることに。

彼はなぜ失踪し、何処に行ったのか? その旅路の先には思いがけない真実が待っていました。

スポンサーリンク

まとめ

参考:『The Song of Names』公式ツイッター

35年前、姿を消した天才ヴァイオリニスト。その先に待つ衝撃の真実とは?

アカデミー賞ノミネート俳優ティム・ロス&クライヴ・オーウェン競演で『レッド・バイオリン』『シルク』など音楽映画の名匠フランソワ・ジラールが紡いだ極上の音楽ミステリーを、ぜひ劇場でご覧ください。

映画『天才ヴァイオリニストと消えた旋律』は、2021年12月3日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

塚本晋也監督がニッポン名誉賞を受賞。映画『斬、』ロングラン上映で世界を席巻!

『鉄男』『六月の蛇』など、海外の評価も高くカルト的な人気を誇る塚本晋也監督の最新作『斬、』は、渋谷ユーロスペースほか全国にてロングラン上映中。 2018年11月24日に公開されてから2か月以上たった今 …

新作映画ニュース

《動画で見る門脇佳奈子インタビュー》NMB48同期と再会して大人になったなと感じたことを語る【映画『ヤウンペを探せ!』】

『ヤウンペを探せ!』は2020年11月20日(金)より、シネリーブル池袋ほか全国順次公開 2019年第11回沖縄国際映画祭のTV DIRECTOR’S MOVIEで上映された、話題のスラッ …

新作映画ニュース

映画『流浪の月』あらすじ/キャスト。広瀬すず×松坂桃李が本屋大賞受賞小説を原作に誘拐事件の被害女児と加害者のその後を演じる

本屋大賞受賞の傑作ベストセラー小説が待望の映画化。 2020年の本屋大賞を受賞し、同年の年間ベストセラー1位(日販単行本フィクション部門、トーハン単行本文芸書部門)に輝いた、凪良ゆうによる小説『流浪の …

新作映画ニュース

映画『佐々木、イン、マイマイン』あらすじ/キャスト/特報予告動画。村上虹郎も出演の内山拓也が描く青春ムービーとは?

旬な俳優・藤原季節主演×新鋭・内山拓也監督による“20年代の青春映画”。 King Gnu“The hole”や平井堅“#302”、Uru“あなたがいることで”のミュージックビデオなどで知られる業界大 …

新作映画ニュース

村上虹郎映画『銃』エジプト開催の映画祭で最優秀脚本賞を受賞!武正晴監督も日本映画初の会期に喜びを語る

日本映画初の快挙!エジプトでも高評価 文壇のなかで、注目を浴び続けている作家中村文則のデビュー作を武正晴監督×村上虹郎主演で映画化した『銃』。 2019年3月2日から3月8日までエジプトで開催された第 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学