Cinemarche

映画ネタバレ・感想・考察サイト

ラブストーリー映画

映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • リョータ
  • ちょり

“悪い予感だらけの今日と明日が、少しだけ、光って見えた。”

優しくてぶっきらぼうな、最高密度の恋愛映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』の作品情報

【公開】
2017年(日本)

【監督】
石井裕也

【キャスト】
石橋静河、池松壮亮、佐藤玲、三浦貴大、ポール・マグサリン、市川実日子、松田龍平、田中哲司

【作品概要】
『川の底からこんにちは』、『舟を編む』など現在最高の評価を受けている気鋭の若手監督石井裕也さんがメガホンを取り、最果タヒさんの原作詩集を見事映像化。

主演に石橋静河さん、池松壮亮さん、共演に松田龍平さん、田中哲司さん、市川実日子さんら実力派俳優が脇を固めた恋愛映画。

第67回ベルリン国際映画祭フォーラム部門正式出品作品。第41回香港国際映画祭Award GALA招待上映。

映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』のキャスト一覧

美香 / 石橋静河


(C)2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会

1994年東京生まれの石橋静河さんは、石橋凌さんと原田美枝子さん夫妻の娘さん(次女)ということですでに有名ですよね。

4歳の頃からクラシックバレエを始め、15歳の頃にアメリカ留学後2013年に帰国し、コンテンポラリーダンサーとして活動を始めたという石橋さん。

クラスメイト役で映画初出演と振付補佐を担当した『少女』(2016)

2016年からは女優業にも進出し、野田秀樹さん演出の舞台『逆鱗』に出演、CMなどでも露出が多くなっている他、2016年に湊かなえ原作の映画『少女』に映画初出演と振り付け補佐を担当。

2017年には映画『PARKS パークス』も公開を控えていますね。

そして、初主演映画となるのが本作『夜空はいつでも最高密度の青色だ』でヒロインの美香役に抜擢された石橋さん。

看護師をしながら夜はガールズバーで働き、不安と孤独に苛まれている少女・美香を最強のDNAを有する石橋静河さんが一体どのような演技を見せてくれるのかに注目が集まっています!

慎二 / 池松壮亮


(C)2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会

10歳の頃(2001年)にはすでにミュージカル『ライオン・キング』のヤングシンバ役でデビューを果たしていた池松壮亮さん。

2003年にはトム・クルーズ主演、渡辺謙さんも出演した映画『ラストサムライ』に出演し、一気に注目を集めます。

ハリウッド映画に飛源役でデビュー!『ラストサムライ』(2003)

この作品が映画自体初出演だったにも関わらず(しかもハリウッド映画?!)、堂々たる演技を見せつけて、第30回サターン賞では若手俳優賞にノミネートされるほど世界的に高評価を得ることに。

その後もNHK大河ドラマ『風林火山』(2007)や、2014年の映画『海を感じる時』、『紙の月』、『ぼくたちの家族』などで様々な賞レースを席巻し、若手実力派俳優の筆頭としてその名を轟かせていますね。

本作『夜空はいつでも最高密度の青色だ』で池松さんが演じているのは、建設現場で日雇いとして働いている慎二。

左目がほとんど見えず、社会にも上手く適応できない日々を生き抜いている慎二の姿を池松さんがどのように表現しているのかに注目です!

*池松壮亮主演『セトウツミ』お薦めですよ。

智之 / 松田龍平

名優・松田優作さんと松田美由紀さん夫妻の息子で、松田翔太さんの兄として知られる松田龍平さん。

俳優としては大島渚監督の『御法度』(1999)の加納惣三郎役でデビューを果たします。

映画デビューは美男剣士!その目で人を斬る⁉︎『ご法度』(1999)

この作品では、日本アカデミー賞やキネマ旬報、毎日映画コンクールやブルーリボン賞をはじめ、その年度の新人賞を総嘗めにし、一気に注目を集めることに。

2002年には『青い春』、翌年には『ナイン・ソウルズ』(2003)など話題の映画に次々と出演。

その後も『探偵はBARにいる』シリーズや本作でも監督を務める石井裕也監督作の『舟を編む』(2013)など、映画を中心に活動する一方で、2017年にはTBSドラマ『カルテット』にも出演するなど、テレビドラマでも活躍していますね。

そんな松田龍平さんが演じているのは、慎二の年上の同僚である智之。彼を襲う運命と、慎二に一体どんな影響を与えるのかが注目ポイントになりそうです!

岩下 / 田中哲司

2014年には女優の仲間由紀恵さんと結婚したことが非常に話題となった田中哲司さん。

1994年にTBSドラマ『ぽっかぽか』でデビューしてから主に舞台の世界で活躍します。

テレビドラマで最初に注目を集めたのは、2004年のNHK大河ドラマ『新選組!』で松本良順役を演じたことでしょうか。

スペックホルダーの冷泉役!『劇場版SPEC ~結(クローズ)~ 漸(ゼン)ノ篇/爻(コウ)ノ篇』(2013)

その後もTBSドラマ『SPEC』シリーズや『ATARU』、NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』(2014)などに出演し、脇役としてテレビドラマや映画においても欠かせない存在となっていますね。

本作で田中さんが演じているのは、慎二と智之の同僚である中年の岩下。どういった役回りとなっているのか注目して見ていきたいと思います!

佐藤玲

蜷川幸雄さん演出の舞台『日の浦姫物語』で娘役に抜擢されて女優デビューを飾った佐藤玲さん。

ゆうばり国際映画祭で注目された映画にも出演!『リュウグウノツカイ』(2016)

2014年には坂本悠花里監督の映画『おばけ』で初主演を務め、同年『リュウグウノツカイ』が、ゆうばり国際映画祭北海道知事賞を受賞するなど、高評価を獲得。

その後も堤幸彦監督の『イニシエーション・ラブ』(2015)、『少女』(2016)、2017年にはマーティン・スコセッシ監督の『沈黙 -サイレンス-』に出演するなど、若手ながら実力派女優としての地位を確立しつつありますね。

本作での役どころに関してはまだ不明ですが、一体どのような演技を見せてくれるのか…注目ですね!

三浦貴大

2014年の錦織良成監督作『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』で俳優デビューを果たした三浦貴大さん。

この作品でいきなり、第34回日本アカデミー賞新人俳優賞、第35回報知映画賞新人賞を受賞するなどの高評価を得て一躍脚光を浴びることに。

三浦貴大主演の隠れた名作‼︎『ローリング』(2015)

その後も映画を中心に活動し、近年では『進撃の巨人』(2014)や『シン・ゴジラ』(2016)、『怒り』(2016)、『淵に立つ』(2016)など、数々の話題作に出演し続けています。

そんな三浦貴大さんが本作『夜空はいつでも最高密度の青色だ』でどんな役を演じるのかはまだ明らかにされておりません。一体どんな役で登場するのか、注目してみていきましょう!

市川実日子

ファッションモデル・女優として有名な市川実和子さんの妹である市川実日子さんは、『Olive』や『CUTiE』『Zipper』『spoon.』などのファッション誌でモデルとして活躍していました。

女優としてデビューしたのは、1998年のホンマタカシ監督の短編映画『How to 柔術』。2001年には『とらばいゆ』で毎日映画コンクールのスポニチグランプリ新人賞を獲得するなど、高評価を獲得します。


(C)Rinko Kawauchi

2003年には初主演となった映画『blue』で第24回モスクワ国際映画祭最優秀女優賞を受賞し、実力派女優としてその名を轟かせることに。

最近でも『シン・ゴジラ』(2016)で毎日映画コンクール女優助演賞しており、今後は是枝裕和監督の『三度目の殺人』(2017年公開予定)や吉田大八監督の『羊の木』(2018年公開予定)の公開が控えているなど、常に引っ張りだこの女優さんといった感じですね。

さて、本作『夜空はいつでも最高密度の青色だ』では一体どのような演技を見せてくれるのか…非常に楽しみですね!

スポンサーリンク

映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』の監督紹介

映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』の監督を務めるのは石井裕也さんです。

2005年に大阪芸術大学の卒業制作として『剥き出しにっぽん』を発表し、第24回そつせい祭グランプリを受賞した他、第29回ぴあフィルムフェスティバルにおいてもグランプリを受賞するなど、早くからその才能は注目を集めていました。

その後『反逆次郎の恋』 (2006)、『ガール・スパークス』(2007)、『ばけもの模様』(2007)を発表。

『剥き出しにっぽん』を含めたこの4作品は様々な(海外も含めた)映画祭で公開され、石井監督が24歳の時、アジア・フィルム・アワード第1回「エドワード・ヤン記念」アジア新人監督大賞を受賞し、国際的にも高い評価を得ることに。

2009年製作の『川の底からこんにちは』では、日本映画史上最年少となる28歳という若さで第53回ブルーリボン賞監督賞を受賞するなど、様々な賞レースを席巻し、その名を轟かせます。

石井裕也監督の代表作‼︎『舟を編む』(2013)

さらには、『舟を編む』(2013)で第37回日本アカデミー賞最優秀作品賞や68回毎日映画コンクール日本映画大賞、第38回報知映画賞作品賞を受賞した他、第86回アカデミー賞外国語映画部門日本代表作品に選出されるなど、最高の評価を獲得しました。

2014年には『ぼくたちの家族』や『バンクーバーの朝日』を発表し、どちらも高評価を得ており、日本だけでなく世界から多くの注目と期待を集め続けている気鋭の若手監督ですね。

長編映画12本目となる本作『夜空はいつでも最高密度の青色だ』で石井監督が挑むのは、“”の世界観を映像表現するということ。

本作は、2016年には発売されて累計27,000部の売り上げを記録している(現代詩集としては異例)最果タヒさんの『夜空はいつでも最高密度の青色だ』という詩集を原作としており、一体どのようにその世界観を表現するのかに非常に注目が集まっていますね!

最果タヒ(さいはて・たひ)プロフィール
1986年に神戸市生まれる。2006年現代詩手帖賞を受賞。2007年詩集『グッドモーニング』刊行で中原中也賞受賞。2012年詩集『空が分裂する』。2014年詩集『死んでしまう系のぼくらに』刊行で現代詩花椿賞受賞。

また、池松壮亮さんは『舟を編む』以降、石井監督作品には常連(本作で4作連続の出演となる)であることや、松田龍平さんとも『舟を編む』でタッグを組んでおり、キャストとの相性も良さそうで、ますます期待が高まっていくばかりです!

スポンサーリンク

映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』のあらすじ


(C)2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会

看護師として働く美香は女子寮で一人暮らし。

毎日のように向き合わなくてはならない患者の死には何とか折り合いをつけて、日々を送っています。

そんな美香が夜の街を自転車で向かう先はガールズバー。そこでアルバイトをしながら、孤独を埋めようとしていましたが、現実はそう簡単なものではありませんでした。

建設現場で日雇いとして働く慎二はボロアパートで一人暮らし。

左目のほとんど見えない慎二は、同僚の智之や岩下、出稼ぎのフィリンピン人アンドレスらとつるんでいますが、そこに安心感はなく、常に漠然とした不安が彼の心の中に渦巻いていました。

ある日、慎二がいつものように智之たちとつるんでいると、一軒のガールズバーで美香と出会います。

智之は美香から連絡先を聞こうとしますが、彼女は作り笑いを浮かべるだけ。一方の慎二は無意味な言葉を羅列するばかり。

その後、店を出た美香が人ゴミの中で偶然慎二を見つけます。

「東京には1,000万人も人がいるのに、どうでもいい奇跡だね」。

2人の顔を照らす青く暗い月の光に…「嫌な予感がするよ」。「わかる」。…と話す2人。

ある日の建設現場。突然智之が倒れ、そのまま息を引き取りました。

葬儀場で再会した美香と慎二。「俺にできることがあれば何でも言ってくれ」と慎二が言うと、「死ねばいいのに」 と美香。

その後、作業中にケガを負った慎二が病院へ行くと、またも美香と出会います。

「また会えないか」と慎二。「まぁ、メールアドレスだけなら教えてもいいけど」と答える美香。

空を見上げる2人…。

「携帯、9,700円。ガス代、3,261円。電気、2,386円。家賃 65,000円、シリア、テロリズム、
食費 25,000円、ガールズバー 18,000円、震災、トモユキが死んだ、イラクで56人死んだ、
薬害エイズ訴訟、制汗スプレー 750円、安保法案、少子高齢化……、会いたい」

新宿の街を歩く2人…。

「ねぇ、なんであの時、私達笑ったんだろう、お通夜の後」「分からない」
「ねぇ、 放射能ってどれぐらい漏れてると思う」「知らない」
「ねぇ、恋愛すると人間が凡庸になるって本当かな」「知らない」

居場所を失った不器用で不愛想な2人は、近づいてまた離れて…自分の居場所を…希望を…見出し、紡いでいく物語。

映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』感想と評価


(C)2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会

※映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』感想と評価は公開後、更新いたします。

まとめ

早くも石井裕也監督の最高傑作として呼び声の高い本作『夜空はいつでも最高密度の青色だ』。

若手実力派俳優の池松壮亮さんとまだ女優としては経験の浅い石橋静河さんがどのように共鳴するのか…非常に注目が集まっていますね!

注目の劇場公開は2017年5月13日(土)新宿ピカデリー・ユーロスペースで先行上映、2017年5月27日(土)より全国ロードショーとなっています!ぜひ劇場でこの最高密度の恋愛映画をお楽しみください!

関連記事

ラブストーリー映画

となりの怪物くん映画撮影ロケ地とエキストラ情報!キャスト評価も

『青空エール』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』『orange -オレンジ-』など、大ヒット青春映画を公開してきた東宝が、新たな青春映画を作ることに! 主演は若手人気の菅田将暉と土屋太鳳のダブル主 …

ラブストーリー映画

映画『夜明けの牛』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

今回ご紹介する作品は、後藤大輔監督の『夜明けの牛』です。 この作品は、「米国アマゾンの日本映画売り上げランキング第3位」を記録した映画で、ジャンルは、俗にいう“ピンク映画”。 ピンク映画は、かつては若 …

ラブストーリー映画

兄に愛されすぎて困ってます試写会と舞台挨拶情報!キャストあらすじも

兄系イケメンズ・フェスティバル開幕!!! 夜神里奈さんの同名少女漫画を実写化した映画『兄に愛されすぎて困ってます』をご紹介します。 スポンサーリンク 映画『兄に愛されすぎて困ってます』の作品情報 【公 …

ラブストーリー映画

映画ママダメあらすじとキャスト!リンちゃん役のかわいい女優は?

Facebookにアップした「雖然媽媽説我不可以嫁去日本。」をもとに、台湾人と日本人のカップルが日本で同棲を始めて、その後、結婚するまでを描いた実話が生んだラブストーリー。 『ママは日本へ嫁に行っちゃ …

ラブストーリー映画

ピーチガール試写会と舞台挨拶情報!キャストや主題歌紹介も

大ヒット少女漫画『ピーチガール』は累計発行部数1300万部を超え、2017年5月20日に全国公開される実写化の映画。 漫画家の上田美和の代表作で別冊フレンドに連載された漫画を女優の山本美月と「Hey! …