Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

「仙台国際ココロヲ・動かす・映画祭」2017年開催日時とアクセス方法

  • Writer :
  • k-endou

12月23日(土)に宮城県・せんだいメディアテークにて、「第2回仙台国際ココロヲ・動かす・映画祭」が開催されます。

東北のエンターテインメントを盛り上げたい」という熱い志を胸もった若者たちが企画した仙台発の国際映画祭。

選りすぐりの外国映画3作品と、来春公開予定のアニメーション&ドキュメンタリー映画『ゾウのはな子が星になった(仮題)』の特別映像が上映されます。

スポンサーリンク

1.映画『マイ ビューティフル ガーデン』(2017/92分)

映画『マイ ビューティフル ガーデン』の作品概要

几帳面な性格で無秩序に伸びる植物が苦手な主人公が、偏屈な庭師の隣人からガーデニングのすばらしさを教わるうちに心を開き、人生が輝き始める人間ドラマ。

モスクワやオーストラリアなど世界各地の映画祭で上映された作品です。

↓詳細は以下のバナーをクリックしてお読みください↓

2.映画『クイーン 旅立つわたしのハネムーン《オリジナル完全版》』(2017/146分)

映画『クイーン 旅立つわたしのハネムーン《オリジナル完全版》』作品概要

結婚式直前に婚約を破棄された主人公が、新婚旅行で行くはずだったヨーロッパを一人旅。新たな一歩を踏み出す勇気がもらえるガールズロードムービー。

日本初上映の《オリジナル完全版》です。

↓詳細は以下のバナーをクリックしてお読みください↓

スポンサーリンク

3.映画『私の少女時代 -OUR TIMES-』(2016年/134分)

映画『私の少女時代 -OUR TIMES-』の作品概要

1990年代の台湾が舞台の青春ラブストーリー。2015年の夏、台湾で公開され約13億円のメガヒットを記録しました。

仕事も恋愛も空回りのOL、林真心。ある日、ラジオから聞こえてきたのはかつてのアイドル、アンディ・ラウの歌でした。

90年代、何もかも輝いていた高校時代が蘇ります。片思いをしていた優等生の欧陽、恋のライバルを蹴落とすために味方をしてくれた不良、太宇。

忘れかけていた純粋な恋と友情を思い出したチェンシンを待っていたものとは…。

エグゼクティブプロデューサーを務めた香港の大スター、アンディ・ラウが、主人公の憧れの存在として本人役で特別出演もしています。

スポンサーリンク

4.製作経過発表『ゾウのはな子が星になった(仮題)』(2018公開予定/30分・無料)


(C)2017 ココロヲ・動かす・映画社 ○. All Right Reserved.

映画『ゾウのはな子が星になった(仮題)』の作品概要

ココロヲ・動かす・映画社〇と仙台の若者たちが共に作ったアニメーション&ドキュメンタリー映画です。2018年春公開予定。

井の頭自然文化園で飼育されて、吉祥寺のシンボルとして親しまれてきたゾウのはな子。

はな子とたくさんの人たちとの触れ合いがあったことを通し、愛情や友情をテーマに、はな子の記憶を伝える作品です。

映画祭では特別映像30分の上映(無料)とトークイベントが行われます。

5.第2回仙台国際ココロヲ・動かす・映画祭」開催スケジュール

【開催日】
2017年12月23日(土)

【場所】
せんだいメディアテーク
住所:仙台市青葉区春日町2-1
TEL:022-713-3171(代表)

【タイムテーブル】
13:30~14:00 開会式
14:00~15:35 上映『マイ ビューティフル ガーデン』
15:50~18:20 上映『クイーン 旅立つわたしのハネムーン《オリジナル完全版》』
18:20~18:40 製作経過発表『ゾウのはな子が星になった(仮題)』(無料)
18:50~21:05 上映『私の少女時代 -OUR TIMES-』

【交通機関】
<地下鉄>
南北線勾当台公園駅下車、「公園2」出口から徒歩6分(約450メートル)。
東西線大町西公園駅下車、「東1」出口または「西1」出口から徒歩13分。
東西線青葉通一番町駅下車、「北1」出口から徒歩15分。

<バス>
仙台市営バス 仙台駅前-60番(仙台TRビル前、地下鉄仙台駅「中央2」出口前)のりばから「定禅寺通市役所前経由交通局大学病院」行き(系統番号がJまたはXで始まるバス)で約10分、メディアテーク前下車。

<徒歩>
仙台駅より約20分(約1.8キロメートル)。

<タクシー>
仙台駅西口タクシー乗り場から約7分。

<自動車>
東北自動車道仙台宮城ICから約10分(約5.3キロメートル)。

<航空機>
仙台空港アクセス鉄道・仙台空港駅から仙台駅まで約25分

<自転車・バイク>
駐輪場と臨時駐輪場の2つがあります。

5.まとめ

東日本大震災後、働くところがなくなってしまった若者のために仙台に会社を起ち上げたココロヲ・動かす・映画社〇

そこで働く若者たちの東北や仙台を盛り上げたいという思いで誕生した「仙台国際ココロヲ・動かす・映画祭」は、昨年11月に第1回が開催されました。

2017年の第2回目は、12月23日(土)開催です。

土曜日は一日中映画を観て、日曜日は東北観光なんて過ごし方も良いですね。

ぜひお出かけください。

スポンサーリンク

関連記事

まとめ記事

生田斗真映画おすすめ5選!ジャニーズトップレベルの演技力を堪能!

(C)2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会 ジャニーズ事務所に所属していながらグループには属さず、俳優として活動している生田斗真。 ドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス』でブレイク …

まとめ記事

【シネマルシェの映画ライター紹介】作品情報と感想、考察を書く人。

目的はあなたに映画を届けること。 この目的を大切にサイトの運営を心がけております。 今回はシネマルシェで映画ライターと活動しているチームのメンバーをご紹介します。 スポンサーリンク Cinemarch …

まとめ記事

さぬき映画祭2017おすすめ作品5選!これは絶対に観ておきたい!

今年も全国各地で映画祭が始まりました。2006年から香川県では映画で地域文化の活性化を目的にした「さぬき映画祭」を開催。 映画上映やイベントだけではなく、シナリオ執筆する講座なども開講して、映像に携わ …

まとめ記事

2018年1月公開の邦画メジャー&ミニシアターおすすめ映画4選!

1月公開のおすすめ邦画は、「新参者」シリーズの加賀恭一郎の知られざる過去が明かされる『祈りの幕が下りる時』から、30年ぶりのシリーズ再開?という、ロックでコミカルな映画の『星くず兄弟の新たな伝説』まで …

まとめ記事

青春映画おすすめ洋画6選。有名監督やアカデミー女優初期名作傑作!

青春映画の“青春”とは、一体どのような内容を描いたジャンルの映画なのでしょう? そもそもリア充を満喫するような青春を過ごしていたとするならば、わざわざ暗闇の映画館に行き、こっそり他人の青春する姿など観 …

日本映画大学