Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『ブレードランナー ファイナル・カット』がIMAXシアターにて2週間限定公開!上映館情報も紹介

  • Writer :
  • 石井夏子

時代はついに追いついた!
大スクリーンで“伝説”を体感せよ。

SF映画に革命をもたらした伝説の映画『ブレードランナー』は、フィリップ・K・ディックの小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作に、リドリー・スコット監督、ハリソン・フォード主演で映画化された作品。

Blade Runner: The Final Cut © 2007 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

『ブレードランナー』をリドリー・スコット監督が再編集・デジタル修正した『ブレードランナー ファイナル・カット』が、2019年9月6日(金)からIMAXの大画面で2週間限定公開されます。

ハリソン・フォード演じるデッカードが、レプリカントを処刑する“ブレードランナー・ブラスター”を手にしたポスターと、リドリー・スコット監督のコメント付き予告編が解禁されましたので、上映劇場情報とあわせてご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ブレードランナー ファイナル・カット』について

Blade Runner: The Final Cut © 2007 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

映画『ブレードランナー』は、1982年に公開され“SF映画の金字塔”として映画ファンはもちろん、数多くのクリエイターたちに影響を及ぼしてきた、まさに伝説の映画です。

1992年には、リドリー・スコット監督編集による『ブレードランナー ディレクターズ・カット/最終版』が、2007年には『ブレードランナー ファイナル・カット』が公開されスマッシュヒット。

近未来SFとしてのビジュアルが先駆的かつ秀逸で、ストーリーにおいて哲学的要素が強いことなどが高く評価され、今日でもシークエンスについて熱く議論され続けています。

『ブレードランナー』の舞台は、なんと2019年

ついに映画世界に追い付いた2019年を祝い、『ブレードランナー ファイナル・カット』をIMAXの大画面で2週間限定公開する運びになったんです。

IMAXシアターとは?

IMAXとは、映像・音響・空間・作品、映画を構成するその4つの要素を極めた、最新の上映システムです。

世界で最も臨場感のある映画体験を可能にするIMAXは、複数のテクノロジーと構造技術から成り立っており、そのほとんどの技術は独自に開発したものです。

明るく鮮明、驚くほどの高品質映像を、床から天井、左右の壁いっぱいに広がる大型スクリーンに映しだし、専用スピーカーや高度なチューニング・システムによって理想のクリアサウンドをすべての座席で楽しめるよう、作品ごとに調整されています。

劇場にいることを忘れさせるほどの画期的でプレミアムな映画体験を提供しています。

映画『ブレードランナー ファイナル・カット』IMAX版予告編

リドリー・スコット監督のコメントから始まるIMAX版予告映像。

リドリー・スコット監督は、「『ブレードランナー』の中で一番好きなこの『ファイナル・カット』を是非楽しんでほしい」と語っています。

その後始まる映画の予告映像は、公開初年から何年経っても観客を驚かせる仕掛けに満ちていますね。

スポンサーリンク

映画『ブレードランナー ファイナル・カット』の作品情報

Blade Runner: The Final Cut © 2007 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

【IMAX版日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原作】
フィリップ・K・ディック『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』

【原題】
BLADE RUNNER: THE FINAL CUT

【監督】
リドリー・スコット

【製作総指揮】
ブライアン・ケリー、ハンプトン・ファンチャー 

【デザイン】
シド・ミード

【オリジナル音楽】
ヴァンゲリス

【キャスト】
ハリソン・フォード、ショーン・ヤング、ルトガー・ハウアー、ダリル・ハンナ、エドワード・ジェームス・オルモス

【作品概要】
SF映画の金字塔『ブレードランナー』を、リドリー・スコット監督自らが再編集とデジタル修正を施してよみがえらせたファイナルカット版。

映画『ブレードランナー ファイナル・カット』のあらすじ

Blade Runner: The Final Cut © 2007 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

舞台は放射能で汚染され酸性雨が降りしきる2019年ロサンゼルス。

強靭な肉体と高い知能をあわせ持ち、外見からは人間と見分けがつかないアンドロイド=「レプリカント」が5体、人間を殺して逃亡。

「解体」処分が決定したこの5体の処刑のため、警察組織に所属するレプリカント専門の賞金稼ぎ=「ブレードランナー」であるデッカード(ハリソン・フォード)が単独、追跡を開始しますが…。

スポンサーリンク

まとめ

Blade Runner: The Final Cut © 2007 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

ついに本作の時代設定である2019年を迎えました。

リドリー・スコット監督自身が認めた『ブレードランナー ファイナル・カット』は、2019年9月6日(金)、日本初IMAXシアターにて2週間限定公開

また、IMAXシアターでの公開を記念して特製ポスター(先着限定、無くなり次第終了)がプレゼントされる予定だそうです。

このチャンスをお見逃しなく!

※プレゼントにつきましては一部劇場を除く。詳細は下記各劇場にご確認下さい

映画『ブレードランナー ファイナル・カット』IMAX上映劇場情報

上映予定劇場一覧(31館・7月22日現在)

【109シネマズ】(二子玉川、名古屋、木場、湘南、菖蒲、箕面)
【TOHOシネマズ】(日比谷、新宿、ららぽーと横浜、なんば、二条、仙台)
【ユナイテッドシネマ】(としまえん、浦和、札幌、豊橋18、岸和田、キャナルシティ13、PARCO CITY浦添)
【シネマサンシャイン】(グランドシネマサンシャイン、大和郡山、衣山、土浦)
【T・ジョイPRINCE品川】
【横浜ブルク13】
【広島バルト11】
【鹿児島ミッテ10】
【イオンシネマ大高】
【成田HUMAXシネマズ】
【USシネマちはら台】
【エーガル8シネマズ】

※劇場情報は、各劇場サイトよりご確認ください。
※上映劇場は変更となる場合があります。

関連記事

新作映画ニュース

映画『グッドバイ』キャストの大櫛加代役は水川あさみ【演技評価とプロフィール】

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』は2020年2月14日より新宿ピカデリーほかにて公開! 『走れメロス』、『人間失格』などの代表作を発表し、2019年に生誕110年を迎えた昭和の文豪・太宰治。 …

新作映画ニュース

大阪アジアン映画祭2020受賞結果発表!間瀬英正が最優秀男優賞・グランプリは『ハッピー・オールド・イヤー』

第15回大阪アジアン映画祭閉幕。 第15回大阪アジアン映画祭は、3月6日から15日までの10日間、全58作品の上映を終え、閉幕となりました。 本年は映画祭をできるかぎり縮小しようと試み、あわせて、人々 …

新作映画ニュース

大阪アジアン映画祭2019のチケット発売開始!エントリー作品の選定と登壇ゲスト情報

第14回大阪アジアン映画祭のチケット購入方法やイベント情報 2019年3月8日(金)から3月17日(日)まで開催される、第14回大阪アジアン映画祭。 第14回大阪アジアン映画祭のチケットは、2月23日 …

新作映画ニュース

佃尚能映画『万置き姉弟』あらすじとキャスト。前田紘孝が遺した平成最後のお馬鹿ムービー!

世界で25冠受賞している佃尚能監督の映画『万置き姉弟』。 “平成最後のお馬鹿ムービー”『万置き姉弟』が、 2019年3月8日(金)・9日(土)にゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019で、世界初公 …

新作映画ニュース

真野恵里菜映画『青の帰り道』あらすじとキャスト。上映館や公開日の情報紹介

2018年12月7日に全国公開される真野恵里菜主演の映画『青の帰り道』。 群馬県前橋市と東京を舞台に、人生が交差する7人の姿を描いた青春群像劇です。 それぞれの⼈⽣が交錯し、過去の思いを胸に抱きながら …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学