Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/08/03
Update

映画『最後の決闘裁判』あらすじ/キャスト/公開日。リドリー・スコット最新作は実話ミステリー!

  • Writer :
  • 大塚まき

あなたが、この裁判の証人となるー。

アカデミー賞作品賞を受賞した『グラディエーター』など、数多くの名作を世に送り出している名匠リドリー・スコット監督が、マット・デイモン、アダム・ドライバー、ベン・アフレックという豪華キャストを迎え、歴史を変えた世紀のスキャンダルを描く実話ミステリー『THE LAST DUEL』。


(c)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

本作の邦題が『最後の決闘裁判』となり、日米同日の2021年10月15日(金)より公開されることが決定しました。

あわせて、運命を賭けた壮絶な闘いの幕開けを予見する特報映像が完成しました。

スポンサーリンク

映画『最後の決闘裁判』について

参考:『The Last Duel』公式ツイッター

アカデミー賞脚本賞を受賞した『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』以来のタッグとなるマット・デイモンとベン・アフレックによる珠玉の脚本を、巨匠リドリー・スコット監督が映画化する歴史大作に、超豪華キャストが集結しました。

女性が声を上げることのできなかった時代に立ち上がり、裁判で闘うことを決断した勇気ある女性マルグリットを演じるのは、『キリング・イヴ/Killing Eve』でエミー賞主演女優賞を受賞した注目の新星ジョディ・カマー

マルグリットと共に、決闘裁判に挑む夫ジャン・ド・カルージュに、アカデミー賞Ⓡ主演男優賞にノミネートされた『オデッセイ』や「オーシャンズ」シリーズ、「ボーン・アイデンティティー」シリーズなど出演作が常に注目を集めるマット・デイモン

マルグリットを襲った犯人だという疑いをかけられるが無罪を主張する従騎士のジャック・ル・グリに、「スター・ウォーズ」シリーズや、アカデミー賞をはじめ賞レースを席巻した『マリッジ・ストーリー』、『ブラック・クランズマン』など、才気あふれる監督からの出演オファーが絶えないアダム・ドライバー

カルージュとル・グリの運命を揺さぶる主君ピエール伯を、マット・デイモンの盟友ベン・アフレックが演じます。

映画『最後の決闘裁判』の特報映像

この度解禁された特報では、権力が全てだった時代に、国家に逆らい、自らの身に起きた悲劇を証明するために立ち上がった女性マルグリットの毅然とした姿が映し出されます。

そしてその真実を明らかにするために地位や名誉、そして命をも賭けて決闘裁判に挑む夫カルージュと、「私は無実だ」と反論し正義を示すために裁判の申し出を受け入れるル・グリの壮絶な闘いの様子が壮大なスケール感で描かれます。

スポンサーリンク

映画『最後の決闘裁判』の作品情報

【日本公開】
2021年(イギリス・アメリカ合作映画)

【原作】
エリック・ジェイガー『決闘裁判 世界を変えた法廷スキャンダル』

【原題】
THE LAST DUEL

【監督】
リドリー・スコット

【脚本】
ニコール・ホロフセナー、マット・デイモン、ベン・アフレック

【キャスト】
ジョディ・カマー、マット・デイモン、アダム・ドライバー、ベン・アフレック

映画『最後の決闘裁判』のあらすじ

中世フランス。騎士カルージュ(マット・デイモン)の妻マルグリット(ジョディ・カマー)が、夫の旧友ル・グリ(アダム・ドライバー)に乱暴されたと訴えますが、彼は無実を主張し、目撃者もいません。

真実の行方は、夫と被告による生死を賭けた“決闘裁判”に委ねられます。

それは、神による絶対的な裁きでした。勝者は正義と栄光を手に入れ、敗者はたとえ決闘で命拾いしても罪人として死罪になると。

そして、もしも夫が負ければ、マルグリットまでもが偽証の罪で火あぶりの刑を受けることに。果たして、裁かれるべきは誰なのか?

スポンサーリンク

まとめ

参考:『The Last Duel』公式ツイッター

本作のテーマの元となったのは、1386年、百年戦争さなかに実際に執り行われたフランス史上最後の“決闘裁判”。

当時の人々はカルージュとル・グリ、どちらが裁かれるべきかをめぐり真っ二つに分かれたといいます。

そして600年以上経った今もなお、この“決闘裁判”における判決が歴史家たちの間で物議を醸している、世紀を超えたスキャンダルです。

“本当に裁かれるべきは一体誰なのかー”ぜひスクリーンで目撃してください。

歴史を変えた世紀のスキャンダルを描く実話ミステリー映画『最後の決闘裁判』は、2021年10月15日(金)よりロードショーです。







関連記事

新作映画ニュース

『ジュラシック・ワールド 炎の王国』あらすじ。4DX特別映像解禁と劇場情報も

「ジュラシック・パーク」シリーズ最新作となる映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』が2018年7月13日に公開。 『ジュラシック・パーク』生誕25周年を迎える節目となった本作は、火山の大噴火というス …

新作映画ニュース

映画『王様になれ』山中さわお×オクイシュージ×岡山天音のタッグが登壇。初日舞台挨拶リポート

山中さわお&オクイシュージの迷コンビぶり、そんな二人に親しみを見せる岡山の姿に、暖かさを見せた会場 (c)Cinemarche 大人気ロックバンド「the pillows」のデビュー30周年プロジェク …

新作映画ニュース

韓国映画『スレイト』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。特報動画も熱いガールズアクションエンタメ作品が日本上陸!

「キル・ビル」のユマ・サーマンを彷彿とさせるガールズアクション! 2020年東京国際映画祭でも話題となった韓国発のエンターテイメント・アクション映画『スレイト』(東京国際映画祭上映時のタイトルは『スレ …

新作映画ニュース

映画『明日の食卓』キャスト石橋あすみ役は尾野真千子【プロフィールと演技評価】

映画『明日の食卓』は2021年5月28日よりロードショー 2002年、第42回講談社児童文学新人賞を受賞した『十二歳』で作家デビュー後、『しずかな日々』で第45回野間児童文芸賞、第23回坪田譲治文学賞 …

新作映画ニュース

映画あらすじ動画解説|おすすめSFベストランキング5選。Netflixから見どころある作品をシネマダイバー糸魚川悟が紹介

Netflix独占配信SF映画おすすめ5選を動画で紹介 映像配信サービス「Netflix」より、配信権を独占したNetflix独占配信映画から「SF映画」に絞りオススメ作品をご紹介。 NETFLIX映 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学